2009年06月01日

今になってわかること

というか、二人目を妊娠中の、一人目を経験した今だからこそわかること。

わたくし、前回は踊ってたねぇ(遠い目)。

情報があふれかえっている社会。

でも情報は取ろうと思わないと掴めない。
その上まずはその情報があるという情報をキャッチしておかないと、
その情報があるということすらわからないわけで。
わからないと得ようとすることすらできないわけで。
得ようと動く時、それは自分なりに欲しい情報の方向性を決めなければいけないわけで。
そうするとどうしても偏った方向の情報しか手に入らないわけで。
そりゃ人は自分の考えのメリットを説くのが当然なわけで。
そうやって取捨選択して手に残った物は、自分がそうあって欲しいと願う情報だけだったりする。
つまりは、自分が思ったことのデメリット情報は得にくいし、手がかりすら無い情報は得ようがない。

前回のわたくしのさまざまな選択が間違っていたと言うわけではない。

むしろ結果おっけーでわたくしは期せずして自分に最適なルートを選択していたと思う。
え、もしかして天才??

うん、ラッキーだっただけだ。

でもそれでも、知っておいた上での選択だったらもっといろいろ納得がいったかもと思うこともなきにしもあらず。


何が言いたいかというとだ。

「お産の時間です。」って本、いいよってことだ。

もうなかなか売ってないっぽい。
アマゾンだと、中古しかない。

良い本だと思うのだがねぇ。


出産って、経験したこと無い人にとっては、ものすごく重圧があるじゃない?
話はいろいろ聞くけど、中には恐ろしい話も多いし、
何が起こるのか想像しても体験したこともない事しか起こらないわけだから、
未知の領域は誰だって怖い。

この本は産婦人科の医師が、お産ってどういうことがおきるのか、色々な出産方法のメリット・デメリットや安全性・危険性、それぞれの理由なんかをわかりやすく説明している。

すべての人にとってベストな出産方法なんて無い。
産む人も違えば出てくる人も違う。
環境も、体調も、考え方も、何もかも違う中、
自分が望むこと、自分が望まないこと、それはどういうメリット・デメリットがあって、どういった結果の可能性があるのか。
そういったことを教えてくれます。

出産を考えている人は、読んでみても良いかと思われます。


わたくしは、また御大の助産院で水中出産を選択するけどね。

また胎盤食うぞーーー!!!


posted by 千之 at 15:42| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。