2008年12月24日

言うべきか、言わざるべきか

それが問題。

っつか、言うにしもどうやって伝えれば良いのだろう…。


まだ前の日記の話を引きずっております。

捕まえに走らないといけない。
いけないことはいけないと叱らなきゃといけない。
泣いてもダメなものはダメだと教えないといけない。
公衆の面前で大泣き始まったら、ラグビーボールのごとく抱えてでも人気のないところに行ってから、改めて叱って諭さないといけない。

そうしなきゃいけないのは当然の大前提として、
それをできていない人に向かって、
した方が良いと、


言うべきか
言わざるべきか


本当に難しいッス。

正直ね、このまま親御さんとお子さんが変わらないようであれば、遅かれ早かれはむてると接触させるのを躊躇するようになる日が来てしまうと思うのです。

それはちょっと悲しいかもしれない。

でもね、わたくしが
「捕まえに行った方がいいよ」
って言ってもさ、実際わたくしにはそんな経験無いんですよ。
それははむてるのおかげ様なんですが。

経験もない苦労を知らない人間が、ああしろこうしろって、子どもを育てたことが無い人に子育てについてダメ出しされるのと一緒くらいにカチンとくるのではないかと思うのです。
苦労をしている人が、苦労を知らない人間に言われたら、誰だって思うと思うのです。
「実態を知らないくせに」
「口で言うだけなら誰だって言える」
「机上の奇麗事を言うのは簡単だもんね」


いや、わたくしが実際に子育て経験のない友人に、
「ママ友って大事だって言うよ!子供のためを思うなら。ちゃんとやらなきゃ。」って言われた時に『うるせーな』と同時に上記のことを思ったんですよね。

親御さんを傷つけるのが目的ではないのです…。


では、わたくしが一緒にいる時にお子さんが走り出した時、わたくしが走って抱えに行っても良いのだろうか?
幸いはむてるは
「ちょっと待っててね。すぐ戻ってくるから。」
と言えば、数分間でわたくしの姿が見えているor声が届いていれば
「あい。」
と待っていることができる子なので、はむてるに言葉をかけてから捕獲に走ることは可能。

でもそれを目の前でやられて、良い気分な人はいないよね。

っつか、そこで「ラッキー、楽じゃん。」って言うようなヤツなら、付き合いを断る。

件の親御さんは、わたくしが走ったら気に病む。
絶対に気に病む。
そして自分が走るようになるだろうが、そうなるとヘルニア悪化させても走ると思うのよね。
自発的にだとできる手加減も、人に迷惑かけられないと思うと、限界超えてもやるじゃない?

それも望むところではないのですよ…。



言うべきか、言わざるべきか。

言うとしたらどうやって伝えれば良いんだろう?
言わないとしたら、放っておくしかないのだろうか?


難しいッス。


posted by 千之 at 11:03| Comment(9) | TrackBack(0) | 子ばなし 12/27up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に難しい所ですね。
躾は人それぞれと言われてしまえばそれまでだし。だからって、他人に迷惑をかけてしまうこと。泣き喚けば思い通りになると思ってしまうこと。決して良い事ではないですからね。。。

千之さんって偉いな〜って思っちゃいました。
普通だったら、一緒に思われるのが嫌だな〜とか思うようになると、少しずつ距離を置いちゃったりするじゃないですか。
それをせずに、注意するべきかどうか悩むなんて。

私だったらどうするか考えてみたんですが、察するに、相手の親御さんは千之さんより年上ですよね?
やっぱり年下の人から子育てについて諭されるのって、普通に考えたらすごく嫌だと思うんですよね。
それが正しい事を言われれば言われるだけ、腹が立つというか。
だから、私だったら言葉で伝えるよりも相手に気を使わせてしまうかもしれないと千之さんが思いとどまっている「自分が行動する!」というパターンを取ると思います。
「私が捕まえてきても良い?」と確認した上で、それがいけない事なんだよって教えてあげたり、泣き叫んでもダメなんだよと
言ってあげたい。
で、一緒にいるときは私が動くから無理をしないで欲しいという事を親御さんに伝えるかな〜と思いました。

他人の子育てについて、その子の将来について真剣に考えてくれる友人って大切な存在ですよね。
私だったらそういう人を大事にしたいから、千之さんが伝え方を間違えなければ、きっと感謝されると思います。

