2010年06月28日

おっかねぇ

頭をぐっしゃりきんだいちっていたら、
前を通りかかった同僚が、立ち止まったあげく、
「なんかさ、『しにがみはりんごしかたべない』って言いたくなる感じだね。」
と言われました。

だから、アイツは染色体はXYだっつてんべ!!!!!






閑話休題。




保育参観&保育参加、してみたよ。

ウルクラスは、保育参観。
変装してのぞき見スタイル。

相変わらずの不審者っぷりだっただけで、別にいつもの自宅での様子と全く変わることなく、面談も雑談で終了な感じ。



はむクラスは、保育参加。

もう変装してもばれるので、中に入って一緒に遊びましょうスタイル。


結論、
変装しないなら行きたくない。


いや、わかってた。

わかってはいたよ。

最初からこの解が導き出されるのはわかってたんだけど、
やっぱさ、はむてる的には嬉しいかなって。

他の子が親来てるのに、自分の親は来てない。

しかもウルクラスには行ってるっぽいってなったら、はむが可哀想かなって。



はむてるクラスでの保育参加当日。

雨のおかげで室内遊びだったのですが、
見事にわたくしにケツ向けてブロックで一人遊びするはむてるがおりました。


そしてわたくしの膝には、はむ太郎君(はむてると同じ誕生日で前の保育園も一緒)が。

なんでおまえが乗ってるんだよ(笑)。


他の子たちは、基本的に自分の親べったり。
そうじゃない親子でも、違う子を膝に乗せているのはアテクシだけでした。

しかもおはなし会だの給食だので移動の時、「まーま、こっちだよ!」ってなんではむ太郎が言ってんだよ(笑)。
はむてるもつられて「ままー、こっちこっちー(ニヤリ)。」

なんでやねん。


なんでにやけてんだよ。
しかもママって誰よ?←普段のはむてるはおかあさん


いいだけどね、別に。



そして、痛感。

女子っておっかねぇ。


すでに
「なんとかちゃんは髪短いからお姫様じゃないじゃん」
「こっちきちゃだめ」
「あっちいってよ」
「なんとかちゃんはだめー」

などなど。

心凍らせる言葉が平気で飛び交う女子チーム。

こわいよ、ママン。


しかも普段なら絶対に先頭きって言ってるであろうすんげぇ気の強いゆうこちゃん(仮名)は、たまたま同じ日に保育参加だった自分の母の膝の上でおとなしーーくお人形遊び。

ゆうこちゃん、おまい、昨日「××ちゃんなんか入れてあげないっていってんじゃん!」って叫んでたあの心意気は?

もう表裏がありまくりんぐ。



自分の子供が、全員が「てーんてーんどーんどーんてーんどーんどーん」と阿呆踊りを踊ってるバカダンスィチーム所属で本当に良かったわ。

良かった、、、のか??


欲を言えば、それらのアホダンスィに向かって、冷めた目線を向けていたイケメン男子グループであってくれると嬉しかったんだけどな・・・。



滑り台の奇跡を起こしているはむてるじゃ、それは無理ってもんですねソウデスネ。


高望みしてごめんなさい orz。



でも大きくなったら女の子のが面白そうだよね。

両方いるのが一番お得なのかも(笑)。


posted by 千之 at 13:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。