2010年06月29日

新しいのを買えばいいと思うよ

炊飯器が逝きました。


ま、お安いのだったし、わたくしが一人暮らしの頃から使ってるやつだし、仕方ない。


なので、新しい炊飯器を買うことにしたのだが、困るのは買うまでよ。

大人だけなら「コンビニ飯で食いつなぐ」「カップラーメン」という有力な選択肢がチョイスできますが、はむてるがいるゆえに使えないのよ。


しゃーない、手持ちの鍋で米を炊くしかないがな。


というわけで、さーてご飯を炊けそうな手持ちの鍋は〜、
1.圧力鍋
2.土鍋
3.ルクルーゼ
の3個です。


全部重たいじゃないのよ。

しかしながら、サイズ的な問題でルクルーゼに決定。


ぐぐる様でお伺いをたてて、何分火にかけるとか火加減とかをろはすでほっこりなブログたちで学習したわ。

ろはすでほっこり(略してろはほ)のブログによると、
「お米が一粒一粒ぴん!と立っていて、本当に美味しいハートたち(複数ハート)
くて
「もう炊飯器なんていらないぴかぴか(新しい)
んだそうだ。



へぇ〜(鼻ほじ)。



ありがたく学習させていただき、翌朝。



吸水させておいた米をルクルーゼに入れ、
「くそおもてー」
という独り言をつぶやき、コンロに着火。

しばらくすると、うるが泣く。

乳やりの時間らしい。


仕方ないので乳をやる。

すると台所から「ピピピピ、ピピピピ、ピピピピ」という音が。

タイマーです。

火を消して蒸らしにはいらないといけないになったことを教えてくれております。

でも乳にはウルがかぶりつき。

うーん、と思っていたら「pipipipipipipipipipipipipipipipi!!!!!!」



このタイマーこんなに煩かったのね…。


仕方がないので、乳やり中断してダッシュで台所。

うぎゃあああああああああああああああああ!!!!!!byウル

うん、ウルが煩いのはいつものことだ。

火を止めて、再度授乳。


こんな苦労をして炊き上げたルクルーゼのご飯。


ろはほのブログからもどんなに美味い飯になるんだとワクテカで食べてみたら、、、




ふっつー。


別に炊飯器とそんなに変わらん。


むしろ全然変わらん。



手間が増えて面倒くさい分美味しく感じちゃうだけなんじゃないの?

「こんなにてーねーな時間を過ごしているアテクシ揺れるハート的な調味料も加味されて。


てーげーならすんげー得意なんだけどな。(「てーげー」沖縄の方言。意味:いい加減・テキトー)




3日後、楽天さんで注文した炊飯器が無事届きました。


かろうじてマイコンではないけど、最近流行りの最新機種でもない、
普通のIH。

ケーキも焼けちゃうんだぜ!

鉄板で、絶対焼かないけどな。




早速ご飯を炊いてみる。

うん、普通。

これで時間通りに炊いてくれたり、保温してくれたりするんですぜ??


そら炊飯器っしょ(笑)。




結論
炊飯器よりルクルーゼのが美味しいっていう人は、たぶん持ってる炊飯器が壊れてるんだと思う(笑)。
posted by 千之 at 15:14| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

おっかねぇ

頭をぐっしゃりきんだいちっていたら、
前を通りかかった同僚が、立ち止まったあげく、
「なんかさ、『しにがみはりんごしかたべない』って言いたくなる感じだね。」
と言われました。

だから、アイツは染色体はXYだっつてんべ!!!!!






閑話休題。




保育参観&保育参加、してみたよ。

ウルクラスは、保育参観。
変装してのぞき見スタイル。

相変わらずの不審者っぷりだっただけで、別にいつもの自宅での様子と全く変わることなく、面談も雑談で終了な感じ。



はむクラスは、保育参加。

もう変装してもばれるので、中に入って一緒に遊びましょうスタイル。


結論、
変装しないなら行きたくない。


いや、わかってた。

わかってはいたよ。

最初からこの解が導き出されるのはわかってたんだけど、
やっぱさ、はむてる的には嬉しいかなって。

他の子が親来てるのに、自分の親は来てない。

しかもウルクラスには行ってるっぽいってなったら、はむが可哀想かなって。



はむてるクラスでの保育参加当日。

雨のおかげで室内遊びだったのですが、
見事にわたくしにケツ向けてブロックで一人遊びするはむてるがおりました。


そしてわたくしの膝には、はむ太郎君(はむてると同じ誕生日で前の保育園も一緒)が。

なんでおまえが乗ってるんだよ(笑)。


他の子たちは、基本的に自分の親べったり。
そうじゃない親子でも、違う子を膝に乗せているのはアテクシだけでした。

しかもおはなし会だの給食だので移動の時、「まーま、こっちだよ!」ってなんではむ太郎が言ってんだよ(笑)。
はむてるもつられて「ままー、こっちこっちー(ニヤリ)。」

