2009年07月31日

ヤッホーイ

前置胎盤、なおったーーー!!!

というわけで、無事今の腹子も御大助産院で出産がけつていしました。

ぃやったーーー!!!


加藤先生の診察が無くなるのだけがさみしいけど、
でも順調に行けば今後2回ほど会う機会もあるハズ。


それにしても加藤先生の診察、楽しかったな〜。

ええ、またもや今回も体重で怒られたわけですが(笑)。

加藤先生「良かったねー、治るだろうとは思ってたけど、ここまでちゃんと上がると安心だね。
  んで、体重は?(超ニッコリ)
ちゆき「順調に増えて、54kgです!うっしゃっしゃっしゃ!」
「ちょっと、もー順調にじゃないよ〜!
  (10kg増まで)あと4kgしか無いじゃん。
  赤ちゃんと羊水で4kgは増えるから、もうお母さんは増やせないからねっ。」
「つわりの時期のスタートダッシュがボディブローのごとく効いてますよねぇ。」
「そうねぇ、普通はそこはゼロだからねぇ。」
「いっそのこと、もとからスタートダッシュ後の体重だったということでいかがでしょう?」
「だーめーですっ。」
「やっぱり(笑)!わはははは!」
「そりゃそうだよっ(笑)。前回は何キロ増えたんだっけ?うちに最後に来た時点で+12kgか…。」
「えーと、最終的には+14kg強で落ち着きました。」
「ちょっとソレ落ち着きましたじゃないよっ。前回ってどうだった?安産だった??」
「経産婦でも安産って言えるレベルの超安産と御大に言われました。」
「ったく、そーれで笑ってるんだなー!もう母体は増やさないように!30週の検診でお会いするの、たのしーみにしてますからね〜。」



加藤先生も楽しみにしてくれているようなので、ちゆきチョー嬉しい。←色々と違う上にキモイ


とりあえず、御大助産院で産めることが決まって良かった良かった。

あとは、直前で逆子じゃないことを祈るのみ!!!


水中で産むぞー!!!

胎盤食べるぞーーー!!!
posted by 千之 at 14:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

カルチャーショック

先日、祖父アキラの1周忌のため、わたくし&はむてるコンビで1泊2日でわたくし実家に帰省してまいりました。

その際わが妹あちゃきちおよびその夫楽太郎、息子にかいどうも居たのですが、ものすごーーーくカルチャーショック。


にかいどう、現在生後10か月。
歩き始めました。

はやっっっ!!!!!!!!

まだフリーハンドで歩けるのは10歩にも満たないけどね。
でもあの分なら1〜2週間でヨチヨチ歩きになると思われ。
なんていったって、ハイハイの練習で足にマメ作って、さらにそれを潰した赤さんだからねぇ。


ちなみにはむてる氏、初めの一歩が出たのは1歳3か月。

おっそっっっ!!!!!!


個性って、本当に違いがでかいのねぇ…。


そしてにかいどう、一瞬たりとも止まるということがありません。

伝い歩きであっちに行っちゃーダイニングテーブルに頭突きを入れそうになり、
こっちにハイハイで来ちゃーソファの上からダイビングしそうになり、
抱っこされると「はぁなぁせぇぇぇ!!!」と言わんばかりに、
「ぎゃああああああああああああああ!!!!!」
伝い歩きから手を放して目的もなく歩きだし、
ラグのふちで蹴つまづいて顔面から転んで、
「ぎゃああああああああああああああ!!!!!」
仏間の方に向かっていったなぁと思った瞬間、
ててててっと歩き御供物の山にダイビング。


離乳食もモリモリ食うが、口に入れたって動きは止まらない。

動けないイスに括りつけるとむしろ大暴れで抜け出そうとし、
普通に座らせると、当然じっとしてなんかいない。

育児書などでは、
「離乳食はご飯を食べるのを教える絶好の機会。親も一緒に食事をしましょう。目の前で食べている様子を見せましょう。」
なんて書いてある。

はむてるはそれが余裕のよっちゃんいかでできた。

はむの口に離乳食を入れて、目の前でわたくしも口にご飯を入れて、
わたくしが噛むとはむてるもマネしてもぐもぐ。
口の中の物を飲み込むと、
「あーうー。」
とアピールして次をよこせというはむてる。

なので、ご飯はいつも一緒に食べてました。
二人だけで。


そしてにかいどう。

そんなこと絶対に不可能。

父がにかいどうを抱っこで脱出不可能な状態にして、
母がせっせと食わせる、がセオリー。

親たちの食事はその後。

動き回るにかいどうを常に視野に入れつつ、
にかいどうが親のごはんに突進してくるのを肘でブロックして阻止しつつ、
の食事になるそうだ。


わたくしたちは、外食が好きなのもあって、
かなり早い段階からはむてるはバンバン外食に行っておる。
もちろん行先は子どもを連れて行っても大丈夫な店だけだが。

にかいどうを連れての外食は、
「そこまでしてご飯食べなくてもいい。」
と思うそうだ(笑)。


そしてはむてるは水が大好きで、今も休みの日は自宅でプールを平均3クール。
にかいどう、水、大っきらい。

妹あちゃも、わたくしが「首が座ったら、風呂に入って頭洗う時には上からお湯ぶっかけると、最初は泣くかもしれんがすぐに馴れるよ。」とアドヴァイスしたもんで、実践したらゲロ吐くまで泣かれたそうだ。

