2008年06月23日

かまけております。

ちょびにかまけております。

なかなかフンづまりが良くならないなぁと思い、先週月曜のひよの受診の時ちょびも一緒に連れて行き、ひよは診察をしてもらってOK。
ちょびは生理食塩水をカンチョーしてもらうので、朝預けて夕方受け取りとなりました。

月曜夕方
ちょびを受け取りに行くと、いつもはそのまま渡されるのに、なぜか院長から話があると言われ、診察室へ。
普段は患畜も診察室にいるのですが、
ちょびが居ないまま、
ちょびの病気を告知されました。

ちょび、大腸癌でした。

6/2の腸内の内診では、異常部位はなかった。
6/11は内診はしておらず、触診では柔らかいものがあったが、●だったのか腫瘍だったのか。。
6/16、再度の内診で異常な腫れが見つかり、エコーでみると明らかに●ではなく腫瘍。
ニードルバイオプシーで細胞診を行ったところ、癌細胞が発見されました。

その旨の説明をされ、今後の治療法としては手術&抗がん剤コンボor抗がん剤onlyの選択肢があると。
それぞれのメリットデメリットを聞いて、
ちゆき「もし手術するとしたら、いつになりますか?」
院長「明日にでも。」
の言葉で、手術&抗がん剤コンボの選択をしました。

そりゃいくら踏ん張っても出ないよなぁ。
●じゃなくって、腫瘍だもんなぁ。

ちょびを見舞いに行き、涙目で手術がんばって絶対に帰ってくるようにと言い含め、帰宅しました。

料理人が「あれ〜、ちょーは?」とか聞いてきやがるので、涙目で説明し、勝手に手術を選択したと伝え、料理人もそれが良いと思うとのことで意見は一致しました。


火曜
どうしても動かせない用事があり、ちょびの手術前の見舞いができませんでした。

夜になって、先生からちょびの手術が無事成功したという電話がありました。
麻酔による事故もなかったと。
良かった良かった。



水曜
院長からちょびの手術の結果とその後の相談。
ちょびは、大腸の2/5を切り取ったそうです。
その上かなり腹水が溜まっていたそうな。
そしてその腹水および周辺のリンパ節からもがん細胞が発見されました。
つまりは転移の危険性が大きいっちゅーことです。
「通常なら術後は1週間ほど様子をみます。
 でもちょびちゃんは、普通の子はまだまだぐったりして起き上がれないこの時期でもすでに自分で起き上がってお座りしたり、毛づくろいしたりしてるので、基礎体力がまだあるんだと思う。それに腫瘍の肥大の速度やちょびちゃんの年齢を考えると、早めに抗がん剤の投与を始めたいのですが。」
と言われました。
即答で「先生のタイミングにおまかせします。よろしくお願いします。」と頭を下げてきました。
この一言を躊躇なく言える獣医師に掛かることができていて、ちょびは本当にラッキーだったと思う。

先生との打ち合わせの後ちょびを見舞いに。
やつれてはいるが思ったよりも全然元気な様子をみせるちょび。
腹が一面毛を剃られ、テープ貼られて傷痕いじれないようになってたよ。
がんばって飯を食え、そしてたんまり寝るようにと申しつけ、帰ってくる。

ちょび、ICU用のケージ(酸素室とかにもなるやつ)に入れられちょりました。

改めて重病なんだなぁと。。。



木曜
ちょびを見舞いに行く。
ちょびの大好物な焼きかつおのとりだし味とかつお節味を持って。

見舞いにきたわたくしを見て、ちょびワッショイワッショイ状態になる。
焼きかつおとりだし味を出すとフンガフンガと鼻を寄せてくる。
はくはくと食いつくが2口で終了。
その後「っつか、なんでオレ置いてかれんの?おかげで腹裂かれたんですけど!!」と言わんばかりににゃあにゃあと抗議される。
おまいはケツ近くに悪いモノがあったこと。
これからその治療を始めるということ。
そのためには一にも二にも体力なので飯をたくさん食うこと。
を懇々と言い聞かせる。

調子に乗って25分ほど長居したら、ワッショイちょびすけ、ぐったりになる。

調子に乗りすぎた。
やっぱり健康体では無いんだね。


金曜
見舞いに行くと、今日から抗がん剤の投与が始まったと知らされる。
ちょびは相変わらず元気でワッショイ。
焼きかつおは1/3くらい食べ、とりけずりを掌2杯くらいわしゃわしゃと食べる。
昨日より食べられる量増えてるじゃーん!
でも長居してまたぐったりになるといけんので、15分ほどで切り上げる。

