2009年04月06日

放牧する親・しない親

先日、目を覚ましたら8時半過ぎてて(出社時間は8時)、もうイッキに働く気が失せ会社をさぼって、午後上野動物園に行ったんですけど、
その日の午前中は、せっかくの平日休みなので、はむてるを皮膚科に連れて行ってみたんです。

はむてるは皮膚が弱い上に超乾燥肌で、何も塗らないとかっさかさになってしまい、
本人がかゆくてかきむしってしまうので、
いつも皮膚科でローションと軟膏を出してもらっているのだ。

はむてるが通っている皮膚科は、待合室に一段高くなった子どもスペースがあり、
広さも3〜4畳くらいある上、テレビにはアンパンマンやNHK教育の子ども向け番組が流され、
ぬいぐるみも、本も、おもちゃもてんこ盛りに置いてある。

なので当然、子ども率高い。

その時もはむてると同じくらいから年長さんまで、よりどりみどりで10人ぐらいがいた。

ちなみに、母親の姿はたった一人。

ええええええええええええええええ。
超子沢山なお母さん???


うん、それはいくらなんでも違うよね。
だよねー。


唯一の母親は、自分の子(兄・妹)の面倒をみて、一緒にお絵かきしとった。

その他の子どもらは絶賛放牧中の放置子(notワカチコ)。

放置子たちは、ぎゃあぎゃあ騒ぎながらぬいぐるみに乗って飛びまわったり、ウルトラマンで戦ったり。
そして子どもを放牧して、自分は大人向けの待合スペースで雑誌読んでる母親。
子どもが小学生以上とかならまだわかるが、2歳なるかならないかくらいの子でもぽいっと子どもスペースに置いて、自分は大人スペースでどっかり座って、大人向けのテレビ見てたり携帯カチカチいじっておる。

はむてるは遊んでたミニカーを、
3歳くらいの放置子にもぎ取られて、持って行かれた。
すんげぇ素早いの。
もぎ取ってすぐにだーーーっと走って逃げられた。
たかだかミニカー1個(しかも共有のおもちゃ)を、わざわざスペースの反対側まで取り返しに行くのもなんだよなぁ?と思っていたのだが、
はむはしばらくぼやーっとしてからやっと取られた現実に気づき、
自分は何もしてないのにどうして取られたのかわからず、
ちょっと泣きそうになってきた。

ちっ、めんどくせぇなと思っていたら、
近くで母親と妹と一緒にお絵かきしていたお兄ちゃんがススッとはむてるの前に来て、
「これね、こうやってねくっつくんだよ。ほら!」
と、プラレール同士をくっつけて、はむてるの前に置いて動かしてくれた。

すぐに気を取られて目を輝かせ、トミカ取られたのも忘れるはむてる。
正直助かった。

お母さんは、はむてるがおもちゃ取られたのを知らないため、
「ちょ、お兄ちゃん、なんでいきなり乱入してんの!」
とびっくりしてたが、わたくしが事情を話してお礼を言って、
「優しいお兄ちゃんですね。」
と言ったら、
「外では優しいんですよ〜。家でもやってくれればいいのに(笑)!」
と笑ってた。

そのうち妹ちゃんが「おしっこー」と言いだしたので、お母さんはお兄ちゃんに待っているように言い聞かせ、
妹ちゃんをトイレへ。
お兄ちゃんは、おもちゃ箱からウルトラマンや怪獣を次々に取り出し、
机に並べて遊んでいたら、また別の放置子が略奪に来た。

堂々と目の前で選んで、お兄ちゃんに何も言わずに取っていこうとする放置子。
自分より小さい子だからか、じっと我慢しているお兄ちゃん。

恩返しのナイスタイミングじゃね??
と思ったので、
「勝手に持って行かない!今お兄ちゃんが使ってるでしょう。貸してねって言ってないよね?」
と言ってみた。
今思うと推定4歳児に当たりがキツイなわたくし(笑)。←子ども嫌い

放置子、シカトの上ウルトラマンをテーブルにぶん投げて逃げた。

ちなみにこの該当放置子の母親は、子どもスペースに背中をくっつけるようにして置いてあるイスに座って携帯いじってた人だった。
子どもには背中を向けて。

違う放置子は、母親から「帰るよ」って言われて棚のおもちゃ箱におもちゃを戻したは良いが、他の子がすかさずそれを取り出そうとしたのが気に入らなかったらしく、
棚の扉を開けようとする子の邪魔をして開けさせまいとしていた。
開けようとする扉をバンッと叩いて閉めて。

