2009年12月28日

命名、失敗したかも・・・

入院中はつつがなくのんべんだらりと過ごしました。

初日はガッツリ寝ていたうるしはらも、
翌日からはちゃんと2〜3時間おきに授乳で結構へろへろになったのですが、
産後びっちり母子同室はきつかったのですが、
プラセンタのおかげで肌だけイキイキという…。

プリプリ肌で疲れ切ってるおばさんというのも、
なんか変な人だよね(笑)。


そして変わったことといえば、うるの体重。

先日の日記でも書きましたが、赤ちゃんは普通体重が減って退院するもんだそうです。

うるしはらの体重推移。

初日、3,098gにて誕生。
二日目、-30g。
三日目、-30g。
四日目、+100g。
って増えてるがね!!
もうすでに出生体重を越えて増え始めてるがね。


そして退院当日。

体重測定の前にぶりぶりうんこを垂れるうる。

おむつを替えて体重測定したら、
+50g。

「これあのウンチの前だったら、確実にまた+100gだったね〜。」
と笑われる。


結局出生体重よりも100g以上増えての退院となりました。


なんつーか、うるしはらは本当によく飲む。

はむてるも飲む方だったけど。
母乳だけなので、何cc飲んだとかわからないけれども、
かなり出が良いわたくしの乳で、かなり張った状態が一気に萎む程にうるは飲む。

新生児のくせに。


しかも新生児のくせに昼夜の違いがある。

普通この時期の赤さんは、夜も昼も関係なく2〜3時間おきに授乳。

ところがどっこいうるの場合。

夜、9時にはむてるとともに就寝。
次回乳よこせと騒ぐのは、1時過ぎとかうっかりすると2時。
つまり4〜5時間まとめて寝るのである。

しかも片方飲んでる途中でまた寝る。

そして次の乳よこせは、だいたい4時か5時。
また片方飲んでる途中で撃沈する。

その後7時のはむてる目覚ましとともに起きて、また飲む。
今度は両方。

しかし、7時以降は1時間もあかずに、
「飲むぜ飲むぜ、おれは飲むぜ!!!」
と言わんばかりに騒ぐ。
当然片方だけでは足りずに、毎回両方ガッツリ飲む。

おかげでアテクシは出しっぱなし状態。


そんな時間を3、4時間過ごした後、また3時間ほど寝るのを2回。

午後4時、はむてるを保育園に迎えに行き、帰ってきて1パイ。
その後また迷惑なことに1時間ごとに
「飲むぜ飲むぜ、俺は飲むぜ!!!」
状態に突入。

しかも、飲んでも寝ない。
あたかも
「飲んだぜ飲んだぜ、俺は飲んだぜ!!!」
とでも言っているかのように騒ぎ続け、まったく寝ない。

正直、この時間帯は寝ていてほしいのだがおかまいなし。


そしてはむてる就寝の9時、一緒に寝て―――。

そんなことの繰り返しです。


そんなんだから、当然のようにうるはでかいんだよね。


1か月健診で御大助産院に行った際、
助産師さんに、
助「ひゃああ、おっきーーー!!!」
と笑われました。

身体測定も行ったのですが、

出生時―身長50cm、体重3098g

1ヶ月検診時―身長56cm、体重5138g


つまりは、体重純増2kg以上。

ええええええええええええええええ。

身長はね、床に置いた赤子に沿ってメジャーで測るというものなので、数センチの誤差はあるだろうから、6cm伸びてるって言っても、純粋に6cm伸びたかどうかは怪しいものなのだが、
体重は、きっちり体重計で測ってるからね…。

ええ、間違いなく純増2kg。

ちなみに、赤さんというものは、3kgくらいで生まれ、3か月で倍増するものなんです。
つまり3か月で3kg。
1か月は1kg。
1日平均20〜30g増。

うるしはら、1日平均72gも増えてやがった orz。

そりゃあんだけ飲むぜ飲むぜって騒いでりゃねぇ…。

助産師さん「72gって、新記録かも。」

…怖かったので何の新記録かは、あえて聞きませんでした。




名前、「うるしはら」じゃなくて、「しーざー」にすれば良かったかもしんまい。

どっちにせよはむてるは振り回されるわけだし。








次回は退院後の生活のお話の予定だが、いつまでこの話題引っ張るんだろう…。←答え:わたくしが飽きるまで
タグ:日記 出産 命名
posted by 千之 at 12:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 子ばなし 12/27up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