家に帰って、前回と同じペットの漢方薬獣医にメールして、病状と投与している薬を伝え、漢方薬の処方を頼む。
前回は2週間分で6千円だったので、まぁそんなもんだろうと。

夜漢方薬医よりメールの返事。
1か月分2万円。
チーン orz。
処方してくれと頼む。


土曜
朝9時に見舞い。
相変わらずのワッショイ状態。
抗がん剤の副作用はほぼ見られず(でも3〜4日後がピークだそうだ)。
また15分くらいで引きあげる。

漢方薬医より、処方を薬局に依頼したので、明日には代引き届くはずというメールが来る。
薬局より、本日発送しましたメールも届く。


日曜
午後4時ちょっと前に見舞い。
ちょびICUを出て一般病棟(?)に移っておった。
院長から、特に重篤な副作用は見られないことと、あと1〜2日様子を見るために入院だが、その後はできるだけ早めに退院にもっていきたいということを告げられる。
早ければ、月曜or火曜に退院。

いやっほーぃ!!!

夜、漢方薬届く。
代引き21945円ナリ。
痛い。
が、しゃーない。
ちょびが良くなる可能性があるなら、安いもんだよ安くないけど。



月曜
また4時過ぎに見舞いに行く予定。←今ココ

そして・・・・。

小太郎は、ちょびのことが大好きだ。
ちょびは、「ザ・長男!!!」という性格で、自分より小さい猫(たいていの猫はあてはまる)に対してすごく面倒見が良い。
だから小太郎が「にぃちゃーーーん!!」とでも言わんばかりに体当たりしていくと、体調が悪くても相手をするし、おやつやおもちゃを横取りされてもちょびがひいてしまう。
人間がマッサージをしていても、横からひよなり小太郎なりが来ると「ぼきはいいよ」とばかりにスタスタとポジションを譲ってしまうのだ。
それは、普通の時なら後からフォローなりなんなりできるが、薬入りご飯を食べさせなきゃいけなかったり、できるだけ食欲が増すような嗜好性の高いご飯を用意したりしていると、横からそれを小太郎が食べてしまったり、小太郎が調子悪いちょびに「かまってよかまってよ」と行ってしまって体力を消耗させてしまったりするのは、シャレにならないので、
とても無責任なのだが、
まだ里親さん見つかって無いのだが、

小太郎をシェルターに戻すことにしました。

ごめんね、こた。

だいぶ慣れたのになぁ。
びくびくびっくるで、全然触らせてくれないシャー猫だった小太郎が、わたくしにぴったり寄り添って寝たり、かまってとわたくしの袖を甘噛みでひっぱったりするようになったのになぁ。。
惜しいなぁ。


そして、抗がん剤治療は、
「あくまでもちょびちゃんがより良く生活をできることが目標です。人間だと今叩き時だと思ったら、副作用が強い時にでもあえて抗がん剤ということをしますが、猫に関して僕はそういうことはしません。」
だそうで、ちなみにその抗がん剤のスケジュールは、数週間の投与と1〜2週間のお休みを繰り返し25週で1クール。
投与のたびに血液検査らしい。
ハハハハハ。
抗がん剤が終わって、寛解にもっていけたらしばらくは毎月再発の検査に通った方が良いと。
アハハハハ、毎月か〜。
まぁなぁ、あの癌の増殖スピードじゃそうだろうなぁ〜。
再発検査って、また金かかるよね〜。


ゴウケイ オイクラ カカルンダロウ(白目)。

っつーか、今度の退院の時の清算もちょっと恐ろしいんですけどね。
手術して〜、先週の月曜からずっと入院で〜、しかも途中までICUで〜(途中から泣きながら)。

バリに秋に行こうと計画していたのは、もう泣く泣くお断りをいれました。
バリ島貯金は、ちょび手術カンパにします。

うりゃあああ、がんばって働くぞーーー!!!

でもうち残業代出ないから、一緒なんだけど〜。
ああああ、今日の年俸交渉、やっぱりもうちょっとねばれば良かった〜。

はぁぁ、明日の朝また社長に「もう一声!!」って言ってみよう。


posted by 千之 at 15:52| Comment(10) | TrackBack(0) | ねこばなし 1/28up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。