湯船に入れても、他の場所では絶対に脱走しようともがくくせに、お湯の中ではちょっとでも手を離そうとするとギャン泣き。
当然保育園のプール(沐浴)も大嫌い。

先日の実家でも、庭で水遊びで大喜びのはむてるに対し、
近くまで抱っこで連れて行かれただけで硬直するにかいどう。
はむてるが水をふりまいてできた水たまりに、にかいどうの足をつけただけで
「ぎゃあああああああ!!!!!!」
声だけ聞いてたもんで、最初は何されたのかとびっくりしたわ。

顔は結構似てきている二人なのだが、ここまで明らかにあからさまに個性が違うとは…。


そしてわたくしははむてるのおかげで、だいぶ子育て楽させてもらっているのだなぁとしみじみ実感しました。

そんな率直な感想を述べたところ、母マキコから、
「そうねぇ。ちゆきは本当にはむてるみたいだったわよ。
 恐ろしく空気読むっていうか、聞きわけが良いっていうか。
 ここに居ろって言えばじっとしてるし、ミルクだって自分で持って一人で飲んで、
 飲み終わったらそのままくかーって寝てくれて。
 それに馴れてちょっと「子育てって楽勝」とか思ってたところに、
 アオイが出てきてねぇ…。
 全然違ったわ。
 言うこと聞かない、我は強い、ミルクなんて飲まないし、寝ないし、泣くし、
 周りなんか関係無いし、すぐに脱走するし。
 ほんとにかいどうソックリ。
 でも大きくなったら、ちゆきは言うことは聞くけど絶対に腹の中は違うこと考えてるのよね。
 アオイは何考えてるのかスグわかって楽だったけど。
 ま、どっかでいつか苦労すんのよ。」



………、なんだよビミョーだなヲイ。


しかし、子どもって本当にすごい動くのねぇ(シミジミ)。
はむてるは「殿」ってあだ名つけられるくらい動かないからなぁ。。。

ある意味にかいどうの姿はカルチャーショックでした。
posted by 千之 at 14:36| Comment(11) | TrackBack(0) | 子ばなし 12/27up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

最初はおまえか!!!

10日ほど前のお話でございます。


でも絶対に出てくるとは思っておりました。

予想よりもかーーーなり早かったですが。

数年後くらいだと思ったのだが(笑)。








先日、また髪をサルにしに行きました。

もうそろそろこの美容室および担当美容師さんとは、10年くらいになります。
結構長いな。

まあ何も言わなくても全部任せられるので、楽だし安心。

アシスタントの方も結構入れ替わってはいますが、
結構すぐ仲良くなる方なので、雑誌の好みも把握していてくれたりして、
なかなかに居心地が良いです。

ちなみに、雑誌はたいてい3冊出てくるのですが、
ふぁっそん雑誌にビタイチ興味が無いので、おっじとかべりーとかどまーにとか置かれてもぼけーっとしているのはわたくしだ。
つまんないから文字の多いやつ持って来いって言ったら、週刊新潮持ってきたアホも過去にはいたが(笑)。
いや、べりー見るなら断然週刊新潮だけどな。←オッサン

わたくしの好みを把握してくださるアシスタントの方だと、
「ナショナルジオグラフィック」「ニューズウィーク」「エル」の各最新号が、3点セットで置かれる。
最後に一冊が美容業界の矜持ってヤツだろうか(笑)?
でもエルならまだ見てても写真集みたいで綺麗で楽しいけど。

そんな美容室に先日行ってまいったのですが、
店内に入り、
名前を書いて、
荷物を預け、
シャンプー台に連行され、
頭を洗ってもらって、
「こちらへドウゾ〜」とアシスタントちゃんに促された席の先には、

どどーーんとコレ一冊。


;`(;゚;ж;゚; )ブフォ!!




いや、他に何かが数冊あっても絶対にソレに手はのびるとは思うけどさ(笑)。

1冊だけってとこが潔いよね。


テルテル坊主布をかぶせられて、ソッコーでマイコーに手を伸ばすわたくし。

担当美容師「それっしょ?」
ちゆき「これのチョイス小坂さん(仮名・担当美容師さん)でしょ(笑)。」
小坂「そう。ちゆきさんは絶対ソレだと思って。」
「うん、ありがとう。」
「でもさ、俺、信じてることあるんだよね。」
「ナニ?」
「マイケル、絶対まだ生きてるよ。」



最初はおまえか(笑)!!!!

絶対に言いだすヤツはいると思ってました。

数年後には都市伝説になるだろうとも思ってました。

でも、まさか1ヶ月もたたないうちにその説を聞くとは思わなんだ(笑)。


その後は、髪を切ってもらいつつ、ひとくさりマイコー話。

深夜に出てくるマイケルのモノマネ芸人が意外と面白くて好きだとか。

もう若いアシスタントさんたちにとって、マイケルには奇行とかとんねるずの物マネでしか印象にないらしく、
マイケル話題はたぶんR35ということで落ち着きましたが。

まぁ、わたくしも好きっちゃー好きだけど、どっちかといえば、妹のジャネットの方がコンサートは嬉しかったし、
MJよりもカート・コバーンに流れたクチだったけど、
MJって好きとかを超越した存在だったしねぇ。

そして小坂氏とも、
「MJはやっぱバラードだよね」
という結論で落ち着きました。
楽曲的には「Heal the World」がNo.1なのかもしれないけれど、
聞く分には「Human Nature」だよねとも。

視聴



「Smooth Criminal」も結構好き。
あの細身で、アキレス腱の強さと背面の筋肉はどうなっていたのかと。
タグ:日記 MJ
posted by 千之 at 10:42| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

責任重大ッスね(鼻ほじ)

日曜日はランチに行ってまいりました。

はむてるを安井(仮名)保育園に預けて。

半年ぶりくらいで安井先生に会うはむてる。

前もって前日に
「明日は安井先生のところに遊びに行くのよ。」
と教えると、ものすごい嬉しそうに踊ってました。

未だに覚えているし、相当に懐いているようです。

当日、預けに行って、安井先生がお迎えに出てきてくれているのを発見したはむてる。
チャリの後ろで
「やったー、やしゅいせんせーだああああああ。」
と大喜びで足をバタバタ。
ちょ、危ないっつの!