なんでやねん。


なんでにやけてんだよ。
しかもママって誰よ?←普段のはむてるはおかあさん


いいだけどね、別に。



そして、痛感。

女子っておっかねぇ。


すでに
「なんとかちゃんは髪短いからお姫様じゃないじゃん」
「こっちきちゃだめ」
「あっちいってよ」
「なんとかちゃんはだめー」

などなど。

心凍らせる言葉が平気で飛び交う女子チーム。

こわいよ、ママン。


しかも普段なら絶対に先頭きって言ってるであろうすんげぇ気の強いゆうこちゃん(仮名)は、たまたま同じ日に保育参加だった自分の母の膝の上でおとなしーーくお人形遊び。

ゆうこちゃん、おまい、昨日「××ちゃんなんか入れてあげないっていってんじゃん!」って叫んでたあの心意気は?

もう表裏がありまくりんぐ。



自分の子供が、全員が「てーんてーんどーんどーんてーんどーんどーん」と阿呆踊りを踊ってるバカダンスィチーム所属で本当に良かったわ。

良かった、、、のか??


欲を言えば、それらのアホダンスィに向かって、冷めた目線を向けていたイケメン男子グループであってくれると嬉しかったんだけどな・・・。



滑り台の奇跡を起こしているはむてるじゃ、それは無理ってもんですねソウデスネ。


高望みしてごめんなさい orz。



でも大きくなったら女の子のが面白そうだよね。

両方いるのが一番お得なのかも(笑)。
posted by 千之 at 13:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

やはり無理

わたくしは、本当に、著しく、
「共感する」
という能力が欠けているようだ。


先日、子供らを連れて某施設に遊びに連れて行きました。
ええ、ママ友さんとか一緒です。

ママ友……(遠い目)。

いえ、気が合う方々なので別に良いのです。

普通にアホ話とかもしてるんですけど、
全部の方と気が合うのかといわれると、
横の誰もいない方を向いて、
「う、うん、そうだよ。」
みたいな。

眼はクロールでばっしゃばっしゃ泳いでますよみたいな。


Aさん「*****で**********でさー、外出するって言うと、口では良いって言うんだけど、あからさまに不機嫌になるの。俺が子供の面倒みるのかって。だから子供置いて外出とかできないの(ちなみにこの話題はフェイクです)。」
ちゆき「え、不機嫌になるだけでしょ?ニッカニカに笑って「ありがとぉぉおおお♪すっごく嬉しい!!」って言ってりゃいいんじゃ?」
Bさん「まあ、色々なご家庭があるからねぇ。」←若干慌ててたかも

はっっっ、こんなぶっちゃけで話しちゃいけないのかっっ。


何を言ってもデモデモダッテでイラッとしてたのよねぇ(遠い目)。

旦那の愚痴だって、アホな笑い話まで昇華してるなら聞いてても面白いけど、単なる解決する気が無い愚痴垂れ流されてもなぁ…。


でもこれが当たらず障らずなママ友会話ってやつなのかしら?
全力で解決策を提示してしまうわたくしが空気嫁って感じですね。

Aさん「どうしてうちの旦那はこんなに私を縛るんだろ。」
ちゆき「誰も縛って無くないッスか?首に縄つけられてるわけじゃないし(笑)。しいて言えば縛ってるのは自分自身?」
Bさん「まっ、まあ、色々なご家庭があるからねっ。」←さっきよりも慌ててた

ゆっちゃったーーー。

アハハハハ〜ん。


Orz。

チョットダケ ハンセイ シテマス。
イイスギ マシタ。


はむ、これでおまいだけ誘われなくなったらすまんね(笑)。






めんどくさーーーーい!!!!


息子たちよ。

早く成長して、ひとりで友達と遊びに行けるようになってくれ。
posted by 千之 at 13:45| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

無題

ワールドカップですねっっ!!!


………………………………………………………………………………………………。




書いてみたわ。

書いてみたわいいけど、これ以上何も思い浮かばないわ。



日本がどこぞと試合をやったらしい次の日。

素敵なご夫婦と、カリメロ&海坊主の丸っとコンビとで、
またもやいつもの絶品イタリアンに行ったのだが、

そこでどうやら結果すらしらないのはわたくしだけだった模様。


みみみ、みんな、ちゃ、ちゃちゃちゃちゃんと、みみ、見てるんだな(白タンクトップでおにぎり食いながら)。


相変わらずクレイジーAシェフのおしゃべりとお料理が美味しかった。


私信、じゅみさん。
次はラミティエよろしくお願いします。
日曜の夜なんて難しいですか?
ていうかあの明太チーズ、味イマイチとか言っちゃダメですか?




