2005年06月29日

ぼこぼこ

みけがだんだんボコボコになってきました。

今まではお腹の方だけだった腫瘍が、背中の肩甲骨のあたりにもできているのを先週末に発見しました。
お腹の腫瘍は裂け目ができてしまって、細長いかさぶたが何かの傷跡のようです。

隔週でお医者さんには通っているのだけれど、
「お薬が効いているかどうか、はっきりと断言はできません。
 もしかしたら効いてないかもしれない。
 でも腫れがひいているところもあるから、お薬飲んでるからこの状態で保っているのかも。
 どちらとは断言できませんけれど、お薬には抗生物質も入っているので、
 少なくとも傷に対する感染症の予防には効果があると思います。」
って言われた。

みけはすっごくいやがるけれど、
薬を飲ませようとすると攻撃してくるけれど、
薬を飲ませるわたくしの手は、もうみったにとってはただの敵になってしまっているけど、
このままお薬は続けていこうとお願いしました。


「たぶんこのまま膨らみが大きくなってもしばらくは本人は元気に動き回ってると思います。
 見てる方が痛いほどになっても、案外平気で動く子が多いんですよ。」
なんだそうだ。

「お腹の傷ですけど、消毒っていうのは私の経験上この子たちはすっごく怖がるんですね。
 物や場合によってはしみるし、冷たいから。
 それにみけちゃんの場合、一番触られたくないお腹をぐりぐりしなきゃいけないし。
 幸いみけちゃんは自分で舐められる場所だから、消毒はしないでおこうと思います。」
ということで、お腹の傷口は放置プレイが決定。

体重もちょっとづつ減ってるけど、それは加齢によるものなのか病気のせいかはわからない。

ただ確実に体力が衰えているのは普段一緒にいて実感していて、
「もうこの子に涼しさというのは必要無いんです。
 もしクーラーを入れた部屋で一緒にいるようであれば、
 みけちゃんには冬用のヒーターを入れてあげてください。」
とのこと。

今夏、クーラー封印決定。
がんばれ、オイラ。

とりあえず今のところ痛みも無さそう。
「終末の時期になってきたら、痛がるかもしれません。
 痛々しくて、見ていて泣いてしまう飼い主さんもいっぱいいますし、
 だからもしあまりにも痛そうになったら痛み止めという方法も考えて、
 しばらくは現状維持で、また再来週くらいに来てください。」
ってことだ。

体重も減ってるしってことで、
「ハチミツにはすごく栄養があるので、嫌いじゃないようであれば与えてください。」
とのこと。
なので、2000円もしやがる巣ごとのハチミツを買った。
プロポリスとかそのまま入ってるんだってー。
超過保護。
みけきちはわしゃわしゃ巣ごと食ってます。
嫌いじゃないみたい。




そして、もしかしたら我が家に家族がもう1匹増えそうです。

仔猫が4匹産み捨てられていて、3匹は貰い手が決まったのだけれど、
「どうしても1匹の女の子だけ貰い手が決まらないの!」
とのこと。

・・・・・・なんだか前にも聞いたことがあるぞ。>1匹だけ残り


ペット可物件に住んでいる人間は意外と少なく、
住んでいてもすでに飼っているから住んでいるわけであって、
なかなか増やしても良いという人はいないんだそうだ。

そりゃそうだ。

でもうちにはみけがいると何度も何度も説明したのだが、たしかに前に猫欲しいって騒いでたからなぁ。

もうそろそろ大家がブチギレそうだとかで、
幸いなことにまだ生まれて1ヶ月だとかで階段を上る体力は無く、
1階と2階に分けて、ドアを閉めれば何とかなるかなぁと、
今週末お見合いに行ってきます。
それまでに良い人が現れたらもちろんそちらの飼い主さんに引き渡してくださいとは言ってあるけど、まだ連絡はナッスィング。

あとね、ちょっとね、ずるいかもしれないけど、みったがいなくなっちゃった時のこと考えると、
この仔猫がいればちょっとは救われるのかなぁとか思ったりなんかしちゃったりして。