安井先生に抱っこされて、大喜び。
心おきなく預けられます。
助かるわー。

一応、両親が手を振って離れると一瞬だけ不安げな顔を見せましたが(笑)。
安井先生に預けると、保育園の連絡帳と同じように、タイムスケジュールや食べた物、どんな様子でどんな遊びをしたのかをこと細かくレポートにしてくれるのだが、それを見ても一瞬だけ不安そうな顔をした後は、大はしゃぎで遊んで、飯食って、昼寝してたらしい。


そして相も変わらず、我が家の坪倉似のシェフの料理は、やっぱり最高でした。
似てるな似てるなってずっと思っていたのだが、じゅみちゃんにも認めてもらって嬉しかった。
でも、坪倉ってお笑い芸人の中ではそこそこイケメンではあるが、
いかんせんシモネタ担当だから「似てますね」って言うのは躊躇してしまうんだぜ。

それにしてもあの店、何がすごいって、料理は当然なんだけど、あれだけ人気店になってあれだけ繁盛しているのに、シェフ自らものすごく腰が低いんだよね。
だから他の従業員もみんなサービスが行きとどいてる。
あと、嫁がすごい美人。←好みのタイプ

じゅみちゃーーん、隣のテーブルの方々が見てた本は、シェフも著者の一人みたいだよ。



そして食事の後、はむてるを迎えに行って、
そのまま安井先生とちょっとお茶をしました。

はむてるは本当にマイペースで、今日はまぁ安井先生だから特別にしても、
後追い泣きとか、そういうの全然無いんですよ〜。
むしろ親なんかどうでもいいらしく、保育園連れて行っても親そっちのけでおもちゃに突進ですよ(笑)。
という話をした。

そしたら、それは良い事なんだと言われて、ちょっと嬉しかった。

もちろん、子どもの資質による部分も大きいから、一概には言えないけれど、
はむてるに関しては、後追いをしたりしないのは、根底に「親が自分を捨てるわけがない」という絶対の自信があるからだと。
だから、目先の面白いことに安心して気を取られることができるのだと。
多少離れることがあっても、親に見捨てられるわけではないと理解しているのだと、そう言ってもらった。

そういうもんなのか〜と思って、ちょっと嬉しくなった。

でもそう言われてみて、先日の保育参観の時の様子や、それ以外にもはむてると同じクラスの他の子たちの様子をちょっと思いだした。


実は、はむてると同じクラスに、わたくしはものすごーーーーーーーーーーーーーーーく苦手な子がいる。



仮名ゆうた君。


良く言えば、ものすごく人懐っこい。
わたくしから見れば、すんげぇ構ってチャン。

保育士さんがいる時は、常に付きまとい、
保護者が送迎で教室に入ってくるとすかさず、
「ゆうちゃんねぇ、○○が××でねぇ!
 これ見て!!!こっちが△△と■■で、
 あのねぇ、***で※※なんだよ!!!」

とまくし立てる。

わたくしとはむてるが帰り支度をしていると、その間に割り込んできて、わたくしに話しかけたりする。
正直本気でウザい。

これが小児科なら当然まるっとシカトするのだが、保育士の手前そういうわけにもいかず…。
「あーそーなんだー、ハイちょっとどいてねー(棒読み)。」
と、シカトはしないが相手にもしないでいたのだが。

料理人から聞いた話だが、このゆうた君。
0歳児からこの保育園に通っているのに、今だに毎朝大泣きで母親を後追いしているそうだ。

以前保護者会で、母親が、
「ゆうたは本当にさびしがり屋で、とにかく大人に構って欲しがる。」
ということを言っていて、『そういう個性の子なんだ、うざいn…ゲフゲフッ』と思っていた。

が、先日の保育参観の日。
見かけてしまったのだ。

普段は連れて行かないわたくしが、はむてるを連れて保育園へ向かう途中。
ぎゃあぎゃあ泣く子と、腕を引く母。

ゆうた君とそのお母さんだった。

そして聞こえてきた声は、
「ったくよー、てめぇはなんでいつもいつもそうなんだよっ!!!
 ホラ、行くって言ってるだろうがよ!!!遅刻するじゃねぇかよ。
 いい加減にしろよこのやろう!!!」


ギョッとした。

向こうからは見られていないのを良いことに、3m手前の道で曲がって、会わずに済むように逃げたわたくしをヘタレと呼びたいなら呼んでくださって結構です。

そういう口調の母親には見えなかったのだが、
人は見かけによらないね。


そこで安井先生の「はむてるが後追いをしたりしないのは、根底に「親が自分を捨てるわけがない」という絶対の自信があるからだ」という話を聞いて、推測でしかないが、見捨てられる不安が強いから、後追いをして、構ってちゃんになっているのかもしれないなと思った。

そういえば、昔昔大昔、何を間違ったかボランティアで児童養護施設的なところに1日だけ行ったことがあるのだが、そこの子どもたちも我先に大人に構って欲しがっていたなぁ。
座ってる大人がいれば、すかさず他の子と争っても膝にのりたがったり、
手をつなぎたがったり、
抱きついてきたり。
「人見知りとかしないんか(笑)、まぁ色々な人が出入りするだろうからねぇ」と思ったのだが、それ以上に何かを渇望していたのかもしらん。


