2009年01月30日

絶賛恩返し中

鶴と呼んでください。

別に身分隠してないけど。
身も削ってないけど。

うん、ご恩返しって部分しか一致してないねっ!

じゃあ鶴じゃねぇじゃん!!!

とブログでさびしく一人ツッコミ。




実際心優しいおねいさんにお世話になりっぱなしなアテクシ。

先日も、アテクシの甥っ子にかいどうにって超美形ジョシュア君のお下がりを無料でたくさんもらっちゃったの。
60〜80サイズの子ども服。
30Lのビニール袋3袋分みっちり。

はむてるには、おばーばりーの靴お下がりにもらっちゃったよ。
大してはかないうちにサイズアウトしたからって。

ちょびの看護の時にもずっと手伝ってくれて、
ペットシッター料金として払おうとしても受け取ってくれなくて、
大晦日と三が日という超迷惑日程のペットシッターも引き受けてくれて。

そんなおねいさんに、アテクシ今ご恩返しタイム。

おねいさんが、親戚の事情で急きょ帰省なさるので、猫部屋の夕方の●とりと
投薬が必要な猫の投薬及び皮下点滴。

点滴は1日おきなんだけどさ、
やっぱり思いだしちゃうよね。
去年、同じようなことしたからさ。

ちなみに点滴やってるのは、この子。

16977255_org.jpg

16983813_org.jpg

ジンジャーといいます。

人間が大好きで、白血病が発症しているので、ケージ隔離で闘病中なんだが、
ケージの扉を開けるとすかさず膝に乗ってきてゴロゴロいってくれる。

あんた良い子だ。(ノД`)

保護された時から状態がひどくて、
お腹に子どもがいたのですが、
産ませてあげることはできませんでした。

ずっとこんな様子なんだけど、頑張ってるんだよね。

もうね、点滴の針を入れる首の後ろ側とか肩甲骨の間付近は、ゴツゴツになっちゃってるのよ。
大きなかさぶたみたいになっててね。

それを避けるようにして針を入れるんだけどね、
痩せちゃってる分血管も細くなってて、どうしても補液の入りが遅い=点滴時間が長くなる。

それに、痛みが少ない部分を狙って針を入れてるから、そういう部分ほどかさぶたになっちゃってるから、今点滴針を入れられるかさぶたじゃない皮膚って、やっぱりちょっと痛いらしいのよね。

でも、それでも人間を嫌いにならないでいてくれるんだよね。

点滴すると怒ってすねるんだけど、また猫部屋行って隔離ケージの前に行くと、
「早く出してよ。」
と言わんばかりに、ベッドを抜け出して扉の前で待機してくれててさ、
扉を開けるとすかさず膝に乗ってくれるのよ。

ちょ、その前におまいのトイレ片付けさせてくれよと(笑)。


正直、ジンジャーは治らない。

ちょびと一緒だ。

だからこれから先の彼女が、できるだけ快適に過ごすためのことしかできない。
ちなみに点滴は、慢性的に水分不足で、喉は渇くらしくてお水はたくさん飲むんだけど、吸収できないから。
やらないと干からびて死んでしまうのでね。
水飲めなくて死ぬってきっと苦しいよね。

だから背中がボコボコになっても針を刺すのです。

ごめんね。
ごめんね、ジンジャー。
治してあげられなくて、ごめんね。

あなたと捨てたのと同じ人間でごめんね。


ジンジャー、
人間を嫌いにならないでくれて、ありがとう。

ginger.jpg
タグ:日記
posted by 千之 at 11:24| Comment(5) | TrackBack(0) | ねこばなし 1/28up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

