2005年12月16日

けつこんの宴―宴の仕度<招待客の選別編>

店のキャパは63名。

それに大して料理人ズ父は9人兄弟、母は4人兄弟。
父ヨシノブは7人兄弟、母マキコは4人兄弟。
全部を夫妻で招待したら、親の兄弟たちだけで40人(白目)。

「わたくしたちに血の繋がりがある人のみでお願いします。」

これで半分の約20人に減らすことに成功。

そんで他の招待客。
でもキャパ63に63人詰め込んだらみっちみちじゃない?
じゃあ、上限50までにしよう!
じゃあ残り30人、半分ずつな。
ってことで、お互いに誰と誰と誰と誰を呼ぶかご相談。

料「えぇぇ、15人?ボク店だけで最低でも15人くらい・・・。」
ち「ばぁか!!!」
料「ダメ??でも言っちゃったんだも・・・。」
ち「ざけんな。今働いてる人だけでいいんだよ、なんで支店とか辞めたヤツまで数に入れてんだよ!」
料理人がええかっこしてお店で触れ回っていて、わたくしキレる。

ちなみにわたくしは友人が少ないので、
会社 2人 ・ 副業関係 3人 ・ 友人 6人 ・ 昔半年ほど養ってもらったご夫妻 2人
合計13人
これに
親戚 7人 ・ 親 2人 ・ 妹 1人
を足して、合計23人

料理人は、削りに削っていろいろごめんなさいって言ったらしく、合計25人。

わたくしたちを含めて、合計ぴったし50人にあいなりました。

これで招待状を発注。
ちなみに宛名書き1通350円もしやがるのよっ。
きぃぃ。
かといって自分で書くのは不可能だし、
パソコンで作る暇も気力も根性もヤル気も無いので、金で済むものは金に物を言わせる。
そして貧乏。


そしたら、この招待状の返事がまた笑えるのよ奥さん!

下の方の空いてるとこに、
できれば
  ヽ/
 ※サト子と一緒に出席させてください。』
とか書き添えてあってびびったりする。

いや、サト子呼んでないから!
みんな片方だけなんだから、一ヶ所だけ夫妻でとか呼べねぇっつの。
っていうか「できれば」の字、あきらかに後から付け足してるよね(笑)??
っていうか「できれば」の字、ちっちゃ!!!!

そうかと思うと、普通に『御出席』に丸だけつけてあって、何も消さずに住所・氏名・電話番号だけ書いて返信してくれる人もいる。

ちなみにうちのアホ妹あちゃきちは『御出席』の『御』だけ二重線で消して、
芳名  アホタレあちゃきち
 御住所  東京都千代田区1−1−1
 御電話番号 090−1234−5678』
で返してきた。
おまへ、もう27だよな・・・?
今まで、そうやって書いてきたわけ??
もちろん超速攻で、姉の愛を持って超ダメ出しをくれる。


他にもねぇ、ちょうど招待状を出して返信待ちの時に伯父さんの葬式とかあったもんでね。

「あのねぇ、ちゆきちゃんの結婚式ねぇ、東京の電車とかわかんないから、マチ子(娘・わたくしの従姉)に連れて行ってもらうから!!」
と横浜在住の叔母(63歳)に言われ、
「ありがとうございます。お呼びたてしてスミマセン。」
って言ったら、2時間後また
「マチ子に連れて行ってもらうの!
 帰りもね、わかんないからマチ子に待っててもらってね
 時間潰す場所も東京だからいっぱいあるでしょ?
 それで終わったらまた連れて帰ってもらうの!!」

と言われる。
『ハハーン、こりゃ席空いてりゃ娘も招待してくれると嬉しいわってことやな。』
と思い、
「ほんと、スイマセン。ありがとうございます。マチ子さんも、ごめんねぇ。」
とアホな子のフリをしてすっとぼける。
葬式が終わって帰る時に、100mほど離れた地点から
「結婚式ーー、マチ子に送ってもらうからねーー!」
と叫ばれたので、
「ありがとうございますーー、よろしくお願いしますーー!!!」
と叫び返して終了。