もちろん、絶対に万が一ということがあり得ないような対策はとりますぜ。
みけきち最優先だしね。



名前はもう決まっています。←結構もう貰う気モリモリ
「ひよ」です。


料理人は犬を飼いたい犬を飼いたいと騒いでいるので、ひよが1年くらいして落ち着いてきたら犬を飼うかもしれません。
もちろん名前は「ちょび」です。

そうすれば、我が家はみけ・ひよ・ちょびが揃いぶみ。

わたくしハンドルネームを『はむてる』にしようかしら。
誰っっ、「それを言うなら『きみ』じゃね?」って言ってる人はっっ。



だからみったがんばれ。
ちょびが来るまでがんばれ。
ちょびが来てもがんばれ。

ぼこぼこでもいいよ。
血出しててもいいよ。
いくら噛み付いてもいいよ。

だからがんばれ。
コメントを読む
posted by 千之 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

わかってんだよ、うるさいな!

「きんこん!きんこん! 
 現金が出ています
 現金が出ています
 きんこん!きんこん!!」

って、うるさいなぁっ!!

わかってるよ、ちょっと待てよ!
後ろにいる人に恥ずかしいでしょ!

今ねカードしまってんの!!!



先に金出せ。
IYのディスペンサーめ。


そんな給料日直後のお昼ご飯時。

ねぇ、なんでこんなに残高がもう無いの?
(それはねぇ、ぷいぷいカードで買い物した分が引き落とされたからだよぉ〜。)
コメントを読む
posted by 千之 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

やっぱりか・・・

薄々気付いてはいたけれども、あえて口にしていなかった疑問を、
昨夜なにをとち狂ったか聞いてみちゃったりした。

ちゆき「ねぇねぇ、オイラって威張ってる?」
料理人@ゲーム中「んあ?」
ち「オイラってば威張っちょる?」
料「・・・うん。」
ち「ぐああああ、やっぱりそうかよ、威張ってると思ってるんかよ!!」
料「だって実際威張ってるじゃん。」
ち「違うよっっ。だってさっ、オイラが仕切らないとあんた動かないじゃん。」
料「うーーん。」
ち「オイラが進めないとあんたなーんにもしやしないじゃないのさっ。」
料「そうかねぇ。」
ち「そうだよっっ。
  だから仕方なく仕方なく仕方ないからオイラがああしろこうしろっていうんじゃないのさっ」
料「へぇ〜〜。」
ち「ちくしょー、オイラは顔もキツイしさー。」
料「それは関係なくね?」
ち「違うよっ、きっとこの顔のせいであんたの職場でオイラは威張りんぼうだと思われてるんだ。」
料「んー、まあねぇ。」
ち「元々はあんたが行きたく無い飲み会断る口実にオイラを使ったからなのに、
  きっとオイラはこの顔のせいもあって『尻に敷いてる』とか思われてるんだぁぁぁぁ。」
料「いいじゃん、事実だし。」
ち「事実じゃねぇよ。
  全然事実じゃねぇよ。
  オイラは、何もしない子の尻を叩いてるだけなのにぃぃ。」

その後もしばらくグダグダと文句を言っておりましたら・・・


料「もういいじゃん、ホラ、もう寝るよ、鬼嫁。」



なっっっ・・・・・・。
おっ、おに・・・・・・。


ネットなんてビタイチ触らないくせに、どっからそんな単語仕入れてきやがった、ちくしょー。


妙に勝ち誇った料理人の顔がむかつくので、
とりあえず
「うるせえでぶ」
と憎まれ口を叩いておきました。

っていうか、何度も言うように
わたくしは奥さんじゃなくって旦那さんなんだから、それを言うなら『鬼婿』だ。
だってオイラのが威張ってるんだもん。
だから奥さんじゃなくって旦那さ・・・・・・。

・・・やっぱり、威張ってるのかな。



イェーイ、鬼嫁でぇーすっ(開き直り)。





しかもこの話をさっき会社でしたら、同僚がわたくしのアドレスのニックネームを「鬼嫁」で登録しやがりました。
ヤツからわたくし宛のメールが
「to:鬼嫁」
で来ます。

