2011年07月27日

オマエか

かれこれバイオリンを習いだして半年以上経過しましたはむてる。

貧乏世帯の子倅が、なんとか続いております。
毎日の練習が結構嫌みたいですが(笑)。

それにしてもはむてるのバイオリンは何かおかしい。

弾けるところは弓が走りすぎる。
同じテンポで弾けない。
早く弾く方が良いと思ってるっぽい???

なんというか、全体的にリズムが悪いのだ。

いや、悪いなんてもんじゃない。
見事なほどに合わないのだ。

合わせるつもりが無いんじゃねぇの?と思って、ふざけてるんだと思って叱りつけたら、ギャン泣き。


合わせてやってるつもり?
にしても合わなさすぎじゃない??

やっぱふざけてんじゃね?

と思いつつ、とりあえず
ちゆき「はむ、メトロノームのカチ・カチに合わせて手たたいてみ?」

メトロノーム
カチッ      カチッ      カチッ      カチッ      カチッ
はむ
ペチン     ペチン    ペチン   ペチン ペチン         ペチン

ちゆき「いや、音ちゃんと聞いて。ずれとる。一緒にやるよ?」
メトロノーム
カチッ      カチッ      カチッ      カチッ      カチッ
ちゆき
パチッ      パチッ      パチッ      パチッ      パチッ
はむてる
ペチン      ペチン   ペチン   ペチン ペチン  ペチン

そこに参入してきた料理人
料理人「はむ!ちゃんと聞いてやるんだよ、こうだよ!」
メトロノーム
カチッ      カチッ      カチッ      カチッ      カチッ
料理人
バチッ    バチッ    バチッ    バチッ    バチッ


ずれとる!!!!



料理人「ん??あれ?」





オマエか!!!!!!!!!!





はむてるのリズム感の無さの原因判明。

超遺伝。


料理「そういえば、俺、小学校の頃、野球の練習でリズムに合わせて打つって、全然できなかったわ・・・。」

そうだね、そういえば、あんた太鼓の達人で、メリーさんのひつじすら満足に叩けないレベルだったわね。

ダンスダンスレボリューションも、綺麗にずれてたよね。

Wii のリズム運動も、絶対に嫌がってやらなかったのはそのせいか。


さらにそういえば、はむてるは去年の運動会のお遊戯で、一人だけ見事に半拍ずれた踊りを披露したんだったわ。

さらにそういえばそういえば、保育園の盆踊り、周りを見ながら踊っても踊れてなかったんだわ。


はむ「アーンアンツツッ、アーンアンツツッ。」
って歌ってるから何かと思ったら、
「アーンアン、タン タン、アーンアン、タン タン、みんな大好き、アーンパーンーマーーン♪」
だったんだわ。



はむてるのリズム感、絶望的なレベルでダメダメでした orz。

そりゃバイオリンも上達するわけないよなぁ。


リトミックに連れて行っても微動だにしなかったのは、恥ずかしいとかじゃなく、どこでどうやって動けばいいのかわからないから。
はむてるが「わかんないんだもん」って言ってたのは、振り付けのことかと思って、「最初はみんなわかんないんだよ。そのうち覚えるよ。」とかとんちんかんなこと言ってたわ。


というわけで、最近バイオリンの練習のはずなのに、バイオリンに触っている時間よりもメトロノームに合わせて歌ったり手叩いたりしている方が多いというなにそれなんの練習なの?状態。


まだ、でも4歳とかなので、これから頑張れば一応人並になれたら、いいな。

少なくとも太鼓の達人でメリーさんのヒツジくらいはできるようにな。
posted by 千之 at 15:29| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

それは違うんじゃね?




これの「女性」と「男性」を入れ替えたら、大問題だよね。

でもこの発言で誰か強烈に抗議する人とかいるかな?って思うと、きっといないんじゃないかと思うんだよね。
女性と男性を入れ替えた発言がメディアに出たら、数人の女史の顔が思い浮かぶけれども。


結局のところ、まだまだ日本という国では、女性はみそっかす扱いなんだなぁ。



女性だから男性だからというくくりではなく、頑張った人は偉いと思うけど、だからといって違う方が頑張ってないわけではないと思うし、他方を貶して良いってわけでもないと思う。


そもそも男性が対象ならバカにした発言しても許されるっていうのもおかしいよね。
タグ:日記
posted by 千之 at 11:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

なんでやねん

勤務先の医療機関の分院の一つが、某都内ターミナル駅から1駅分だけ私鉄に乗った先にあります。
なんやかんやで、月イチくらいのペースでそこにわたくしが行くのですが、
その最寄駅の商店街にもっそい美味しい店があると教えてもらいました。

その名も「とんかつ●●●(地名)」。
今はただの「●●●」になったようです。

ランチタイムは普通に入れるけど、夜はなんと会員制。
会員制って言っても、顔見知りに言われたら開けるくらいの感じっぽい。

昨年末、分院に行く予定を無理やりランチタイムにくっつけて、
さっそく行ってみました。

エビフライととんかつと迷ったけど、エビフライにしてみました。

もうね、えびふりゃーなのにてんぷらみたいな感じなの。
薄い衣がサクッとしてて、大きいわけじゃないんだけど上質なエビで、
中の方はほんのりレアくらいの揚げ具合。

まじ美味し。


でも本命はとんかつなのです。


なので、次の月はとんかつ食べてやろうと思って、また昼時にアポイントセッティングして行きました!