どうすっぺかねぇ

はむてる氏、もうすぐ2歳になります。

そして現在プレゼントで悩み中の親ばかがここにおります。

えてして親が与えたい物と、子どもが喜ぶ物って違うんだよね(涙)。


ご多分にもれず
「赤ちゃんが舐めても安心な積み木」
―無塗装らしい。頂き物。赤さんの頃はしゃぶったりもしたが、BRIOのが受けが良かった。
「無垢の木で作ったプルトイ」
―引っ張ったらカタカタなる。引っ張る姿はさぞ可愛かろうと思って買ったら、ぶん投げられた(涙)。
「オーガニックコットンのぬいぐるみ」
―頂き物。見向きもせず。昔からあるほこりまみれのシンボリクリスエス(ゲーセンで取った)のが好き。
「オーガニックコットンのタオル」
―これもいただき物。知人から『もらったけどはむちゃんアンパンマン好き?』と頂いたアンパンマンタオルのが好き。お高いタオルは、ひよさんがふみふみしてる。
「天然素材のなんちゃらかんちゃら」
―その他もろもろ。
結局は、そういうご大喪な親が与えたがるであろうものたちよりも、
ハッピーセットの変な音が出るぷらすちっくのおまけだの、
調剤薬局で待ち時間にもらったサトちゃんの指人形のが、
よっぽど好きなんだよねぇ…。

親が与えたい物って、たいてい子どもには面白く無いようだ。
そりゃそうだろうなぁとは、両者を見比べて率直な感想。

だって、地味っ!!!


与えたい物だけ与えれば他に何もないからそれで遊ぶんじゃ?とか思っても、
それ以前にジジババがでかいアンパンマンコンビカーとか送りつけてきやがってくださるからさ(涙)。

それに子連れで歩くと結構おまけ的に小さいおもちゃをもらえるんだが、
親が与えたい物ではないからと言って、それらを片っ端から捨てまくるっつーのも、
なんかキチ○ガイじみてていやだしなぁ。

子どもをいつまでも思い通りにできるわけじゃないのはわかってるしね。

だが、浦安ねずみ系は全力で拒否するがな!!!



そしてはむてる誕生日ですよ。

はむが欲しがりそうな物 VS 親が与えたい物
どちらにするか悩むところ。

親が与えたい物を選んでも、大して見向きもされずにおもちゃ箱行きな気がしないでもないんですけどね。
むしろ包み紙ビリビリ破く方がたのしーー!とかね。

それはそれでちょっと悲しい気がしないでもない。

でも欲しがりそうな物を与えても、その時は喜んでも結構すぐ飽きるし、
その前にはむてるは遊び方がフリーダムで意図に添った遊び方なんてしてくれないんだよね。

どっちにしても親が期待する程の反応は、包みを開けた一瞬だけなのですが。

わかっているならそもそも期待しなきゃいいってだけなのですが。

そうもいかない親ばか心。


そしてはむが喜ぶ物って、今一番のお気に入りは、
「新幹線系」
1日1回は
「まっくしゅ乗ったの」だの
「こだま乗ったの」だの
「はやて乗ったの」(乗ってません)だの
ずっと言っておる。

シールも新幹線は真っ先にはがされる。

でも、そんな鉄分高いものを補給して、鉄の道まっしぐらは避けたいんですけど(泣きながら)。

どうしよう「交通博物館行きたい」とか言われたら。
ねずみ王国なみに脅威だわ。



ま、この時期の子どもへのプレゼントなんて、しょせん親の自己満足なんでしょうけどね。


そして最近のはむてる氏の様子
posted by 千之 at 12:55| Comment(8) | TrackBack(0) | 子ばなし 12/27up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