そういういらん登録しなくてしなくていいですから。
コメントを読む
posted by 千之 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

とりあえずダイジョーブやな

先週の土日、祖父アキラの見舞いに行った。

アキラの正式な病名は、
「大腸癌」&「後隔膜なんちゃら症(←忘れた)」
だそうだ。

リンパ腫じゃなくって、その後隔膜なんちゃら症で後隔膜が腫れて、大静脈を押しつぶしていたらしい。
担当の外科医も「20年仕事してて、何百件って手術担当したけど、初めてです」って言われるほど、症例が無い病気らしい。
なので、原因はもちろん有効な治療方法もまだ無いそうだ。
かろうじて「ステロイド剤が効く」らしい。

大腸癌は、大腸のみではなくうっすら膀胱周辺にまで転移してしまっているのだが、いかんせん年寄りなジジイなので癌細胞自体も大して元気ではないとのこと。
人工肛門により癌に対する刺激も無くなったので、あえて再度切ることはせずに、抗がん剤で増大を抑えつつ、ステロイド剤でなんちゃら症を抑えつつ、根治的な治療はしないで対症療法に的を絞って、
「これ以上辛くならないように」
を第一に考えるそうです。


アキラはみんな告知されて知っています。
わたくしたちが見舞いに行った日から抗がん剤の投与が始まりました。
カプセルの飲み薬でした。
ステロイドも飲んでました。
小さな小さな粒でした。

アキラいわく、
「看護師さんつーのは大変なんだ。こんなクソジジイのケツの毛まで剃らにゃいけんのだから。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

アキラは人工肛門の手術の時に剃毛されたらしい。
それこそ本当にケツの毛まで。
それが22歳の女性の看護師さんだったんだと。

アキラ「こないだもよ、医者と看護師と4人くらいできて、ここの足の付け根触りながら
  ああじゃねぇこうじゃねぇってやってんだけどよ、
  俺はペローンてパンツ脱がされて、毛も無いのに丸出しでよ、
  そんでも平気なもんなんだなぁ。
  慣れてどーっちゅこともねぇんだろうな。
  恥ずかしいのは俺だけってなもんだわ。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

いや、あんた大して恥ずかしがってないように見えるんですけど。



わたくし「そっ、そういえばじぃちゃんこないだお誕生日だったよねー。
  お誕生日おめでとー。」
あちゃ「おめれとー」
アキラ「あい、ありがとね。」
わ「じーちゃんは86?になった?」
ア「おう、だけどこの板は  (枕もとの名前と年齢が書いてある札
  書き換えんじゃねぇって言ってあんだ。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
ジジイ、86歳が85歳ってサバ読むことに何の意味が?



この祖父(アキラ)にしてこの子(母マキコ)があり、
この子(マキコ)にしてこの孫(わたくし&あちゃ)あり。

血って濃いぃやね。コメントを読む
posted by 千之 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

あたしゃ小学生かorz

自宅でテレビを見ながら、
指をティッシュでおおって鼻ほじほじほじほじほじほじほじほじほじほじ。

してたらついつい深追いしてしまい、指がティッシュを突き破ってた。
ティッシュの意味無し。

そのうえ深追いのしすぎで鼻血を出した。


オイラはアホな小学生かorz。


でも出血を止めるのに破れたティッシュを詰め込んだよ。
指カバーが止血帯に。
えーとえーと、

リサイクル?
コメントを読む
posted by 千之 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

あいあーい。

あいあーい、梅雨の時期なので頭がデカイchiyukiでーす。
あいあーーい、その広がりを抑えようとして多めに椿油つけたらデコに吹き出物が大量発生したchiyukiでーす。


なので、スタイリング剤ってヤツを変えてみたよ。


新しいスタイリング剤をしゅこしゅこと髪につけて、普段どおりドライヤーしてみた。
ちなみにわたくしが使っているのはvainのマイナスイオンドライヤー(クルクルタイプ)である。

