2006年07月31日

もう1年

みけきちが逝ってからもう一年です。

早いもんです。

去年の今日なんて、わたくし死んでたね。
確実に生ける屍だったね。
会社でも仕事なんてほっぽらかして、ブログ書いちゃー消し、書いちゃー消し、ってしてたさね。
結局upできたの8/2だったさね。

昨日はみけきちに大好物だった梨をお墓に供えたよ。
去年、大好きだったみずすましさんの梨には間に合わなかったんだよね。
今年も悪いがスーパーの梨だよ。
あんまり甘くないねぇ。
でもまぁ我慢してくれ。
あと1ヶ月くらいすれば実家から届くから、そしたらもうちょっと美味いから。
みずすましさんは、もう梨のシーズンになってしまったので、図々しくて連絡なんて差し上げられない罠に陥ったよ。
なのであの絶品の梨は供えてやれん。
すまんが諦めれ。


そんなみけきちの命日だった昨日、みけきちをなつさんから貰おうかどうしようかと迷っていた時に背中を蹴り飛ばしてくださったハム飼い師匠のところに遊びに行ってきましたよ。

っていっても師匠の家じゃなくって、行った先は海の家。

もう何年ぶり?くらいの勢いの江ノ島なんて行っちゃいましたよ。


なんつーか、生態が違う生き物がいっぱいいました


日本語通じるのかあの生き物たちには??
なんか違う意味で通じなそう。

でも、10年前とかの自分を思い出してみると、、、、、

イタイ。

思いっきりイタイ。
色々な意味で痛すぎる。

幸いなことに師匠が待つ海の家は『おされ海の家』で、ご飯はフレンチ風カフェ飯で、焼きすぎた焼きそばとかカキ氷とかイカ焼きとかじゃなくて、ムール貝のワイン蒸とかカモのコンフィとか魚介のラグーのスパゲッティーニとかで、美味しかったけどちょっとだけ寂しかったのはナゼ?

師匠は「夕方からコンサートもやるよっ!」ってお誘いしてくださって、リハーサルの時点で「あら、いい感じじゃね?」と思ったのに、一緒にいったデブ性料理人が
「ぼきえのすい(江ノ島水族館)見たい。」
とか言いやがって、
「えのすい6時までだから、行こうよ。」
とか言いやがって、
さっくり見てコンサート前に戻ってこようと思ったのに、イルカショーがばっちりのタイミングで始まりやがって、
「うっわー、スゴイよ、ねぇねぇデッケー!!うっひょーーー!!!」
と小学生ダンスィそのものの反応を示す料理人に、【もうコンサートの時間だから戻るよ】って言っても聞くわけもなく。。。。

やっとのことでイルカショーが終わって、慌てて戻ったんだけど

コンサート見逃した。

何しに1時間半かけて江ノ島くんだりまで行ったんだと。。。orz

その上飯食ってから帰ろうと思ったら、
「ぼきもう疲れたから帰りたい。」
とかぬかしやがり、
「一杯だけ飲んでから帰るから。それでいいでしょ?」
って言ってんのに、
「んー、疲れたむーん。」
などと言いくさり、
たしかにわたくしがノリノリで行きたくて付き合わせたわけだけれども、

帰りの電車では大喧嘩でした。

負けなかったけど。



えのすいのイルカショーは出てるイルカもすごいけど、出てる人間もある意味すごいと思いました。
おわり。
posted by 千之 at 14:57| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

できたぜ!!!

やっとのことで、ブログが何とか形になったぜ!!!

「猫の里親募集してます。」

動画がupできるので、「goo」で作ってます。
でもまだ動画が撮れてません。←ぐーの意味無し
えへえへ。

里親募集ページにも載せてはいるんだけど、
回りがみんな生後1ヶ月とか2ヶ月とか3ヶ月なの。
うっかりするとまだ3週間とかで、
手乗りになっちゃうような可愛い盛り。

うーん、競争激しいなぁ。
ちと不利かもしれんなぁ。

と思っていたら、やつぱり

募集ページからブログにリンクを張っているのですが、
ブログにアクセス解析導入してみたら、ちーともアクセスカウンタ回りません(涙)。

やっぱり可愛い盛りの中だと、いくら可愛くても2歳は厳しいのね。
ハゲもあるしな。
でも目立たないのにな。
足先茶色いしな。
生え変われば綺麗になるのにな。

性格だったら負けないのになぁ。
あの子カルガモみたいな様子とか、
人のあごに頭突きくれながらスリスリしてくる様子とか、
たまに「イックシ!!」ってした後、出てきた鼻水舐め取らないままで人の顔にスリスリしてきて、
「ちょwwwおまwww、はなみず、やめろって!!!
 冷たいって!!わああくぁwせdrftgyふじこlp;@!!!」

って(おもに料理人が)なることもあるけど、

でも会っちゃえば絶対に可愛いのになぁ。。。

写真だけだと厳しいッスわ〜。


でもめげないけどね。
がんばるけどね。


待ってろよ、優しい里親さん探してやるからな。
過酷だった子供時代の分まで幸せになれよ!

