2009年08月20日

なんでやねん

はむてるが皮膚科に行ってきました。
水イボみたいのができて、保育園はいまだに水イボがあるとプール入れてもらえない(横で一人タライになる)ので。

そしてはむてるは、この皮膚科の院長であるT先生に、
ものすごーーーく気に入ってもらってる。


たぶん、理由は泣かないことと、坊主なこと(笑)。


はむてるの診察になると、
T先生「おおっ、はむてるっっ。会いたかったぞーー!元気か?ん??」
とか言いながら、先生、坊主頭にちゅーしとる(笑)。

ちなみにT先生は50過ぎのオッサンだ。

そしてT先生、
良い先生だと思うんだけど、顔怖いし口悪いんだよねぇ…(遠い目)。

あと子どもに対しては優しいけど、大人に対してはもうホントに容赦ないから、
親が怒られているのを見て怖くなった子どもが泣きだすことも多い。

以前、
T先生「だからね、俺はこの処方がこの子にとって一番いいと思って出してるわけ。
それなのに、勝手に漠然とステロイドが怖いからって塗らなかったら、治るもんも治らないでしょ。
ステロイドに対しては考え方が違う人がいるのも知ってるよ。
でも俺は俺の考え方でしか処方できないし、するつもりもないよ。
俺なりにメリットデメリットも考えて出してんのに、素人の親が何となく怖くて塗りませんでした、治りませんって当たり前でしょ。
それで治せって言われても無理だって。
使い方だって説明したよね?
べったり塗れって言った?言ってないよね?
掻き壊れる前に薄く塗ってやれって言ったよね?
この軟膏は一番弱いのだっても言ったよね?
そんなにステロイド塗りたく無きゃうちに連れて来なきゃいいじゃん。
なんでうち来んの?他のステロイドは絶対出さないってとこ行けば?」

って言ってたよ。


正論だけどおっかねぇえええ(笑)。


親は半泣きで謝って、ちゃんと塗りますのでお願いしますって言ってるんだが、
もう子どもがギャン泣き。

T先生「ちょっ、俺お前にはまだ何もしてねーだろー。
なんで泣くんだよっ!!!
おーい、小児科じゃねぇから痛い事もしたことねーだろーよ。
ちょっと腹だけ見せてくれよ〜!
頼むよ〜〜。」

親が無理やり腹出させて、子ども泣きながらだが、T先生診療。


親が叱られて無くても、先生の顔が怖くて泣きだす子も多数。



そんでもってはむてる。
はむ「こんにちは!」
T先生「はい、こんにちは。」
はむ(アテクシに向かって)こんにちはって言ってくれた!Tしぇんしぇえ言ってくれたよっっ!!!」

T先生「いいなぁ、はむてるはー。(と言いながら坊主頭をシャリシャリ)

医者だって人の子だもん、そりゃはむてるは好かれるわ。

はむ、基本的にニブイからなぁ…。
怖い顔はわたくしの父ヨシノブで免疫あるしなぁ。
つられて泣くとかあんま無いしな。
っつか、周りが泣いててもたぶんあんまり気付いてない orz。


そんなはむてるが、皮膚科で水イボ取り。

今までは小児科で取ってもらっていたのだが、
小児科では事前にペインレスというシートタイプの麻酔薬を貼っておいて、
2時間くらいしたら行って取ってもらう感じ。
これだと痛みは全く無い。

でも今回は小児科がお盆休みをだったので、
水イボでは初めて皮膚科にお世話になった。

今回は料理人が連れて行きました。


皮膚科では、浸潤麻酔を塗ってすぐにさっさか取るので、若干痛みを感じる子もいるらしく、それ以降嫌がることもあると聞いていたので、今まではペインレスな小児科にしていたのだが、どうなることかと思っていたら、

はむてる、全く泣かなかったそうだ。

しかし、その日は担当医がT先生じゃなかったんですと。

「Tしぇんしぇいは?」
「Tしぇんしぇえ、いないの。」
「Tしぇんしぇ…」


はむてる水イボ取りでは泣かなかったが、T先生がいないことで泣きそうになっとったそうで(笑)。


そんなこんなで無事水イボも取り終わり、会計待ちをしていたら、奥からT先生があきらかに白衣に着替える前の格好のまま出てきたらしい。

T先生「はむてるー!!!水イボ取り頑張ったんだって?」
はむ「あっ、Tしぇんしぇー!!ねぇっTしぇんしぇーだよっ! Tしぇんしぇええ!!!」

T先生とはむてる、相思相愛。
アッー。

そして、
T先生「相変わらずおまえは可愛いなぁ。可愛いからコレやる。」
とレモン貰って帰ってきました。







…なんでレモンやねん。





そんなT先生。
なぜか毎回毎回
はむ「ありまとしゃした。」
ちゆき「どうもありがとうございました。」
T先生「ハーイ。じゃあなぁ、はむてるー!!!」
そして診察室を出かけたところで、
T先生「そういえば、はむてるのお母さん。」
「ハイ?」
T先生「その髪型、いいねぇ!」