うでいたい

次男を産んだ後、4泊5日の天国入院コースでした。

いやー、飯美味かったね。
砂糖と油抜きであそこまで作れるって、
栄養士さんすごいなと。


話は戻って、料理人とはむてるが帰った後。
料理人から無事家に着いたよ連絡がありました。
はむてるは、帰りのタクシーで撃沈して、爆睡しているとのこと。

そして各方面への生まれました連絡終了とのこと。

そして義母レイコさんは、翌日我が家に来てくださるとのこと。(レイコさんに産後のお手伝いを頼んでいたのです)

そして、マキコ(わたくし実母)が翌日来ると言っていたとのこと。

え、なんで出産翌日にマキコ?

普通出産の見舞に翌日は避けるよな…。

まあ、マキコたちにも都合ってもんがあるんだろう。

マキコがはむてるにも会いたいと言っていたとのことで、
料理人は
「はむてるは5時過ぎくらいにうちの母(レイコさん)と見舞いに行く予定です。」
と伝えたとのこと。


とりあえず深く考えず寝た。

その日のウルは、そこそこがっつり寝てくれて、
翌朝当直の助産師さんも
「泣かなかったねぇ〜。」
と言っていたほどだった。
でも、こんなのはこの日だけだったがな。


翌日、わたくしは産後に赤さんと一緒にいるというのが初体験なので、
助産師さんに色々教えてもらっていた。

赤さんは体重が減って当然らしい。
1割くらいは減っちゃっても無問題らしい。

ウルは約3000gで生まれてきたので、
300gくらいまでなら許容範囲内なんだと。

この日の朝の測定では、ウルは−30gでした。


朝飯を食い、
寝て、
昼飯を食い、
寝て、
いたらマキコが来やがりました。

時刻、3時半。


ええええええええええええええ。
はむてる5時過ぎって伝わったんじゃないの??

しかもマキコ単品。
ねぇ、ヨシノブ(わたくし実父)は??


マキコ「お父さん?半年前から予約してる人間ドックの日だから今日は来られないのよ。」
ちゆき「じゃあ、別に今日じゃなくてもよくね?」
マ「だってお母さん早く見たかったんだもん。」

…都合じゃねぇのかよ。
自分の見たいって思いで翌日突撃かよ…。

うん、マキコはそういう子だよね。

っていうか、なんで3時半??
はむは5時過ぎって伝わってるよね?

マ「うん、でもなんか遅いのもアレかなって。」

アレって何よ。
何がアレなのよ。
ここから5時過ぎまで1時間半以上どうするのよ。


マ「あ、コレ。お見舞いのメロン。あとこっちはむちゃんにと思っていちご!!!」

めろん!!!!!!!!!!

すんげぇ高そう。
万券ふっとびそうな桐の箱入り。

でもさぁ、

ちゆき「わたし、めろん、無理なんだけど…。」
マ「アッーーーーーーーー!!!!!!そうだね、そういえばメロン嫌いよね。」

知ってんじゃん。


ち「それもあるし、母乳の場合は果物NGってはむてるの時も言ってたじゃん?」
マ「やっぱりお見舞いはメロンかな〜って。」


…イヤガラセですか?