なんかねー、思ったより目立たないところにだけどハゲが大きいのがあるのよ。
そのうえ鼻すじにある模様だと思ってた茶色がかさぶただったよ。
昨日鼻すじゴシゴシなでてやったら「めろっ」ってはげて、アテクシもっそいびっくり

他にも右耳の後ろとか、顎の下とか、頬骨の下のあたりとかに、毛で隠れて普通にしてれば見えないんだけど、結構でかめなハゲがあるよ。
後ろ足のかかとのところとか、横っ腹にも毛をかき分けないとわかんないけど、ハゲてるとこがあるのよ。

あと人に置いていかれるのが怖いみたいだよ。
今は隔離してるんだけどさ、部屋を出ようとすると本当に【泣き声】がぴったりな声で鳴くんだよ。
部屋を出ようとする足に一生懸命頭突きしながらまとわりついてくるんだよ。

もしかしてもしかしたら、捨てられた時の記憶があるんじゃないかなぁ。。


ひよは、威嚇しすぎてゲロ吐き事件以降、人間がちび猫の隔離部屋にいるともの凄い声で鳴きわめきます。
いっちょまえにやきもち焼いてるみたいです。
この前は泣き喚くのをほったらかしたら、久しぶりに布団にシッコモラッシャーしてくれました。
最近猫砂変えてから落ち着いてたのに。

ちょびは、ひよの様子につられて、ちび猫に威嚇するようになってしまいました。
ちび猫は人間と同じように他の猫も大好きで、ちょびを見かけると突進するように懐いていくのに、
ちょびはちび猫が近寄るとソッコーで「ッシャーーーー!!!」言いながら猫パンチです。
普段あんなに温厚なちょびなのに。


ちっ、あわよくば3匹飼っちゃえとかも思ってたのにな。

ちょっと元からの2匹に負担が大きすぎて、無理っぽいッス。
はー、育て方間違えたのね(特にひよ)。

でもあいつは元からわがままっちゃーわがままなのよね。
それで一度返品くらった過去あるしね。

でもひよはひよで、うちに来て半年くらいは声出なかったんだよね。
捨てられた時に鳴きすぎたみたいで、声潰れてたんだよ。
ヤツはヤツで人間が自分から離れていく恐怖があるんだろうなと思うと、それはそれで不憫だからねぇ。
あんまり強く叱れないんだよねぇ。
シッコモラッシャーだしさ。






心優しい皆様にお願い。


できればで結構ですが、

「猫の里親募集してます」
http://blog.goo.ne.jp/chiyuki1224/


こちらをみなさまのブログやHPにリンク貼って頂けたりしたら、とても嬉しいです。

リンク貼っていただけたら、一言お知らせいただけると助かります。
里親決まったらすぐにお知らせしますので。


本当に気が向いたらで結構です。
よろしくお願いします。




何とか、年内くらいには決まってほしいなぁ。
ラベル: 里親
posted by 千之 at 14:42| Comment(15) | TrackBack(0) | ねこばなし 1/28up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

いや、一言ではないんだけど。。。

里親募集ブログをちまちまと作っています。

おれがんばる。


なので、こっちはとりあえずまた粗品でも置いて誤魔化すことにする。


音を出して受け取ってねな粗品


里親さんも見つけにくいものなのかしら。。。

ちょっと不安だわ。。。。

見つからなかったらどうしよう。

いやー、あんまりいい子だからうちの子にしちゃおっかなーとか思ってさー。
うちの猫ズと対面させてみたの〜。

ひよが威嚇しすぎてゲロ吐いた。

ストレスも関係あるらしい(涙)。

後からの子を受け入れられないわがままな性格らしい。
うむ、想定の範囲内。



さっ、里親さん探しブログ作成、がんばるべー。
posted by 千之 at 21:56| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

なぜかしら?

またまた電車に乗っていた時のことでした。

わたくしが座っていた3人掛けのシートで、真中の人が次の駅で降りようと立ちあがりました。
するとちょっと離れたところから、おばちゃん(70近い?)がエライ勢いでこっちに向かってきます。

が、反対側で携帯をいじっていた30前後の女性が、おばちゃんに気付いてか気付かずか知りませんが、空いた席にそのまま座りました。

おばちゃんは、無駄足です。

おばちゃんは、おねいさんがつかまっていた棒のあたりにたちました。
もちろん目は油断無く次に空きそうな席をチェックです。

そして駅に到着。

おばちゃんそんなに座りたいのかなぁ。
譲った方がいいかなぁと思った瞬間、アテクシの目の前にはどう見ても妊婦さん(結構腹がでかかった)が乗り込んで来られました。

そら席譲るっしょ。
当然っしょ。

ちゆき「あの、ドウゾー。」
妊婦さん「いえいえ、そんな!!」
ち「いえいえ、ドウゾ。」
妊「じゃあ、すみません、ありがとうございま…」

なんてやり取りをしていたら!!!