分院に行こうと思って、店の前を通りかかったら、

休んでやがった orz。



さらに次の月、また昼時にくっつけて行きました!

店の前を通ったら、今日はやってます!

急いで分院での仕事を終わらせて行きました。

もう閉まってました orz。




さらに次の月、さらに昼時にくっつけて行きました!

店はやってます!

仕事終わらせました!

行きました!!

まだやってます!!

ち「とんかつ下さい!」
オヤジ「今日はもう油の火ぃ落としてもーて、ごめんな、揚げ物は終わりやねん。」

なんでやねん、オマエ何屋やねん!

なんで商売道具の火ぃ落とすねん!!

ハヤシライスにしました。
サービスだと大盛りにしてくれました。

物凄く美味しかったです。
食べ過ぎて帰り道吐きそうになりました。


そしてまた次の月、行きました。

やってます。

仕事終わらせて駆けつけてもまだやってます。

ち「とんかつ下さい!」
オヤジ「今日とんかつ仕込んでないねん。アナゴフライどう?美味しいよ。」

なんでやねん!何屋やねん!!

アナゴフライ、もっっそい美味しかったです。

オヤジ「お姉さんごめんな〜、めっちゃええアナゴが入って、そっちようけ仕込んでたわ。お詫びにご飯にハヤシかけたろか。」

ご飯を無料でハヤシライスにしてもらいました。
また帰り道、食べすぎで吐きそうになりました。


さらにさらに次の月、行きました。

やってます!

仕事終わってもまだやってます!

ち「とんかつ下さい!」
オヤジ「もう売り切れやねん。ごめんな。鉄火丼どう?美味しいで。おっちゃんホンマは肉より魚のが得意やねん。」

なんでやねん!オマエ何屋やねん!!

なんでとんかつ屋やってんねん!


たしかに鉄火丼めちゃくちゃ美味かったです。

握りこぶし大の刺身が上に3枚乗っていて、一緒に乗ってる大葉も全くえぐみが無い。
しかも食べていたら真ん中にも刺身が。
こっちはご飯の熱で半生になってて、それがまたえらいこと美味し。


オヤジ「お姉さんごめんな。お詫びに角煮あげるわ。今日の夜ええお客さんが来るから、ぎょうさん煮てん。普段は作らへんねん。とんかつ作る豚肉で作ってんで。」


そんなん作ってるから、とんかつの仕込み足りなくなるんじゃ!


角煮、ものっすごい美味かったです。

普段は角煮ってわたくしは得意じゃないんだけど、だからくれるって言われた時も一瞬『かくに…』って思っちゃった。
でもシャレにならんくらい美味かった。

豚の脂がまったく臭くない上に、本当に口の中に入れた瞬間溶けた。

これで作ってるとんかつ。

わたくしが食べられる日は果たしてくるのでしょうか?


そしてまた、帰り道は吐きそうだった。
毎回食べ過ぎる。


そして会員になり夜のお店に来るという夢は、
毎回
オヤジ「お姉さん、仕事この辺なん?」
と聞かれ、
ち「あそこにある××病院って知ってますか?
  そこの事務局で働いてて、今日は××病院にちょっと用があっておつかいに。」
オヤジ「ああ、あの病院な、へぇ。」
という会話を繰り返すことすでに3回なので、

きっと無理 orz。
タグ:日記
posted by 千之 at 15:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

