2010年02月26日

わたくしの死臭が漂ってまいりました

無事ウルのはむてる保育園への入園が内定しました。


えがつた。。


持ちあがりが無い分比較的入りやすいといわれる0歳児クラスでも、
この保育園は駅から近いので人気らしく、申し込み倍率は2倍。

つまりは希望者二人に一人は入れなかったようです。


うーん、やっぱり厳しいねぇ、待機児童問題。


でもウルは両親フルタイム共働きの満点+はむてるの兄弟加点+認可外加点でしたので、
いけるだろうとは思ってたけどね。


保育課で申し込みする時にも、
あえて第一希望しか書かずに申込書を持って行って、
「第一希望の園だけでよろしいですか?」
って聞かれた時に、
「違う園も書いた方が良いですかねぇ?」
って聞いたら、ざっくり申込書を見て、
「いや、双方フルタイムに兄弟と認可外加点で点数つみあがってるので(第一希望だけでも)大丈夫でしょう(笑)。」
って言われたしね。



というわけで、子連れ狼状態もあと1ヶ月です。

正直、重たかったし大変っちゃー大変だったけど、
はむてるの時と比べてどうしても泣きっぱなしにせざるを得ないことも多いウルなので、
1日2時間ずっと抱っこしてる時間は、それなりに幸せだったかも。

ま、ウルにとっては、電車移動なんていい迷惑以外の何物でもなかったでしょうが(笑)。


そしてこれに伴い、二人分の保育料もかなりお安くなりそう。

ぶっちゃけウルの無認可、高いんだよね。

港区なんだけどさ、ネイティブの先生による英会話の授業とかあるんだぜ!!!


……いらねぇ。

超いらねぇ。


そんなこんなで付加価値を付けてるんだろうけど、
保育料は、週に4日で月額9万弱でーーっす!!!




痛い。

痛いよ。

痛すぎるよママン (つД`)。

はむてるの保育料と合わせると、余裕のよっちゃんイカで10万円オーバー。

貧乏な我が家にとって、かなり痛い出費だったのです。


それが4月からは、はむてるが乳児から幼児になるのもあり、

第二子割引(半額以下にしてもらえる)もあり、

わたくしの産休ゆえの無収入時期もあり、

料理人でのめいっぱいの医療費諸々の控除もあり、

ウッカリすると二人合わせても5万円きってくれそう♪



この5万円以上の差額はでっかいッス。


でもその前に、ハードルがひとつ。。。

雲を突くようなハードルが・・・。


また刺繍 orz


はむてるの時には、何も知らずにきりんを選んで、えらい目にあった。

なんできりんは模様とかあんだよ チクショー!!

参考日記:「大いなる誤算」



なので、今回は、
「この中から選んでください(ハァト)」
って言われた時に、前回の轍を踏まえて選ぶことに。


そして、中にひときわ素晴らしくわたくしの目を引きつけて離さない物が。

それは、ズバリ

TA・MA・GO


たまごですよ、奥さん。


目と鼻と口が付いてるちゃー付いてるが、
後は外側を○にすればいいだけ。


ちょ、簡単じゃね?
これなら色々と楽ちんじゃね??




とも思ったんだけどね。


識別マークがたまごってどうよ?

なんか…、

やっぱ、ウルが不憫かなって。



ブタもあったんだよね。


一色だからいいかなとも思ったんだけど、

ウルコ・デラックスが識別ブタってどんだけ自虐ギャグなんだよと。

なに子供に体張って笑いを取りに行かせてんだよと。


ぐるぐると迷った挙句、


いるかちゃんにしました。

人気の動物だから、ワッペンとかいっぱいあるかなって。



でもシーツの刺繍(タテ15cmヨコ20cm)だけは手作業だけどな orz。


さーって、楽天楽天っと。←青い布用ペン買う気←また外側だけ刺繍して中は色塗ってごまかすつもり。←当然もちろん今仕事中
posted by 千之 at 15:04| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

そっと直された

「添い乳」という言葉をご存じでしょうか?