おばちゃん「座らせてください。私シルバーなんです!!足痛くて仕方ないんです!!!座らせてください。シルバーだから!!」

おいおいおいおい。
おばちゃんよぇ。

ちゆき「すみません、こちらの方に…」
おば「いえ、私ね、シルバーなんですよ。足がね…」
ち「でもね! こちらの方妊婦さんなんで、ごめんなさいね。」
お「あら、あら、そう。」

妊婦さんもどうしようかと迷っていらしたようだが、座ってくれました。
えがつたえがつた。

でも足が痛い(と言いつつ席を奪取するために人押しのけて来る)おばちゃんと妊婦さん。
わたくしは後者に譲って当然だとは思うのだが、おばちゃんもちょっと可哀想かもなぁとは思う。
だが、人押しのけて座ろうとした時点で、おまへには譲らん!!!って思ってしまふ心の狭いアテクシ。
だって、人押しのけられるくらい元気じゃん。
いや、アテクシは押しのけられなかったけど。
ポジション死守したけど。

それより何より一番むかついたのは、隣の空いた席に座った30前後のアホ女。
おまえさっきまで立ってたじゃん?
ケータイいじってたよね?
何を超ソッコーで寝たフリかましてんのよ。

回りもやり取り聞いてるハズなのに、全然おばちゃんに譲ろうという人はいなかったよ。

ま、「シルバーなの!!だから譲って!!!」って言っちゃったからかもしれんけどな。

譲るべき人に譲るのは当然だけど、譲ってもらって当然だと思ってるやつには譲りたくなくなってしまうのはどうしてだろうねぇ?

例えがもの凄く悪くて申し訳無いが、慌てる乞食は貰いが少ないってこういうことかと思ったよ。

でもおばちゃんだってちゃんと譲ってもらえればあんなこと言わなくてすんだんだろうしなぁ。
でも、ぱっと見てそんなに譲る必要性がある人には見えなかったんだよなぁ。
普通に立ってたらまず譲らないくらいの元気そうな感じだったしなぁ。

難しいね。
posted by 千之 at 12:53| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

なんだかほんとすいません。

みなさんに気にかけていただいてありがたいやら申し訳無いやら。

もうほんと気にかけていただいただけでもありがたいです。
本当に本当にありがとうございます。

でもそんな「ごめん」とか言わないで下さいまし。
みなさまに「ごめんね」とか言わせてしまって、こちらこそごめんなさい。

いや、確かに「ここで里親さん見つかったらラッキーだな」と思っているのはぶっちゃけ多少ありますが(笑)、でもそれは狙ってるとかじゃなくて、こちらだったらみんなある意味知ってる人だけだから、里親詐欺とかのチェックもしなくてすむしという怠慢なの。
オンラインアルバムのURLを送らせていただいた方もいますが、「どうですか〜?」というつもりはなくって、ただただ「こんな子なの〜」と見せびらかしたゲフゲフッ…見ていただきたいだけなの。
迷惑よね。
でもまた更新したら連絡するけどね。

里親さんはちゃんと募集サイトなりなんなりで自力で探す所存でございます。
それが保護したアテクシたちの責任なので。
ああああ、でももちろんここでチョーダイって言われたら断ることはあり得ないですよ!!!←こういうのがまずいのか。

本当に気にかけて、ここを読んでいただけるだけで嬉しいです。
「こういう理由でごめんね」とか言わせて本当に本当にごめんね。
というか、わたくしの書き方がちょいといやらしかったんですね。
すいません(反省)。


感謝とお詫びの気持ちに「粗品」を置いておきますね。


粗品


粗品その2


本当にすみません。
どうもありがとう。
posted by 千之 at 14:44| Comment(9) | TrackBack(0) | ねこばなし 1/28up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

やつぱりか。

ちび猫、無事おカマちゃんになりました。

そしたらビックリ。
ちび猫ちび猫言ってたのに、ちび猫ってば、
獣医(大泉洋似)「1歳は確実に過ぎてますね〜。2歳にはまだなってないと思うんですけど。」

ええええええええええええええ。
ちょびひよ(推定1歳3ヶ月)よりも年上なのかい。

獣医(大泉洋似)「そうですね、ちょびちゃんたちよりも上ですね。」

はぁ、さいですか小さいだけですか。
あんよもぶっといからこりゃちょび並みに育つかしら?なんて思ってたのに、
大きくなる素地はあったけど、喰えなくて大きく育てなかったんですかそうですか。

と思ってみょーんって持ち上げてみたら、たしかに結構長い。
そうね、この長さは子どもサイズではないかもね。。
でももっそい軽い。
痩せてるなぁとは思ってはいたけれど、本当に痩せてるのね。

えっとねー、ぐーしてみグー
その指の付け根から第2間接までの4本の指が並んでるの触ってみ。
それがちび猫の脇腹です。

ちょっと鼻が垂れて涙目なので、猫風邪かもしれないからワクチンは中止。
1週間様子見ることになりました。

そして頭にハゲハッケン!!!!!!
小さい頃に怪我した跡らしい。

そして虱がいたよ。
なんかポツポツくっついてんなとは思ってたんだよ(笑)。
フロントラインやってもらったので虱はすぐ取れるでしょう。
毛繕いが過剰だったから、捕まえたのがストレス?とか思ってたんだけど、痒かったのね。
昨日の夜には普通の毛繕いになってたよ。

