2013年06月26日

お受験記W

お受験塾の先生によると、国立大附属の小学校が求めている子どもは、雑駁に言えば【教育実験の被験者】であるとのことでした。

新しい教育法がある、もしくはアメリカなどで確立されつつある。
それを実践したらどうなるだろう?ということを、先駆的に試されるための子どもたち。

そして大学の教育学部の生徒たちの実習の場でもあると。

だから、他の小学校に比べて圧倒的に教育実習生による授業が多い。

また新しい教育法といっても、すべてがより良い物であるわけではなく、
「あ、だめだこりゃ。」
という場合もあるわけで。

だから、国立大学附属小の子供たちに求められる物は、まず素直に先生の指示を聞くことができる子ども。
先生がこうだと言ったら、たとえ疑問に思っても一生懸命やる姿勢。
若い実習生だからナメくさった態度を取るような子どもでは困るわけです。

そして、一度試された教育方法がダメだった場合、また実習生の授業があまりにもひどかった場合。
通常2週間でやる範囲を10日かけてやって、方法が・実習生がダメだったら、
残りの2日間でざーーっと本職の教師が、本来の方法で流して、それで授業終了です。
それでも自分で噛み砕いて理解し、なおかつついてこれる程度の地頭の良さ。
わからないことは自分で何とかしようとし、またできるようにする強いメンタリティ。

これを持つ子供を見つけようとしているのが、国立大学附属の入学検査です、と。

私立のように、卓越したリーダーシップを持っていることとか、究極に頭が良ければ絶対入れるというわけではない。
うん、くじ引きあるからね。

また、国立小全般に言えることだが、特に筑附小は子供たちに対して手厚いケアはしないそうだ。

実際に、このお受験塾の卒塾生で筑附小に入った女の子が、1年生の時にいつもいつも特定の男子からからかわれいじめられるということがあったと。
蹴られて帰ってきて、しょっちゅう足にアザができたりしてたと。
まあ好きな子へのからかいなのかもしれませんが、やられる方はたまったもんじゃない。

お母さんが心配して、学校の先生に相談したら、
『とりあえず様子を見守ってみましょう。』
と言われたそうだ。

「国立の先生ってことはみんな公務員ですからね。
 公務員すごい得意ですよ、見守るの。」
とお受験の先生が言ったのがツボ。
たしかに得意そうだ(笑)。

見守るって言葉は良いけど、見てるだけで何もしないですからね。

で1年後。
どうなったか。
いじめはなくなったそうです。

それは男の子のからかいが止んだのではなく、女の子が蹴られたら蹴り返すようになっただけ。

そういうメンタルの強さを持った子ども。
それが筑附が欲しい子ども。

なんだそうだ。

『素直に聞く』の方は、はむてるはすんごい素質持ってるけど、
メンタルの方は難しそうだなぁ(笑)、と思っていました。


そして、行動観察という検査。
これの目的は、たぶん「発達障害を持っている子供かどうかを見ているのではないか」というのがお受験塾の先生の見解。

お受験塾には兄弟姉妹でかよっていらっさるお子様たちもいらっさりますので、
そういうところから情報が流れてくるらしい。

何年か前に、どうやら多動に近い子が入学試験をパスして入学して、授業中に立ち歩いてしまう、勝手なことをしてしまう、といったことがあったようだ。

それはその子が悪いわけではないけれども、実験の被験者としてはそぐわない。

その翌年くらいから、この行動観察という検査項目が増えたとのことで、
みんなでグループになって、一緒にスポンジを積み上げましょう!
目指せスカイツリー!!なんつって対して面白くもない行動を自分で考えてやらせると、
そういうお子さんはやはり自分の思考に沿った方向に動いてしまうので、
一目瞭然でわかると。

だから、これは発達障害にグレー判定が出ていたりするわけじゃなければ大丈夫。
一生懸命がんばれ〜で、どれだけリーダーシップを発揮できるかとか、
独創的なスカイツリーを設計できるかとか、そういうことは見てません。
ということでした。


色々と、検査の内容には意味があるのだねぇ。
posted by 千之 at 17:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

なんか、ちょっと心が痛い(笑)

最近ウルがうるさい。
いや、前からうるさかったけど、うるさいの方向性が、
「兄がもらうなら、自分も。
 兄がやるなら、自分もやる。」
つまり、兄と自分を同等に扱えと。

でも抱っこは自分だけというウルクオリティ。

そんなこの頃の一昨日。
通りがかりのブックオフにフラリと立ち寄ったら、はむてるが最近図書館でよく借りている「かいけつゾロリ」とう子供向けシリーズの本で、はむの好きな恐竜も出てくる1冊が200円もしないで売っていた。
何の気なしに買って、あとで渡そうと思って、
ウル。