一通りウルをいじるマキコ。
ものの見事に15分でもうやることがなくなる。

はむてるが来るまで残り1時間以上。


あからさまに横になって疲れてるんですけどをアピールするアテクシ。


マ「でもさ、ちゆきはやっぱり普通の病院じゃないからかしら?アオイ(わたくし妹)はもっとゲッソリっていうかゲンナリしてたけど、元気よねぇ。」
ち「…そう??」
マ「あ、でもそっか、アオイは夜中から明け方に産んでたから、その睡眠不足もあったのかしら?」
ち「ちょ、あんたあちゃきちにも翌日突撃してたんかい!!!」
マ「そうよ?」
ち「あちゃの指定じゃ…ないよね。」
マ「だって早く見たかったんだもん。」
ち「あのね、普通翌日いかないから。」
マ「だって、早く見たいじゃない。」
ち「普通に考えなよ。夜中から明け方にかけてずっとがんばって疲労困憊してるところに来られて、うれしいと思う?」
マ「……アオイが口説いてた??」
ち「………ぼやいてた?」
マ「ああ、そう、ソレソレ。」
ち「いや、今知ったもん。翌日突撃したって。」
マ「迷惑よね。ちゆきもそうよね。」
ち「まあ、わたくしは昨日の夜がっつり寝てるからまだいいけど。」
マ「なんか、役に立たない母親でごめんね。」

うわぁぁぁ、始まったよ。
めんどくさいんだよ、この人。

わたくしも妹も出産の際に母の手を一切借りておらず、
借りるそぶりすら見せておらず、
里帰りの「さ」の字も二人ともビタイチ頭になく、
そんなことが、彼女のコンプレックスになっているらしい。
そこを刺激してしまったらしい。

心底面倒だったので、ぼーっと横になってシカトしてみた。
出産後24時間も経ってないので、気遣いとかしてやる余裕はナッスィング。

そしたらマキコが自らはむてるが来るであろう5時までその辺お散歩して買い物でもしてくると言い出した。
これ幸いと
「はむてる来たら携帯に電話するね」
と言って送り出すわたくし。



その時点で3時50分。



そして30分後。


マ「外寒かった〜♪」



早っっっ!!!!

っつか、電話してないし!!
はむてるもまだだし!!!

マ「あ、これ。メロン食べられないっていうから、ぶどう買ってきた!!!」


……再度イヤガラセですか?



ち「………………………………
  だから、母乳出すのに果物NG。」
マ「アッッッーーーーー。」


人の話を聞いてください。


マ「はむちゃんは、…まだよね。」
ち「…………………………………………
  だから来たら携帯鳴らすってゆった。」
マ「…………おかーさん、何も聞いてないよね。」
ち「うん、ほんと人の話聞いてないよね。(即答)」



この時点で4時20分。


ぐだぐだと5時まで居座るも、はむてる来ず。


5時20分。

マ「はむちゃん、来ないね。」
ち「じゃあ、レイコさんの携帯鳴らしてみるよ。いつぐらいに到着しますか?って」
マ「そうね。あんまり時間かかるようなら帰った方がいいだろうしねぇ。」
ち「じゃあちょっと待って。(ごそごそと携帯操作中)」
マ「でも、レイコさんにもお会いしてお礼を言いたいのよね。
  よろしくお願いしますって。ホラたいていこういう場合は女の方の親が動くのをお願いしちゃってるわけじゃない??」
ち「それは、呼び出さない方がいいんじゃ…。」
マ「うん。」

なんだよソレ。
いつもこうだよ、この人。


結局はむてるが来たのは6時前でした。

レイコさん「あら、ごめんなさいね。ちょっと遊んでて〜♪」

いや、はむてるの食事の時間とか、考えてませんね?レイコさん…。

6時っていつもならすでにご飯食べ始めてる時間ですよ。
その話は料理人からされてますよね??


面倒見てもらう立場なので、そんなことは言わないけど。


レイコさんとマキコがお互いに米つきバッタでご挨拶。
はむてるはわたくしに抱っこされ中。

そこへ御大が突入してくる。


御大「どう?調子は。赤ちゃんは?」
ちゆき「よくわかりませんが、こんなもんかなと。」
御「あなたはどう?今は調子が良くても、骨盤のためにも横になってて。とりあえず寝てて!!!ハイ、横になって寝る!」
ち「はーい。」
御「じゃあ、またあとで様子見に来るけど、横になってるのよ。
  失礼とかそんなの無いんだからね。寝ててよね。」


マキコには、強烈に厭味だな(笑)。

はむてる到着後5分ほどで、マキコやっと帰る。

その5分後。

レイコさん「さ、長居してもあれし、遅くなっちゃうから、はむちゃん帰りますよ。」

……、だったら遊んでないで連れてきてくれても良くね?