「…ハ? あ、ありがとうございます。」

はむてるの坊主頭撫でまくりといい、単なる短髪好きなんじゃねぇの?もしかして。←サル頭の人

たまたまありがとうございましたの直後に
T先生「はむてるのお母さん、その髪型いいねぇ。」
と言われたので、
ちゆき「ご紹介しましょうか?腕とセンスは抜群の銀座の美容室ですが(ニヤリ)。」
と返したら、
T先生「やだよ。銀座の美容室とか。おっかない。」




…なんでやねん。


いや、あんたの顔のがよっぽど怖いわ。


posted by 千之 at 11:30| Comment(6) | TrackBack(0) | 子ばなし 12/27up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レモン・・・
なぜレモン・・・

オチがレモンだったとは
予想だにしませんでした。

無事にイボが取れて
よかったねぇ。
Posted by じゅみ at 2009年08月20日 11:36
●じゅみさん●
なぜレモンなのか。
それは全くの謎です。
連れて行った料理人にも、全く持ってなぜレモンなのかは謎だそうです。
たまたま持ってたのか?
レモンを(笑)??
Posted by 千之 at 2009年08月20日 12:05
泣かない子はやっぱり先生から見たら診やすい良い子なんでしょうね〜。
うちも耳鼻科の先生(恐い女性)に気に入られていて、2つある診察台を交代で使って診察するので、前の人の診察が見えるんですが、そっちですごい勢いで怒っていたりするのに、うちの子を見たとたん「ともちゃ〜ん!タッチ!!」と、別人か?状態。
気に入ってもらった方が断然やりやすいのは親も一緒。私は毎回後ろから「泣くなよ〜」オーラを出し続けてます(笑)

しかし、はむてるくんの坊主頭、一度触ってみたいな〜!
Posted by もえ at 2009年08月20日 12:57
水イボ取れてよかったねっ。

私もかつて口の悪い先生に診てもらってたなあ。
同じところだったりして。
みそじごえな私を「ひつじちゃーん」と呼んでくれてました(懐)。

お気に入り皮膚科が近くにないのは不便です。
レモンもくれるなんて。ねえ。(そこ?)

子羊の行く小児科の院長は常に鼻毛が出ています。
もうそこばっかり・・・。←話を聞け
Posted by ひつじ at 2009年08月21日 12:36
なんか「銀座の美容室がおっかない」というトコロで
友達になってくださいと思いました。
なんでかはわかんないんだけど
気持ちは何となく分かる(笑)

一人たらいは切ないねー。
水いぼ痛くなくて良かったねー。
妹2が小さい時ぎゃん泣きしながら取られてたのをみて
痛いものなんだと軽くトラウマです。
うちの子供は記憶無いんだけど(←!?)
無いってことは取られた事も無いって事だな。
た、たぶん。

Posted by なつ at 2009年08月21日 13:54
●もえさん●
泣きわめく子よりは、ニコニコしてる子のがそりゃ診やすいし、気に入るでしょうね(笑)。
はむてるの坊主頭は、結構チクチクします。髪の毛の量が多くて硬いんですよねぇ。
わたくしに似て。
同じ坊主でも、料理人のが手触りが柔らかいんですよ。ハゲかけてるかr…ゲフゲフッ。


●ひつじさん●
鼻毛…。
それは気になる。
子どもを抱えたまま、ついつい自分の鼻を触って出てないかチェックしてしまいそうだ…。
皮膚科は同じところかも。最寄駅、アッチですし、同じような地域に口の悪い皮膚科医が何人も居ないと思うし。
受付前にマッサージチェアが置かれている三井のリハウスなら、ビンゴです。


●なつさん●
なんでおっかないのか、気持ちはわからないでもないですが、それ以上にその皮膚科医のがよっぽど怖いっつー話ですよ(笑)。
一応患者だって客っちゃー客なんだから、もうちっと言い方考えてやってもバチはあたらんと思います(笑)。
水イボは、別に大して害があるわけじゃないから、積極的に取る必要は無いらしんですけどね〜。一人タライはなんかしょっぱいから(笑)。
Posted by 千之 at 2009年08月25日 14:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。