2007年01月30日

やっぱ無理

わかっていたよ。
全然わかっていたけれども、もう本当に心の底から再認識。

あたくし、家にいるの無理。

産休という名の長期休暇に入って早1ヶ月。

もう無理。
もうヤダ。

最初のうちこそ『出勤しなくて楽ちんプ〜』などとヘラヘラ喜んでいたわけだが、やっぱりわたくしにとって休みというものは仕事という“苦”があるからこその“楽”なのだなと。

もちろん家の中のことを根を詰めてやろうとすれば、時間なんていくらあったって足りないのかもしれないけれど、わたくしはそれに価値を見出せる人間でないもんでね。
ええ生粋のナマケモノですけー。
家事は不快にならない程度に済ませてあれば全然オッケーなイキモノですけー。

今はまだちょこまかと出社したり自宅で作業したりして仕事してるから何とかなってるが、これが無かったらと思うと空恐ろしくなる。
うん、どう考えても仕事辞めるのはやっぱ不可能だな。

なんかね〜家にずっといるとね〜、自分の世界がものっっっっっっっっっっっっすごくちっちゃーーーくせまーーーーくなるのよね(注:わたくしの場合)

働いてる時の自分の世界が20なり30なりだとすると、家にだけいるとそれが10とかに減ってしまうのさ。
そうすると、のことが以前は5%なり3%なりの比重しかなかったのに、今は10%とか12%を占めてしまう。
でもそののことはしょせんのこと。
くっだらねぇちっちぇえことなのは、自分が一番良くわかってるんだけれども、そんなくっだらねぇちっちぇえことに10%なり12%の比重を置いてる自分がいるわけさ。

そんなくだらないたったのことを10%にも12%にも気にしている自分がちっちゃく感じられて、いやわたくしの場合は実際ちっちゃくなってるのがひしひしと実感として迫ってきて、
もうものっっっっっっっっっすごくイヤだ!!!!!

家にだけ居てもきちんと自分の世界観を保てる人もいるんだろう。
でもわたくしはできない。
うん、わかっちょった。
再認識ってことさ。

今になってわかったよ。
専業主婦になってから変わってしまったように見えた元友人のこと。
フェイドアウトさせていただいたので今どうなっているのかはまったくもって知らないが、会うたびに瑣末なくっだらないこと(に当時わたくしには思えたこと)に全精力を注いでいる彼女を見て
『なにをそんなくだらないことでキャンキャン言ってんだろう?元からこんな人だっけ?』
とか思っていたのだが、その当時の彼女にはそれがそれだけ大きな問題だったんだな。
理解できなかったけど。
それしか無かったんだろうな。
ってことは、彼女も家にいること向いてなかったんじゃないの(笑)?

あああああああああああああああああああああああああああ、もおやだあああああああああああああああああああああああ。


仕事復帰したいよぅ(涙)。


と言いつつ、本日は出社中なのにさぼって日記を更新中。
復帰したいんだったらちゃっちゃと働けよと。
ま、それとこれとは別の話ということで、よろしくお願いいたします。←何を?
posted by 千之 at 12:33| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

そんなことできんの?!!

えっちらおっちらとまた行ってきました鍼灸院。

今回は、足だけでなく眉のところや頭のところにもバシバシ鍼さされました。
薄目を開けてみてみたら、自分の眉から鍼が生えてて、ちょこっと頭を動かすとふよふよふよと鍼が動きます。
『ああ、ピッコロ(大魔王)はこんな風に見えるのかもな。』
とやっぱり思考回路が少年ジャンプなアテクシ。
さすがに眉だの頭だの腰だの肘だの手だのは、刺されると気付くよ。
でも痛くは無いッス。
えっとねー、授業中とかの暇な時に、なんでかしらんけどシャーペンで自分の顔とか突いてみたことって無い?
そのくらいの感じの痛みよ。
っていうか、あのレベルって痛みって言うのか??

そして鍼灸師に
・どうやら子がデカイこと。
・産婦人科医に早めに出せと言われたこと。
・頭もデカイこと。
を伝えてみた。
鍼灸師「うーん、たしかにこの週数でその体重は大きいかな。
 わかりました。2週間を目安に早めに出てくるようにがんばりましょう。」


えっ、そんなことできんの?!!!!