なんだか違和感

保育園で、親子遠足があったよ。

めんどくさかったが頑張ったよ。


でも、なんだか他の親御さんたちにちょっと違和感。


行先は動物園的な感じの場所だったのだが、
その中に15分くらいの「熱帯の動物たち」「砂漠の動物たち」とかそういうミニフィルムを流す施設があったわけさ。

4・5歳児は、基本的にまともに見られないのはわかるよ。
ちゃんと座って見るなんて、友達とキャーキャー外で大騒ぎして走り回った直後に無理さね。

無理は無理なりに、それでもその施設に子どもが入りたいと言い、
それを親がOKするのであれば、
他の人に迷惑をかけないようにする努力はせんといかんと思うのだ。

でも親御さんは、みんな後ろの通路とか脇の部分に立ち尽くしてる。
子どもの後ろに陣取って座っているのは、わたくしのみ。

え、座っちゃいかんの??
とか思ったけど、声かけるのに近くに居ないとできないので、座り続ける。
ちなみに子供専用施設ではない。

そしてミニフィルムは映画館方式なので、スクリーンの前に手を出すと影絵になるわけ。
それを面白がって、ウキャウキャと前に向かう子ザルたち。

すげー邪魔だよ。
ほぼ貸切に近いとはいえ、他の観客は小学生ばっかりだとはいえ、
いくら口で、
「〇〇!ダメ、ちゃんと座りなさい!」
「××、前行かないよ。」
「■■、そんなんじゃもうカーズ2は無しだよ!」
って言っても、
〇〇、聞いてない。
××、聞いてるけど言うこと聞かない。
■■、「カーズ行くのお!!」と叫びながら戻るも3秒でまた席から離脱。


小学生が、
「聞こえないから、静かにして!」
ってマジギレしとった。

まぁなぁ、君らも大して真面目に見て聞いてるわけじゃなかろう?とは思うが、
正論だよな。


その後親御さんたちは、横っちょの方で固まってる中から、一人二人は自分の子供の腕を取り、シアターから引きずり出す(しかしその時の子供の反抗する叫び声がまたうるさい)。
でも注意を与えて同じように戻すので、5秒でまた前に走り出す。


ちなみにはむてるは、熱帯の動物のフィルムにかぶりつき(笑)。

はむてるは、「アニマルプラネット」だの「ワイルドライフ」だの「ダーウィンが来た」だのの番組が大好きなので、
物凄くツボにはまって面白かったらしい。

でもやっぱり友達がキャーキャー前で騒いでいると、自分も行きたくなるのは仕方ない。
仕方ないが行っちゃいけないので、
はむてるが前かがみになって、腰を浮かしそうになったところをすかさず後ろから、
ちゆき「はむ、今は何する時間?見るって約束だよね。」
と声をかけつつ、肩を抑え込む。
前を向いているので表情はわからんが、前に行く衝動を抑えて座りなおすはむてる。
ちゃんと耐えたので、坊主頭をぐしゃぐしゃ撫でる。

ついでに叱られて席に戻って3秒経過した××君が、はむてるのとなりでまた大声出してるので、
ち「静かにしないとダメなんだよ。」
とも言う。

××君、その瞬間は黙るが、5秒後離脱。
離脱に関しては、そこまで面倒見てやる義理は無いので放置。

ミニフィルムが終わった後、二人の子が親にガッツリ叱られて泣いておった。

親御さん「はむ君はちゃんと座って見てたでしょう。なんで▲▲はできないんだ!」

いやいやいやいや。
はむてるを引き合いに出すのは可哀想だと思うよ?
だいたいはむはこういう映像好きだから。

それにはむてるは座り続けるのを苦にしない奇特な子だから。
1時間半のクラシックコンサートも座り続けた子だからね。
居眠りもせず。
斜め前のオッサンは思いっきし寝ておったがな。
わたくしも若干危うかったのは内緒だがな。

あと、わたくしが後ろからガッツリ抑え込んでたからね。
あにゃた後ろの方に立ちっぱなしだったじゃん?

これらの要因が複合して、▲▲君はできなかったんだと思うよ。


できないのは仕方ない。

でも親の態度は仕方ないとは思えなかった。


口で言うだけなら楽だけど、自分も動かなきゃいかんと思う。
親が動かなきゃ、口だけで止まるほと4・5歳児の脳みそ発達してないよ。
映画連れて行かないとか脅しても、それを覚えてられるわけないと思うのだが。

その前に自分の子供が15分黙って耐えられるかどうか親ならわかるだろうに。
耐えられないと判断したら、いくらでも他に気を引けるものがわんさかあるわけだから、
そっちに行かせれば良いと思うのだが…。


ま、わたくしははむてるだから大丈夫だっただけなので、
ウルの時にはキモに銘じようとすごく思いました。


その前に7月の動物園が暑くてくさいのはわかるだろうに。

誰だ動物園選んだヤツ!!!←毎年同じ場所なので誰も選んで無い





でもちょっとだけ思う。

もしかしたらわたくしは抑え込みすぎなのか?
もうちょっと他の人に迷惑かけるのを気にせず、やりたいようにやらせてやってもいいのか?
縛りすぎなのか?
他の人に迷惑をかけて困るのは、今の時点でははむてるじゃなくってわたくしだ。
親の見得?
良い躾してますねって思われたいから抑え込んでるのか?


ムズカシイネー。
タグ:日記 子ども
posted by 千之 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。