幸いなことに腹に寄生虫はおらず、
猫エイズ、白血病共に陰性。

とりあえずホッとする。
猫エイズと白血病が陽性だとやっぱり里親さん見つけにくいもんな。

でも、でも、でも、でも、、、

獣医(大泉洋似)「この子は野良ちゃんなんですよね?」
ちゆき「そうですー、ちょびに似てて、ついつい保護しちゃって。。」
「そうですね、ちょびちゃんの模様はちょっと珍しいのに似てますね〜。・・・この後は、再度リリースですか?」
「最初はそう思ってたんですけど、この子ものすごく人懐っこいじゃないですか。
だから里親さん探してみようかなと思ってるんですよ。トイレも自分でちゃんと砂にできるし。」

大泉「これだけね人に慣れてる子ですから、むしろ野良より良いでしょうね。全然人を引っかいたり噛んだりしないし。んー、この子は元から野良っていうか、人に飼われてことあるんじゃないかと思いますよ。特に生後2ヶ月とか3ヶ月の時に。」
「あーーー、やっぱり。。。」
「あああ、でもでも、ももももしかしたら、もの凄く可愛がってくれてるエサやりさんがいるのかもしれないですけどねっ。」


先生、あんたも偽善者やな。ナカーマ!!
エサやりって、んなわけねぇじゃん。
だったらなんでこんなにガリガリに痩せてんのよ。
状況だけ見て綺麗事言うのはわたくしも得意ですよ。


なんとなーく薄々想像してはいたけれど気付いてないフリしてたことを獣医さんがダメ押ししてくれました。

そうなんだよね、生粋の野良とは違う感じはしてたんだよね。
心優しい人が保護してる生粋の野良育ちなんて、半年もの間毎日毎日エサもらってトイレ綺麗にしてもらっても、なかなか人間に抱っこされたりしないもの。
でもこの子は初めて会った心優しい人にすんなり抱かれて、ゴロゴロのど鳴らしたもの。

写真撮ろうと思ったんだけど、猫風邪で目元涙焼けしてるし、白目が膨らんでちょっとブサイクなので、もうちょっとして鼻水が止まって可愛い顔になったら写真いっぱい撮るんだ。

でもとりあえず撮って「こんな子よ」って見せびらかして教えてあげられるようにアルバム作ってURL送るわ〜。
魚奴さん、ムツさん、待ってね!!!
あ、あと兄者。あなたにもブログマメニカケ攻撃として送りつけるから。

待っててね(脅迫)!!!

ムービーは撮ったんだけどさー、ようつべ英語ばっかでわげわがんね!!

さーて、今日は(?)写真撮るために早く帰っぺし♪



いやー、しかしコレは和むねぇ(音出してね)。




ラベル:猫 里親
posted by 千之 at 18:20| Comment(6) | TrackBack(0) | ねこばなし 1/28up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

早いもんだねぇ。

もう1年ですよ。
ルンルンさんが亡くなってから。
たしか日曜が命日だったハズ。

去年ぺもぺもさんに教えてもらって、ものすごく呆然として、しばらくPCの前でフリーズした記憶がございますよ。

あれからもう1年かぁ。
早いもんだよねぇ。

お墓参り一度しか行って無いや。。。

一応お線香を焚いてみたけど、どこに供えれば良いのかわかんなくって、みけきちのお墓に供えてみました。
って、それじゃ全然ルンルンさんに向けられてないじゃん!!!!
ごめんね、一緒にしちゃって。


そしてそんなルンルンさんの命日に、例のちび猫を保護してしまいました。

今までは網戸の外にエサを置いてやるだけだったのですが、網戸を開けっ放しでエサを与えてみたら平気で部屋に入ってきたので、そのまま素手で捕獲。
心優しい人がいつも傷だらけになりながら捕獲しているのを知っていたので、ある程度の負傷は覚悟していたのですが、あてくしほぼ無傷。
昨日シャンプーしてやったのですが、まったくもって人間に反撃しない子でした。
ううぅ、ええ子や(涙)。←飼い猫には反撃されまくり

どうやら撫でられるのが大好きみたいで、撫でてやるとソッコーでゴロゴロゴロゴロ。
外に出せと鳴き喚くこともなく、トイレが済んだら鳴いて知らせる。
しかもちゃんとトイレはトイレ砂でできるんだよ!!
ひよなんかいまだにタオルケットで隙あらばと狙っているというのにorz。

本日ちび猫は獣医さんで健康診断受けてます。
ついでにワクチン打ってもらって、月齢確かめて、できれば去勢までやっちゃう予定。
あ、立派に丸いの二つプリプリついてたので、♂であることが判明しました。
そしてガリガリに痩せてるのでたぶん寄生虫がいるから、薬飲ませて虫落として、ちょっと猫風邪ひいてるっぽかったので治療して、
健康体になったら里親さん募集開始ッス。

最初は「我が家の3匹目に・・・」とも目論んでいたけれど、やっぱりひよがどうしてもどうしてもどうしても無理っぽい。
ちょびもひよにつられて、背中の毛逆立てて威嚇するようになっちゃったよ。
ちょびよ、このちび猫はちみの1/3しか体重無いのよ?なにその本気威嚇は。