もうこの髪型にも慣れたもの。


鏡よりもテレビ画面を見つめながら、ふぉーふぉーとドライヤー。
うん、ボブ・サップの蹴りは痛そうだなと思ってたんだ。
っつかチェソンミンすげぇ。


なーんてことを思いながら、久しぶりに鏡を見てびっくり。


いつのまにか鏡の中にはアンガールズの山根が居たよ。


スタイリング剤により必要以上に丸まってしまった模様。


ベラの次はハクでその次は山根・・・・。
しかも間に大木凡人やローリー寺西を挟みつつ・・・。


じゃんがじゃんがじゃんがじゃんがじゃんがじゃんがじゃんがじゃんが
じゃんがじゃんがじゃんがじゃじゃーーーん(泣きながら)。
コメントを読む
posted by 千之 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

情報操作

読んでいて鳥肌が立った。
本当に怖いと思った。


情報操作にまんまと踊らされていた事実にやっと気付いたから。




数日前、青学高等部の英語の入試問題が話題になった。
問題の文章に
「ひめゆり部隊の話は退屈である。」
という文章があったという。

元ひめゆり学徒は涙し、
沖縄の戦争経験者は憤った。
このニュース以降、学校への抗議が殺到しているという。

私も当然だと思った。
こんな文章を書く日本人が教師になっているということがとても恐ろしく思えた。

たしか青学の責任者が資料館に出向き謝罪していたはずだ。
ただし、問題を作成した教師は精神的動揺があるため、その謝罪の席には同席していなかった。

本人が謝るべきだと私は思ったし、謝ってすむ問題でもないんじゃないかなとも思った。。




どうやっても何度やっても青学の入試問題の原文が載っているサイトが載せられないのがとても残念です。


gooのブログに「オークランド憂国日記」というブログがあります。
そちらの6月14日の記事に、問題の記事の訳文が載っています。
リンクを貼れないのがとても残念です。


どうか、お時間が許すならぜひ検索して読んでみて下さい。



もちろん「英語の」問題として適切かとか、他の単語や言い回しを使っても良かったのではとか、いろいろあるとは思う。

でも全体の文章として、戦争体験をいかに後世に伝えていくかを憂慮した目線や、その際の言葉の無力さを鋭く描き出していると私は思う。

肌で感じた衝撃を、繰り返し使われ磨耗した言葉が薄めてしまうこともあるとも思う。
その時の単語の選択として「退屈」が使われたのは残念かもしれないが、設定が生徒の目線であるとしたならば、「率直な感想」であるとも思う。




どうして青学は謝罪してしまったんだろう。
どうしてきちんと全文を明示し、正確な意図を喧伝してくれなかったんだろう。
どうしてマスコミは全文をきちんと報道しないのだろう。


違う、一番の問題は、情報を鵜呑みにした私自身にある。
情報を鵜呑みにしてまんまと踊った私にある。



こうして私たちは情報を操作され、感情を操作されるのだ。

それをまざまざと自覚させられました。
コメントを読む
posted by 千之 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フト思フコト 4/9up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

おとうさんかおかあさん

昨日「俺ってそんなに若造に見えるのかなぁ」って料理人が凹んでた。

無理矢理聞き出したら、
「笑うなよ、絶対笑うなよ。」
って言いながらゲロしたよ。



料理人ってば、

「お父さんかお母さんはいますか?」

って聞かれたらしいよ。

新聞の勧誘の人に。



本人曰く
「(近所の人に呼びかけられた)『学生さん』までならまだ許せるけどさー。」
だそうだ。



27なのに。
一応世帯主なのに。

お父さんかお母さん・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

ぷっ。


ぎゃあああはははははあああああああああああああああああ。(←もちろん本人の前でも大爆笑した人)
コメントを読む
posted by 千之 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

あれうまいよね。

1週間ほど前、

わたくしに向かってとある友人が、とある料理の説明をしている最中
「しもねたにぎ(下ネタにぎ?)」
を繰り返していた。

ああ、ハイハイ、『しもにたねぎ(下仁田ねぎ)』ね。

にやけながら聞きつつ、とりあえず放置してある。

今さらながらつっこんだ方がいいのかどうしようか迷っている最中である。←遅すぎ






昨日はすんごく気を遣うお食事会に行ってきた。
めんどくさー。
おいしいもの食べられたけどめんどくさー。
やっぱり美味しい物は一緒にいて楽しい人と食べないとだめねぇ。
楽しめないから。
コメントを読む
posted by 千之 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