顔をさらしてみる

日本人に見えないだの
料理はできないだの
色々とネタにしてまいりましたアテクシのツラガマエですが、
わたくしは鏡だの写真を通してしか自分の顔を知らないわけで…。

鏡に向かえば無意識に表情作ってるだろうし、
写真の時も然り。
何も言われず撮られた写真は、正直自分だと思いたくない。
誰この十勝花子?みたいな。


そんな色々な思いが行き交い、
果たしてわたくしの顔は客観的に見たらどんな風なんだろう?と思い立ち、
やってみました。

体験してみました。


カリカチュア!!!
[caricature]
事物を簡略な筆致で誇張し、また滑稽化して描いた絵。社会や風俗に対する風刺の要素を含む。漫画。戯画。風刺画。

よくNEWS WEEKの挿絵とかにあるやつですな。


わたくしがちょこまか出没するショッピングセンターに、カリカチュア・ジャパンのブースが常設されているのです。

描いてくださったのは、本間さんという方でした。

げっ歯類的な小動物を彷彿とさせる雰囲気をお持ちの、
近所にいる子ども好きな優しいおにーちゃんって感じの方です。

本間さんが子ども好きかどうかは知らんが。


以前同じく本間さんに「はむてるのみ」で書いてもろたことがあるのですが、
それは、こちら。



1



でこっぱち具合と鼻の下の長さがすんごい似てます。
たれ目っぷりとまゆげもはっ具合もいい感じ(笑)。

ただこの時は料理人がはむを抱っこしていて、わたくしは周囲をうろちょろしながら
3割増で書いてもらえなどとヤジを飛ばしていたので、
心優しい(であろう外見の)本間さん、実物よりかなり可愛らしく描いて下さっております。

ただ彼奴のふいんき(←なぜか変換できない)は良くとらえてるなぁと感心しました。



そんなカリカチュアに、今回わたくしも挑んでまいりました。


一人ではなんだかこっぱずかしいので、はむてるも一緒で仲良し親子を装い、いざ!!!!!

ドキドキしながら「おねがいしまーす」とか言いつつ席に座る。

まず最初ははむてるから。

たぶん子どもは飽きて騒ぎ出すから、その前に!という長年のノウハウからなんでしょうか。

はむてるもじっとしちゃーいないのですが、アーティストの後ろにはテレビが置いてあって映像が流れているので、そっちに気をむけさせます。


10分もしないではむ終了。

「じゃあ次はお母さんです。」

ということでアテクシの番になり、ひきつったような作り笑いを顔面に貼り付けて固まるわたくし。

そんな時に限って通りかかるおばちゃん集団。

みんないっせいに本間さんの手元を覗き込み、
「すごいわねー」
「上手いもんねー」

とか言いながら、
(゚д゚)(゚д゚)(゚д゚)

こっち見んな。

「アハハ〜、良く似てるわ〜。」

「アハハ〜」ってどういうことだよ!

っつか、わたくしより先に見んなよ!!!


描いてもらっている時間は、若干の羞恥プレイ的な要素も楽しめます。



そんなこんなでわたくしも10分もしないで終了。

「あとは背景を描き入れて終了ですので、楽になさっててください。」
と言われ、ほげーっとしばし待つ。

そして出来上がった…。

;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブフォ!!

似てるというのはなんだか悔しい。

でも、うん、否定できない。

その絵はこちら。

どーーーん!!!

倍率ドン!
さらに倍!
はらたいらさんは死んじゃったね!


2



わかってた orz。

うん、わかってたよ。

アテクシ頬骨高いよね。
ウマヅラだよね。
目、ツッテルヨネ。
ダヨネー。

でもここまでろくろっ首ではなくね(泣きながら)??


っつーか、ちょ、はむてるwwwww!!!!

ヤツはぬぼーっとしている時はこんな表情をしていることがよくある。
うまく一瞬の顔捉えたなぁ(感心)。

ってことは、アテクシも上手く描けてるってことよね…。



日本人には見えないですか?

料理は、……うん、できなさそうだね。。。


この似顔絵は、色々な方面に写メで見せ回ったが、みんな大笑いしながら
「よく描けてるわ、あんたの特徴よくつかんでる(笑)」
という評価だ。

わしもそう思う。


そして、わが母マキコ&ヨシノブは、今度東京に来たら、はむてるとにかいどうと一緒に描いてもらうんだと今から張り切っております。



ちなみに、似顔絵を乗せることに関してカリカチュアジャパン様にお伺いをたててみたら、3時間ほどでOKという御返事を頂戴しました。

対応が早すぎてびっくり。
posted by 千之 at 10:36| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お願い

オフ会にご参加くださる方にお願い
posted by 千之 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

コンプリート

やっと終わったよ、予防接種月間が。

大きな病気やられて、出席停止10日間とか言われたらシャレにならんので、ちまちまと任意接種の予防接種を受けさせていたのですがね。

1歳以上は問題ないとは言われているものの、若干不安もあったので、
春先から夏にはそんなに流行しないだろうということで、
はむてるが1歳半を過ぎた9月から始めまして、やっとコンプですよ。

9月、おたふく。
10月、インフルエンザ1回目。
11月、インフルエンザ2回目。
12月、水ぼうそう。
1月、髄膜炎。

っていうか、実費ってけっこう痛いんですけど!
Hibワクチンと水痘ワクチンってば1回8400円て結構痛いんですけど!!