きっと無理矢理飼っても2:1で可哀想なことになってしまうので、泣く泣くですが、心優しい方に手伝っていただきつつ里子に出すことに決定しましたよ。

ルックスは、足先が野良生活でちょっと茶色になってるとはいえ、見栄えの良い顔と毛並みなので、たぶん欲しいって言ってくれる人もすぐに見つかることでしょう。
保護した翌日から撫でるとゴロゴロとノドを鳴らして甘える人間大好きな子だから、きっと里子に行っても可愛がってもらえるでしょう。

ルンルンさん、わたくしに色々ご縁を授けて下さってお友達を増やしてくれたように、どうかこのちび猫にも良いご縁をお願いしますね。
posted by 千之 at 13:09| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

今日の痛い子2

残念ながら電車の中での再会ではなく、会社近くのコンビニだったのですが。

しかも低身長でもやしっ子なメガネリーマンではなく、縦横ともにある異人さんだったのですが。


午前10時の東京都港区某所。
アテクシがチョコモナカジャンボを買おうと思ってコンビニに寄ろうとしたら、
目の前に、いわゆる「ピザデブ」な横幅をお持ちな異人さんがいらっさいました。


クビの後ろが「もりっ」ってなってて、そこに水溜りならぬ汗溜りができており、夏の日差しに反射してキラキラキラキラ。
まるで木漏れ日のよう(butたぶん臭い付)。

『うわぁ〜、キレ〜〜イ、段々肉が。』
とか思っていたら、ピザ様ってば何事かを「F」で始まる言葉を随所にちりばめながら、ブツブツブツブツ。

ワクテカ、ロックオン!!!!

わたもやお目目キラキラでワクテカになるあてくし。
親切な方々にあれほど忠告していただいているというのに、全然余裕でテッカテカでまたもやバチコイ態勢

ピザ様は、コンビニに入り、出口の送風がもろに当る場所で「huuuuuuuuuuuuuuuu(本当はブフルルルルルrって聞こえた)とまるで在りし日のエサマダーのようなため息をおつきになると、まっすぐジュースの陳列棚へ。
アテクシも後ろポジションをゲットするべく、さっとチョコモナカジャンボ(ちょっとチョコカールと迷った)および南アルプス天然水をゲット。

首尾良くレジにてピザ様の後ろを確保。
ピザ様ってば何を買うのかしら?と思ってピザ様の手元を見ると。。。

午後の紅茶ミルクティー2リットル×2(両手)

きゃあああああああはははあああああああああ。
期待通りだよっ!!!
素敵だよ、ピザ様!!!
そんなんばっか飲んでるからピザなんだよっっ!!!
あ、でもコーラとかでも楽しいよピザ様!

しかし、後ろのアホザルがそんなことをプゲラが顔で考えているとも気づかず、やっぱりピザ様は「F○○k」や、「S○○t」などを縦横無尽に駆使してブツブツブツブツ。

レジで1000円札をレジ台に投げるようにして出し、お釣りを貰うピザ様。
でももうレジには慣れている久々に登場なアベっち
きっちりピザ様にもお釣りonレシート

レシートがいらなかったらしいピザ様。
左手は2本の午後ティーミルク入りのビニール袋を下げているピザ様。
右手に乗ったレシートとお釣りのうち、レシートだけをなんとかして捨てようと変な風に右手だけモニョモニョ動かしてる。
ちなみに捨てようとしている場所は、レジ台の上。
つまりはアベっちの目の前ね。

ねぇねぇピザ様、あなたのその腹の下あたりに「PUSH」て書いてあるっしょ?
そこゴミ箱よ?
あ、腹で見えない?

モニョモニョしてるピザ様。
ボーッとピザ様を見守るアベっち。
ピザ様の横から南アルプス天然水とチョコモナカジャンボをアベっちに差し出しながらも、超ワクテカなわたくし。

でもね、ピザ様のレシート、お釣りの下なんだよね。
それ片手で捨てるのって難しいと思う。

やっとピザ様がレシートをレジ台の上に捨てた時に、
一緒におつりの中の一枚の一円玉も転がり落ちました。

一円玉はそのまま足元へコロコロチャリーーーン

するとピザ様、何を思ったか「Sh○—ーーーt!!!!」言いながら、一円玉思いっきり蹴りやがりました

なにすんだよ、このエサマダーーーーは!!!!!
一円を笑う者は一円に泣くっておかんに習わなかったのかよ!!!
←異人さんだからたぶん習ってない

そのまま一円玉には目もくれず、トストストストスと歩き始めるエサマdピザ様。
レジを済ませ、ワクテカな早足で後を追うアテクシ。

ピザ様、30秒は先にコンビニを出ていたのにもかかわらず、ちょっと進んだ地点で肩で息をしていらっしゃいました。

テテテテテとさりげなくピザ様に近寄っていくあてくし。

やっぱりブツブツブツブツと宇宙と交信中のエサマdピザ様

『うわぁぁぁ、目が完全にイッちゃってるーー(嬉)!!』
インパラだったら丼3杯くらい殺せそうな目をしていらっさるエサマdピザ様。

しかし惜しいかな、ワクテカタイムはそこまで。

ピザ様とアテクシの進むべき道は、
そこで分かれることとなったので相成ります。

名残惜しく見送るアテクシを尻目に、エサマdピザ様は、相変わらず肩で息をしながら、トストス、ブフルルルルルr、トストストス、ブフルルルルルrrと坂道を登っていかれました。