鍼「確約はできませんけどね。
 今までは赤ちゃんをお腹にきちんととどめておく方向でホルモンの調整をしていたんですけど、ちょっと早めだけれども、今度は逆に赤ちゃんを出すような働きをするようなホルモンバランスになるように、調整をすすめます。
 これからは、今まで以上にお腹を暖めてね。絶対に冷やさないで。
 冷えると破水がおきやすくなるから。
 破水から始まるお産は辛いよ。」


そしてピッコロなまま横半ケツ生殺しプレイ開始。

新たに内腿とかにもお灸が追加されました。

鍼「体重も大きくて頭大きいんじゃ、きっちり子宮頚管が柔らかくなるようにしなくっちゃねぇ(笑)。」
ち「もうほんとですよ〜(笑)。」
鍼「だいたい頭デカイのって旦那の遺伝子なんだよね。」
ち「あー、うちもです。あんたの血のせいで私が大変じゃないかぁぁ!!!って言ってます、私が(笑)。」
鍼「アハハハ、ちゆきさんは小さいもんね。
 でもさー、結婚する時に
 『ああ、この人は頭が大きいから子供も頭も大きくなるかもしれないわ。それじゃ出産が大変だから結婚するのやめようかしら?』
 なーんて思わないもんねぇ(笑。」

ち「そうですねぇ(笑)。頭がデッカイのは知ってましたけど、別にそれは結婚の判断基準にはならなかったですからねぇ(笑)。」

ま、異常なほどデッカイわけではないらしいので、なんとかなるべー。

それより問題は本当に2週間も出産を早められるのかっつーことだな。
まー初産だから、2週間も早めるのは難しいかもしれないが、できればちょっとでも早めに出てきて欲しいわ。

その前に育たないように体重管理しろよとかそういう声はまったくもって
聞こえません!!!!!!!


アーアーアー、キコエナーイキコエナーイ。←昨日も絶品イタリアンを散々食ってきた。
合言葉は『赤が出てきたらなかなか行けないしねぇ』でひとつヨロシクオネガイシマス。
それにしても熊は美味かったクマー。
タグ:鍼灸
posted by 千之 at 18:54| Comment(5) | TrackBack(0) | 子ばなし 12/27up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

ドワーフかぁ。。。

医者検診にて判明。

どうやらわたくしの腹子はデッカイらしい。
現在の予想体重は2750g。
・・・えーと予定日まであと1ヶ月あるのですが??
ちなみに今テレビでやってるけど、女優のイシカワアサミが今日出産した個は2782gだって〜。
32gしか違わないジャナイカorz。

女医さん「このお腹は3kg超えるお腹だね!!」
3kg超える腹ですかそうですかorz。
チチもハハも標準、むしろチチに至っては身長小さめなのに、なぜ腹子だけ巨大にorz。

しかもね、頭がデッカイらしいんだよねぇ(遠い目)。
なんかね、直径が9.2cmなんだって〜。
確実に料理人の遺伝子じゃん!!!←わたくしは自慢だが頭は小さい←脳みそに比例
フリーサイズってなってるニットキャップで、「頭が締まるよぅ」ってなる料理人の血じゃん!!!

女医さん「でも子宮口は10cm開くから大丈夫!!」

・・・8mmしか隙間ないじゃないッスかorz。

女医さん「背骨もしっかりしてるねぇ。ガタイが良いって感じ。
 大腿骨もしっかりしてるし、えーと長さは、標準だね。短くは無いよ。」


あの、、頭でかくて上半身のガタイが良くて足が普通って、
それ相対的に足短いじゃないですかorz

女医「初産でしょ?早めに出しちゃった方が良いかもね〜。」
早めに出せって言われてもねぇ。。。

でも胎盤は綺麗だって褒められたよ!!
女医「普通この週数ならもうちょっと石灰化してて白くなってるけど、まだまだ綺麗だから、これなら赤ちゃんも大きくなるわ〜。」
フッ、この分ならプラセンタ刺いけるか??

