2009年11月30日

抵抗勢力、あなどれぢ

車の中でヒマだから、備蓄して、出産の際に食おうと思っていた
カロリー高い系の食い物(バナナだのカロリーメイト)を食べようと思いました。

ちゆき「カロリーメイトは?」
料理人「あ、トランク積んじゃった・・・。」

本気でコイツ使えねぇと思いました。
ちなみに、アテクシの携帯もトランクに積んでくれてた。
はむてるの時間つぶし用おもちゃもな。

タクシーではむてるがおとなしくしててくれて、本当に助かったよ。


渋滞にはまり、深夜なら20分かからずに到着するところを1時間かけてようやく到着。

助産師さんたちは今か今かと待ち構えていてくれたらしい。
何度もアテクシの携帯を鳴らしてくれたらしい。
が、携帯は料理人がアホなため、トランクにinで全く気付かず。

到着するやいなや、ソッコーで両脇を固められて、分娩や診察を行う部屋に連行されるアテクシ。

そしたら実習で来ている看護学校なのかな?の生徒さんがまだ残っていて、
「あらこんにちは。またお会いしましたねぇ。」
なんて挨拶こいたら、あきれられた。

だって、実習生の子可愛かったんだもん。
系統で言うと、蒼井優って感じでさ。

はむてるの時はゴージャス系別嬪さん。
今回は癒し系別嬪さん。

アテクシ、立ち会う人の別嬪率高いかも、ウヒョヒョヒョ。

そんでもって本番。

結滞がひどかったので、出産中の胎児の心音をモニターし続けたいので、水中は諦めろと言われる。

ええええ、楽しみだったのにぃぃぃ。

ま、しゃーないやな。
優先順位の圧倒的第一位は子の命ですけー。

そんなわけで、初の陸上分娩と相成りました。

そして料理人は、はむてるのときに引き続き、またおにぎりを買いにパシらされることが決定。
プラス、はむてるがいると、わたくしが陣痛に集中できなさそうだと判断され、
御大「ついでに30分くらいその辺フラフラしてきて。始まるってなったら携帯で呼ぶから、すぐ帰ってこられる場所でね。」
と申し渡され、11月の午後7時という寒空の下、
外に放り出される二人。

わたくしは出産がんばる。

といっても、内診してもらったらすでに子宮口8センチダターヨ。

普通は6センチから8センチに開くまでが一番辛いらしい。
そこで数時間かかるもんらしい。

相変わらず進みが速いこって。

そして飯食って風呂入ったって言ったら、またあきれられた。
飯はまだしも、風呂入るなら電話しろと。
だって前駆だと信じて疑ってなかったんですもの。
どうやらそれで一気に進んだらしいのね。

結局その後20分もたたずに呼び戻されたはむてる&料理人。
料理人「おにぎり、売り切れてました・・・。」
と手に持っていたのはサンドイッチ。

そんなもっさもっさのもん食えるかあぁぁぁぁあああ。

助産師さんが急遽塩むすびを作ってくれました。

痛いんだけど、ご飯ちゃんと食べてたんだけど、
また食うのですかそうですかorz。

しかしこの時、はむてるが大活躍したのです。

料理人が「はい、食べな。」って差し出しても、平気でシカトできるし「いらねぇ。」とかいえるけど、
はむてるが心配そうな顔で「おかしゃん、ハイ。」って口元に差し出したら、
そりゃ食うしか無いっしょ(笑)。

食ったよ。
ああ食ったさ。

たぶん普通のコンビニおにぎり2個分以上食ったよ。
おかげさまでかなり踏ん張れました。

でも「ぐああああ」ってうめくわたくしに、
はむてる「ちょwww、ぐあああってなにー?!」←本当にwwwって感じだった

そしておにぎりを差し出した後、自分の指についたご飯粒を嬉しそうに食って助産師さんに笑われておりました。

・・・はむてる、オマエちょっと空気読め。



時間にして、助産院に到着してから40分ほどたった頃でしょうか。
破水しました。

あれってすごいのね。
前回は水の中だったので
「破水しました〜」
言われても、
「へえ。」
みたいな。
しました言われても、水に中に水が出てきてもわかんねぇッスみたいな。