保育参観の個人面談で、
ちゆき「はむてるは、本当にマイペースですねぇ(笑)。今日も不審な人がたくさんいるのに、全く普段と変わらずで(笑)。」
と言ったら、
保育士さん「それははむちゃんの情緒が安定しているからなんですよ。
 情緒が不安定だと、見知らぬ人がいたりするとちょっとテンションおかしくなっちゃったりするんです。
 何があっても自分は大丈夫ってはむちゃんは安心してるから、マイペースでいられるんですよ。」

と言われ、そんなもんなのか?いや、単にニブいだけなんじゃ(笑)、と思っていたのだが…。

安井先生に言われてから思い返してみれば、↓の日記で書いた「上手い子」は、
保育参観中、何度も何度もに
保育士「上手い子君、今日はちょっとテンションおかしいね。」
「今日はなんだか変だね。落ち着いて。」

と言われていたよ。


以前料理人が、今だに毎朝後追いして泣いているといっていたもう一人の女の子の母親と
今回の保育参観は一緒だったのだが、参観の後ちょっと立ち話した時に、
母親「この子より上の男の子の方が可愛い。」
「やっぱり男の子と女の子とでは全然可愛さが違う。」

ときっぱり言ってのけてた。

そしてこの女の子も、保育士から、
「今日はちょっとテンションおかしいね〜。大丈夫よ〜。」
と言われていた女の子だった。

さらに言っちゃうけど、
先生に「お茶!」って言い放った子は、
他の子を蹴飛ばして
「うるっせーなっ、てめーがそんなとこにいんのがわりーんだろっ」
と言っているのも見たことある。



もちろん、子どもの資質というものはある。
どれだけ可愛がられて愛情を注がれていても、構って欲しがる子はいるだろう。

でもやっぱり、親って責任重大なんだなぁと改めて思いました。


とりあえず、はむてるが底意地が悪いことをする子にはならないように、がんばろうと思います。

じゃあ何をどうがんばるの?って聞かれると、何をどうがんばればいいのか、全然さっぱりわかんないんですけどねー(鼻ほじ)。
タグ:日記 子育て
posted by 千之 at 12:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 子ばなし 12/27up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

どう見ても不審者

誰がどう見ても不審者になる季節がやってまいりました。

はむてるの保育さんかーーーん!!!
イエェェエエエエエ!!!

そうです、不審者になりきり、普段の我が子の保育園での様子を堂々とのぞき見プレイの季節です。

今回は抜かりなくってよ。
きっちり携帯はケツポケットに入れておいたわ!

そのおかげ様で撮れた写真が↓。
200907170915000.jpg

写真だと良くわからんが、エプロンも装着しております。

エピロン、ピンクです。

他の色無かったんかい…orz。


ハイ、誰がどう見ても不審者です。
本当にありがとうございました ペコリ。

しかも今回は予約した人が多かったようで、不審者×4人です。
その上うち一人はお父さん。
うん、それでも容赦なくエプロンはピンクだ。

クソ暑いこの時期、参観が外のプール見学とかだったら死ねるなとか思っていたら、
日頃の行いがよろしいおかげで、無事曇り空となり、
ホールで体操の見学となりました。

不審者4人揃って教室へ。

入室前に
「声だけは出すな」
と注意事項を言い渡される。
近寄ってきても目線を合わせずにガン無視すれば、
そのまま子どもは戻るからとのこと。

えっ、子どもをガン無視?
チョー得意よ!
任せて!!!

そして保育参観開始。

なんつーか、うちの子、やっぱりニブいわ…。

その上またもやお笑い系 orz。

ホール遊びも、なんか一人だけ動きが笑えるんですよ。
目立つんですよ。

でもそれはわたくしが自分の子だから目に着くんだろうと思ってたのに、
後から、一緒に参観だった保護者の人に言われた。
「いや、私も自分の子より目が行った。だって目立つもん。」
…その目立つは、絶対に良い意味でではないですよね〜。
ですよね〜 orz。

走る時、腹から走る感じなのよねぇ…(遠い目)。

ホール遊びが終わってからも、
給食の前に洋服全取り換えするんですけど、
子ども5人以上を1グループにして、一人の保育士が着替えさせるんですよ。

基本、自分でできるように誘導なんですけどね。

みんな自分で服を選んで、自分で服を脱いで、おむつを脱いで、おむつ履いて、きっちり先生に上にあげてもらって、自分で服を着て(先生が前後ろをチェックしながら)…、という手順なのですが、みんながせっせと着替えている横で、
全裸になった後なぜか頭にオムツをかぶるはむてる。
どう見ても変態。

見てる保護者全員
こらえきれずに
゙;`(;゚;ж;゚; ) ブフォッ

保育士はこの時点では変態に気付いてない。

ただ保護者が全員腹抱えているので、「???」になっているとこに
満を持して真打登場!
はむ「せんせい、できたー!」
振り返った保育士
゙;`(;゚;ж;゚; ) ブフォッ

「は、はむちゃん、できたけど、はむちゃんのやりたいことはできたけど、でもそれ違うよね〜(笑)。」

うん、かなり違うよね〜。


そして、ボーっとマイペースであまり手がかからない分、はむてるは結構ほっておかれてるっぽい(笑)。

まあ、根性わる…ゲフゲフッ、色々な理由で先生から徹底マークされてるよか良いわな。


だって本当にすごいんですの、奥さん!!!

