2008年02月28日

大いなる誤算

はむてるの新しい保育園が決まって、
面談行ってキタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!

今通わせている保育園は、私立で2歳クラスまでしかないのだ。
決まった保育園は公立で就学前までクラスがあるのだ。
待機児童といって、保育園に入れたくても定員オーバーで入れない子供が3桁な地域に住んでるもんで、入園オッケーの通知が来るまでドキドキでしたよ。
ちなみにはむてるが入ることになった園の1歳児クラスの倍率、6倍。

6倍て!!!

どこの大学受験だよと。

でも今の保育園に生後6週からびっちり預けていることになっている実績(本当は、お金は払って入園しているが最初の2週間欠席だったので、預けたのは生後8週から)が物を言ったのか、はたまた父親である料理人の拘束時間の長さが考慮されたのか、見事倍率6倍の難関を突破!
ちなみに双子のはむちゃんズの片割れはむ太郎君も同じ園だ。
しかもはむ太郎君には兄がおり、すでに6倍園の年中さんなのだ。

良かった…。
あのはむ太郎君母がいるのは、心強い。

というわけで面談だったのでございます。
午後半休で対応して、急いではむてるを今保育園からピックアップして次保育園に向かいました。
到着してはむてるを積木スペースに放牧したら、保育士さんが
「一人一人にマークを決めるんですよ〜。どれが良いですか?」
なんて言ってきた。
適当に可愛い図案だったからキリンを選んだYO。
「わかりました〜。」
なんてやってたら、身体測定だと。

はむてるを全裸に剥いて、身長・体重・胸囲・頭囲を測ったところ…。
保育士A(測る人)「体重9836」
保育士B(記録する人)「体重9836〜」
保A「胸囲53.3」
保B「53.3〜」
保A「頭囲58.5」

保B「ごじゅうはってんご〜」

はむてる、胸囲<<あたま
頭でかすぎだと思ふorz。

保A「身長、んーななじゅうさん」
保B「にじゅうさん〜」

それなんてドワーフ?

ま、この保育士Bと面談したわけだが、全体的にちょっとつむつむ弱めな人だったわ。

身体測定と面談室が違う部屋だったんだが、
「移動になりますぅ〜」って廊下に出て、そのまま歩いてたらつきあたりまで行っちゃって
「そちらは園長がおりますぅ〜」

ハ?

なんかね、面談室の前は華麗にスルーしてたらしいよ。
アテクシが歩いてたからそのままくっついてきたみたい。
振り返ったら、違う親子&保育士が手前の部屋に入って行ったわ。

前通り過ぎたなら、「こちらの部屋です」ぐらい言えよ。
園長のとこ行ってどうすんのよ。

そんなこんなでちょっとグッタリ。

そのグッタリに追い討ちをかけるように
「それで、さっき決めていただいたマークですね〜。
 これを布団カバーと毛布カバーとバスタオルの3枚に刺繍してください〜。」


ししゅーーー???

死臭?

なんだよそれ。
テキトーにきりんとか選んじゃったジャマイカ。

先に言えそういう重要情報は!!!!

と慌てて違う簡単マークに変更しようとしたら、
モウ カンタンナノ ゼンブ トラレテタ…orz。


ちなみにはむ太郎君母は、「団子」を選んでた。
1歳保育園児男子の識別マークが団子て!!!!!
いや、確かに簡単な図案だったけれども(笑)。

はむ太郎君母、素敵すぎ。



でもいいもーーん。
アテクシにはとっときの魔法があるんだもんね。
へっへっへ。

そうとっときの召喚魔法。

それは「どとうのひつじ」ならぬ「どとうのババアばぁば」

レイコさぁぁあああん!!!(←義母)

ちゆきメール「ああでこうで、キリンのマークを刺繍になったんです〜。不器用だからできるかどうか。」

レイコさんメール「お母さんの愛がこもった刺繍なら、はむてるクンも嬉しいでしょう。がんばって。
 今餃子を食べに来てまーす。」


「だがなにもおこらなかった」


餃子とか死ぬほどどうでもいいし。
っつか、この餃子が話題の時期に餃子を食べに行く。。。
レイコさん、ちょっと天然だしな。。。

「どとうのばぁば」不発(涙)。

死亡フラグが立ちました。
本当にどうもありがとうございました(つД`)。
ラベル:保育園 日記
posted by 千之 at 12:02| Comment(10) | TrackBack(0) | 子ばなし 12/27up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

びっくりくりくり

先週は寒かったのに、土曜の夜からイキナリ寒くなりました@東京地方。

それまで暖かかったので、油断してヒーターをOFFにして寝たら、
朝、部屋の中にでっかい栗がいました。

kuri.jpg

まさに、びっくりくりくり くりっくりっ。


なんだか、ここのページのヤツを思い出しました。
クリックすると面白いよ。

くっくっくっく、くりとクリック。←まさかのダジャレ説明



てれって てれって て て。

posted by 千之 at 10:14| Comment(5) | TrackBack(0) | ねこばなし 1/28up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

疑惑浮上

はむてるを風呂に入れようとしていた時のことです。

ちゆき「はーい、お風呂タイムでーす。んこケツ洗うぜー。」
はむ「・・・・・・。」

はむ、全力でシカト。
でもいつものことなのでそんなことではカアチャンはめげません。

全裸になり、同じく全裸のはむてるをラグビーボールの要領で抱え、風呂場へGO!!!