今回初めていわゆる「破水」を実感したんだけど、バッシャー出てくんのね。
小さめのバケツのぬるま湯をざっぱーとぶちまけたくらいの勢いだったよ。

すげぇなぁとか冷静に思ったら!!!!!!!!!!!
陣痛ひかなくなっちゃった。

普通出産時の陣痛というのは、ピークでも1分間隔とかで、
インターバルがあるのが普通です。

1分弱の子宮の収縮がおこって痛みが増し、この時間帯にいきんだりするのね。
そしてその後1分間インターバルがあって、この間は休憩。
また子宮収縮がおこってそれにあわせていきんで―を繰り返して、胎児はゆっくり産道を通り生まれてくるわけです。

このインターバルが無くなっちゃったの。
子宮収縮しっぱなし。
すんげぇ痛かった。
だって休み無しなんだもん。

しかも、後から聞いたのだが、子宮収縮しっぱなしになると同時に、
胎児の心拍がガクンと下がってしまったらしい。

珍しく御大が慌ててるなぁとか思ったんですが、そりゃ心拍が通常の半分に減ったら慌てるわな。

わたくしは腹をぎゅーぎゅー押され、思いっきりいきめ、いきみ続けろと言われ、
ち「い、痛くていぎめな・・・。」
助「子供が苦しいのよ!思いっきりいきんで!!椅子に座れる?!!座ったほうがいいんだけど!」
ち「む、むり、おきんのむり。」
助「じゃあ、いきんで!!!」

結果。
そこから8分で出てきました。

無事、裂けもせず、切りもせず。

これも後から聞いた話だが、破水の際に胎胞が破けた際に、子宮の出口がぱいんとゴムのように子供の首の位置で締まってしまったらしい。
そりゃ苦しいだろうさ。

助産師さん曰く、
「(提携している長橋産婦人科の)加藤先生に電話して、会陰切開の許可を得て切ってもおかしくない状態。というか、その時間すら勿体無かったのが事実。」
「インターバル無くて苦しかったかもしれないけど、インターバルあったら私たちは確実に出産用の椅子に座らせたと思う。その方がおなかを抱えるように伏せる感じにできて、出てくるのが早いから。でもそうしてたら裂けてたかも。」
「もし初産だったら、どうにかして子宮内に押し戻して、母子共に緊急搬送だった。」
「一昨日の結滞の時点で病院に送ろうかとも思った。でも今日の加藤先生のところのNSTでは結滞が出てはいるけど、たまにあるって程度の範囲内だったから、二人目だし、一人目うちで産んでて裂けても切ってもいないし、ちゃんと身体ができてるのは知ってるから、うちでの分娩にしたの。」

・・・、なんか時間は短くて、本気で陣痛の痛みが痛かったのなんて正味2時間ちょいで、
うっかりすると「今回の出産って結構楽ちんぷー」とか思っていたのだが、
実態は結構な難産の部類だったらしい。
すべてが結果オーライな方向に向かってくれて、結果わたくしは楽ですんだというだけで。



そして、まだ続く。

つくづく、短く読みやすくまとめるという才能が欠落しているアテクシ。







っつーか、はむてるの抵抗勢力が、かなり強いんですけど。
いわゆる赤ちゃんがえりってヤツですな。
自分のケアは、常に母を指名。
靴下すら自分で履かん。
どんだけ料理人が頑張っても
「いやああああああああああああああ」
とガン拒否。ひでえ。

おかげで結構グロッキーなアテクシ。

やっぱりみんなそうらしいけどな。
ここまでとは正直思っておらんかったけどな。




p.s.かりんとうは、食えなかった(涙)。
食後のおやつのつもりだったんだもの(号泣)。
ラベル:出産 日記 結滞
posted by 千之 at 01:45| Comment(8) | TrackBack(0) | 子ばなし 12/27up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

久しぶり

久しぶりにブログを書いてみる。

ということで、次男、産んできました。

プラ刺しも食いました。


予定日より3日遅れでした。
はむてるが予定日より3日早く、
「1人目が早かった人は2人目も早い」
「1人目の1.5〜2倍早い」
と言われ、
「ハロウィンの日じゃね??pgr」
とか笑われ、
頼むからこれ以上のお祭り親子にはなりたくないと、
心のソコから願っていたら、
11月に入ってからでホッと一安心。