母親は、「ナニやってんの、早くしてよ。帰るよ。」だけで、子どもの方には目もくれない
つまり自分の子が意地悪やってるのに気が付いてない。

頭にきたので、
「そういう意地悪しちゃダメだよ!」
と大きめの声で言ってみた。

それでも母親はこちらを見もせず、来ることもせず、
「早く来い」
を繰り返すだけだった。

自分の子どもくらい、せめて目で追うくらいしろよ。


すぐ近くにいて親の目が届いているという抑止力もあるだろうが、
放置子たちとお兄ちゃん、そんなに年齢変わらんのよ。

親の違いが子の違いに如実に表れている気がした。

だからはむてるを絶対に放置子にはしないように頑張ろうと、改めて思った。

そして件のお母さんは、ものすごく絵が上手かった。
アンパンマンとか、マジで「作者?」みたいなレベル。

そんなお母さんがいなくなってから、わたくしもこっそりアソパソマソを描いてみた。
「はむ見て〜、これなーんだ。」
はむ「………だいよん。(ライオン)

……orz

ちなみに放置子(女子)には、「本読んで〜」とか話しかけられたが、まるっとシカトしたのは内緒だ。
「あのねぇ、ナントカちゃんねぇ、これねぇ。」
と話しかけられた時も、聞こえてないフリして目線を合せず、はむてるに気を取られたフリしてケツ向けたのも内緒だ。

なんでわたくしが見知らぬ他人の放置子の面倒みなきゃならんのだ。
あほか。←やっぱり子ども嫌い


posted by 千之 at 12:54| Comment(7) | TrackBack(0) | 子ばなし 12/27up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
だいよん、UPしてください。←鬼

子供持ってないからイマイチ
わからないですけど
乱暴したりいじわるしたりしてる子供
見ると、愛情足りないのかな〜と
ちょっと悲しくなります。
それにしても放置子の母親
人に迷惑をかけてるとかそういう
感覚を持ってないということ?
Posted by じゅみ at 2009年04月06日 13:18
千之さんGJ!!!!!←大絶賛(笑)

ワタクシはその(まるっとシカト)上に「いや、うるさいこのガキ!」と親に向かって言いますが何か?

この間もファミレスで走り回ってホールスタッフにぶつかりまくってた兄弟がいたので、子供を放置プレイで携帯いじってた母親に向かって言い放ってみましたが30秒後にそそくさと帰ろうとしたその母親に遠くから睨まれました(笑)

遠くから気持ちを伝えられてもねぇ・・・
近くに来て睨んでくれたらちゃんと買ってあげるのに・・・ケンカ(照)
Posted by おこりんぼう at 2009年04月06日 18:28
放置する親って、やっぱり放置されて育ったんだろうね。
我が親友が働いてる問屋さん(そこにメーカーとして入ってる)にも、
問題家族がいたみたいで、子供は放置状態。
自分からおばちゃんにぶつかっても、親には「あのおばちゃんがぶつかった」と言う。
そしてその親はいちゃもんをつける・・・
親友はジュエリー系の販売なんだけど、
修理に持ってきたらしく、そしたら・・・
「今日つけるもんがないから、どれか貸して」
と普通に言ったそうな。
世の中、変な人が多すぎる。
そりゃ、子供がダメな事やって、親に振り向いてもらおうってのも、
判る気もするなぁ。
Posted by どり at 2009年04月07日 11:07
いますよ〜うちの子が通ってる幼稚園にもむかっ(怒り)
母親がおしゃべりに夢中で子供が何度「お母さん!」って呼んでも聞こえてない。最近では子供もシカトされるのわかってるから、何かあると他の母親に相手になってもらってる。正直、その子がかわいそう。幼稚園の先生から注意されても全くわかってないから、その母親は…考えてる顔 他にもいるけどね〜
Posted by あや at 2009年04月07日 15:29
放牧する親は多いですね。
医者でもスーパーでも場所は選ばない。
放牧する親っていうのは、子供を叱る時は、
他人のせいにしたがる、
困った人達だよね。
「ほら、アノオバサンガ怒ってるでしょ!」と言う
何がダメな事か言えない親は多い。筋道をたてて物を言えるお母さんが増えるといいなあと思います。
やっぱ、親として子供の目線でいたいものですね
Posted by みずすまし at 2009年04月07日 21:19
いますよねー。そういう親って。
この間は、赤ちゃん○舗で見かけました。
アンパンマンがたくさん売っているコーナーで
兄妹らしき子供が売り物のアンパンマンで遊んでいて、
うちの子が私の父と一緒に寄って行って、その子達が
遊んでいたアンパンマンの人形の一つを手に取ったんですよ。
うちは父が一緒についていたから、気に入ったのがあったら
買ってもらおうかな位に思って黙って遠くから眺めていたら
遊んでいた兄弟がすかさずうちの子が持った人形を取り上げて・・・
うちの子はボーっとして、貸してくれないならいいやって感じで
その場を離れちゃったんですが、まわりにその子達の親らしき
人はいなくて。その後も売り物でずっと遊んでいて。。
知らないであれを買っちゃう人もいるんだよねと思ったら
嫌な気分になりました。
私も気をつけなくっちゃな〜と思ったばかりだったので
すごくタイムリーな話題でした。