知ってる人は、たいてい育児経験者だとは思うのですが。


添い乳とは「そいちち」と読むらしく、

読んで字のごとく赤さんに添って乳を飲ませること。


具体的には、

1.赤さんを抱っこする
2.そのままゴロンと横になる
3.赤さんの口元に乳を差し出してみる
4.勝手に飲んでくれる

というなんとも楽でぐうたらな乳やり法なのでございます。


この授乳法のメリットは、かなりな高確率で赤さんがそのまま寝てくれること。

ゆえに寝かしつけなどにもよくとられる手法です。


わたくしの場合、
ウルコ・デラックスを毎回抱えてたら腱鞘炎になりそうで怖いので、
できるだけ楽をするべく腕を大切にするために、
よくこの授乳法をやります。


でもこの授乳法にもデメリットが。

それは、
「乳本体もかなりの高確率で寝てしまう」


ま、これはわたくしだけかもしれませんが。


だってさー、飲んでる間暇なんだもん。



そしてパジャマの前を開けっぱで寝こけ、よく風邪をひくアテクシ。

見事なほどの自業自得なわけですが。



一昨日の土曜日。


何も日差しをさえぎる物のない、
木造二階建ての南側の部屋で、

ポカポカと暖かく、

昼御飯を食べて腹はいっぱいで、

そんな中添い乳で授乳。


そら、寝るっしょ。

ええ、寝ました。

はむてるもいるので、最初から寝るつもりだったわけではないのですが、

でも寝た。


そんでもってしばらくしたら、なんだか胸元でゴソゴソする気配が。


え、なに??

と思って、パッと目を開けたら、


出しっぱの乳を、

はむてるがそっと服を直して、

しまってくれてました。




はむてる……。


なんか、ごめん。
posted by 千之 at 09:20| Comment(7) | TrackBack(0) | 子ばなし 12/27up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

紛れもない事実

言われました。


うん、そうだね…。

としか言えませんでした。



「あんたってさー、

 人を選ぶ髪型はできるけど、

 人を選ばない髪型はできないよね。」


……うん、そうだね。


サルショートとか、

赤頭のショートボブとか、

金髪ボーズとか、

まだやってないけどアフロ(notドリフ)とか、

そんなんはできるんだ。


うん、たしかに人を選ぶ髪型だよね。



でも茶髪とか、

巻髪クルクルとか、

そういうのはできないもんね。

似合わなくて(;´Д⊂)。



ネタになるからいいっちゃーいいんだけど、

えびちゃんみたいな髪型にもちょこっと憧れるわたくし。


絶対に無理なんですけどねー!!!←泣きながら
posted by 千之 at 10:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

見事なほどの三文安

11日から諸事情により、3泊4日でわたくし実家に帰省してまいりました。

わたくし&はむ&ウルの3人で。


いや、やっぱり4日間は長いわ。


もういっぱいいっぱいだわ。

やっぱり2泊3日が限界だとしみじみ実感。


しかも14日は不憫な日生まれはむてるのお誕生日。


今回の帰省はちょっと急に決まったことで、
それ前からケーキは自宅で食べるように注文してあるからって言ってるのに、
「買ってくるぞ」って言うのを「やめろ」って言ってるのに、
「買ってきたから」と本当に買ってくるヨシノブ。