しかし前回と違って、今回はものすごーーーく前駆陣痛がひどかったッス。
まるで「今産む詐欺」状態。

今?
いや、違う。
を何度か繰り返し、
その上一度は「今からだ!!!」って助産院までタクシーで行ったのに、
違ったというなんともはた迷惑なフライングまでやらかしました。

反省はしていない(きつぱり)。

だって定期的な4分間隔までちゃんとなったんだもん。
おしるしだってあったんだもん。
しかも結構な出血だったんだもん。

助産師さんだって
ちゆき「これは前駆じゃないですよねぇ?」
助産師C「うん、ここから治まるのはなかなか無いと思うよ(笑)。」
って言ったんだもん。

まぁ、治まっちゃったわけだが。


でもその今産む詐欺の時に、腹に胎児の心拍を計測する装置をつけていたところ、かなりの結滞が出てしまった模様。
胎児不整脈というらしい。

営業日の都合上、翌々日に提携の産婦人科である長橋産婦人科へ行けと言われ、
翌々日すごすごと加藤先生の元へ。

またNSTと呼ばれる装置を腹にくくりつけられ、
まな板の上の鯉状態。

でもその日は、結滞が出るには出るが、
「うん、たまにあるよね。」
くらいの不整脈ですんだらしい。

内診をしてもらって、
加藤先生「刺激しちゃっていい?」
といわれ、
ち「お願いシマス」
と言ったところ、ぐりっと腹子を動かされた。
どうやってんだかわかんないけど。

そしたらさらに腹の張りが頻繁になり、
その後助産院で診察。
てんこ盛りでお灸をすえられる。
比喩ではなく、マジで。

腹の張りは頻繁になるが、助産師Aさんからは
「うん、張るよね〜。」
とはるな愛ばりに返され、そんなもんかと帰宅。

帰り道、かりんとうが食いたくなり、
新橋にて途中下車。
「たちばな」にて自宅用かりんとうを買って帰る。

自宅に戻っても腹が張って痛い。

でも「張るよね〜」ということなので、前駆だろうと思って、
とりあえず昼寝。

「でも、結構規則的じゃね?」
と思い、目の前に時計を置いて間隔を測るが、
寝て前回の時刻を忘れて規則的だか何だか全然わからん。

とりあえず寝られるってことは本物じゃねぇだろと思って、
夕飯だと起こされたので、飯を食う。

が、かなり痛い。

ご飯の途中だったが、痛みを緩和しようと思い
ち「ちょっと風呂浸かってくるわ。」
料理人「あいよー。」
ということで、風呂に浸かったら!!!!

すんげぇ痛みが増した。

ちょ、コレは本番wwwww

とか草はやしてる場合じゃない。
マジで痛い。
すでに5分間隔切ってる。

大慌てで飯を食い←本当に食った。だってしゃぶしゃぶだったから。
助産院に電話。

当然すぐ来いと言われ、
荷物を持ち、
料理人が捕まえてきたタクシーにはむてると三人で乗り込む。

が、折悪しく時刻は夕方。
ガッツリ帰宅ラッシュに捕まり、タクシー動かず。

なんとか途中で破水も生まれもせずに無事到着。
結局助産院まで1時間近くかかりました。

そこからは結構早かった。

んだけど、長くなるのでまた次回に続く。
と思う。
たぶん。


あ、胎盤はまた食べたよ。
うん、醤油つけてね。
やっぱり美味かったよ。

初めての産後びっちり母子同室で、かなり疲れたけど、
それでも肌の調子は絶好調だったから、
人プラセンタはすげぇなとしみじみ。

でもはむてるのが美味かった気がする。
今回のは歯ごたえが柔らかかったんだよね。
ただの馬刺しだった。
はむてるのは、もっとこう噛み応えがあった気がするんですけど。



っつーか「This is it」!!!!!!!!
公開延長って、あんな超臨月で見に行ったアテクシの立場は!!!

ちくしょー。
ラベル:出産 日記
posted by 千之 at 16:07| Comment(15) | TrackBack(0) | 腹子ばなし 10/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。