ち「風呂場到着ですっ。」
は「・・・・・・。」
ち「さみかったッスねー、先輩。
  あ、浸かります?」
は「・・・・・・。」
ち「やっぱ最初は浸かって『ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙〜』ッスよね〜。」
は「・・・・・・。」
ち「(湯加減をみて)あー、ちょっとぬるいッスね。
  ぬるぽって感じ?うっしゃっしゃっしゃ・・・」
は「がぁっっ!」


ね、ねねね、ねらーなのか?
posted by 千之 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 子ばなし 12/27up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

物には言い方ってもんがあるわけで

いや、口は災いの元を何度経験しても懲りない鳥頭なわたくしが言うのもおこがましい話題ではございますが、オホホホホ。


ちょっとヤボ用で、はむてるのお迎えが早かった日。
帰り道の傍らに幼稚園があるのですが、普段は5時過ぎなので誰もいないのですが、その日はお迎えのおかあさまがたがうじゃっと道いっぱいにいらっさいました。
歩道も車道も、誰かしらがどかないと通行できないような状態。
道自体は車はほぼ入ってこない行き止まりのところなんですけど、チャリやバイクは通り抜けできるのでそこそこ通ったり。
くっちゃべってるのはうるさいけど、まぁどうでもいいんですけど、すんげぇ邪魔。
しかも子ども、いるんですけど。。。
つまりは迎えに来て、子ども受け取って、喋ってる。

帰れよ!!!!!!!!!!

と思っていたら、幼稚園から先生が出てきて、
「お母様方、すみません、公道ですので・・・」
みたいな、あんたら端っこ寄りなよ、邪魔すんなよ、ということをオブラートでぐるんぐるんに包んで言うためにわざわざ園舎から出てきてました。
幼稚園にクレーム来るんだろうねぇ(笑)。

そしたら母親たちの群れ、無言でもそっと動いた。
無言かよ。
しかもまだまだまだまだ通れねぇっつの!!!!

とか思っていたら、

「あんたら、邪魔んなってんのわかんないの?!
 ホラ、通れない人いるじゃん!!!」
と仁王立ちで叫ばれた方がいらっしゃいました。

うん、正しい。
正しいんだけど、もちっと言い方があるんでねぇの?
無用に摩擦を引き起こさなくてもいいんでねぇの??

そんでもって通れない人っておれを見るな。
巻き込むな。

うわぁぁぁ、お迎え集団からいっせいに注目されたよ。
( ゚Д゚) (゚Д゚ )
こっち見んな。




世の中には女性専用車両というものがございます。
だいぶ浸透してきたようでございますが、時間帯を区切って混んでいる時間帯だけ女性専用とかなので、たまーに知らないのか間違っちゃったのか、男性が乗ってきてしまう場合もあるんですな。
車掌が一生懸命「最後尾の車両は女性専用者で・・・」とアナウンスするも、車内アナウンスなんてまともに聞いてる人って少ないじゃん?アナウンス多すぎるから。駅名だの、空調がどうだこうだ、混んでてすんません、ドア付近の連中はどけて人通せ、etcetc。
あれ、本当に重要なことだけ言えばいいのにとか思うんだけど。
ま、それは横に置いておいて。