でもさすがにそろそろ体重のことは怒られたッス。
まぁな、60kg超えたからな。
ウしゃしゃしゃしゃしゃしゃしゃ。
女医「そろそろ体重の増加はいい加減止めようね〜。
 食事とか油物とかダメよ〜。もっと大きくなっちゃうからねぇ〜。」
ちゆき「あー、そっかー。トンカツ食べたしな〜。それでか。」
女医「はぁ?!この時期によくそんなもの食べられたねぇ(笑)!!
 でももうダメよ!!!。」


だ、ダメなんだ。

言えない。
実は2週連続トンカツ食ったとか言えない。
しかも料理人が揚げたからすんごい大量で、2回とも3食くらい連続してトンカツだったとか口が裂けても言えない。←妊娠じゃなくても食いすぎ

ま、お散歩がんばるべ。
裂けたらシャレになんないしな。



料理人「頭でかくて上半身のガタイが良くて足が短いってことは、ドワーフみたいな子なのかねぇ〜。」

そうだね、ドワーフみたいな子だね。
あんたの血だけどね。
このドワーフ料理人め。
posted by 千之 at 18:30| Comment(11) | TrackBack(0) | 腹子ばなし 10/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

キモイ

ちょーキモイ。

何がキモイって、
アテクシのケツがキモイ。

何度も書いてますが、また書くけど、
あてくしただいま妊婦さん。

マタニティクラスでやったお灸に味をしめまして、今年に入ってからマタニティクラスで講師を担当していた鍼灸師のところに通うことにしたんです。

ちなみにその鍼灸院、お客のうち7割が妊婦というマタニティ専門ではないにしろかなり特化した鍼灸院(笑)。

はりとお灸とオイルマッサージ、80分で5000円。
(鍼灸師1人の場合。2人がかりだともっと早く終わる)
予約を入れた時に、パンツの替えを持って来いと言われたのがとつても印象的でした。
なんでパンツの替え???


そんなこんなで、人生初の鍼治療も受けてみました。

鍼灸師2人がかりコースでした。

まずは、パンツとブラになれと言われました。

そうよね、どこぞのゴットハンドセラピストのヒーリングサロンのようにお茶を用意してくれたり、着替え貸してくれたりとかしないわよね。
そうよね。
鍼灸院だもんね。
もちろんブラとパンツは色が違ったけど、全然気にしてないわよ。
どうせ妊婦用デカパンだしな。

施術台に横になって、脈診?とか言って、手首の脈を触って、なんかうにゃうにゃ言ってたよ。←何言われたかなんてもう綺麗さつぱり

いやー、しかし鍼ってマジで痛くないのね。
ちくっともしやしねぇ。

っていうか、正直鍼刺されてるの気付いてなかったっていうのは、何を隠そうこのわたくしのことよ。

鍼灸師「(足の裏のツボを指で押しながら)ここは?痛い?」
ちゆき「あー、結構痛いです。」
鍼「ハイ、今は?」
ち「アレ?同じとこですよね?」
鍼「そうよ〜。」
ち「痛くないです。触られてる感じしかしない。」
鍼「うん、じゃあこっちは?(と言いながら足裏ツボぐりぐり)
ち「ぎゃあああっっ!!!」←うるさい
鍼「あー痛いねー。 ハイ、どんな感じ?」
ち「・・・、痛いけど気持ちいい感じ。」
鍼「あのさ、鍼刺されてるの気付いてる?」

ち「・・・ハァ?!!!えっ、今?」

自分の足を首を伸ばして見てみたら、
鍼、すでに刺されちょった。
弁慶の泣き所に沿って、5ヶ所くらい刺されちょった。
どうやら「ハイ、」の時にちょこまかと刺しとったらしい。

ち「全然気付かなかった。。。」
鍼「やっぱりね〜。いるんだよね(笑)。」
鍼灸師その2「この前の○○さん、助産院で『お灸はやってもらいましたけど、鍼は受けてません!!』って言ってたみたいですよ(笑)。」
鍼「やってるっちゅーの。足裏マッサージしてるんじゃないっちゅーの。」

ち「いや、足裏マッサージの一種だと思いました。」


ちゃくちゃくと鍼さされて、
「腰悪いよね。」
「手足は冷えないけど、腹回りは冷え気味だよね。」

と悪いところを指摘されて、気が付いたら鍼終了。

あれ、言われなかったら足裏マッサージの一種だとしか思えなかったわ。
助産院でクレーム出した人の気持ちがとつてもわかる。
だって刺されてもわかんないんだもの。←ニブイ