絶対に騒ぐ…。

と思ったので、
「はい、お母さんの会社の人が、もういらなくなったからどうぞってくれました。」
といって渡した。

わたくしは甘い物が苦手なので、会社でどこぞのお土産とかで配られると、そのまま持って帰って子供たちに与えている。
だから子供たちには、「会社の人から」には、
・もらえただけラッキーである
・どれだけゴネても思うように手に入れることはできない
ということがしっかりインプットされておる。

本を掲げて踊るはむてる。
とりあえず騒がないウル。

ああ、良かった〜♪と思って、そのまま子供たちを風呂に入れにいった。
そして風呂からあがり、ウルを拭いている時、
「今度、会社の人にウルにもおもちゃとか下さいってして。
 電車のやつ。」
指定かーい(笑)!!

自分も欲しかったんだよね。
でも会社の人だから、どうしようもないから騒がなかったんだよね。

あんましこの方法は多用できないなぁ。
と思っていたら、昨日。
家に戻ったらはむてるに、
「これ、本くれた会社の人に手紙書いた。
 渡して。お母さんは読んじゃダメ。」
ハイハイ、ソーデスカと受け取って、寝た後見てみた。
DSC_2123.JPG
DSC_2124(1).JPG
自画像www;:゙;`(;゚;ж;゚; )

よっぽど嬉しかったんだなぁ。

そして会社の人の中の人は、自分で書くと筆跡でばれるので、
手書き風フォントでお返事制作中。
ウルには2缶セットでおもちゃがついてる缶コーヒーが売ってたので、ゲットした。
電車じゃなくって車だけど大丈夫かな(笑)
posted by 千之 at 10:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

お受験記3

筑附小のH24年度の受験者数は、男子2191名(うち1名ははむてる)、女子1981名。
第一次選考で抽選になって、だいたい男女とも1000名ずつくらいしか受験もできない。
大体50%。
どんだけ優秀な子でも、親がくじ運悪かったらテストすら受けられない。

さらに当たった各1,000名ずつの2,000名が受験のテストを受けて、120名ずつの240名が合格。
その120名ずつが第三次選考のまたくじ引き。
あたった80名ずつの合計160名が見事入学資格ゲッツなわけです。
男子の合格率3.7%とかどんだけ無理ゲーwww

まぁ、この時点でほぼ親は諦めモードよね、ぶっちゃけ。


それでも一応お受験塾の模擬テストにはむてるを突っ込んでみました。
結果として失敗したけど、お受験に挑戦したことは、ものすごくはむてるにとってもわたくしにとっても良かったと思っています。

去年の夏。

お受験塾の筑附小対策模試にはむてるを連れて参加。

模擬テスト中は、親は別室待機なんですが、そこでの話が結構面白かった。

お受験塾の先生はのたまいました。
曰く、
「本当に優秀なトップレベルの子だけが欲しいのであれば、ざっくり半分も捨てない。
 つまり、筑波が必要としているレベルは、1000人いれば120人は確実にいるであろうというレベル。
 合格率は4%弱、でも合格できるのは上から12%には入れれば良い。後はくじ運。」

なっ、なるほどにー。

でもそれでもはむてるには充分ハードル高いがな。


そしてやはりお受験塾、テクニックやノウハウが違うよね。

なんで筑波がその試験をやるのか、そこから教えてくれるわけ。

運動の「クマ歩き」。
いわゆる四つん這いでの前進。

テスト会場には、Uの字型に15m程テープが張られていて、そこのラインを踏まないようにお手本のようにやれ、と言われるのだそうだ。

そしてこのクマ歩きで見るのは、運動神経の良し悪しでは無い、と。

そりゃ早ければ印象は良いでしょうが、早さを競って早い子が選ばれるわけではどうもなさそうだ、と。

実際に試験を受けた子に聞くと、若い先生が監視している場合は若い先生が、
年とった先生がテストを担当してる場合は、筑附小の6年生が、見本を見せるのだそうだ。

わたくし全然知らなかったんですけど、筑附小って結構ガチな体育系らしいのね。

そんな学校の若い先生、もしくはえらばれた6年生。
当然めっちゃ早いわけ。
年長さんなんかでは絶対にできないレベル。

それを見せられて
「ハイ、こういう風にやってね。じゃあ君から。」
と言われる年長さん。

親からは「がんばって!!!」ってプレッシャーかけられてるし、
目の前でできるはずがないレベルの模範演技見せられて、
周りでは順番待ちの子がずらっと見守っていて、場合によっては
「見ている人は、一生懸命応援しましょう!」
なんて言われて、「がんばれー!!!」という中でやる。