改めて横浜から東京でも年寄りには大変なんだなぁと思いを馳せる
なので最初鎌倉〜東京なのでお車代は出さないつもりだったけれど、
送ってきてくれたマチ子さんに「お車代」名目で渡してくれるように5,000円をポチ袋で用意することをDドライブ(料理人の頭)にメモる。
「お車代ポチ袋5000円1個追加ね!」←メールした

それ以外にも料理人の元同僚で今は違う支店にいる人が呼ばれてないってむくれてるという通報が来て、
「追加してよい?」
と聞かれたので「一人だけならいいんじゃね?」ということで、慌てて招待状発送したら欠席で返事が来たとか、
(どうやら招待状を料理人が筆耕に出すのをサボリすんげぇ汚い自筆の毛筆で宛名書いたのと料理人が「出すの忘れてて」という至上最悪な嘘ついたのが気に入らなかった模様。ま、当然だわな。)
わたくしの友人二人が喧嘩して、片方の返事が締め切り過ぎても来なかったとか、
ドロドロしたしょっぱい出来事が色々あったけど、大しておもしろくないので省略。


posted by 千之 at 16:33| Comment(9) | TrackBack(0) | けつこんの宴(完) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ〜いろんなことを思い出しました。
ウチの田舎では父親の友人とか父親の世話になってる人とかなんやら新郎新婦には関係の無い人まで呼ぶ習慣があってですね・・。
その辺を如何するかとか・・。
話し合った記憶があります。
勿論私たちの方針で省かせて頂きましたが・・。

去年お姑さんに「娘婿(←私の旦那の妹の旦那)の弟のケッコン式があるから呼ばれるかも知れないのであんたらが行ってな」と言われビビりました。
普通そんな所まで呼ばんやろう。
でも場合によってはあるらしいです。
今回は呼ばれませんでしたが・・ほッ=3

田舎のケッコン式恐るべしですよ。
ま、こんなところもあると言う事で・・。

私たちの時はだいぶカットしたにも関わらずそれでもしがらみで呼んだ人物も居りました。
今はもっとクールに自分が会いたい人だけに来てもらえば充分だったなぁと思っとります^^。

ちゃんとした考えを持って実行できる千之さんがカッコいいです^^。
Posted by らび at 2005年12月16日 19:14
50人ですか!それはカットするの大変でしたね。
でも本当に呼びたい人(でもない?)のみの結婚式で羨ましい気も…。
こちらは顔も知らない人が中にはいるから…。
出欠の返信ハガキには、ヤキモキさせられたり、笑ってしまったり。
返事出さない人って何人かいるんですよね。
招待してない人が、結婚式当日に来たときには焦りました。アホすぎる…。
Posted by てるん at 2005年12月17日 13:40
前に居た会社で、後輩の披露宴に、
「楽しみにしてるよー。」と呼ばれる前から、つい言ってしまった事があります。
どうやら大きい披露宴で無事呼ばれましたが、
今でも後輩が気を遣って呼んでくれたんじゃないかと
くよくよ思い悩んでおります。

私の披露宴では、未亡人のおばさんとその内縁の夫の続柄をどうするか激しく悩んだ事があります(苦笑)。
無難に伯父伯母にしましたが、苗字が全然関係無いので超不自然!
Posted by 潮路 at 2005年12月18日 00:09
こんにちは!
なんとか千之さんの所に辿り着く事ができたら
たくさんの方達のリンク先があって
一度で何個も得した気分です〜。
ありがとうございました。
これでまたイロイロなオモシロ日記が見れます♪良かった!
結婚式って話には聞いてたけど本当大変ですね。
ちゃんと計画性と行動力と忍耐力がないと、
手のつけようがない事になりそう。
私の性格上、式挙げないで正解だったかも。
さぁて、宴の始末はどうなるのかなっ?(笑)
Posted by kirin♪ at 2005年12月18日 13:05
妹の結婚式で色々苦労があったのを思い出しました。
招待状の返事のあれこれには、笑いますよね。
さすがに2回目の結婚の時は地味に地味にと言う事で
見た目の派手な私は敬遠されまくりました。
「見るからにかたぎじゃないから」
と言うのが、先方のご両親の私に対する印象だったそうです。
その頃の私は本社ビルの受付でしたからね〜。
そりゃ立場上、確かに華やかでした(笑)
受付に暗くて地味なコを置くわけがない。