はむてるは見たら食べたがるから、

もう今日の夕方食べることは決定してるから、

2回も食べさせたら食べさせすぎだから、

本気で
『やめてくれ』
って言っても、

自分でやりたいから、
自分がはむてるの「ケーキだぁぁぁああ!!!」の顔が見たいから、
はむてるの食生活なんでどうでもいいヨシノブ。

そして甘やかされ放題に甘やかされて見事な三文安になりはてたはむてるは、

昨日はギャン泣きしながら保育園に行った模様。


そりゃなー、子供大好き楽太郎(義弟)に全力で雪合戦してもらったり、

自分と同じくらいの雪だるま作ってもらったり、

1日1パックのイチゴを食べつくしたり、

みかんだバナナだ肉だ蟹だ海老だと好きな物オンパレードだったり、



そりゃ天国だわな。


しかもあんにゃろ、3歳児のくせにカラスミまでもしゃもしゃ食いよった。

だからあいつはデブなんだ(プソスカ)。




そして、ウルも抱き癖パワーアップ orz。


文字通り下にも置かれなかったので、
抱っこ星人ウルがさらに抱っこ大好きですよ。


アテクシの腕と腰、しねるかも…。


そして、どうやらウルシハラはうるさいと思っていたのはわたくしだけのようで…。

タイプにかいどう(はむ&ウルの従兄弟)だと思ったのに、
にかいどうのパワーはそんなもんじゃなかったです。


ウルシハラは、抱っこさえされてればご機嫌でじっとしてる。


にかいどうは抱っこされてようがされていまいが、
動き回ってたよ。

っつか、行きたいところがあるのに抱っこされてホールドされると大暴れだったよ。


我が妹ながら、あちゃ(にかいどうの母)は大変だなぁ。。。



父・楽太郎いわく、
「あいつの運動はどう見てもフィジカルトレーニング」
だそうで。

滞在中も暇があればずーーーっと1階から2階の階段を、ストイックに上り下りしてました。

10往復はかるいね。

1歳半だけど。

途中でつかまってリビングに戻されても、隙を見て脱走して、また階段昇降。

齢1歳半にしてフィジカルトレーニング…。

ちゆき「将来はやっぱりサッカー?」
楽太郎「いや、サッカーは金にならないから野球。」



親の「もし3億円当たったら…」的夢は果てしないッスね。


がんばれ、にかいどう。



そしてにかいどう的にはむてるは、
流れの中の飛び石にしか過ぎないようで…。


ソファに上がる時、
降りるとき、
逃げる時、
色々な時に足蹴にされ、
「にかいどうは蹴るから嫌いっっ!!!」
と泣いてました。


1歳半に泣かされる3歳。


情けない…。




そして今回仕事の都合で料理人はお留守番だったのだが、
まるっと
「登園自粛の時にわたくしより先にママンに電話しやがった。」
という件をみんなにバラしてみたら、
「僕はあんまり聞かない方が良い話題っぽいな〜。」
とコソコソとリビングを去る楽太郎。

「???」
と思ったら、
あちゃ「家族の単位がおにーちゃん(料理人のこと)も、自分の親+自分+嫁+子なんだよ。
 アイツもそう。
 っつか、アイツはもっとそう。
 だって自分が出張の時、かーちゃんに電話して報告してるんだもん。
 そうするとおかーさんは、料理作ってウチに来るの。
 一人でにかいどうの面倒見るのは大変だろうからって。
 今日だって車借りるのに、楽の親がうちまで届けるんだよ。
 で、親は電車で帰るの。
 返す時だって、親が取りに来る。
 にかいどう見たいからかな?って思って、前に一回楽とにかいどうで車返しに行かせたら、その車で送ってもらって帰ってきたもん。
 海外出張の時なんか、両親揃って成田まで送迎よ。」




……み、みみみ、みんな、大変なんだな…。

posted by 千之 at 15:30| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

またかよ!!!

また、髪切った。

つってもイメチェンできるような長さではないので、
まぁ普段通りというか、若干サルっぷりがあがるだけだが。

そしてまた何も言わないでじゃくじゃく切り始められたわけだが。

いいけどね、別に。
今回はこうしたい!!!とか無いし。

もう10年もお世話になってるから、
わたくしの髪質から好みから服から似合う物まで全部知った上で、
確実にイケてる方向に仕上げてくれるからね。

(……書いて思ったがイケてるって表現もどんなもんよ?)


そして息子はむてるのマイケルはまり話をして(笑)、

小坂氏(美容師・仮名)「もう本人が居ない今、今後はマイコーりょうを見せるしかないじゃん!!!」
ちゆき「マイコーりょう、ほとんどテレビで使ってもらえないじゃん!!!」

とひとくさり笑い、

今後は副業をやらなくなると思うので、
もうちょっと髪型をフリーダムに楽しめるという話をした。
(仕事を回していてくれた方が、いきなり会社辞めた。
 だからたぶんもう仕事来ない。
 万が一オファーが来てももうこの方がいないので、余裕でお断りできる。)


スーツ着ることもほぼ無くなるだろうしね。

そしたら、

小坂氏「赤ドレってどうよ?」

ナニソレ?

「赤いドレッド。かっこいいよ。この前やってる人がいてさ。やってたのが30代後半って感じの人でさ。いや、あれは良かったね。若い人じゃ出せないシブい感じが。」

……あはははは〜〜〜。

「もうさー、ここ数年コンサバブームじゃん?巻き巻きで茶色でみたいな。もうさ、そろそろ壊れる方向でいいと思うんだよね。みんなも世の中の流れもさ。ガッツリ短くいっちゃうとかさ、色をもっと楽しんじゃうとかさー。」

銀座の美容室なのに?

「そう(笑)、これ以上のコンサバも無いだろうって土地の美容室なのに(笑)。」

これ以上無いコンサバの王道の土地柄で、小坂さんが店長ってのがチャレンジングだよね。
っつか巻き巻きばっかで飽きたんスか?