次にお灸。

腕とか腰とか足とか、色んなところにもぐさ乗せられたけど、集中的にヤラレたのはケツだったわ。
うつぶせにはなれないもんだから、横向きに寝る感じでパンツ半分ぺろんとずらされてね。
言うなれば、横半ケツって感じ。
結構な羞恥プレイよ。
なんならもう全部下ろしちゃってよ!!何よ、その生殺しは!!!みたいな。

でも下ろされてもいないのに自分からパンツ下ろしても、ねぇ。
そんなヤル気マンマンな人っていうのも痛いし。

そうねぇ、片ケツだけで15個くらいヤラレたわ。

「ぎりぎりまで我慢してみてね。
 でも熱くなったら言ってね。」

ってどっちよ!!!とか思ったけど、ぎりぎりになると人間の体ってビクッて動くのよ、面白いもんね。

無事根性焼きを入れられることもなく、手も足も腰も、両ケツ合わせて30個以上のお灸も無事終了。

オイルマッサージはいたって普通。
ゴットハンドセラピストのマッサージから比べると、全然物足りない。
ま、それは仕方ない。
ゴットハンドがすごすぎるだけだからね。

そんなこんなで2人がかりだったから1時間くらいで終了。

『パンツ、替え忘れなくて良かった。。。』
そう心の底から思えるほど、汗ダクダクになりました。
パンツ絞ったら、汗絞れたかも。
部屋がものすごく暖められてるからっつーのもあるんだけどね。
ホラ、ケツを晒すわけですし。

マッサージが終わる頃に、
鍼「旦那さんはお灸ってやってくれる人?」
と聞かれ、たぶんやってくれる人だと思う答えたら、お灸のツボをマッキーで書いてくれました。
ケツにだけ。

家に帰って、どんなもんだろ?と自分のケツを鏡で見てみました。

「・・・わたくしのケツよ、
 オマエはどこの桑田真澄だい?」

と問いかけたくなりました。

超キモイ。

だってケツが黒のドットプリントなんだもん。
マジでケツが桑田だよ桑田。
クワタケツって感じ。←桑田に失礼


家に帰ってきた料理人にさっそくお灸をやってくれと命じてみました。
料理人「あんた、、また、微妙なところまでやられてるねぇ。。。」

ええ、きわきわですよ。
どこってそんなの清純派なわたくしには言えないけど、キワキワですよ。
一番近いとこだと、4センチくらいしか離れてねぇよ。
から。←マークにすんな

そんなこんなで毎日横半ケツをさらけ出してお灸をしてもらっているアテクシ。

心なしか腹冷えも解消されつつあるような無いような。
まあ、根本的に子宮頚管とじん帯を柔らかくするツボって言われても、実感はまったくわからないわけだが。

そんなこんなでとりあえず毎週通うことにしますた。
安いし。

提携助産院紹介の妊婦さんが毎週通うと2割引だし、ついでにお灸もお安く売ってくれるし(3割引)、出産まであと1ヶ月。ということであと4回くらい?
通ってみやうと思います。

パンツの替えを忘れないことを肝に銘じながら。


それにしても
オレノケツチョーキモイ。


どうでもいいけど、なんで印付けられたのケツだけだったんだろう???
オレはそんなにケツが悪いのか?と小一時間悩むわたくし。
タグ:お灸
posted by 千之 at 19:50| Comment(9) | TrackBack(0) | 腹子ばなし 10/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

いや〜ん、どうしよ〜う♪

ま、どうしようもないんだけどな。


この前助産院に検診に行ったときのことじゃった。

あてくしが通っております助産院には、数人の助産師さんがおりまして、基本理念は代表になっている人が提唱していることが中心になっておりまして、それがあてくしがたらたらと書きたれている『助産師の受け売り』なのですが、検診は常にその代表の人なわけではなく、週によって助産師さんが違う場合がよくあるのでございます。
ま、言ってることや考え方は同じだし、カルテはみっちり書いてくれてるので、別に人が変わっても支障は無いんですけど。
出産にはその代表の助産師さんは必ず出てきて取り上げてくれるんだけど。
他の助産師さんは、出産時はアシスタントらしいんだけど。

いや、それにしてもこないだ初めて当たった助産師さんはすごかった。

あんた何がすごいって、

もう、もんのすっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっごい美人なの!!!!!