最近暑いから、電波キャッチしちゃう人多いんだねぇ〜(シミジミ)。

『わたくしは電波キャッチしないですむように、気をつけよう』とチョコモナカジャンボを食べながら心に誓うあてくしでした。


しかしやっぱあれやね、ワクテカなのは見つからない方がむかつかなくて楽しいね。


っていうか、エサマダー、
その滴ってる汗拭えよ。←いつの間にかエサマダー扱い
posted by 千之 at 17:31| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

今日の痛い子

パイレーツ・オブ・カリビアンの悪役「デイヴィー・ジョーンズ」と聞いても、どうしてもフォクシー海賊団しか浮かんでこない千之です。こんにつわ。
オヤビーーーン。

電車の中とは本当に面白いですね。

本日も電車に乗っておりましたわたくし@日比谷線。

茅場町駅で電車が止まった際に車椅子の方が乗られるということで「ちょっと止まります」的なアナウンスが流れました。

ああそうかと思っていたら、右の方からなにやらブツブツ言う声が。

声の主は、20代半ばと推測される身長150センチのひょろひょろなメガネリーマン。
つぶやいてる言葉と言えば、
「ふざけんなよ、シラネェっつんだよ、止めてんじゃねぇよクソヴォケが!!ぶつぶつぶつぶつ。いつかぜってぇぶっつぶしてやる!」

ぎゃああああああああああははははああああああああああ

ねぇねぇ潰すの?
東京メトロ潰すの???
東京メトロ潰しちゃうんだ!!!!

『うわぁぁぁ、痛い子がおるぅぅぅ!!』
アテクシ目がキラキラ。
すかさず見守り態勢でバッチコイーーー!!!
←心の声
(あとちょっとだけ『っしゃーネタゲッツ』ても思った)


乗車が終了して「お待たせして申し訳ありません」みたいなアナウンスが流れたら、
「ったくさっさと動かしゃいいんだよ、ブツブツブツブツ。」

電車がカーブでガタンと揺れれば
「ヘッタクソがよぉ、死ねや!! ブツブツブツブツ」

なにも無くても
「いつかコロス今に見てろよ ブツブツブツブツ」

なにやら呪文のように聞くに堪えない汚い言葉をずーーーっと呟いています。

近くにいた小学生の集団も唖然。
目の前に座っている男性も迷惑そう。

そんな中一人、ずっとプゲラな顔でワクワクテカテカしながら見守っていたアテクシ。

そしたらねー、見つかっちゃったのー。
八丁堀で降りようとした痛い子に、
プゲラな顔してワクテカで見守ってるの見つかっちゃったのー。

ま、別に隠れてるつもりも無かったけど。

そしたらねー、痛い子にブツブツ言いながらわざわざ遠回りして体当たりされたアルヨ。

アテクシは痛くも痒くもなかったけど、すごいな痛い子。

一応痛くは無いけれども、むかつきはするので、
「ちょっとすいません、痛いんですけど!!」
って痛い子の二の腕ギューーーってしてみました。

「うっせんだよっ、知るかよっっ。」
という局地的な言葉で言うと、なんともDQNなお答え。

『知るかじゃねぇよ、てめぇのことだよそこのチビ!!!』
という言葉がのど元まで競りあがりましたが、いかんせん周囲には小学生の団体。
『いかんいかん。いたいけな子ろもたちの前で、人の身体的特徴をあげつらってはいかん!』
と自制した偉いアテクシ。
『知らないじゃないですよ、あなたのことですよそこの低身長な方!』
とも思ったのですが、言葉を丁寧にしただけで同じことだよなぁなどと考えてる隙に降りられてしまいました。

普段からちゃんとした言葉で言えるように脳内シュミレーションしてないと、とっさに言葉って出ませんねぇ。

会社についてから「むーかーつーくーーー!」と騒いでいたら、ヲタすけにーさんから
「暴行の現行犯で逮捕してやりゃいいのに。」

ハッッッ!!!!
そうよね、現行犯なら一般人にも逮捕権あるものねっ。

シマッタァァァァ!!


次出会う機会があったら、きっとまたプゲラなワクテカで見守るので、きっとまた体当たりくらうと思うので、ふるって現行犯逮捕したいと思います。

今朝の日比谷線前から3両目に乗っていて9時40分に八丁堀で降りた、身長150センチ前後(たぶん150無い)の20歳代でメガネかけてひょろひょろして、黒くてボロっちくなった二つ折りサイフに新生銀行のブルーのカードとスイカを入れて持っているちっちゃくて痛いキミ。
またぜひお会いしたいです(ハアト)。

でもさ、わたくしが足元スニーカーで相手よりもたぶん15センチは身長が高くて気が強いから良かったけどさ、これがヒールはいてるおねえさんとか、足が悪いご老人とか、妊婦さんとかだったりしたら、シャレになってないよねぇ。

自分が誰からも笑われるような行動とっておいて、笑うなって言われてもねぇ(プゲラ)。
posted by 千之 at 18:02| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