「うん、ちょっと」





……危ない。

ほっといたら赤いドレッドにされそうだ・・・。



ちなみに、赤頭はやったことがある。

ただの赤じゃない。

桜木花道ばりの赤だ。

うん、ショートボブで。



またやられそう…。


いいんだけど、

わたくしはいいんだけど、


息子がいじめられるんじゃないかと(笑)。


まー、なんだかんだと話をした上で、
わたくしが
「アフロやってみたい」
という希望を出し、3年計画で目指すことにしました。

うん、今一番長くても5cm無いから、それくらいかかるのよね。

たぶんまた途中で一度ショートボブとかはさむと思うけど。

ま、気長に。

そして小坂さんの頭の中のわたくしにやらせるアフロのイメージは、
1995年のMTVアワード受賞時のマイケルの髪型らしい。



うん、わかるわ。


あれ、たぶんわたくしは似合っちゃうと思うわ。








って、またマイケルかよ!!!!!!!






ちなみにこれ。

posted by 千之 at 15:32| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

デラックス

ウルの体重測定してきた。

というか、された。

小児科で。


保育園で風邪菌もらったらしく、
ゲフゲフ+喉のゼイゼイがあったので、
全くのド平熱ながら念のために小児科へ。

ウル、生まれて初めての医者との遭遇。


結果、大したこと無かった。


でも咳は苦しそうだからって、一応薬処方された。

なので、体重測定。
(赤さんは月齢ではなく体重で薬の量が決まるから)


その日はいつもの若先生(といっても推定40前後)ではなく、
おじいちゃん先生が担当だった。

じーちゃん先生、母子手帳を見ながら、
「まだ予防接種受けてないの?早めに受けた方がいいよ。」


……ヨボウセッシュ?

三種混合とかBCG??

あれって3月超えてからって区から来た手紙には書いてあったんだけど。


「…3ヶ月超えてから受けるように書いてあったのでまだなんですが…。」

「えっ?!!!!」

あわてて誕生日欄を確認したっぽい。

アンタ見てなかったのね〜。


「…3ヶ月、にも、なって、ないんだ。」

なんで区切って言う??


じーちゃん先生、成長曲線グラフまで取り出しちゃったよ。

そんでウルとウルの体重書かれた紙と成長曲線を何度も何度も繰り返して見てた。


信じらんねってか??



ちなみに体重は、

デケデケデケデケデケデケデケ、デン!!!!!
(ドラムロールを口ずさんでから)

7920gでしたーーー!!!!



やったよ、やったよママン。

8kgは超えてなかったよ。


かろうじてな orz。




月齢でいうと5か月半ばのサイズらしいよ〜。


ウルコ・デラックス。

めでたく本日で生後3ヶ月となりました。
posted by 千之 at 13:46| Comment(8) | TrackBack(0) | 子ばなし 12/27up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

調子に乗らないようにしようと思う

今朝、自宅の最寄り駅で、
エレベーターの開くのボタンを押して待っていてくれた女性に
「ありがとうございます。」
と言ったら、
「毎朝大変ですよね〜。赤ちゃん連れで。」
と話しかけられた。


ええ、わたくし、今、ウル連れで通勤してるんです。


自宅近所の保育園に空きが無くてさ〜。

今流行りの待機児童問題ってやつですなっ。


流行るな流行るなそんなもん(涙)。



自宅近くの保育園は、駅から遠い上に保育料が高くて不人気の無認可ですら
「20人待ちなんです…。」
という状態。

ここはウルを産む前の初夏に問い合わせをしたら、
「11月出産で年明けからですね〜。今のところ大丈夫だと思いますが、今から席を確保して空けておくということは申し訳ありませんができないので、また生まれたらお電話いただけますか?」
ということで、ウルが生まれて電話したら、
「すみません、今すぐにでもという方でもすでに20人待ちです。」
になっておった。

なんだか夏以降にいきなり預託希望者がどーーっと増えたらしい。


ちなみに定員は20人ちょい。


11月時点で1月頭までに定員全員入れ替えってあり得ないよね。
つまりはここですら無理。

はむてるが0歳児の時に通っていた認証は結構人気があるので当然
園長先生「ごめんね、はむちゃんママ。ちょっと年明けは無理だわ〜。」


他の保育園も軒並み待ち行列。
人気のラーメン屋かよ。


しかたなく会社近くの無認可ですよ。

この無認可は心優しいおねいさんが息子の美形ジョシュア君を通わせていたところで、
ここでも最初は
「待っている方もいらっしゃるくらいで…。」
と断られたけど、ちょうどすぽっと空きができたらしく、
「心優しいおねいさん様のお知り合いなので、ちゆきさんにお電話させていただきました」
と、園長の胸先三寸で割り込んだくさい。