暇なので、勝手におすすめしてみるのコーナーーーーー!!!

イエェェェエエエ!!!



最近出たケミカルブラザーズの新しいアルバム、良いよ。



終了。




終わっちゃったよ。



そうそう、あいかわらずきんだいちってるわたくしですが、
今朝ね、駅のホームできんだいちろうと思って鏡をのぞきこんだんですよ。

ちなみに本日の東京の気候、湿度の高いくもり。
かなり髪型の大敵な感じ。

うんとね、鏡の中に和田アキ男がいたよ。


今度はそっちかー orz。
posted by 千之 at 13:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

きんだいちる

梅雨入りしてますがよい天気ですね@東京砂漠。


髪切ったよ。

なんかわたくしはこの話題のブログが多い気がする。

あれか、タモリなのか。>髪切った


でもキニシナイ。

っていうか、髪切ったネタが増えるのは、絶対にあの美容師のせいだと思うんだけど。


先日の日曜。

関東地方も梅雨入りだっていうので、
アフロを目指して髪を伸ばしているアテクシは、
天パで中途ハンパな長さはまとまりにくいので、
ひさかたぶりにストレートパーマなんぞをかけてみました。


その施術中、息子二人を揃ってマルコメにして、夫もマルコメなので、3マルコメだと。
うっかりあいこにっくのマネしてたら、今頃どこの寺だよ?になってたから本当に良かったという話をしたのだが。



ストレートの施術が終わってカットになった時のこと。



美容師「んー、家族全員まるっていこうか。前髪かりめろっていい?」

ちゆき「すいません、若干質問があります。」

美「んー?」←すでに返答を待たずに切り始めてる

ち「“かりめろる”という動詞の存在をわたくしは知りませんが。」

美「でもニュアンスでわかるっしょ。」

ち「わかるけどわかりたくないけど。」

美「そんな感じ。」



かりめる、かりめる時、かりめれば、かりめれ、かりめろう。

ラ行五段活用な。

って、じゃかましわ。


美「すぽっくるでもいいかも。」

ち「………スタートレック?」

美「おっ、さすがちゆきさん、いいねぇ。分かってくれるねぇ。お前わかんねえだろ?」

推定二十歳そこそこのアシスタントのおねいさん「すいません、わかりません。」

ち「ちょww、そりゃそうでしょうよ。言っておくけど私だってリアルタイムじゃないからね。」



美容師がどいたら、鏡の中にアラフォーのカリメロがいました。



いや、ちゃんとセットすればちゃんとなるんですけどね。

セットしないとただのカリメロ。

耳さえ付ければただのミスタースポック。

メガネかければ大木凡人です(涙)。




がああああセットすんのめんどくせえええ。


もしかして、美容師的には、自分の作品(わたくしの頭)があまりにもブサイクな物体(スッピンのわたくしの顔)の上にあるのが許せないのかもしれない。

それで、きちんと化粧とセットしないとただのカリメロになる頭にわざわざしたのかもしんない。


えっと、イヤガラセ??


まぁね、セットって言っても、ワックスを薄くつけて、根本からぐしゃっと持ち上げるようにすればそれでオッケーなんだけどね。


でもストレートかけた後だと時間がたつとへたれて、気がつくとカリメロってる。


方向も量も何も考えずに、ただぐしゃってすればそれだけで格好はつくのですが…。



そんなわけで、ときたま思い出したように頭をぐっしゃりしとります。


頭を“きんだいちる”ということで、よろしくおねがいします。


間違っても“すけきよる”ではありません。


でもたまに“あおぬましずまる”はやってます。←佐伯チズローションパックもろた。


どうでもいいけどあおぬましずまるは長いな。
posted by 千之 at 12:34| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

ただの偏見ですけどね。

会社の清掃業務を担当している人が、かなり頭が悪い。

年齢は30過ぎくらい。

ちょいと前までは70過ぎのじーさまが担当だったのだが、
じーさま、携帯電話で、
「しょうがねぇよ、だってばーさんが家にいてぇっつんだもの。病院入っててくれた方がナンボも楽だけどよ。でも病院だと金もかかるしなぁ。」
というなんともヘビーな電話をしていて(笑)、

翌月、清掃の担当者が変更になった。

じーさま、ばーさんの介護してんのかな・・・。


変わったのはいい。

変わったのは別に良いのだが、後釜がねぇ。。。


後釜は30すぎの人だった。

この若さで清掃業って結構珍しいなとちらっとおもった。


今ではもう本当にただの偏見以外の何物でもないけど、
「だからオメーはそういう仕事しかできねんだよ。」
と思ってるよ。


オフの時にも愚痴りましたけど(笑)。



とりあえずね、社内に掃除機をかけてもらうわけなんですが、
途中で電話がなって、わたくしが電話してるわけですよ。

まったくお構いなしですよ。

えええええええええ。



かなりうるさいんですけど??