つまり見ているのは、運動神経がいかに良いか、ではなく、
その子のメンタル的なタフさである、と。

あがって指示内容がすっぽ抜ける、
声援に気圧されて泣いてしまう、
早くしなくちゃと焦るあまり前転ができなくてその場で立ちすくんでしまう。

そんな子たちより、多少遅くても、たとえ前転で横に転げても、
それでも自分がやらなきゃいけないことをきっちり認識して、やるべきことを全力でやる。
失敗しても、そこで泣いたりめげたり止めたり逃げたりせずに、
次にやることに意識をきちんと切り替え、自分の力を出す。
できそうにない目標でも諦めずにチャレンジする。
多少の失敗でめそめそせず、むしろ「あー、やっちゃったー!!でも次こそ!」というポジティブな姿勢。
もちろん、最低レベルの運動神経も見てるから、普通に早めな必要はあるけれど、
究極の速さよりもそういったメンタルのタフさの方が大切だとのことでした。


なるほどねーーー。

なんだこのテスト?、運動神経見たいんなら徒競走とかじゃねぇの?(ハナホジ)とか思っていたわたくしには、
目からウロコでございました。

続く
posted by 千之 at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

お受験記2

とりあえずまったく小学校受験なんてものがわからないわたくしたち親。

受験日程なぞを調べてみた。←筑附小のHPを見た。

えっと、受験関連の日程、全部平日なんスけど。。。

なんの日程かっていうとね、
まず募集要項の配布←行かなくちゃくれない
願書の提出←かろうじて郵送
第一次選考(抽選)←行って当たってたら当日手続きが必要
第二次選考受付←抽選とは違う日もちろん持参のみ受付
第二次選考日程表配布←受付とは違う日、行かなきゃくれない
第二次選考(検査)←本人のテスト受ける日
第二次選考発表←見に行って受かってたらその場で手続き必要
第三次選考(抽選)←二次選考発表の次の日
入学資格者発表←第三次選考の次の日

これらがざっとほぼ全部平日。

マジッスか?

でもなぜか木曜日にほとんど集中してる。

イケる!←木曜休みな人

ということで、お受験に向けての日々がスタートしてみました。


筑附小の選考は、ペーパー問題と工作と運動と実技からなるらしい。


筑附小は、生まれ月によって4か月ごとに区切られ、ABCというクラスになっていて、早生まれはむてるはCクラス。
ペーパー問題は、amazonでポチってゲットしました。
Cクラスは、問題も簡単なので、はむてるでもある程度できてた。
でも母親に似て詰めが甘く、ちゃんと問題を読まずに取り掛かるので、最後のひっかけくさいところは見事にひっかかっておった。

工作も、amazonでぽちりました。
いや、クリップ○個とプリンカップとモールと画用紙と輪ゴムと年度1センチくらいととか全部用意してやれば数百円できるんだろうけど、そういうのがセットで数千円で売っててさ〜。←めんどくさかった
そういう図工的なことが大好きなはむてるはノリノリ。
が、本末転倒に自分の持ち味を出す。←ダメじゃん!

運動は、筑附小伝統の選考問題。
「クマ歩き」。
そして年によってはそこに前転も加わるという。
いわゆるでんぐり返りな。
はむてる、でんぐり返り、できないんだよねぇ。。。。
クマ歩きは、右手と右足が一緒に出ちゃってたんだよねぇ。。。

実技は、その年によって違うらしいが、テキトーに数人でその場で集団を作られ、例えばスポンジを積み上げるとか、じゃんけんゲームとかをやらされるらしい。
運次第、やな。

ということがわかった。


わかったけどさ、これを1人で家でちまちまやってて、それでぶっつけ本番で連れてって、
初めての雰囲気の中で、全力を出してやれっていや、はむてる無理っしょ。
いや、オレも無理。
どんだけハードモード。

と思ったので、模擬試験くらい受けさせてやるべかね〜といわゆるお受験塾の門をくぐることになったちゆき・はむてる親子である。


でもね、このお受験塾もいっぱいあるのよ。
何が良いのだか、どこでやればいいのかわかんないよぅとか思ってたら、あるお受験塾の名前が目を引きました。

なんで目を引いたかっていうとね、筑附小の校章「桐」なんだよね。

しかも筑附小のPTAって名前が着いててさ、その名も「若桐会」

ということは、その桐を名前に入れている塾はきっと筑附小対策が得意なんだろうなぁと踏んだのさ。


ここが模擬テストだけでも受けられるので、まぁそれで良いでしょって申込みをぽちりつつ、amazonで買った問題集をやらせていた去年の今頃でした。
posted by 千之 at 16:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。