そしてはむてるは、小児科医をどうやら「シールをくれる人」と認識しているようだ。

注射とか吸入とか、子どもがちょっと嫌がることをされる時に、
はむてるかかりつけ医はシールくれるんですよ。

「うぎゃあ…」
まで言ったところで、すかさず医者がサッとすごい早業で
「がんばったね〜」
ってシールくれるもんで、はむてる、もらった瞬間に
「うっほぉぉおおお!」

もう腕の痛みは忘却のかなたの模様。
先生シール差し出すの馴れちょる。

それにしてもはむは誤魔化されすぎだろと。


料理人は、勤務先で提携している病院でインフルエンザを強制摂取。
わたくしは、うかうかしてたらかかりつけ医院でインフル予防接種が閉め切られて
ウケテナーイ。

わははははは、わろとけワロトケ。


でもぶっちゃけ、予防接種してなくてインフルになりましたって場合、接種している子どもにはうつるの?うつらんの?

よくわからんけど、まあわたくしは早めに医者に行って、タミフルだのリタリンだの飲めばいいや。

ちょっと探せばたぶんまだ予防接種してくれるところが見つかるかもしれんが、ぶっちゃけいまさら面倒だ。

通勤中の電車内ではマスクをして自衛してすませようと思っていたら、

今朝、席、譲ってもらっちゃった。

えへ。

妊婦でもないのに譲ってもらった2度目(前回)。


これは、あれだよね?
マスクしてたから病人だと思って譲ってくれたんだよね?ちょっと悪そうな感じを醸し出しててお兄さん??
無言だったけど、病人だと思って下さったのよね??ね??

もしかして、また妊婦だと思われたのか??

ぢっと下腹を見る。


…び、ビミョー。
posted by 千之 at 17:08| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

誰に負けて誰に勝ったというのだろう

「っしゃ、勝った」

そう思う時がある。


はむ保育園で保育士さんに
「お母さん、連絡帳www」
と言われた時だ。

なんでかねー。

なんかね、連絡帳でも笑いを取りにはしってしまうこの悲しいサガ。

確実に「日記?」で培われた能力なわけですが、どうしてくれんのよ。

どうもでけんがな。
うん、まぁ、見まごうことなき自業自得だ。


「いつも楽しみにしてるんですよ〜」
なんて言われると、
「あははは〜、ありがとうございます〜」
なんて余裕ぶっこきながらも
「っしゃー!!!」
と心の中でガツポーズである。

「勝った」と。


でもそれは、いったい誰に勝って誰に負けたというのだろう?


っていうか、連絡帳で笑いを取りにはしるなって話ですよねー。
ですよねー。




えーと、また久しぶりにオフ会でもやろうかねぇとか思うんですけどみたいな。

「今の時期寒いからみんな出てくるの嫌かな」とかも思うんですけど、みたいな。

でもワタクシのテンション的にはおれはやるぜやるぜ(シーザー乙)みたいな。

「やっぱみんな休みなのは日曜かな。」「子持ちになった人もいるから、ランチが良いかな。」「場所は、前みたいに新宿?」とか思ってるんですけどみたいな。

やるぜやるぜって言っても待ち合わせ一人じゃさみしいよねみたいな感じでお送りしてますてーきーな!!!