あからさまに受話器と反対側の耳ふさいでしゃべっても、まったく頓着せず。

挙句の果てに電話が続いているわたくしに向かって、

「掃除機終わりました!!!」


いらねぇ。

そんな報告全くいらねぇ。

いや、普段なら「アラ礼儀正しい」で終わるけど、電話応対中の報告なんて、「うるせぇ」以外の感想出てこない。

ちなみにじーさまは、何もしてなければ報告とかしてくれてたよ。
たぶんそれがマニュアルなんだろうね。

でも電話がはじまったらこっちを窺って掃除機ストップ。

電話が長引くと、その日は掃除機ナシになってたりしたが、それで全然良いんですけど。



ゴミも毎日集めてもらってる。

集めてくれてるのだが、
個人のデスクの下からごみ箱を出し、
ごみを収集して、
そのごみ箱は

 通 路 に置く。


自分の足元な。



…邪魔だから。

それ歩くのにすんげぇ邪魔だから。

ちなみにじーさまはきっちり置いてあった場所に戻してくれてたんだけどね。




そして以前、大量に資料を捨てた社員がいた。

たしかにあいつも溜めすぎだ。
おまえはリスかと問い詰めたくなるくらい、たぶん段ボール箱にしたら軽く5箱イケるねくらいの量を、いっぺんに捨ててた。

たしかに溜めすぎだとは思うが、
30すぎ「これ、ゴミっすかね。」
ちゆき「あー、そうですね、すいませんお願いします。」
30「や、俺が捨てるんですよね。」
「……は?」
30「いや、なんでもナイッス。」


その後ずううぅぅぅぅっと
「……ハア。」「………ハァァ。」
って溜息ついてやがってかなりイライラ。

Uzeeeeeeeeeeeee

溜めすぎは溜めすぎだが、ゴミ処理はお前の仕事だろうと。





そしてトイレ掃除もこやつが担当なわけだが……。


ある日、トイレに入ったわたくしは、個室の入り口でものすごく違和感を覚えた。

見たことのない光景があったのだ。


便座、あがっておった。。。

しかも全部の個室。



普通女子トイレで便座あげられることってないじゃん?
もんのすごく違和感があったよ。

ちなみにトイレットペーパーは綺麗に三角折りされとった。

もうね、あほかと、ばかかと。






そしてさらに後日。

汚物入れってあるじゃん?


トイレの構造の問題と、右利きが多い都合上、
ここのビルのトイレは、
個室のドアが座って左側なのに対して、
汚物入れは右前に置かれていたのだが、

いつのまにか汚物入れは左側に移動しておった。

あのー、入るたびに蹴飛ばすんですけど…。


あいつだ。

絶対犯人あいつだ。

とは思うものの、確証はない。

ので、毎回毎回右前に移動させてやった。

ちなみにわたくしは現在授乳中で、毎月の赤いお便りは無いので、
汚物入れはまったく利用しておりませんが、
入るのに邪魔なんだよね。




そしたら先日。

汚物入れ、全部個室の外にちょこんと出されとった。


もうね、あほだろと。

お前が集めやすいからだろと。

ええ、全部ソッコーで元に戻しましたけどね。



そして本日。

清掃が終わった直後のトイレに入り、

用を足して、

三角折りになってるペーパーを引きだしたら、

三角以降10センチしか無かった。


もうね、本当にばかなんだなと。




じーさま、カムバーーーーーック!!!!!
posted by 千之 at 12:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

丸米酢

変換したらこうなった。




子連れオフ会でございました。

ご参加くださったかたがた。
本当にありがとうございました。

まーたいつものごとくぐだぐだですみません。

でも最初の店のグダグダは、半分以上約1名の従業員のせいだからわたくし悪くないと思う。

あ、「あの店美味しかったよ」とか言ったのアテクシだ…。←やっぱりこいつのせい


もっと暖かいと思ったんだよね〜。

そしたら芝生でまったり子供を放牧させてさ〜、

まさかあんなに寒いとは。


寒風吹きすさぶ中立ちっぱなしとか、本当にすみません。


これに懲りずに、またオフ企画したいと思いますので、ぜひ遊んでやってくださいよろしくお願いします。


お詫びではありませんが、
反省のしるしに頭を丸めてみました。



マルコメズです。
ご笑納くださいませ。

DSC_0082-1.jpg


それにしても、はむてるにはちっちゃい笑いの神様が取り憑いてるんじゃないかと思う。

皆さんが見守ってるタイミングで、
あの滑り台の滑り方ができるとは。

お約束すぎる。。。
posted by 千之 at 09:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。