猫いらんかぇ〜

最近我が家の庭に、ちび猫がよく紛れ込んでくる。

最初は、玄関の前にいて、模様がマイ愛猫ちょびに似ていたので、一瞬
「ちょび?!!!脱走した??」
と思って目を凝らしたが、どう見てもデカさが違ったのだ。

ちょびは7kg弱。
ちび猫はたぶん3kg無い。

よく見ると、ちょいとばかり毛も長めでほわほわしてる。

そのちび猫が庭に来るようになった。

ガリガリに痩せていたので、ちょびひよのエサを与えてみた。
カリカリと缶詰。

ちび猫、綺麗にカリカリだけ残して喰いやがった。


「ちょっとあんたカリカリもちゃんと食べなさいよ!」
と言い聞かせるのだが、聞きゃーしない。

一度エサをやったら、賢いのか「食い物ある」と認識したらしく、たまーにフラリと現れるようになった。

が、いかんせん我が家にはわがままシッコモラッシャーひよがいる。

このひよとちび猫、すこぶる相性が悪い。

ガラス越しにお互い唸りあい、ひよが威嚇してちび猫を追い払うこともしばしば。
ひよさん、今エサ、用意しちゃったんだから、追っ払うなよ。。。

最初はうちの猫にしても良いかなとも思ったのだが、ひよがこの調子じゃきっと無理。
ちょびとはふにふに鳴き合って、仲良くなれそうなんだがねぇ。。
ひよがねぇ。。。

でも放置しておくのも何なので、とりあえずもうちょっとしたら触れそうなので、触らせてくれるようになったら捕獲して、不妊手術をしてワクチン打って虫取ってから里親さんを探そうかと思っております。


グレーと白のうちのちょびすけに似た模様で、ちょいと長毛のちび猫いらんかぇ〜。

今度写真撮ってこよう。←まだ近寄ると逃げられる←料理人はもう触れるらしい←すごく悔しい
posted by 千之 at 10:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

映画「ブレイブストーリー」感想

あてくしが宮部みゆき作品の中で、一番好きな「ブレイブ ストーリー」が映画化されたので、早速見てきました。

うん、わかってた。
ムリだよ、あの長編を2時間の枠に入れるのは。
わかってたよ。
わかってたけど、「もしかしたら」って思ってしまふファン心理。

「姑獲鳥の夏」と一緒やな。

指輪捨てに行く話みたいに3時間3部作とかにしなきゃ、原作に忠実な物は観れないんだろうなぁ。

惜しいなぁ。
すごく深くてよく出来てる話なのになぁ。


でも危惧していた「しむらうしろ攻撃」は無かったよ。

友人は「ファインディング ニモ吹き替え版」を、日曜の昼間観にいったら、
「にもーーー、がんばれーーー!!!」
「にげてーーーー」
「いやあああああああああああああ」
という、お子ちゃまたちの「しむらうしろ攻撃」にあって、うるさくて映画どころじゃないんだけど「うるせぇよ」って言うわけにもいかないというジレンマに陥ったわけなのですが、
「ブレイブ ストーリー」はもうちょっと年齢層高めで、小学校高学年が中心だったので「しむらうしろ」はありませんでした。

そして、四方をぐるっと小学生に囲まれての映画鑑賞は、なかなかに照れるものでした。

ちなみに、原作読んでない料理人は、
「わけわかんない。なんで捕まるのかわかんないし、浅いよねぇ。
 っていうか、あの蛙はなんなの?」
だそうだ。
そうね、原作知らなきゃなんで捕まるのかわかんないよね。
オンバ様も、唐突に出てくる蛙でしかないよね。

でも小学生たちは口々に「面白かった!!!!」と帰っていってたよ。

大人にはちと厳しいが、小学生向けにはなかなか良くできている映画だと思いました。
ネタバレ文句
posted by 千之 at 13:15| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

切実なる願い

七夕。

もちろん天の川なんてビタイチ見えやしない東京都なのであるが。

珍しく夜更新してみます、こんばんは。

土日はガッツリアクセス数が減る「日記?」を書いております、千之です。
こんな金曜の夜に更新しても無駄なんじゃ。。。とか思いつつ、ぺこぺこ書いておりまする。


七夕ということで、色々なところに竹が置かれ、色とりどりの短冊がぶら下がっている光景を目にすることが多い今日この頃。
っつか、今日まで。

仕事で東京メトロの某駅に行ったら、通路に色とりどりの短冊がぶら下げられた茶色になりかけている竹が飾られておりました。

某ジュミーさんに「酔っ払って七夕の短冊にダメ出しした」という話を聞きすごい面白そうだなと思っていたアテクシ。
みうらじゅんの「ムカエマ」シリーズを読んでから、神社ではついつい人様の絵馬を眺めてしまうアテクシ。

アポイントまでちょいと時間がございましたので、ついつい足を止めて、願いこと観察。

「ピアノがじょうずになりますように」
「浮気がバレませんように 信二」
「バレエの発表会できもちよく踊れますように」
「ヴィトンのバック!!!」
「金がない」
「××が●●なんかと別れますように」
「宇宙行きたい」
「家内安全 健康第一」
「□□大学に合格しますように」

なんだか希望と野望と欲望と「ソレ願い事じゃない」という勘違い、さまざまな物が混ざった、何とも玉石混交で素敵な空間でした。


そんな中、ひときわ目を引いたのは、
ぷるぷるになった字で書かれた、とても切実な願い。。。

「ボケたくありません」


うっ。。。
重っっ。。。

よもや織姫と彦星もこんなディープな願い事をされるとは、思ってもみなかったことでしょう。

そういえばにぎりこぷしさんの絵日記サイトでも、同じような願いを書いてる人がいたな。。。


まーたしかに、ボケたくは、ないやな。。。←もう半分ボケてるけどな
posted by 千之 at 23:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

それなんてエロゲ?