若干2・3歳にして、すげぇ上手い子とかいてびっくりした。


2・3歳児ですから、当然おもちゃの取り合いとかあるわけですが、
自分が後から手を出して、取り合いしてる相手の腹をぎゅーっと押して、相手が嫌がってその手を押し返した瞬間に
「ぎゃあああああああああ」
って泣くフリする子とかね。
ぎゃあああで気づいて目視した保育士からは、やられてる上手い子とやってる最初の被害者なわけで。
まあ保育士さんも頭から叱るようなことは無いですが、
まだ2〜3歳児、何があったかを上手く説明なんてできませんわな。

この子には、はむてるもやられてた。
ブロックでできている電車をはむが二つ持って遊んでて、そのうち一つを上手い子に横から取られてた。
本人は若干哀しそうな顔をしつつも、まだ1個あるからか特に騒がず、そのまま遊んでいたのだが、
上手い子がさらにはむが持ってる方を取り上げ、何するの?という顔で見ているはむの前でブロックばらばらにして電車壊されとりました。
はむが「ああああ!」ってなったところで、上手い子が「ぎゃああああああああああ」
そこから保育士さんが目視したのですが、はむが壊れた電車を目の前に広げてるし、
どう見てもはむが壊して上手い子がそれ見て泣いたの図です。

ちなみに、件の上手い子は、見事にDQネームだ(笑)。


他にも、給食の時間に先生に向かって、
「ねぇ、お茶!もうないんだけど。」
とか言いやがった子とかもいたしね。

うん、別の子なんだけど、この子も
「えっ、自分の子どもの名前にそんなご大層な字を使っちゃうんだ?!」系のDQネーム。

しかもこの子は先生にも要注意というレッテルを貼られてるのだ。
わたくしが見ただけでも、通りすがりに何もしてない子の頭を後ろからおもいっきりひっぱたいて泣かせてたしね。


上手い子も、要注意の子も、きっと自宅でそういう扱いを受けてるんだろうねぇ。


はむてるがそういう底意地の悪いことはしていなくて、
ほっと一安心。

そして個人面談でも、特に話すこともなく、
「いつもいつもはむちゃんには癒されてるんですよ〜(笑)。」
と(笑)がついた口調で保育士さんに言われ、
「あは、あはは、あはははは〜〜。」
とかで終了。


しかし毎回思うんだけど、保育士さんてホント大変だわ。

波があるとはいえ、暇な時期には仕事中に2ちゃんだのようつべだの見ちゃっているわたくしの仕事ぶりから考えると、
一瞬たりとも気が抜けず、サボれず、数時間動きっぱなし、うっかりすると全力疾走アリ。

それでいて福祉職だから、すごい高給ってことも無い。

すごいねぇ。
頭があがらん。

好きじゃなきゃやってらんねぇ仕事No1だろうね。←好きじゃないからムリ←むしろそれ以前に色々な意味でムリ
posted by 千之 at 11:26| Comment(8) | TrackBack(0) | 子ばなし 12/27up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

旅に出ております。

どこにってあなた決まってるじゃないですか。

世界を守る旅にですよ!!!!!!


うん、どらくえー(鼻ほじ)。

ワイファイなんてやってくれる友達がいないので、常に一人ぼっちプレイ、
略してぼっちプレイですがソレガナニカ?



っていうかね、あの名前がわかんない幽霊とかほっておいて天の箱舟乗っていいもんなの?
あの箱舟の前ですれ違った幽霊もほっといていいもんなの?

教えてえろい人〜(古い)と思ってぐぐった。

攻略チャートそんなこと書いてない orz。

帰ったら箱舟に乗ってしまおうと思います。

でもはむてるがいると好きなようにできないのよね〜。

仕事の進み次第でドラ休取ろうかにゃ〜と思ったら、もう他の人に休み取られてた orz。
(ちなみにその人は本当に予定があってなので、ドラクエのためではないらしい)

いやかち合ったら取れないっつーわけでもないんだけど、
やっぱさ、そんなくだらない用件でって、人手が少ない時は休みにくいじゃん?

なにをー、くだらないとはどういうことだ!!!!

とここでも一人ボケ一人ツッコミ。

よっぽど一人が好きなのねぇ。

♪そーよ とーもだちが いーないから〜♪(童謡「ぞうさん」の音程で)


ちなみにブツはアマゾンに頼んだので、届いたのは土曜の午後2時だったわ。
まぁ、自分で買いに行ってもそんなもんだっただろうとは思うのだが、

土曜=はむてる在宅

はむが昼寝の間にプロローグくらいやっちまおう、
早く持ってきやがれ飛脚!!!!と思ったら、
飛脚さんが届けに来たチャイムで、はむてるが昼寝から起きくさりました。

=届いているのに旅立てないというジレンマ

午前中に引き続き、午後は、ビニールプールを2クール。
(放牧、ひきあげ、おやつ、放牧、ひきあげ)

その後ご飯を食べさせ、
風呂に入れ、
適当に寝かしつけしたら、
おれも寝てもうた orz。

ちょっとあんた何寝ちゃってんの??
そんなんでほんとに世界を救う気あんの?みたいな。

えー、世界を救うっていうかー、自分のためっていうかー、
楽しいからやってるだけだしぃ、
それであんの?とか聞かれてもチョーうける。

いや、その前に誰も聞いてないそんなこと。

ああ、ダメだ。
暑さとドラクエ気になるが相乗効果になって、
脳みそがオーバーヒート起こしてきた。

いや、それはむしろいつものこと。



そしてこんな日に限って、役員会。
わたくしは議事録係。
どうせいつものテンプレートで終了なのに。

一人だけ、おっさんなのに「おばちゃん」という形容詞がぴったりな役員がいて、
おばちゃん、話長いんだよねぇ。

もうさ、おばちゃんは役員会さぼってくれたらいいと思うよ。
うんうん。
だって前回の株主総会、「忘れてた」って理由でぶっちぎったし、
先月の役員会も時間間違えて来なかったし〜。

はー、だからこそ今日は来るんだろうなぁ。

ちっ。


しかしDS長時間は肩凝るね。

それでもやるけどね。

早く誰かルーラ覚えてくれ。

移動がうざい。












裕さーーーん、
やってる??
posted by 千之 at 16:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

ほわちゃぁぁぁああああ!!!!