ちなみにアンパンマン、結構単純そうで実は難しい!!

Posted by もえ at 2009年04月08日 09:39
●じゅみさん●
だいよんは、残念ながら磁石のペンで書くお絵かきボードみたいなものなので、スライドバーを動かした瞬間に消えました。
いやー、残念♪

子どもは、わたくしもはむてるまでの年齢しかわからないのですが、
2歳チョイの子だと、まだ「意地悪をする」という感覚は無く、一人占めして渡さないのは「全部欲しい」という物欲のみで、自分がやっていることが意地悪だという認識は無いです。
だからこそ、親が「それは意地悪なこと」「自分がやられたら嫌でしょう?」「だからやっちゃいけない」と教えていかなければいけないのだと思うのですが…。
どうして放置してるのかはわかりません。迷惑をかけているという感覚は、無いんでしょうねぇ。というか、迷惑かけてることがわかっていてなお放置はさらにどうかと思う。
ま、4歳児が意地悪という認識を持っていないかどうかはわからないけど。



●おこりんぼうさん●
やったー、GJもらえたーー!!!
わたくしが見た中で、最強だった方は、騒ぐ子供の襟首をひっつかみ
「この子の親御さんはどこですか!」
と大声で呼んだ人です。
慌てて出てきた親に、こんこんと子どもの悪さを伝え、
「すいません。」
とか言ってる(けどあからさまに面白く無さそうな)親に対し、
「謝らなくていいですから、自分の子をちゃんと見てて下さい。」
って言ってました。
そこまでできるように精進しようと思います。



●どりさん●
ジュエリーで貸してて…。
車の代車じゃないんだから。
無くても生活に不便ってことは無いでしょうにねぇ。
放置子は、親に振り向いてもらおうというよりも、欲望に忠実なだけだったのかなぁとも思うけれど、そんなサル次元の子どもたちを放置しちゃいかんだろうとも思います。
ちなみにわたくしは親がパチンコやってる間、車の中や、パチンコ店の休憩室に放置された子でした。妹は親と一緒になってやってた。
今思えば、うちの親もDQNだよな〜。
今度指摘してやろう(ニヤリ)。



●あやさん●
うっ、幼稚園で…。
それ、キツイですねぇ。
わたくしの耳鼻科のように、今後繋がりができることはほぼ無いことがわかっている放置子なら、シカトしてもなんちゃーないですが、同じ幼稚園の子だとなかなかまるっとシカトも難しいですよね。
っていうか、相手するのが嫌なら産まなきゃいいのにねぇ。



●みずすましさん●
ああ、スーパーにもいますよね。
走り回ってるガキんちょ。ぶつかってきたら大きな声で「痛い」って言いますけど、子どもは走って逃げるし、親は「危ないよ〜」。
おまへの子どもが危ないんだよ(怒)!!!
そういう人に限って、自分の権利には敏感なんですよねぇ。
あー、やだやだ。反面教師として頑張ろう。



●もえさん●
アンパンマン、何気に難しいですよね?ね??
じゃあ、何ならかけるんだと言われても、それはわたくしの口からはとてもとても。オホホホ。←絵心ゼロ

あー、赤ちゃん本○は、いますねぇ。。。
売り場で放置子って、もし商品に何かやらかしたら買い取るの嫌だから、わたくしは怖くてできないですが、子どもを放牧する人は買い取ったりしないんでしょうね。
わたくしも放置子たちの行動を見て、はむてるを放置子にはしないように気をつけようと、すごく思いました。
自分の子があんなクソガキになったら嫌だ。
クソガキがそのまま大きくなったら、親が苦労しそうですしね(笑)。
今のうちに苦労(と言うほどたいそうなことじゃないけど)した方が絶対に良いし。
Posted by 千之 at 2009年04月08日 11:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。