もうね本当にバカかとアホかと。

<痴漢>女子高生触った大学生逮捕 メールアドレス渡す


痴漢した相手にメールアドレス渡して、このバカは連絡が来るとでも思っていたのでしょうか?
「自分の好みの子だった」て、痴漢した相手と恋が芽生えるとでも??
思っていたからメールアドレスを挟んでおくなんて脳みそ腐ったことしたんでしょうけど、一体それはなんてエロゲだよ


もう住所から写真から通っていた小学校・中学校・高校から今現在通っている大学名まで晒されてるしmixiのコメント欄物凄くなってるし(プゲラ)。

川畑容疑者、21にして人生終わっちゃったね。
ま、自分で終わらせたんだけどな。
posted by 千之 at 12:21| Comment(6) | TrackBack(0) | フト思フコト 4/9up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

ええ子や…(涙)

昨夜、自宅でコレを見て、萌え萌えに悶えていたところ、
我が家の6.8kgのポッチャリ系猫ちょびが、パソコンの周りをウロウロウロウロとしたあげく、アテクシの手に
「ぼきはどーすりゃいいのさっ」
と悶えながらはむはむと甘噛み付いてきた。

おまえ、、、心配したのかい?

うう、ええ子やのぅ(涙)。



ちなみに、その時わがまま姫ひよは、片足を上げて
思いっきりケツの毛繕いしてた。

さらにちなみに、わがまま姫ひよは昨夜我が家の庭に入り込んできたちんまい猫をガラス越しに威嚇して追い払った。

「あんたさ、もうちょっと他の猫(ちょびを含む)に優しくしてやろうかとか思わないの?」
と小一時間問い詰めてみようかと思ったが、かまわれるだけで嬉しそうなので、面倒になってやめた。

ヘッドロック食らっても、歩いてるところを横からヘッドバット食らっても、怒らないでちょびは偉いと思う。

仕事を終えて家に帰ってきても、サッカー見るためにもう電気消して寝ているわたくしを起こさないように、置いてあったご飯を自分でチンして食べる料理人も偉いと思う。←昨日も9時に寝て今日イタリア×ドイツ見てた。

でも9時に寝なきゃいけない(?)のに、料理人のご飯(いわしのトマト煮)を用意しておいてやるわたくしが一番偉いと思いました。←結局ソコ
posted by 千之 at 17:07| Comment(8) | TrackBack(0) | ねこばなし 1/28up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

中田選手引退!

って日経新聞の一面に載ってたよ。

日本経済新聞なのに、一面でスポーツがらみって、今まで見たこと無い。

いちサッカー選手が引退するって言っただけなのに。

すごいね、扱いが。


あれかね、彼の引退でなんらかの経済波及効果とかあるんかね?(日経新聞だけに)

・・・ありそうかも。

実際あるのかもね。


なんか、中田の扱いがスラムダンクの仙道みたいだ。←昨日スラムダンク読み返ししてた
「それでも仙道なら・・・仙道ならきっと何とかしてくれるはず!」
みたいな。

「それでも中田なら・・・中田ならきっと何とかしてくれるはず!!」

ムリだっつの、漫画じゃねんだから(プッ)。
ま、実際ムリだったわけだがな。


ということで、本日の一言。
ニッポンジン ナカタ スキネ〜
by-ランチタイムによく会うイタリア人より

好きだから日経一面ですかそうですか。

・・・・・そうかもな。



柳沢だったら、きっと荒巻スカルチノフと同じ扱いな気がする。
posted by 千之 at 16:42| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

楽しかった。

たれちゃんが東京に来てくれたので、金曜と土曜で遊んでもらいました。

思ったより水上バスが楽しかった。

あと相変わらず黒川はうまかった。
ランチタイムだと超お得だわ〜♪

ちゃんと東京を案内できたんかおまへは?とか聞かれると、
「う、うん?(よそ見)」
とかなるけど(照)。
たれちゃんごめん。

相変わらずアテクシは文章のイメージとイコールらしい。

サルでも大木凡人でも中身は一緒ってことかorz。


それにしても、全然サル頭に慣れないアテクシ。

いや軽いとか頭洗うときとかにはもう速攻で慣れ慣れなのですが、どうも朝起きて一発目に鏡を見た時とか、トイレに入って油断した状態のまま鏡を見た時とかに、
ぅおぅっサルっっ!!
 ・・・・・・あ、おれか。」

ってなるよ。
早く慣れてくれないとちょっと心臓に悪い。

学習能力ってどこに行けば買えますか?(泣きながら)
posted by 千之 at 15:40| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。