どれくらい美人かって、ほぼスッピンの状態なのに
(奥菜恵+柴咲コウ)÷2

すごくね?
ねぇねぇすごくね??

もうね、美人過ぎておっちゃん、ポーーーっとしちゃったよ。
ヨダレたらしてたかも。

美人助産師さん「体調の方どうですか〜?がんばってますか?」
ちゆき「お正月でちょっと、えへへへへへへ〜。」
美「ああ、やっちゃいましたか〜。」
ち「やっちゃいました〜、えへへへへへ〜。」
美「まあ、ちょっとは仕方ないですよね〜。
  これからその分取り戻すようにがんばりましょうね。」

ち「はいっっ、がんばりますっ!!!!」
料理人「・・・・・・・・・。」

腹の測定とかしてもらってる時、幸せだったね。
小首をかしげながら血圧測って様子に、鼻血出るかと思ったね。
足のむくみを見てもらう時に、『はっ、足くさくないかな??』確認したくなったね。

帰り道、料理人から「欧米かっ」のテンポで、
料「オッサンかっっ!!!」
とつっこまれました。

ああ、オッサンさ。
ああオッサンですとも。
しかもあの「欧米かっ」ってつっこまれる人に、今髪型がソックリさ。←関係無い

料「あんたさー、ほんと美人が相手だと露骨に態度が違うね。」
悪い?
だって好みのストライクゾーンどんぴしゃど真ん中なんだもん。
しかもスッピンで(奥菜恵+柴崎コウ)÷2なのよ??

でもさ、あれでよく助産師になろうと思ったよね。

だって普通に容姿で食っていける顔だったもの。
スタイルはあからさまにわかる洋服じゃないからよくわからんかったけど、でも見た目であきらかなマイナスなんて無かったもの。
肩とか首のあたりは華奢だったし〜。
色も白いし、肌だって綺麗。

あれだけの容姿してたら、楽して食って行ける方向に流れそうなもんだけど、賢いのか赤さんが好きなのか、容姿を売り物にしない職業を選ぶとは、性格が悪いことは無いんだろうな。うんうん。←美人にはめっぽう甘い


はっっ、どうしやう!!!

アテクシが出産の時、あの美人助産師が当番の日だったら!!!
そりゃーあなた出産なわけだから、もちろん丸出しなわけですし、
あんなところやこんなところやイヤンバカンなところまでモロに見ていただくことになるわけで。

父さん、ぼきはポーーーっとして陣痛忘れそうです。

でもどうせなら美人助産師さんのが嬉しいし、
でもでも、美人過ぎて緊張っていうの?
ブサイクな人のが何をさらけ出しても平気ですたい!!!みたいな?←ものすごく失礼


とりあえず来週の検診もあの美人さんにあたるといいなぁ〜♪

さっ、その時に「がんばりましたね〜」って言ってもらえるように、散歩がんばろ〜っと。
スクワットとかもやっちゃおうっと♪
階段昇降には良い場所発見したんだよね。
(ちなみにその良い場所とは日本橋の高島屋および三越である。ジジババ率が激高なため、無駄に休憩スペースがあちこちにあるのよね。)

しかし、やっぱり美人はいいねっっ。
楽しみを与えてくれるからねっっ。


ええ、ただのオッサンですが、それが何か?
posted by 千之 at 21:06| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

イエス アイム ウソップ

誰だ?明日も書くねとか言ってたヤツは!!
(オズオズと挙手)

書こうとは思ったんだけどね、書こうとは思ったんだけど、書いてねぇや(鼻ほじ)。

だってあなた忙しいの暇だったの暇なのって、そりゃあもう、
すんげぇ暇。

家中モデルハウス並みに磨きたててりゃ忙しいんだろうけど、そんな無駄なこと(と我が家では分類されること)する気が無いアテクシには無駄に暇。
1日3時間くらいお散歩してるけど、暇。
今日なんて2万歩も歩いちゃったわよアハハハハ〜ン♪
ルート検索で調べたら12キロだったわ。
なんだか足痛てぇッス。

じゃあブログ書いてる暇だってあるだろうって、それとこれとはあなた別なお話であって、別な話じゃないけどな。

いや、ネタはあるんだけど、新年から愚痴っつーのもどうよ?とか思って自粛しようかと思ったんだけど、結局書くんだけど〜。


いやー、妊娠・出産っちゅーもんは、人を「教えてあげるちゃん」に変貌させるわねぇ。
ま、ここで色々と書きたれてるわたくしも同罪なのはわかってるわ。
ええ、わかってるわよ。
でも人には押し付けてるつもりは無いんだけど。
無いんだけど、もしかして、押し付けてる?