キングオブコメディ結構好き。
でも響も好き。
でもなんだかんだ言って一番楽しみなのは我が家だったりする。


まあ、日時や場所にもよるけれども、都合が合えば行ってやっても良いよ?とか思う奇特な人っている?
posted by 千之 at 11:07| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

ジャンボと一緒だね

今朝びっくりした。

はむてる氏が、たぶん寝ぼけてたんだろうが、
「ぱいー!ぱい、おいしかったのよぉぉぉおおお!!!」
と大絶叫しながら起きたから。

その後も、料理人が朝メシを食べさせようとしているのに、
横にいたわたくしの胸元をぽんぽん叩きながら
「おいしかったのー。おいしかったのよー。」

そんなに美味かったんですかそうですか。
カーチャン搾乳&冷凍母乳をがんばったかいがあったよ。

でも最後に乳を飲んだのは半年以上前のことなのに、
よく覚えてるねぇ。

そんなはむてる氏、最近はますますもってぺらぺらぺらぺらと本当にうるさい。

車に乗っていて、動き出すと
はむ「しゅっぱーーつ!!」

わたくしがちょっと咳き込むと、
はむ「だいじょーぶぅ?」

人形を持って一人で、
はむ「えー、そうなの〜。ホントにぃ。うっしょー。」
「♪ぽーのぽーのぽの しゃなななにょっ♪」←惜しい
「ひよしゃんっ、だめでしょっ、こっちおいれっ、もーおまかなんだからっ!」


保育士さんに、
はむ「まっくしゅのったの!ひかりのったの!ぶいーんって早いのよー。トンネルでたのよー。」

のりものずかんを見ながら
はむ「あしゃまっ、くまちっ、こりはやてっ、こぃはっ?なしゅのっ。まっくしゅーっ!のったの、まっくしゅ!」

血中鉄分濃度高けぇなヲイ。
どうしよう、サンタさんに「ぜんこくばんじこくひょうがほしいです。」とかお願いされちゃったら(ガクブル)。


そして先日、保育士さんから、
はむてるが保育ルームに飾られた正月用のてぬぐいと保育士さんのエプロンをそれぞれさしながら、
はむ「おんなじちょうちょっ」
とわかったのよ〜すごいよね〜と教えられた。

双方かなりデフォルメされているので、それをしてよく同じ「蝶」だと認識できたなとわたくしも思ったので、
ちゆき「ちょwww、はむてるもしかして天才?うっしゃっしゃっしゃっ。」
と帰りの身支度をさせながらふざけていたら、
保育士さん「親にとっては子供は全員天才に見えますけど、はむちゃんはあながち間違いじゃないかも。」
と言われた。

はむてる、相当言葉が早いようだ。


が、わたくしは知っている。


もう一人、言葉が異常に早くて「天才かも?」と周囲に言わせしめた人物がいるのを。





わ た く し だ。


しかし
「そんな勘違いができたのも、小学校2年生までだったわね(きつぱり)
とは、わが母マキコ談。


ありがちな神童のなれの果てのぐうたらダメ人間がしっかりここにいるわけで。
その子だからねぇ(嘲笑)。

そして、もう一人
「すごいんじゃね?才能あんじゃね?」
と言われている人物がいる。

はむてるの従弟であり、わが妹あちゃきちの息子にかいどう(仮名)だ。

にかいどう、生後2か月で完ぺきに首すわりよった。
(ちなみにはむてるは4か月過ぎ。ふつうは3か月くらいらしい。)
すでに寝返りもうてるそうだ。
(現在3か月後半。育児書によると、早くて4か月・普通は5〜6か月。はむてるは8か月)

足の力もかなり強く、抱っこされてる状態で勝手に踏ん張ってのけぞり、テーブルにバック頭突きを入れることがしょっちゅう。
たとえ成人男性が抱っこしていても、だ。
そして泣く。
なら立とうとすんなっつー話です。

ちなみにわが妹あちゃきちは、身体能力はかなり高い。
あほだけど。
幼少のみぎりには、まったく練習もせずに県の短距離の記録を塗り替えたりしていたらしい(当時)
あほだけど。
にかいどうの父は、サッカー。
高校時代に重度のヘルニアで断念したが、Jリーガーになりたかったそうだ。
これまたちょっと色々な意味で残念な感じはあるけれど。
ちなみにその父の弟は本当にJリーガー。
会ったこと無いけど。(大して活躍してないけど)←会ったこともないくせにとても失礼