昨日は、はむてる保育園の七夕祭りでした。

夕方4時15分開始。
子どもに浴衣だの甚平だの着せるなら、その前から来て着せてても良いですよ。目安は4時かな。

と言われておりました。

わたくし退社時刻が午後4時。

当然間に合わないので、午後は半休取得。

でも12時〜4時まで暇なので鍼灸院行ってきた。

肩がバリバリでねぇ。

普通のマッサージ屋さんだと、妊婦はあまり歓迎されないのね。
なのではむてる妊娠中も通った、7割が妊婦という鍼灸院に行ってきましたよ。

予約して行ったら、以前いた人たちが顔覚えててくれた。
すげえな客商売の記憶力。

幾分前置胎盤気味でという話をしたら、体操を教えてくれて、数か所置き針を貼って、ここに家でもお灸をやれとマーキングされました。

またクワタケツ orz。



そんなクワタケツのまま自宅付近に戻り、はむ保育園へ。

保育園は、「忙しいだろうに、いつの間にこんなに用意してたの??」というほど七夕一色に飾りつけられてました。
はむ教室に行くと、一人一人にお面(保育士手作り)と、おかしとおもちゃのセットが用意されており、
それぞれのビニール袋に名前とその子のトレードマーク(はむてるはキリン)がちゃんと書かれてました。

先生、マメだねぇ…。

はむてるを甚平に着替えさせ、いざ出陣!!

とりあえず庭に集合して、ダラダラとした待ち時間。
4月以降に出産なさったはむ同級生のお母さんが、わたくしの腹を見て、
「あれ〜、もしかして?!」
と聞いて下さり、
「上も下も同い年ですよろしくお願いします。」
的な話になり、場が保たれたので助かった。


そして園長の話。
子どもを放牧するな・目を離すなをオブラートに包んで言っていた(笑)。

いるからねぇ、子どもは保育士がいるからいいだろうって、目を離しまくりで母親同士でくっちゃべってる人たちって。

園長の話も終わり、
盆踊りが始まり、模擬店はいたってシンプルでありがちな輪投げとかヨーヨー釣り(ちびはスコップですくう)で、
食べ物系は休憩所のとうもろこしと冷たいプチゼリーと麦茶のみ。

ああ、こりゃ夕飯は家で食えってことやな、早く終わっていいなとか思ったとか思わなかったとか。

そして、周囲に居た同じクラスの子たちは、いっせいにパッと見が派手なヨーヨーだのボール投げて当ると鬼がガオーって言うやつとかに向かうなか、
真っ先に休憩所に心惹かれているはむてる。

ちょ、休憩するほどまだ動いて無いだろう!!

血は争えないネー。


すたすたと休憩所に入り、もろこしセットをもらってかじりつくはむてる。

もりもり食ってたら、同じクラスのお子さんたちが次々とヨーヨーだのを手に休憩所へ入ってきました。

そんでもってお手拭きにドウゾっておしり拭き借りた。

…用意いいなぁ。←当然ティッシュすら持って無かった人
「プログラムにとうもろこしって書いてあったから、手が汚れるかなって。」←そんなもん見ちゃいなかった人

な、ななななんか、ちちち、ちゃんとした、
おおおお母さんって感じなんだな(オニギリ食いながら)。


その後続々と休憩所に人がなだれ込んできたので、
ヨーヨー釣り方面へ向かってみた。

ガラすきで、待ち時間も無しにできたよ。
ある意味賢いルートだったかも。

欲望に忠実なだけだが(笑)。

その後は、はむてると双子のはむ太郎君父とワンピースとMJについて語りました。

その間ずっとはむ太郎君父は、はむてるの頭をわしゃわしゃ撫でとりました。

そして、父を見つけてこちらに来たはむ太郎君&はむ太郎君母に向けて一言。

「今日帰ったらはむ太郎も坊主な。」


…また見分けつかなくなるジャナイカ(つД`)。

なーんてしてたら、はむてるに腕の置き針見つかった。

はむ「かーしゃん、こりはなんでしか?」
と言いつつ、おもっきり置き針を上からぽちっとな。

「ちょーーー!!!!ダメだって、おまここはダメだって!!!(涙目)」

マジで痛いっつーの!!

その反応が面白かったらしく、
「ぽちっ」
と言いながら何度も手をのばしてくるはむてる。

阻止しようと手を払いのけるわたくし。

それすら面白いらしいはむてる。

結構本気で阻止したいわたくし。

その攻防をご覧になっていた方から、
「カンフー映画みたい(笑)」
と笑われました。


いや、本気で痛いんですよ orz。


そしてはむてるの甚平姿は、かなりの方にご好評をいただきました。


和物+坊主頭というのは、日本人の心に訴えるものがあるようです。


そして予想通り、夏祭りは1時間程度で終了。
後片付けは全部保育士さんがやってくださるそうで、
さくさくさっくり帰ってきました。

先日の友人から聞いた幼稚園の七夕祭りの模様とはだいぶ違っていて、
やっぱり保育園でえがつたと心の底から思うぐうたらなわたくしでした。
posted by 千之 at 15:07| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