私は最近気付いたんですが、自分の子供のことになると多少は良いか〜と思ってしまうことがあります。
もしくは親になって他人の子供の行動が以前より寛大な心で見れるようになりました。でも、間違いなく以前の私が感じていた感情が一般的な子供の躾に対する感じ方なんだと肝に銘じて、周りの目を気にするようにしています。
でも、ふと気付くと、これって他の人から見たら迷惑?!と気付く事があり・・・本当に難しいですよね。
Posted by もえ at 2008年12月24日 14:44
むーー難しいですね。
直球で伝えると傷つけてしまいそうだし、親に病気や障害があったとして子どもを育てる権利もあるわけですし、各家庭の事情もあるし。

もし自分だったら、あまり考えず捕まえに行っちゃうと思います。
そのあと大泣きされたら対処しきれないですが、それでも走りっぱなのは、周りにもその子自身にもよくないと思うので。
ヘルニアってなぜか自分の周りに多くって知らない病気じゃないし、辛いだろうなって思うのもありますね。助け合いというか。
私は子どもがいないから、子ども同士のつながりとかは考えないってのは大きいですかねえ。

ところで今日ってお誕生日ですよね?!おめでとうございます☆
Posted by siho at 2008年12月24日 22:06
いや、マジで難しいっす。
私なんかは特に子供を育てた経験が無い訳ですから『言うだけなら誰でも出来る』
『言ってる事は正しいけどそれを押し付けないで』『じゃあ、実際に育ててみろよ』と言われたらそこまでですし。
自分でも『綺麗事言ってんのかなぁ?』と思う事もあったり。


本当だったら言ってあげるのが良いんだろうとは思うけど、読む限りではそのお母さん、自分を責めて思い詰めるだけで終わってしまいそうな感じだし、それは千之さんの本意ではないですよね・・・

いやあ、本っっ当に難しい!!!
私なら一回でFOしてるところです。
千之さんは偉いなぁ・・・

結局なんの意味も無いコメントになってしまって(汗)ごめんなさい。
もう少し、無い知恵絞って考えてみます(泣)


・・・暗くなっちゃったけどお誕生日おめでとうございます!!!

私には皆腫れ物に触るような扱いでしたが(笑)幾つになったって目出度いもんは目出度い!!!っすよね?


Posted by おこりんぼう at 2008年12月24日 23:07
わたしは子供いないから多分役に立つコメントできないかもだけど。

あたしがちゆきさんだったら、捕まえにいっちゃうな、多分捕まえてきてもいい?って聞きもしないで。
子供って親だけにしつけてもらうものじゃない気がするんだよね。あたしがそのお母さんだったら、自分の子供のように扱ってくれてると思ってうれしくなるかもしれないな。

もしそれで、いや〜って思われちゃったらあたしだったら、それまでって考えちゃうかもです。

しかし、むづかしいな。
Posted by julyspider at 2008年12月25日 16:08
うーん。
いい加減長い事子育てしてても、むずかしいよ。

はむてるくんが
一緒になって走り回る子だと
こらーっって、ついでっぽく一緒に捕獲出来るんだけど
いや、良い子に越した事は無いんですよ?
それはもう感謝感謝です。
ただ
うちはそんな感じで
手が空いてる誰かが捕獲!だったからなー。
そういうの気にしたことがなかった…。

千之ちゃんとそのお母さんが
どれくらいのお付き合いかとかねー。
もう少し仲良くなったら
色々考えないでも
ちょっと行ってくら〜!で
ぱぱーっと捕まえたり
気兼ねなく出来るんかな?とか…?
他のお母さんに言ってもらうときの方が
びっくりして効き目ある時もあるしね。

まあ、参考にはまったくならないね。
はい、いつもの事です。

お誕生日おめでとう。
Posted by なつ at 2008年12月25日 16:41
そのお母さんとの付き合いはどれくらいなのかな?ヘルニアである事も知ってるなら、
「チョット待ってて!捕まえてきてあげる!」ぐらいの声のかけ方でいいのではないでしょうか?
同じ年代のお子さんを持つと不思議と親の年齢が高かろうと低かろうと
あんまり関係無いと思います。
千之さんのとった行動で、もし疎ましく思うのであれば、そこまでの人と思うのです。
そのお母さんなら、そう思わないと私は感じます。見てハラハラしてるよりも行動しちゃった方がいいかもしれません。
Posted by みずすまし at 2008年12月25日 20:56
言い忘れました^^;

誕生日おめでとうございます♪
Posted by みずすまし at 2008年12月25日 20:58
本当に難しいところですね。
私はまだ子供いないから、そういうのに直面してないけど、
友達でもいるなぁ・・・口だけで言ってる人。
言う事きかなくて・・・って、思いっきり子供にナメられてるんだけどと思っちゃう。