一応言い逃れのために書いておこう。
注意!!!
この「あかばなし」カテゴリの話は、わたくしの話であって、すべての人にあてはまるわけでも、すべての人がこうした方が良いわけでもありません。
情報の目安として使っていただけるなら嬉しいですが、ここでこう書いてあったからと鵜呑みにするのはやめてクダサイ。
情報の取捨選択は自己責任でやりましょう。
情報のフィルターは自前でお願いします。

よっしゃ、これで免責。


ってことで、教えてあげるちゃんの愚痴ですよ。

わたくしは、自分が通っている助産院の助産師の説を結構信頼している。
考え方の理論が納得できるからだ。

だから30週になってからaki兄さんに教えてもらった腹帯を付けて
「うん、そのタイプが一番良いと思うよ。」
って助産師さんに褒められたときにはもっそい嬉しかったさ。

そんなわたくしは、産後に体を締め付けるいわゆるニッパーと呼ばれる物を着用するつもりは無い。
少なくとも産後3週間は絶対にしないつもりだ。

だが、いるんだ。

どうやら知り合いの奥さんが、腰痛(ヘルニア)になったらしい。
原因は産後に締めなかったからなんだと。

ああ、そうですくゎ〜。

「だからちゃんと締めた方が良いよ。」
って言われても、ありがとうとっても大きなお世話だよ。

なにゆえ、わたくしが産後3週間は絶対に締めないと決めたか。
もちろん助産師の受け売り話だが、
−人間、内臓のベストな位置っていうのがある。
産後はあれだけ大きかった子宮が縮むわけだから、内臓の位置が戻ってそこで安定するのにも3週間くらいはかかる。
それより前に素人が自己判断でニッパーなんかで締めると、内臓が戻れなくなるんだよね。
もちろん持病の腰痛があって、専門家の指導の下でっていうなら話は別だけどね。
それに女心でね、だいたいみんなぎゅーーって必要以上に締め付けるのよ。
ウエスト細くしたい一心でさ。そんなに元から細いわけじゃないのに(笑)。
それって絶対にベストな位置じゃないよね。
内臓の位置がおかしいと、後々絶対に何かしらの後遺症が出てくるから、だから私は産後すぐの締め付けは止めた方が良いと思う。
どうしてもしたければ、産後内臓の位置が安定する3週間以上たってからにした方が良いと思うわ。


やるね。
ぎゅーーーーってやるね。
確実にやるね。
だって、自分の産前のイメージより確実に太いわけだもの。
そりゃウエスト細くしたいもの。

「でもさ、内蔵元に戻れるの?
 実際腰痛めてる人いるんだから、やった方が良いって。」


−でもね、昔の人みたいに家事労働だので筋力を使っていた頃の人間と違って、すべてを機械ですませちゃってる日本人は、なかなか内蔵が戻る力っていうのも弱いのね。
だから、それも兼ねて私は歩きなさいって言ってるの。
そして歩くときには骨盤を意識して動かしなさいって。
骨盤を動かすことによって、骨盤回りの筋肉を鍛えることができるからね。



「歩くって言ってもさ、臨月になると動けなくなるよ。」

−臨月になると体が重くなって動けなくなるって言う人もいるけれど、それは元から動いてないからだから。
安定期入ったら、ガンガン歩けって言ってるのは、少しづつ負荷に慣れるため。
臨月になったからっていきなり1日で3キロも4キロも増えるわけじゃない。
1日に増えても50g、増えすぎても100gよ。
お肉売り場で50gとか100gって思い出して。ほんのこれっぽっちでしょ?
忍者が毎日木を飛び越えて跳躍力を付けるじゃないけど、負荷が無いうちから歩き続けていれば、絶対に臨月入ったからって急に動けなくなるってことは無いから。