アホクサ…

昨日に引き続き愚痴ブログで申し訳ない。

ママ友関係って大変なんだとさー。
あーそーですくゎー(鼻ほじ)。

知ったこっちゃねぇや。
知りたくもねぇや。


子どもが絡む関係だと、自分と合わないからと関係を断つのが難しいっていうのはわからんでもない。

わからんでもないけど、それをわたくしに言われてもなー。


基本的に、共感してあげるという女脳が欠落しているので、
「そっかー、大変だねぇ」なんて言ってあげられません。

でも、わたくしなりに無い脳みそで解決策を考えて、
必死こいて苦手な携帯メールをぽちぽちしてみても、
デモデモダッテでサラリとかわされると、イラッとくる。

そこまで行ってからやっと
「なんだ言いたいだけかよ」
と気がつき一気にHP削られる。←トロい


結局どう立ちまわれば自分は悪者にならずに、相手にこれは良くないことなんだと察してもらえるかっつーことらしい。


んなのエスパーじゃあるまいし、無理だっつの。



なんちゅーか、そんなくっだらないことで悩むのは、
肉体的・精神的に暇なんだろうから、
外に出れば良いのに、とか思ってしまう根性悪なわたくし。


働け働けー。

仕事中にブログ書いてるおまえもなとかいう意見には、全力で耳を傾けない所存です。



今日は七夕ですなぁ。
短冊に書いて来ようかな。
「ママ友なんて関係がこの世から消え失せますように(呪)」

そして
「今度こそ延期されませんようにぃぃぃぃ(呪)」

さすがにあと4日ってとこまで来てそれは無いか(笑)。
わたくしにとっては、ママ友なんてものより、こっちのがよっぽど大切だしねっ。


ということで
「早く今週終われ(呪)」


なんか部首が違う気もするけど、キニシナイ。



      *'``・* 。
      |     `*。
     ,。∩      *  早く週末になーれ
    + (´・ω・`) *。+゚
    `*。 ヽ、  つ *゚*
     `・+。*・' ゚⊃ +゚
     ☆   ∪~ 。*゚
      `・+。*・ ゚
タグ:日記 ママ友
posted by 千之 at 11:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

たしかにわが社はIT系ではありますが…

いや、ITって言っても色々あるんだよ…。

IT系の全部が全部インターネッツに関連しているわけじゃないんだよ。
(うちはインターネットには全く関係無い)

今時まさかとは思うが「(I)ンターネッ(T)」だと思ってるんじゃあるまいな??

というか、そもそもその問題は、ITとかそういうことじゃないような気がするんですけど…。






友人からメールが来ました。
『IT系に勤めてるちゆきならインターネットのこととか詳しいと思って(><)。』

すいません、地味に顔文字がムカッときます。


っていうかさー、ひと様からのメール晒してネタにするっつーのもどうよって話ではあるのですが、
こんなこと「IT系に勤めてるから」って相談されても、知らんがなって話。




(前の部分は略)
知りあいのママがね、ブログやってるの。幼稚園が一緒なんだけど、顔知ってるってくらい。
その人がね、ブログに自分で撮った写真載せてるんだけど、この前幼稚園の××があったときの写真も日付入りで載っててさ〜。
うちの○○も顔わかるように載せられてるんだよね。
ちょっと嫌なんだけど、こういうのってどうなの?(後略、原文ほぼまんま)


いや、どうなの?って言われても…。

とりあえず、
・法律の規制(肖像権等)は素人なのでどうにもならんだろう
・気分悪い、勝手に載せるなというもめごとの話はよく聞く
・ロリ系変態コラのネタ元に使われたりしてる可能性も絶対にないとは言えない
・嫌なら「載せるな」って言え
・っつかそれ別にIT系とかじゃねぇ

ということを破れかけのオブラートの包んで返信して差し上げた。

ああ、わたくしってば優しいんだぁ。
しかし、今どき人の子の写真を断りもなく勝手に載せちゃうって珍しいような…。

と思っていたら、
『変態コラってなに?』

食いつくの、ソコですかorz。

・画像をダウンロードして、変態のお好きな風に加工して、夜のおかずにされるってことですよ。
・でも個人のブログなんてたいして見に来る人はいないから、何もない可能性が高いとは思う。
・とはいえ万が一って可能性は、絶対にない心配しすぎと否定することはできないとも思う。

ということを返信。

あくまで可能性の問題だけれども、ほぼ有り得ない話かもしれないけれども、
もし変態が、ブログの写真をもとに気に入ったからって場所を特定して、駅で張り込みとかされて、見つけられて、家までつけてこられて、隙を見て拉致されて連れまわされたりとか、想像しただけで本気で吐ける。

まぁ、自分の子どもが、変態の夜のおかずにされてるかもってだけでも、トリ肌で丼三杯吐けるけどね。


こちらのメールの問題の場合は、
どうやら「写真掲載=自慢できること」とブログ主が考えているらしいこと。
(あてくしのブログに載せてあげましたよオホホホホ的な)
前後の記事を丹念に拾うと、だいたいの場所が特定できてしまうこと。
(特徴のある行事と日時がまったくフェイク無しだったりする)
が、問題を大きくしている気がする。

とか考えてたら、電話がかかってきたYO。

「ねえ、こういう時ってどう言えばいいの?
どうやったら○○の写真外してくれるだろう。」


知らんがな。

「普通はこういう時どう言うもんなの?」

普通とか知らんがな。
っていうか、これはIT系とかの話じゃないがな。
そもそもうちの会社はITって言ってもインターネッツにはまるっきり関係なくてだな…、

「幼稚園同じだから、あんまり波風は立てたくないんだよねぇ。」

もっと知らんがな!!!!!(っつか人の話聞いてねぇな)