で、車掌がアナウンスしても聞いてないオッサンがいたのよ。
けっこう混んでたの。
わたくしの場所からは、7人掛け挟んだ距離で離れてる場所にポツネンとオッサンが新聞読んでたのよ。
近い場所なら、次の駅に到着するタイミングで、
「この時間はこの車両女性専用になっちゃってますよ。」
みたいに教えてやれるんだが、実際何人かに教えたことあるんだが、みんなギョッとした顔してこけつまろびつ脱出していくのだが、だから脱出しやすいように次の駅のタイミングで教えてやるんだが、
人ごみかき分けて行く根性も義理も無い。
その前に周りのヤツも教えてやれよとか思っていたら、
「じじーざけんなよっ、エロ野郎っ、気持ちわりーんだよっ、周り見て気付くだろフツー、どっか行けよ早く!くぁw背drftgyふじこlp;@:」
とわたくしとは逆の7人掛けを挟んだ向こうからものっすごいキンキン声で怒鳴った推定30代半ば〜40代(年齢不詳)のお方がおりました。
いや、エロて・・・気づいて無いだけだよたぶん。。
7人掛け二つ以上挟んだ向こうからでもわかるほどはっきりした顔の特徴をお持ちで、、とか思っていたら、
「うるっせーんだよっ、あのオッサンが何かしたかよっ、普通に教えてやればいいだけだろうが。っつーか周りのヤツも教えてやれよっ意地悪いなぁ。」
こちらも怒鳴る20代(OLさん風)。
なんか殺伐としてんなぁ。
でもオッサンは気付かない。
不詳「まだこんだけ言ってんのにまだ乗ってんじゃねぇかよっ。きめーんだよっ。」
20代「うっさい、きめーのはおまえの化粧だばーか。」

あ、言っちゃった。

うん、遠目からでもわかる。
明らかに首と顔の色が違う白塗りに、ぽやぽや眉毛で、はっきりくっきり真っ赤な口紅。
とどめはベイビーピンクのチークをこれでもかっつーくらいにぐりぐりまぁるくいれてました。
一言で言えば、ただのおてもやん。

不詳「くぁw背drftgyふじこlp;@:!!!!!!!!!!!!」

次の駅、まったく気付かなかったらしいオッサンは普通に降りていき、不詳な人は、何事かをわめきちらしながらやはり降り、ヲーエルさんは何事も無かったかのようにそのまま電車に乗ってました。


みんな言いたいことはわかるし、言ってることはたぶん正しいんだけどさ。
もうちっと言葉選べよと思ったものでした。


・・・・・・気をつけよう。
でも気をつけようと思ったことを忘れる鳥頭なのはどげんかせんといかん。

どげんかなるんか?
いや、きっとならん。
posted by 千之 at 15:23| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

当たっとる

占いやってもろた。
タダで。
役員会の後。

なんでってあーた、うちの会社の監査役が占いできるからですよ。

色々教えてもらったんだけど、←もうけっこう忘れてるのは内緒だ
「性格は、えー、わがまま
 頑固、次も頑固。
 こりゃそうとう頑固だねぇ。
 男ならバカ殿って呼ばれるんだけど、
 一応女性だから、う〜んアホ姫?」

かっ、監査役(涙)??

「でも救いはボランティアの星があるってことね。
 パーティの幹事とか多いんじゃない?
 これ無かったら鼻持ちならないけど、
 あるから救われてる感じかな〜。」

「自分でやりたいと思ったことしかやらない。
 あと天邪鬼。みんなが右って言うと、
 逆に左はどう?みたいな人。」

「誰が何と言おうと、自分でやろうと思わなきゃ動かないよね。
 逆にやりたいと思ったら誰に何言われてもやるよね。」

・・・・・・当たっとる。
当たっとるがね。


今年は「再開」という年で、今までやった経験があることを再度はじめるのにいいんだと。
えーと、ボランティア(と言えるほどのものではないが)始めてました。
猫の預かりだけど。
それは良いってことでいいのか??

よくわからんが、性格が笑けるほど当たっとりましたです。

ま、どうせ3日後にはサパーリ忘れてるんだろうけど。
うん、鳥頭だからね。

そうそう、猫といえばうちのぬこたち。
預りの小太郎もだいぶ馴れてきましたよ。
でもまだ頭を撫でられると飛行機みたいな耳になって嫌がるから、きっと頭を叩かれた記憶があるんだと思う。
あと料理人を異常に怖がるから、きっと叩いたのは男の人なんだろうと思う。
もしくは酔っ払った料理人が触りまくって嫌われたかのどちらかだな。

猫たちは仲良しさん。
こんな猫団子になっちょる。
n08IxqGP.jpg

あれだけ威嚇していたひよさんもこの体たらく。
rSBR57M9.jpg

意図せずキャットウォークになった作り付けの棚では、ちょびと小太郎が遊んでます。
(ひよは登れない。)
Y2giBjb6.jpg

とりあえず、えーと、なんでおまいがカメラ目線??
posted by 千之 at 14:43| Comment(4) | TrackBack(0) | ねこばなし 1/28up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

クレームくらった

クレームくらったよ。
全然気にしてないけどぉ(鼻ほじ)。

っつーか、クレームするならテメェでやりやがれ!!!!