やっぱりお母さんと居るとだだこねはじめるはむてる。

今度はバナナを握らせる。

はむ「じゃあね、おかーさんばいばいっ!!!」

バナナに負けた…。


母<<<<<<バナナ


ちなみに、このあとの入院期間中、レイコさんが来ることはありませんでした。
=はむてるも来ず。


オマエラ 考え方の中身 換してくれ(マキコ&レイコさん)





最近になってやっとはむてるが赤ちゃんがえりの山場を越えた模様。

そしたらウルが寝なくなったorz。

普通この時期の赤子は夜も昼もない。

ないはずなのに、しっかり朝7時に起きて、夜9時すぎないと寝ない orz。

いや、日中も寝るよ?


抱っこしてればな。←腕痛すぎ
posted by 千之 at 11:32| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

プラ刺しと名前

出てきた次男は、生まれたてのはむてるがまた出てきたのかと思いました。

我が家の男どもに共通する「頭デカ」「もはっと眉」「デブ」の三条件を見事に満たした、
ぶっさいくな男子です。

誰に似てるかといわれると、バカボンのパパ。

ぶさいくだけど、とりあえず無事に生まれてよかった〜。
とか思っていたら!!!

御大「んじゃ、とりあえずバナナでも食べておいて。」

産後の回復が食っておくと早いと。
なるほどね〜♪

って食いたくねぇよ。
そんなもちゃもちゃしたの食いたくねぇよ。

それに基本的にバナナってあんまり好きじゃないし。
(甘いだけの果物は苦手。代表例:メロン)

御大「え、食べられない?じゃあお兄ちゃん、お母さんにバナナ食べさせてあげて。」

卑怯だ・・・。

はむてるを使うのは卑怯だ・・・。


はむ「おかしゃん、はむちゃんむいてあげるね。はい、アーーン。」
ち「・・・・・・。」


食いましたよ。
だって食うしかないじゃん??

2歳児が、自分が食べたいの我慢して「はい、アーン」って食うしかないじゃん??

でもあきらかにあからさまに自分も食べたそうなはむてる。
ちぎったバナナをにぎにぎして、母に差し出すのも惜しい様子(笑)。

ち「はむも食べていいよ。」
って言ったら、その「いいよ」の「よ」に被せる勢いでバナナを自分の口へ運ぶはむてる。

相当食べたかったらしい。

そんなこんなで、はむてると2人で2本のバナナを食い、写真を撮ったりムービー撮ったりして1時間ほど経過。
料理人とはむてるは翌日は仕事&保育園なので、もう午後9時だし帰宅することに。

が、やはりそこはお約束。
はむ「おかーさんと一緒に帰る!一緒に帰るんだよね?!ね?」

無理やがな。
まだ、血ぃだばだば出てるがな。

言葉での説得は無理なようなので、
物での説得に切り返る。

時間つぶし用に用意しておいたNHK教育系番組の雑誌を差し出し、
ち「はむー、この本お家に帰って見たら?」
ついでに、カロリー高い物として用意されていたバームクーヘンも与え、
ち「本見ながら食べたら?」

はむてる「うーれしーーぃ。お母さんありがとう!!!! じゃあね、ばいばい!!」

振り向きもせずに出て行きました。

・・・あっけねぇな。


そして念願でお約束のプラ刺しタイム♪

御大「胎盤大きいように見えて、意外に小さいわねぇ。」
助産師B「そうなんですよ、ぱっと見大きいなとか思ったんですけど。
  (胎盤をぐいっと広げたりへその緒を持ったりしながら)
  ほら、こことかへその緒かなりねじれてますから、これで結滞になったんじゃないですかね?」
御大「そうねぇ、ああ、この血管かなり細くなっちゃってるわ。わかる?」
ち「・・・わかるんだかわかんないんだか。」
御大「細いのよ。」
ち「でも1人目の3,224gより大きくなるかと思ったんですけど3,098gでしたねぇ。」
御大「この胎盤でここまで大きくしたなら上等なもんよ。」
ち「そうなんですか?」
御大「だって、こことか触ってごらん。硬くなっちゃってるでしょ?」
ち「あ、ホントだ。これが石灰化してる状態って言うんですか?」
御大「うううん、それを通り越してるの。この辺の白いとこが石灰化って言われる状態。」
ち「はー、なるほどー。」
助産師B「あ、胎盤食べるんだっけ?この辺ならいけるかな?これくらい?」←ハサミでじょきじょき切ってる。