ぼかぁ幸せだなぁ

昨日は、毎回めちゃくちゃ楽しい面子でのご飯ですた。

みんななかなか忙しい仕事を抱えており、
今回にかぎってうまい具合にスケジュールの調整がつかず、
色々前後した後やっとセッティングできたと思ってたら、
前日になって予約してた店から
「シェフが今朝から緊急入院なので、営業ができなくなりました」
と電話が。

それから慌ててみんなに連絡して、
せっかくだから店を変えようって提案したら、
一人がおいしいお店を教えてくれて、

昨夜無事、また大笑いしてきました。


いやー楽しかったわ。
あいかわらず。
麻婆豆腐もうまかった。


こういう『陽の気』を持った場所って本当に本当にありがたい。

笑いすぎてシワは確実に増えるけど。
中の一人は、
「あたし、いつもこの面子の帰り道ほっぺた痛くなってるんだけど。」
って言ってたけど。



そんな中でも人一倍笑いを取るくせに
「あたしみたいに普通の人間が、あんな面白い方たちの仲間に入れてもらっていいのかなって思ってぇ〜。」
と、『どの口が言っとんじゃコラ』というセリフをのたまってくれる友人がいる。

ひーちゃん(仮名)だ。


ひーちゃんは、今年になって初めて気が付いたことがあるんだそうだ。

ひー「ねぇ、梅雨ってどのくらいの期間って思ってる?」

みんな口々に
「1ヶ月くらい?」
「そうだよね、6月はじめか半ばくらいから7月とかだよね。」
と言ったところ、

ひー「あたしさー、梅雨ってずーーっと2週間くらいだと思ってたんだよね。
   毎年毎年『今年は梅雨が長いなぁ』って思ってた。」

ちなみにひーちゃんは今31歳。
30年間毎年毎年『今年は梅雨が長い』と思いつづけてたんだそうだ。


ひーちゃん、それ気付くの遅すぎ。





最近ひーちゃんはギターをはじめようと思っているらしい。
その日も待ち合わせの前にちょっと楽器屋に寄ってきたのだそうだ。

ひ「でもさー、誰々モデルとか色々あるんだよねぇ。
  椎名林檎モデルとかかわいいの。全然ファンじゃないけど。
  だから、適当に買っちゃうと後から
  『椎名林檎のファンなんだ』
  とか言われたらシャクだし、聞かれた時にちゃんと
  『この人結構好きなんですよ〜』
  って理由をちゃんと答えられるようによく考えないとと思って。」

誰にそんな聞かれるのよ?って聞いたら

ひー「ん? あたしの中ではタモリ。ミュージックステーションかテレフォンショッキングね。」
だそうだ。


ひーちゃん、それもう想像越えて妄想・・・。



他にも
必ずリアルタイムでどっちの料理ショーを見るために木曜は絶対に定時で帰る同僚の話とか、
よりによって背中に薔薇しょってる写真を選ばれちゃったとか、
色々大笑いさせていただいた。


楽しい友達がいっぱいいるって幸せだ。
コメントを読む
posted by 千之 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

ピンポン?

みったを病院に連れて行くために、バスに乗っていた時のこと。

最寄のバス停から病院の近くのバス停までは、20分くらいなのだ。
でも電車だと遠回りになるのだ。
だから面倒だがバスで行くのだ。


時刻は午前9時くらい。

ラッシュの時間は過ぎており、
でもがら空きでもなく、
座席はほぼ埋まって、立ってる人も数人。



とある停留所を過ぎた後の車内アナウンス
「次は○○橋、○○橋。×△歯科医院はこちらで降りると便利です。」
と言っていた。
たぶん。


だが、折悪しく右翼の街宣車とすれ違ってしまい、
大音量の軍歌とおぼしき音で車内アナウンスがかきけされた。


親切で真面目な運転手さんは、ちゃんとおりがお知らせせにゃ!』と思ったらしい。

運転手「次は○○橋です、お降りの方はピンポンを押してください。」


「ピンポン?」
「ピンポン?」
「ピンポン?」
という囁きが車内のあちこちから聞こえてきた。


うん、ピンポンってなるけどね。
コメントを読む
posted by 千之 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

スニッカーズじゃないけど詐欺?