心優しいおねいさんの行動が良かったせいですな。
ありがたやありがたや。


そんなわけで、わたくし毎日ウルシハラ(@たぶん8kg超え。でも怖くて体重量りたくない)を抱えて、
えっちらおっちらと出社してます。


そんなこんななので、エレベーターあけててくれた女性にも
「ええ、保育園がこの近辺で空いてなくて、会社の近くで預けてるもんで。」
って言ったら、
「ええええええ、それは大変ですねぇ。うちも●×保育園なんですけど、でもやっぱり空きは無いですもんね〜。」
と、近隣の保育園に通わせてる母親さんだった。

子連れで通勤しているというと、皆さん口を揃えて、
「大変でしょう」
「がんばってますね」
「毎日子連れ?偉いですねぇ」

なんて言ってくれる。


アテクシ、がんばってる?
大変なのにがんばってるんじゃないの??

と、ちょっと調子に乗りかけた。


でも冷静に『自分がそういう人に会ったらどう言う?』って考えたら、
やっぱり
「大変でしょう〜。すごいですね。がんばってますよね。」
ってしか言いようがねぇな、という事実に気がついた。


それに大変だ大変だとは言われるけれども、
この寒い時期、湯たんぽ抱えて出社してる感じで助かってる部分もある。
特に今朝とかぬっくぬくだった(笑)。


そんなに「すっごい大変」と自分で思うかと聞かれたら、
「んー、まぁ一人のが楽なのは当然だけど、別にそこまで言うほどでも…」
が答えなので、調子に乗って
「アテクシってば頑張ってるぅ〜。」
とか思わないようにしようと思う。


っていうかさ、ウルのデブが普通であってくれれば、
もっと大変じゃないと思うんですけど!!!

あいつの顎とか、人間として何かおかしい。

そのうち「ウィー、ガシャ、ガシャガシャッ」ってシュワルツェネッガーの顔が出てきそう。


だってこんなんなんだもん。

siruko.JPG
posted by 千之 at 12:05| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

やっぱりマイコー

皆さんご存じだろうか。

今お台場にマイケル=ジャクソンの等身大人形があるのを…。


うん、夕方のなんかの情報番組でやってたんだー。


「This is it」の金髪で美人のギタリストが来てオープニングセレモニーがどうたらこうたらって。

一緒に見てたはむてる、
「おかーさんっ、マイケルだよっ、まいけるっっ!!!」
「あはは〜、あれはお人形なんだって〜。はむも見る〜(笑)?」


それを言った0.3秒後。
『うわぁ、やべー、おれ壮絶にヘタこいたわ。』
そう悟ったアテクシがおりました。


はむてるお目目超キランキランでの即答。

「見るっっっ!!!!」


……マジですか orz。


もうね、もうすぐ3歳だから「ジョウダンでした、アハハハハ〜。」では済まないのよね。
もうかなり物事を理解しているから。

そこにわたくしの「見る?」の軽口。



はむてる、行く気マンマン。



次の日から、
「まいける見に行く?」
「まいけるに行く?」

という質問攻め。

仕方ないから、行きましたよ。
ええ、行きましたとも。
きっちり責任とって、アテクシが連れて行きましたとも。


何年振りかにお台場に降り立ったアテクシと、
生まれて初めてのお台場のはむてるコンビ。

どうみても「マイケルファンの母親が息子いるけど我慢できなくて連れてきちゃった、テヘ☆ミ」の図ですどうもありがとうございました。

いいけどね。
マイケル、好きっちゃー好きだし。

人形見に行くほどではないけどな。


歩くのが大っきらいなはむてる。
いつもなら絶対にぐずっている距離でも、まったくぐずらず
「マイケルどこ?」
と言いながらちょこまか歩く。
普段からそうやって歩いてほしいもんである。

そしてヴィーナスフォート2階噴水広場にて、マイケル=ジャクソンの等身大人形とご対面したはむてる。


はむてるガン見。


微動だにせずガン見。



しばらくして動き出すも、今度は上にある大画面(「This is it」DVD&ブルーレイのPRVが流れてる)を見つつ、
人形をみつつ、
ウロウロウロウロウロウロウロウロ。


10分ほどして動かなくなったので、
「はむー、おなかすいた。ご飯食べに行こう。行くよ〜。」
と手を引いて歩きだすも、
後ろを振り返り振り返り、溜息をつきつつ、
「あーあ、はむちゃんつまんないの〜。つまんないのー。つまんないのおおおおおお。」
と通路に座り込む。

チョコレートでつってもダメ。

「……もっかいマイケル見に行く?」
「うんっっっっ!!!」

ソッコーで広場に向かって自ら歩き出すはむてる。

よっぽど好きなんだねぇ…。


と思って物販コーナーがあったので、何か買ってやろうかなとか思ったら!!!!