わたくしは助産師の意見を先に聞いてて納得してたから、何を言われようがニッパーなんてしないけれど、
それも本当に人それぞれ。
そもそも本当に内臓は締め付けると戻れないのかどうかは知らないし、内臓が戻るのに3週間かかるかどうかも知らない。
でも何となく、人間にはちゃんと内臓が戻る力は備わっているんじゃないかと思うし、そのためにも安定期に入ってからは一駅づつ余計に歩いたりして、今では妊娠前より10kg増えたが妊娠前よりちゃっちゃか歩けるようになった。

でもそれがすべての人にとってベストだなんて思わない。
人それぞれ、体調も違うし、体型も違うし、事情も違うし、体力も気力も、すべてが違う。
というか、まったく同じ人なんていない。


まったく同じ人なんて居ないんだから、情報として教えてくれる分にはありがたいんだが、そのとおりにしないからって
『せっかく教えてあげたのに』
的な態度をありありと見せるのは、本当にうんざりするのでやめてほしいものである。
posted by 千之 at 22:15| Comment(12) | TrackBack(0) | 腹子ばなし 10/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

ふっかーーーつ!!!

なんか新しい年になったみたいね。

いやー、産休に無事突入いたしましたアテクシなのですが、
「産休」とはいえ、会社のサーバーに接続して自宅で作業するわけなんですよこれが。

ええ、零細企業、他の人に仕事なんて振れないし、振ったところでさばけないだろうし、なれない作業して地雷埋め込まれても後からブチキレるだけだし、それならちょうどアテクシの一番の農閑期である(農?)1〜3月だからえーいもう自分でやっちまえと思ってのボランティアなんですけどね。

そんなこんななもんで、自宅で作業するにはぶいぴーえぬうんたらかんたらっていうのをインストールして、さらにあいぴーあどれすがどうたらこうたらで、がんばってみたらまんまとネットに接続できなくしたわけだがな(鼻ほじ)。←結局自力じゃ何もできなかったうえにネットに繋げなくした

ホラ、アテクシってば気遣いの子じゃない?
ヲタすけおにーさんだってお正月は家族団らんだろうし、そんな餅食ってる真っ最中に
「すいません、案の定できませんでした。っつーか、何がどうなったのかすらわかりません。その上ネットにも繋げなくなりまして、ええ、ちなみにお雑煮のお餅はやっぱり5つですか?」
とか電話するのもさ〜、ねぇ??

ってことで、もういい加減年明けで動き出した今日になってからヲタすけおにーさんにヘルプ電話したわ。
ええ、ものの1分でなおったわ。
アテクシのあの努力はなんだったのかと。←っていうほどのことは何もしてない←むしろ何もせずほったらかし

でもみなさまから頂いたコメントはちゃんと読んでましてよ。
携帯で。

うん、読んでただけだけどな。

一応ちらっとは「携帯から書き込み・・」とも考えたけど、考えただけで終わったわ。
だって、ホラ、アテクシってば人間が大きいから、ちまちまと携帯での文字入力とかしゃらくせぇことやってらんねぇっていうの??

うん、めんどくさい。


でも無事本日これをもちまして
ふっかーーーーーーつ!!!

あ、拍手?
ありがとう。
ありがとう、ありがとう。
お待たせいたし続けておりました、一千万読者の皆様、本当にどうもありがとう。
とか思ってアクセス解析見てみたわ。

一千万は嘘だったわ。
でも結構見に来てくれてる人いたのね。

うむ、ご苦労。

1月1日から見に来てくれてる人とかもいて、もう本当にご苦労。
っていうかひまな・・・。
ゲフゲフッ。
ああ、風邪かしら?
ニンプが風邪ひいちゃいけないから、今日はこの辺で勘弁してあげて、寝ることにするわ。
交流させていただいておる人様のブログにはコメントもつけずにね。

ちなみになおったの昼間なのに、なんでこんな時間までブログ触ってないの?って、そりゃあなたせっかくデルちゃんがなおったからって、喜び勇んで自分のブログそっちのけで2ちゃんとか2ちゃんとか2ちゃんとか見てたわけではけっしてないわよ。
ええ、違うわよ。
っていうことにしておいてちょうだい。

じゃあ、明日2ちゃんで面白いのが無かったらまた書くね。
posted by 千之 at 21:37| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。