にかいどうってば、将来はJリーガーなれんじゃね?
頼むぞ、ワールドカップのチケットはおまえにかかってるんだ!!
最前列かぶりつきな!
と周囲は期待している。



なんつーか、子どもを持ってると、宝くじと同じような夢がみれるよね(笑)。

「ちょ、マジで3億あたったらどうする?」的な。

当たんねっつの。
無理だっつの。


さらにはむてるには、しっかりばっちり
「まったくもって根気がない(わたくし)」「困難にぶつかるとすぐあきらめる(わたくし)」「上手いこと人を使おうとする(料理人)」
という部分も受け継がれており、料理人のもはっとした眉毛も受け継がれており、
ああ、DNA繋がってるんだなと。

うん、天才は不可能だわな(笑)。




ま、短い間でしょうが、せいぜい良い夢見させてもらいませう。
posted by 千之 at 14:58| Comment(8) | TrackBack(0) | 子ばなし 12/27up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

けふのわれ

けふのわれ
ひねもすのたり
のたりかな

ってのたりのたりなのは、いつものことですがね。

のんべんだらりとも言うやね。


年末年始、いかがお過ごしでしたか?

わたくしは、思いっきし帰省ラッシュに巻き込まれてきましたよ。
はむてるのお年玉行脚でな。

両方の親(はむてる祖父母)のところに行ったのですが、さすがに疲れたさね。

まー、今年は一応アテクシたちからもはむてる氏にお年玉を差し上げたわけですが、
料理人「500円でいいんじゃね?」

ケチくさっ。
せめて札になる1000円でねぇの?

たしかにまだはむてる氏は通貨の価値なんてわからんけど、
それでも硬貨て。
相手がどうこうじゃなくて、してあげたいというこちら側のキモチを包むものなんじゃないの?

というのがわたくしの価値観。


それは人それぞれだというのはわかっているが、
料理人のご両親から、はむてるへのお年玉は見事に500円玉でしたよ。

ちなみにうちの親からはゆきっちゃん。
アテクシが欲しいわっ!!!
はむてるウラヤマスー。

価値観の違いって、親を見ると如実にわかるよね。
だって価値観ってある意味刷り込みだもんね。

さらにちなみに、料理人のご両親のシュウジ&レイコペアのうち、レイコさんのお母様(料理人祖母)からはごしぇんえん頂いたので、価値がわからないうちは形だけあればOKはシュウジさんの価値観なんだろう。

そして、その如実な違いを目の当たりにした料理人のお言葉。
「えっ、1万円も入ってたの?うちの親は、500円だっけ?ばかだねー(嘲笑)。」

いや、おまえも最初500円言うたから。

「そ、そっか…。」

さらに、シュウジさんはイメルダかよと見まごうばかりの靴の収集癖があり、さらに洋服もごっちゃり買い込んでおり、いらないものを料理人がたんまりもらったが、アテクシ両親はファッションには疎いので別におさがりはない、
という事実に、料理人はしばしナニカを考えておった。

ちなみにどっちが金持ちっつったら、段違いで料理人側ッス。

ま、どうせナニカ考えたところで料理人は鳥頭、
すぐに忘れるでしょうが。


別にわたくしの物になる金じゃないんでどうでもいいんですけど、
できればもう500円プラスして札にしてください。
そうじゃないと銀行預け入れができないんですよ、めんどくせぇ。
たかだか500円増やしたところで、財布が痛くは無いでしょう。


それだけじゃないが、今回の義両親宅行きで、シュウジさんとはちょっと価値観がだいぶ違うんだということがわかりました。

ちょっととだいぶとどっちだよと。

いくら綺麗な出来だからって、お友達が上手に作ったというジャケットまで完全コピー(当然中身も)のCDなんていりません。
っつか、それ違法。

「え…、エビスジーンズが3000円って、安すぎませんか?」
「うん、偽物だからね〜(笑)。でも良くできてるでしょ。わかんないでしょ。」
いくらわかんなくてもそんなもん着るくらいなら、ゆに黒のが良いです。

本物も持ってるのに・・・。
いつも外見ぱりっと決めてるのに・・・。

とても良い人なのですが、そこのところだけは無理だわ。
タグ:帰省 日記
posted by 千之 at 12:37| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。