そういうのって、ずっと第三者の人がハラハラしちゃうんだと思います。

Posted by どり at 2008年12月28日 21:56
●もえさん●
ああ、自分の子供のことになると多少は良いかと思ってしまう気持ち、わかります。
ありますよね。
自分が親になったからこそ許せるってこともあります。
でもそれでも許せないこともあるんですが(笑)。
躾は人それぞれと言われてしまうと、ほんとそこまでなんですよねぇ…。
相手は、わたくしより一回り近く上です。
正しい事だからこそ、正しいとわかっている事だからこそ腹が立つというのは、わかります。
次は、先方を動きにくいソファ席に押し込めて、わたくしが席を立ちやすいからという理由を付けて追いかけてみようかなと思っています。とりあえず。
それで放置しちゃいけんと知っているのはわかっているけど、その場所じゃ動けないよね、だから代わりに行くんだよ〜。という姿勢をとってみようかなと。
両親は本当に良い人たちなので、できれば距離をおきたくないのですよ。



●sihoさん●
あああ、ありがとうございます。誕生日でした(照)。34歳、なんか中途半端(笑)。

しかし、難しいですー。
親が、たとえば足に障害を持っていて走って追いかけられないとしても、じゃあ子どもが聞き分けできるまで連れて外出するなとはならないし、でも放置は絶対にやっちゃいけないし。
件の親子はその過渡期なのかもしれないですが、でも今の状態は絶対に良くないとは思うのですが…、どうやったら傷つけずに上手く誘導できるんだろう…。うーむ。
ヘルニアは、わたくしの周りにも多いです。座りっぱなしで長時間過ごす人が多いから??
あれ、痛いらしいですねぇ。



●おこりんぼうさん●
ありがとうございます。
めでたいものはめでたいと思います!!
わたくしは、はむてるに無理やりおめでとうと言わせました(笑)。

実際に経験したことが無いことをいさめるって、本当に難しいです。
傷つけても良いならいくらでもガッツリ嫌味を言えるのですが、相手を傷つけないようにって本当にムツカシイ…。
偉いのではないのです。それだけ親御さんが良い人なんですよ。
ただ、子どもがDNAも相まってパワフルでスピードがあって、聞きわけができないと。
親子両方の資質が、上手い具合に大変な方にコンボで向いてるので、労力を考えるとわたくしがはむてるを躾ける数倍・数十倍の労力が必要だろうなと思えるので…。
「子供は社会が育てるもの」とか言う寝言をほざくやつだったら、その場でCOですがね、ええ。



●julyspiderさん●
はい、むづかしいです。
でも次回同じことがあったら、ちょっとわたくしも走ってみようかなと思います。
聞きもしないで、当然やるよね?でもあなたは今難しいだろうから、わたくし変わりに行ってみたよ的な雰囲気を上手に醸し出せるように頑張ります(笑)。



●なつさん●
ありがとうございます(照)。

はむてるにね、内心『おまいも走れ!一緒に行け!』と念じているのです。ついでに捕獲だとベストですよね。
でもはむてる的全力疾走は、親譲りの運動神経の鈍さが幸いして(?)大人の普通歩行でも余裕で捕獲できるので、走ってくれても違うかも〜(笑)。
ちょっと行ってくら〜!でぱぱーっと捕まえられるようなざっくばらんな関係が構築できると良いなと思います。
たまには子どもぬきで会ってみようかなぁ。



●みずすましさん●
ありがとうございます(照)。

そうですね、「チョット行ってくる!」くらいの声のかけ方で行ける気軽な雰囲気を醸し出せるように頑張って、次はわたくしが走ってみようと思います。
彼女には、深刻に思い悩んだり、ヘルニアをさらに悪化させてまで走ったりしないですむような、軽い感じで。
その前に走る前を捕まえられると良いのですがね。
すばしっこいんですよ、本当にorz。



●どりさん●
そうなんです。
子どもがナメきってるのがわたくしでもわかる。
本人も薄々自覚してはいるようですが(保育士さんの前ではこんなことしないらしいんだけどね〜とか言ってて、親の前ならやっても怒られないって知ってるんだねってドキドキしながら言ったら、ほんとそうなのよで流されましたorz)、
がっつり自覚はしてないんだろうなぁ。。。
Posted by 千之 at 2009年01月06日 13:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。