まだ取り分けてなかったのかよ!!

そして今ここで切り取るのかよ!!!


目の前にどでーーんと広げられている結構グロイ物体。

そこから直接ジョキジョキ切られた赤い刺身状の肉。


水洗いされ、
ガーゼでぽんぽんと水気を抜き、
皿に載せて、
しょうゆをかけて、

助「はい、ドウゾ。」


今かよ!!!

しかも今かよ!!!←大事なことなので2回言った


目の前には切り出した残りの胎盤がどどーーんとね、あるわけだよね、うん。

行っておくけど、画像検索したググるさん貼っておくけど、
本当に結構グロイのよ?気をつけてね?
http://images.google.co.jp/images?sourceid=navclient&hl=ja&rlz=1T4GGLG_jaJP310JP310&q=%E8%83%8E%E7%9B%A4&um=1&ie=UTF-8&ei=8IIUS-CJDoHY7AOfqvy2BA&sa=X&oi=image_result_group&ct=title&resnum=1&ved=0CBgQsAQwAA

まあ、食ったけどね。
うん、タダの馬刺しだった。

はむてるの時は、はむの緊急搬送だのがあってどたばたしてたから、
切り出しから食べるまでが4時間ほど経過してて、
その間冷蔵庫で保存されていたらしく、
さらにはむてるは39週で出産だったのでその分胎盤もフレッシュで、
今回は40週を超過している上に、冷蔵庫保管無しで冷やされて身がしまることも無く・・・。
その違いなのかもしれない。

あれなら、馬刺し食っても一緒だわ。

でも効果は違うけどね。

産後びっちり母子同室で、結構厳しかったのに、
産後2週間以上本当に肌がぴっちぴちのぷりっぷりだったよ。
34歳だけど。

ぴちぴちのぷりぷりな34歳。
テラ キモス。


そして、次男、うるせー。
はむてるのおかげで、わたくしは本当に楽をさせていただいていたのだなとしみじみ。

本当にうるさい。
一人で放置しておくと必ず泣くし、
あんまり寝ないし、
寝ててヒマだから抱っこしやがれ的な意味で泣くこともしょっちゅうだし。

乳の出が悪いと足を突っ張ってあばれ、
乳の出が良すぎて喉直撃くらうと、そ知らぬ顔して口を離して、
乳がびゅーびゅーと漏れまくって周囲をぬらし、
それで慌てている母親を見てニヤリとほくそえむ。
そんな男です。

はむてる、本当にありがとう。

そういう意味も込めて、
次男のNHは「ウルシハラ(通称:キョウジュorウル)」とさせていただきたいと思います。

今後は、ウルシハラも加わったちゆき家のどたばたをお送りすることになると思いますので、
どうぞご贔屓に。





さーて来週のちゆきさんは?

こんにちは、はむてるです。

こないだおかーさんが久しぶりに保育園にお迎えに来てくれました。

弟と一緒だったので、先生に、
「先生、弟、おかーさんのちんちんから出てきたの!」
と報告したら、おかあさんは
「ちょーーー!!!」
と叫び、先生は笑って崩れ落ちました。

大人って良くわかんないです。

来週は、
・マキコ襲撃してくる
・イヤガラセですか?
・だから人の話を聞けっつの
の3本です。

ではまた次回。

じゃーんけーん、ぷーーー!!!←といって田舎チョキ←今はむてるのブーム

タグ:日記 出産
posted by 千之 at 12:46| Comment(9) | TrackBack(0) | 子ばなし 12/27up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。