2009年02月19日

見ちゃった嫌なもの

博品館は、日曜日前の中央通りが歩行者天国になると、
その路上にレゴで遊べるテーブルをセッティングしてくれている。

先日わたくしたちがギャン泣きはむてるを抱えて路上に出たら、
そのテーブルに座ってた母子がいたのですが、
長男(小学校高学年)がテーブルを背に博品館側のイスに座り、
その背に隠れるように母が博品館の買い物袋を広げ、
次男(小学校中学年)が、テーブルのレゴの山の当たりから両手で何かカラフルな物を持って、
母が広げた袋に入れてたよ。

わたくしたちははむてるに気を取られていたから、次男が持っていた物が何だったのか
ハッキリしっかり認識できたわけではない。

え??と思って凝視したら、もう次は無かった。

でもさ、たぶん、あれ、レゴをパクってたんだと思うわ…。

博品館の前には店員が立って販促やってたから、
「あの母子に注意した方が良い」
って言おうかと思ったんだけど、
店員さんちょうどその時ばーさんにつかまってたんだよね。

寒風吹きすさぶ中、ギャン泣きはむてるを抱えて
いつまでも立ち尽くしてられなくてその場を去ったのですが、
なんだか、嫌なものを見た気分でした。


泥棒の英才教育を受けた子どもは、
どう育って行くのだろうか。

反面教師にしてくれればよいのだが、
片棒を担いでいた時点でアウトな気がしないでもない。


願わくば、子どもたちが、盗みは悪いことだと、
気付いてくれますように。


posted by 千之 at 13:51| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
博品館、懐かしいです。
レゴって小学生の高学年が遊ぶもんではないような気がするんですけど、もしかして、売ったりするんだろうか…。
悲しい場面を見ちゃいましたね…。


↓遅ればせながら、はむてるくん、誕生日おめでとう!
2歳ですか。
なんか、つい先日「生まれました」の記事を読んだ気がするんですけどね…。
人の子は早い、と言いますが、
本当に早いもんですね。
ケーキの食べ方もうちの息子Aとそっくりだ。しかもホールで!
うらやましいー。
Posted by ぶきもり at 2009年02月19日 14:23
それって犯罪ですよね
母親が袋を広げるって・・・。
ほんとに嫌なもの、見ちゃいましたね
同じ母親として悲しいですし怒り?呆れ?覚えますね
博品館もチェックとかしないんでしょうか?
案外、いつも来ている親子かもしれませんね
Posted by みずすまし at 2009年02月19日 21:19
マジっすかぁぁぁ???
せっかくの遊びスペースを・・・
ほんと嫌なもの見ましたね。
世も末なのか・・・
Posted by どり at 2009年02月20日 09:49
はむてるくん、お誕生日おめでとう〜。

うちのムスメもぬいぐるみダメよ。
小さい時からね
キティの予想以上のでかさとか
ミニーのお化粧とか…(笑)
怖いと言うイメージがあって
大きくなった今も苦手です。



親が「今、私は泥棒をしている」と言う意識が
まったく無いんだろうね。
その時点で意味が分かんないけど。
「たかがレゴ」なんだろうね。
親ぐるみでやってるんじゃ
子供も「普通の事」って思っちゃうよね。
ソレっていけないことなんだよって
ホントは教えなきゃいけない立場なのになー。

この先
今までやってきた事がいけない事だったってて
分かった時の子供がまた可哀相だなー。
Posted by なつ at 2009年02月20日 09:52
●ぶきもりさん●
次男は、小学校2〜3年?くらいな感じでした。
もしかしたら盗んでいたのではないのかもしれないけれど、でも母親の袋を開けて持っている位置とか、次男の素早さとか、その後の様子とかが、いかんともしがたく怪しかったんですよね。
中途半端に見たくなかったです。
もっと確信を持って盗んでるとわかれば、もうちょっとなんとかしようもあったんですが…。
↓はむてるは、ありがとうございます。
本当にひと様の子は特に早いですよね〜(笑)。
ホールでケーキは、野郎どもは楽しそうでしたよ。


●みずすましさん●
見たとしても、もうちょっとしっかり盗んでいると確信できるような見方だったら、まだこんなにグラグラしないのですが。
博品館は、どうなんでしょうねぇ。
レゴから提供うけてるのかもしれないし、やられ慣れてるのかもしれないですねぇ。


●どりさん●
マジです。
料理人も同じように見ていて、でも二人とも「絶対に盗った」とは確信できず…。
何もできなかったのがなんだか苦しいです。


●なつさん●
ありがとうございます〜。
はむてるは、ちっこいぬいぐるみは意外と好きなんですよ。
まぁ使い道は、木馬がわりだったりするんですが(笑)。
でかい着グルミは嫌だった模様。
泥棒親は、「ちょっとくらい」とか「もらっちゃう」で「盗んでいる」という感覚ではないのかもしれないですね。
たとえ哀れだとしても、やってきたことがいけないことだと気づく日が来てくれると良いのですがねぇ…。

Posted by 千之 at 2009年02月20日 13:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。