まぁ変態に発見されて何かあるというのは取り越し苦労である可能性が大きいけれども、
絶対に可能性は無い、100%ありえないとは言い切れないわけで、
でもブログに写真を載せるのは良い事だと思っている人に「写真載せるのやめてくれ」と言うのは、波風立つ可能性が高いわけで、
そこは自分で天秤にかけて、自分で選べ。

そう伝えました。
っつか、そうとしか言いようがないじゃんね。

「わかった」とは言っていましたが、果たしてどうするのか、そこはもう関知しないし、したくない。


それにしても、最近減ったとはいえ、まだまだいるのねぇ。
ネットがそれだけ身近な存在になったってことだろうけど。
仲間うちだけでやってるつもりでも、ネットっていうのは全世界からアクセス可能な場所だということがすっぽ抜けてるんだろうなぁ。
この全世界というのは、文字通り地球上・世界中という意味でもあり、
「自分たちが住んでいる、自分たちと同じ常識を持っている人たち“以外”の人たちが属している場所」という意味での全世界からも、
繋がることができるのにね。

先日のmixiで、被害者を中傷して問題になった、立命館の学生とかも、
会員制とはいえ、その公開している場所はその辺の路上と変わらん、公の、誰でも見られる場所である、
という意識がすっぽりと欠落していたんだろうねぇ。
教室の延長線上くらいのアタマしか無かったんだろうね。


そして、かのブログ、
カウンタを回すために、いろいろな場所にタグを投げていて、
先日暑かった日のブログには、顔出しで、水遊びをしている子どもの写真が載ってて、
新しい水着も自慢らしく、
「子供、水遊び、水着、ビキニ」
イヤイヤイヤイヤ、そのキーワードでタグ登録はねぇよ。
それはさすがに止めた方が良いと思うんだけど…。


なんちゅーか、わたくしも改めていろいろと気をつけようと思います。
posted by 千之 at 12:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

泣いてるオッサンとお料理教室のお話

今朝、電車に乗っていたら、目の前に立ってた40がらみのおっちゃんが涙目でした。

ちょっと鼻すすっちゃったりなんかしちゃったりして。

朝っぱらからなんだべ?


とか思っていたら、

かすかにおっちゃんのあいぽっどから音漏れ。


♪…… … …black or white♪」


マイケルかよ。

もう1週間たつのに、よっぽど好きだったんだねぇ…。


なにも、朝、電車の中で泣かんでも。


まぁそれだけ好きだったんでしょうが。

ものすごーーくものすごーーくものすごーーく好きだったんでしょうが。

泣いちゃうなら、人前では聞かなきゃいいのにぬー。




そして、わたくしが、
ものすごーーくものすごーーくものすごーーく好きなレストランのシェフが、
とある料理教室の講師に招かれてて、
でもそのレベルについて行く自信がなくって、
ちょうど開催日が祝日だから、
我が家のどん兵衛しか作らない腐りかけの料理人を潜り込ませようとしたら、
拒否されました。

チッ、ツカエネー。

「絶対に女性ばっかしだよ。行ってくればいいじゃん。」

ええええ、だって人見知りする子だしぃ〜(鼻ほじ)。
っつか、女性ばっかでいいじゃん。
ハーレムじゃん。

「あからさまにプロ向けの内容じゃないもん。」

あんたプロっつったって、半分腐ってんじゃん。
珍しく鍋持ってる!!!と思ったら、サッポロ一番だったじゃん。

「自分で行け。」

ちぃっっっ。


お料理教室のメニューをもっかい見てみた。

トンナートってナニ?

茹で豚のトンナート??

ってことは豚ナート??←こんなオヤジギャグ言ってる時点で足手まとい確定


ちなみにぐぐる様に聞いてみたら、トンナートってツナマヨのソースっぽいよ。

だったらそう書けや(#゜Д゜)。

とか思ってないよほんとだよ(棒読み)。

茹で豚にツナマヨ。
うまそうじゃん。
タグ:日記
posted by 千之 at 14:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

おっかねぇ…

おっがながっだよ、ママン。

某日午後5時前、某駅の改札にて。
40歳台と思われる数人の女性グループが、
米つきバッタでご挨拶合戦を繰り広げておった。

中の一人だけが電車に乗るらしく、
「それでは〜」
なんて言ってた横をわたくしが通り過ぎたわけだが。

改札に向かうらしきおばちゃんが、
「このあと六本木に行かなきゃいけないの、○里奈に行くもんで。」
「じゃあ、私はこの辺で。六本木の瀬○奈に行かなきゃいけないから。」

と2回も瀬里○って言ってた。

2回言っちゃう時点で、おばちゃん自慢なんだなと。
しかも馴れてねぇなと。

そんなことを考えながら改札を抜け、
階段に向かおうとしたら、
「誰もこの後なんて聞いて無いのにねぇ(笑)。」
「よほどご自慢なんでしょう、セリナが(プゲラ)。」
「学校の時から仰ってましたもんねぇ(嘲笑)。」

という声が!!!

ええ、もちろん米つきバッタグループの残りの方々ですよ。

さっきまであんなに朗らかにご挨拶しあってたのに・・・。
ナニその態度の豹変っぷり((((;゜Д゜)))。

イヤ、たしかに瀬里奈連呼て(笑)!!!とはわたくしも思いましたが。

あら皮とかなら連呼しても許してもらえるのかな。

それにしても、「学校の時から」ってことは、何かのスクールの仲間とかなんだろうか?
みんな敬語っぽかったけど。

あまりの変わり身の早さに、おっかなくって鼻汁出るかと思った。
タグ:日記
posted by 千之 at 14:35| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。