今の方がずっと地味。すっピンにメガネだもん。
<ホステスやってるのバレたら困るからさ(爆)

この続きを楽しみにしてます。
ウエディングドレスくらい着てもいいのでは?
学芸会だと思って<後姿でいいから見たいし!!
Posted by らびっと at 2005年12月18日 17:38
いろいろ大変だった自分の結婚式が思いだされました。
招待客ビックリする人数だった。
そして支払った金額にこれまたビックリ!
招待客は殆ど老人、そして夫婦での出席
今までいろんな結婚式に行ったが、自分の
披露宴が一番ビックリ。
心の中で「結婚式が葬式になりそうだ」
なんせ、老夫婦が沢山。
Posted by どんちゃん at 2005年12月18日 18:06
さすが千之さん、ぐっじょぶです!
でもさ、義理でいく結婚式ほど辛いものはないから、
新郎新婦がほんと〜〜に呼びたい人だけでいいと思うのよ。
そうそう発起人ですが、会費制だからだよね。
「新郎新婦のために私たちが披露宴を催しました。」ってヤツです。
ま、形上ですがね。
友達とか職場の同僚とかがなることが多いですね。
受付やったり、新郎新婦のプロフィールとか書いたしおりを作ったりetc。
Posted by snowman at 2005年12月18日 20:41
そ・・・そんなに大変なんですね;;
結果的にサト子さんはお呼びせずだったんですかね?(笑)
ってか・・・
あーうーあー。
この場所やら日程やらドレスやらナンやらってこんなに大変なんですねぇ。
勉強になります。。
ってことでやっとこさ重い腰をあげ、開設しました。
また覗いてやってくださーい。
Posted by みる at 2005年12月19日 00:40
らびさん
その思い出したことを日記に書いていきましょう。そうやってネタというものは繋がっていくものなのです(ニヤリ)。
っていうか田舎のケッコン式はすごいですよね。最初結婚式やらねぇって言ったら、実家の方でお食事会だけって話になったんですけど、実はお食事会って名目のわたくし側だけの結婚式を画策してやがったんですよウチの親(笑)。
あのー、旦那の妹の旦那の弟って、それはたんに他人なのでは??とか思ってしまいます。及ばれなくてなによりです。


てるんさん
カットするのは大変でもなかったですよ。わたくしは。←友達少ないから
料理人は大変だったみたいだけど(クスクス)。
っていうか、招待してない人が当日来るってありえなーーーい!!その辺の思い出話を日記にゼヒ(笑)!


潮路さん
だいじょうぶですよ。楽しみにしてるよ〜の時の後輩さんの顔がすげぇ微妙とかじゃない限り、きっと最初から呼ぶメンツでしたよ。
伯父伯母超不自然でも大丈夫!!どうせ誰も覚えてないから〜♪←その前に大して見てない人


kirin♪さん
ワーイワーイ、きりんさんだーーー!!!
もうきりんさん大好き〜。宴の始末に気付いてくれるあたりが特に(ニヤリ)。
計画性と行動力はブライダルプランナーという京極堂のごとく何でも解決してくれる担当者がいるので何とかなるのですが、忍耐力はかなり必要です。


らびっとさん
ウェディングドレス、着たい方はどんどんお召しになれば良いのですよ。わたくしは着たくなかったのです〜。心の底から(笑)。


どんちゃんさん
わははははははは!!!!
自分の結婚式が一番ビックリて!!!!
ごごごごめん、笑いすぎた。
結婚式が葬式て(笑)!まー、年よりは留袖で黒っぽいから余計やねぇ。
その辺のネタ日記もお待ち申し上げておりますよ(ニヤリ)。


snowmanさん
げええええええええ、発起人頼まれたくねぇえええ。←本音
義理で呼ばれるよりイヤかも。なんで結婚式ってのは人を巻き込むようなシステムになってるのかねぇ。
もー迷惑!!!!←先日大迷惑かけた本人


みるさん
呼んでませんよ(当然)。
場所や日程は比較的(わたくしの場合)楽でした。面倒なのは、、、、親との戦いでしたねぇ(白目)。
覗かせていただきました。これからもみるちゃんの文章が読めるのがすごく嬉しいです。
タクさんにもよろしく〜。
Posted by 千之 at 2005年12月19日 11:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。