スニッカーズ


とりあえず当座の腹は膨れるけれど、

その場の口当たりは甘く美味いと感じるけれど、


栄養など無く、

何一つ身にならない。

それどころか、うっかりすると肌荒れや体重増加を引き起こす。



そんなスニッカーズのような恋愛じゃなくって良かったと

感謝しているのだよ、料理人。




きかんぼうで、

人の話を全然聞いてなくて、

ヘタレで、

優柔不断で、

先のことを考えず、
今やりたいことだけしか思考回路になくて、

ちょっと太ってきたけど、
でもそれを認めなくて、

毎日酔っ払って人にからんでくるけれど、


凹んでる時も、

八つ当たりしまくった時も、

ひねくれている時も、

浮かれている時も、


見捨てないでそばにいてくれて、

そのままのオイラを受け入れてくれて、

そのままのオイラで良いよと言ってくれて、




本当に感謝してるのだよ。



でも調子にのるから本人には言ってやらないけどな。


でも168センチ62キロは、「ちょっとデブ」略して「ちょデブ」って言われても仕方ないですから!
そりゃ波田陽区に似てるって言われますから!!
ハイ、残念。



付き合い始めてからちょうど2年。
8キロも肥えるなんてある意味詐欺だも思う。


168センチで62キロは立派に「ちょデブ」だって。
いい加減、「平均値の範囲内だもん!」って言い張るのやめなさいよ。

だいたいね、その身長体重でわたくしに
「それ以上太るな」
とか、
「現状維持でお願いします」
とか、

どの口が言っとんじゃゴルァ!!!



ええ、三十路になってから若干1.5キロほど太りましたがそれが何か?

でもいいんだもーん。
こないだの凹み期で元に戻ったもーん。


その後みなさまにいただいたアドバイスを元に、
栄養もちゃんと考えて、
ウィダーインゼリーしこたま買ってみたり、
友達との食事予定を入れてみたり、
野菜なら胃が重くならないかもって野菜(アスパラとブロッコリ中心)をがっつり買ってみたり、
それを茹でておいてすぐ食べられる状態にしておいたりしたら、
食欲は普通に戻りました。

ちょいと体重が増加傾向だったのも、通常に戻りました。
いえーーーい、らっきー。
リバウンドしないように気をつけねば(笑)。
コメントを読む
posted by 千之 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

あちゃらしい

料理人の店に雑誌の取材が来たことがあるらしい。

料理人はその時のことを一生懸命わが妹あちゃきちに説明しようとしていた。

料理人「雑誌でさ、あちゃとかちょうど対象年齢だから見たりしてるんじゃない?25くらいでしょ?」
あちゃ「26だけど。」
料「25ansだっけか?って書いて『ヴァンサンカン』ってやつ。知らない?」
あ「あー、焼肉の?」


焼肉焼いても家焼くなってか?



雑誌の取材だっつってんのに、
ファッション雑誌より焼肉のタレを思い浮かべる妹を見て、
しみじみ血の繋がりというものを思い知りました。
コメントを読む
posted by 千之 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

びびるんです

近所の家に、下町には不似合いなおベンツが止まっている。

このおベンツ、実はかなりびびりであることをオイラは知っている。


だってね、オイラが近づくと

「ぴんこん! ぴんこん!!」

ってすごいデッカイ音で警戒すんだぜ。

へっ、びびりめっ。



(昨夜、夜道の一人歩き中にいきなりピンコン鳴らされて自分がびびったのは内緒である
 あまつさえ「うわっ、びびったぁ」などと独り言を言ってしまったのは更に内緒である)
コメントを読む
posted by 千之 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。