はむ保育園、もうすぐ終了ですよ。
今の保育園は、2歳児までしか預かってない。
というよりも、8割が0歳児クラスで、1歳児・2歳児は激戦の認可に入れなかった0歳児の持ち上がりって感じなんで、はむてるもうまく行けば4月からいわゆる「認可保育園」ってとこに通うわけです。
でも第1希望のとこの倍率6倍だけどな。
6倍て。。orz。
どこの大学受験だよと。

そんなわけで卒園文集とかあるわけですよ。
ええ、書きましたよ。
普段もここでちまちまと書いていたり、本業も作文が多いので、文章を書くこと自体は大して苦じゃないんだけれども、文才と共に短くまとめるという才能というものがどうにもこうにも欠落しているアテクシ。
本業もちっこい粒を綿あめばりに増やすような作文作業だから、こういう「一言で!」みたいな、思考を細く絞ってその先端で描くような作業は本当に苦手なのよね。

料理人は「卒園文集だって」って言った瞬間「お願いしゃすっっっ!!!」とか言いやがるしね。

ええ、書きましたよ。
なんとかかんとかまとめましたよ。


そしたら今度は「バースデーカードを作るのでコメントを」だってさorz。

またちんまい5センチ四方くらいのお花型の紙が渡されたんですよ。
だから、わたくしは膨らませて書くのは得意だけど、小さいコメントは苦手なんだってば。。。

料理人に「バースデーカードだとさ。文集はわたくしが書いたんだから、こっちはあんた書いて。」って言っても、「お願いしゃすっっ!!!」「しゃーすっっっ!!!」

ずるくね?
なんでわたくしばっかり??

ちゆき「文集も人にやらせたくせに!」
料理人「しゃすっっ!!!」
ち「知らないからね。テキトーに書きたれるからねっ(怒)。」
料「しゃすっっ!!!」←結構酔い酔い

頭にきたので、書きました。
ええ、書きましたとも。

「はむてるへ
 はじめてのお誕生日おめでとう。
 あなたが生まれて、父が鼻水を垂らして泣きながらへその緒を切ったあの日からもう1年。
 ずいぶん大きくなったね。
 次の1年はどんな成長を見せてくれるのか、今から楽しみです。」

やっぱり長くなったよママン (つД`)。


それを盗み見た料理人。
料「ちょ! オレへその緒は切ったけど、泣きながらじゃないし、鼻水なんて垂らしてない!!!」

知らんがな。
テキトーに書くって言ったがな(鼻ほじ)。

うん、故意犯だ。
げしぇしぇしぇしぇ。


っつーかな、クレーム出すなら自分で書けや(゚Д゚)。
ラベル:日記
posted by 千之 at 15:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

似ているようで逆

そして思い出した。

圧力鍋でご飯を炊いていた時期のことを。

めんどくさくなった&新しい炊飯器貰ったのコンボでもうやってないんだけど。


圧力鍋でご飯を炊けと命じたわたくし。
水加減がわからんとぬかす調理師の料理人。

おまへの仕事は何なんだと。
とりあえず声にだして(ry

ちゆき「炊飯器の内釜あるじゃん。あれで量ればいいじゃん。」
料理人「ああ、なるほどね。量は?」
ち「3合。」
料「あいよ。」

しゃかしゃかと米をとぎ、圧力鍋を火にかける料理人。
言われたとおりの時間で火を止める料理人。

蒸らしも済んで「できあがったであろう」と思い、圧力鍋のフタを開けるわたくし。

そこに見えたものは!!!!!!!!!!!!




すんげぇなみなみの軟飯。




ち「・・・・・・・これ・・・。」
料「は?なんで??言われたとおり内釜で水加減したよ??」
ち「・・・・・・どうやって?」
料「内釜の線のとこまでの水入れたんだよ。
  ちゃんと言われたとおり沸騰してから3分で火は止めちゃったよ。」


いや、これ絶対に火加減とかの問題じゃねぇ。

とここまでやってアテクシ気が付いたね。
料理人が何をやったのか。

ち「えー、お水は、どうやって量りましたか?」
料「だから線までだって!」
ち「その水は、内釜の3合ラインまで水だけ入れたんじゃないですよね?」
料「??そうだよ???」
ち「気付きませんか?普通に炊飯器使う時、あなたどうやって水加減してますか?」
料「??????」

ち「あー、知らないのかな?? 内側の線はね、
  米が入ってる時の水分量のラインじゃああ!!!!!!!!
料「アッーーーーー!!!!!」



料理人、3合の米をとぎ、水をきって圧力鍋にいれ、空の内釜に水を3合のラインまで入れて圧力鍋に注ぎ、炊いたようである。

っつーか、なぜあえて難しく間違うのかと。

っていうか、その前に火加減とか暗におまへアテクシのせいにしようとしたべ??

ねぇねぇ、人のせいにしようとしてたよね(怒)?!!

しーてーたーよーねーーー!!!←未だに根にもってる
ラベル:日記
posted by 千之 at 13:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。