たっけぇぇえええええ。


ぼったくりすぎだべ。


なんだその米国版映画のパンフレット4000円近くって。
しかも売り切れとる……。



結局30分ほど広場をうろついて、やっと離れることを許してもらえました。

疲れた。


でも帰り道がまた羞恥プレイだったわ。

マイケル堪能できてご機嫌なはむてる。

はむなりの歌詞で、はむなりの音程で、はむなりに踊っておる。

が、はむなりの空耳アワーな歌詞で、
はむなりのちょっとアレな音程で、
はむなりの「それはゼログラヴィティ?のつもり?っつかしゃがんでるだけじゃね?」でも、
マイコーファンの方々にはその切れっぱしから何をやってるかの推測がつくらしく…

ちなみにゼログラヴィティはこんなん



そこここからクスクス笑われながらの帰り道でした orz。

はむてる、カアチャン、結構恥ずかしい…。


絶対に「ものすごくマイケルファンで、散々マイケル見てる母親と、それを一緒に見せられてる息子」だよね…。

逆なんですけどー。
飽きたのに見せられるのは母親の方なんえすけどー。


肝心のお人形さんの周りは、まぁ二重・三重くらいの人だかりはできておりましたが、
ぎっちぎちで立錐の余地なしなんてこともなく、
フツーに見られました。


michael.JPG


結構精巧にできてましたよ。





そして家に帰ってから、amazonで買い与えちゃった「This is it」を見ると主張するはむてる。

まだマイケル見んの〜工エエェェ(´д`)ェェエエ工。


しゃーないからDVDをセットしてやって、
ぼーっと見るのに付き合ってて、
なんだか思った。

このDVDの映像って、完璧主義者だったというマイケル本人が生きてたら、
絶対に見せたくない映像だろうな。

ラトーヤが映画に反対したのも、なんかわかる。

「誰も見たことの無い彼に会える」ってキャプションついてるけど、
勝手に舞台裏を覗き見てるだけだわな。

完璧主義者で、
完璧なものしか提供したくない人が、
完璧を目指している途中の未完の物を、
勝手に他人が公開しているわけだから。

つまりは、この映画って、
それこそ彼が追いかけまわされ、悩まされ、忌み嫌っていたタブロイド紙と
根本的なところは一緒なんじゃないかとか思った。

彼が隠したがっている部分を勝手に公衆にさらけ出すという意味でね。


ま、そう言ってるわたくしも買っちゃってるんですけどー。
Amazonでクリックしちゃってるんですけどーー。


死んでまで金儲けのネタにされるっつーのも、
なんだかね。

儲けが全額あの息子&娘とかチャリティに行くのであれば、
本人も草葉の陰であきらめつくかもしれんけど、
絶対に違うだろうしねぇ。

まぁ、買っちゃってるんですけどー。
買ってるヤツが言うなって話なんですけどー。
posted by 千之 at 12:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

涙の理由が変わった瞬間

もうホント一瞬にして意味が変わったね。
あそこまで豹変するのも珍しいね。



最近はむてるは「プレゼント」にはまっている。

なんちゃーない、ただのごっこ遊びなので、
「プレゼント、どーぞ!!」
と何かを握っているフリ、もしくは小さいオモチャを握った手を差し出し、
「ありがとう。」
と受け取る。

ただそれだけ。


昨夜も、
「おかーさん、プレゼントです。ドーゾ!!!」
と言われたので、
「何のプレゼント(笑)?」
と聞き返してみた。

「んー、おかーさんいっぱいがんばってるから。
 ハイ、プレゼント!!」



どこからそんな言葉仕入れてきたんだヲマエ。


不覚にもちょっと目から汁が出そうになった。



「ありがとう。」

わたくしが手を差し出すと、
はむてるはわたくしの掌の上で握った手を開き、
「お鼻から出てきたヤツでーす!!!」


……カアチャン、素手で受け取っちゃったじゃないか(涙)。
ラベル:日記 子供 鼻くそ
posted by 千之 at 09:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 子ばなし 12/27up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。