2009年09月30日

本当のこととホントかよ?と思うこと−2

そして整体の日。

整体を受けて、その後逆子チェックなのだ。

とりあえずはわたくしのみが施術を受け、はむてると料理人は待機。(助産院には子どもオモチャが洗濯籠2杯分ほど用意されているので、はむは別室でそれで遊んでおり、料理人はその面倒をみている。)

今回受けた整体は、「呼吸」が大切だという考え方のものらしい。
だから骨がボキボキ鳴ったり、痛かったりすることは全く無かった。

触診で、
「そんなに悪くない。ただ胸膜が若干硬くなっているのでほぐしていく。」
と言われました。

・・・外から触ってわかんの??


そして、施術がはじまって、ものすごくびっくりした。

ちょっと押されただけで、すんごく呼吸がしやすくなるのだ。
もう本当に明らかにあからさまに違う。
びっくりするぐらいに違う。

例えて言うなら、富士山の登山中に酸素ボンベを口にあてて酸素を吸う、その酸素を吸う前と吸った後くらいの違いがあるのよ、まじでまじで。

ま、わたくしは富士山登ったこと無いんだけどな(鼻ほじ)。


ぐわっと肺が開かれるというか、大きくなった感じがするというか。
下っ腹まで空気が入り込むような感覚というか。

そしたら、
整体師「子宮にも空気がいくようになったの、わかります?」

・・・いやいやいやいや、無理だよね。
だって酸素って肺で血中に取り込まれて、その血液が動脈を通ってとか、そういう理科的なことはアホなわたくしだってわかる。

でもね、感覚として下っ腹まで空気が行く感じというのも、ものすごくわかる。

腹式呼吸をすると、気のせいかもしらんが腹も膨らみやすくなっている気がする。

整体師いわく
「現代の日本に生きていて、食物から摂取するような栄養素は、体型崩したくないから6〜7kgしか増やさないとか、そういうバカなことをしないかぎり不足することはない」
そうだ。
うん、そりゃそうだろうな。
でも、せっかく栄養素だけあっても、酸素が無いと活用できないんだそうだ。

へぇ、さいでっか。


整体師「お腹に手をあててみてください。お臍の上で水蒸気があがっているかのように暖かい物が噴き出しているでしょう??」
ちゆき「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「あ、わかりません?」
「・・・・・・ち、ちょっと・・・。」
「ま、こういう感覚は個人差がありますからねぇ。」


そこからは整体師の独壇場。

「でもちゆきさんは良い状態ですよ。施術が素直に入ってくれますから。お腹の皮膚がお餅みたいになっているはずです。ひどい人だと、シャツの上からでもわかるほど象の足触っているみたいな人いますから。」←施術はシャツの上からだ。

でもほらもうふっくらしているでしょう?と自分の手を自分の腹の上に載せられたら、たしかに施術前よりふんわりしている気がした。

気のせいかも知れんが・・・。
というか、気のせいである可能性が高い気がしないでもないが(笑)。
でもふかふかになった気がしたんだよねぇ・・・。


「逆子なんでしたっけ?助産院で出産なら戻るに越したことは無いんでしょうが、逆子には逆子である意味があるんです。もちろん母親側は悪い要因は取り除いてあげるべきですが。
でも胎児は母親の付属物ではないんです。
1人の人としての人格を尊重しなきゃいけない。彼には彼なりの考え方もあるし、やりたいこともある。
母親側の要因を取り除いて、それでもなお逆子なのは彼の側に原因というか理由があることですから。逆子=悪ではないんです。彼の考え方なりやりたいことなのだから、それは親でも他の人格ですからコントロールはできないです。」
「はぁ。」
「でもちゆきさんなら大丈夫でしょう。ぎりぎりになるかもしれないし、直前まで落ち着かないかもしれないけれど、本当にここって段階になったら、きっとあかちゃんは本気でお母さんが困るようなことはしないと思いますよ。
上のお兄ちゃん(はむてるのこと)もこちらで御大さんが取り上げてるんですよね?で、2人目もこちらってことは、彼女からちゆきさんはちゃんとお腹の中の人に対する接し方や物事の捉え方を、そうと意識していなくても学んでいるから。
お腹の中にいるうちは、外界とのパイプのほとんどは母親ですから、ここで信頼関係を築けているかどうかって、その後の数年間の育児で本当に大きいですよ。
今お兄ちゃん2歳でしたっけ?魔の2歳児とか、悩んだこと無いでしょう(笑)。」
「いやいや、反抗はされてますよ〜。」
「反抗はして当然なんですよ。それが自我の確立だから。そうじゃなくって、虐待しそうになってしまうとか、言ってはいけないような暴言を吐いてしまうとか、泣いて謝ってるのに無視して部屋から追い出してしまうとか、そういうところまでいったことは無いでしょう?」
「はぁ、まぁ、それは・・・無いですねぇ。」
「それが信頼関係なんですよ。お兄ちゃんは、もう意識の表面では忘れていても、無意識の部分でお母さんは自分のことを気にかけてちゃんとケアしてくれたことは、絶対に忘れて無いんです。だからお母さんを心底困らせるようなことはしないんですよ。」


・・・・・・いや、むしろそれは子どもの性質とか、親の性格とか、周囲の環境とか、そういうことのが大きいんじゃ・・・。

とか思うけど、とりあえず「へ、へぇ・・・。」とか言っちゃうプレイ。


そして施術終了。

料理人が呼ばれ、わたくしに対してああしてこうして、これをやって、次はこれをこうやってと指導を受ける。

でも相変わらず腰は痛かった。
ちっ。

しかしぐわっと呼吸ができるというのは、ものすごく気持ちが良かった。

そしてまたもや気のせいかもしれないのだが、胎動が気分悪くなくなった。

施術前は、蹴られて痛いというか、あまり気持ちが良いものではなかったのね。
でも施術後は、中で動いても、ああもきゅもきゅしとるなぁとこそばゆい程度で、痛いなぁと思うまでいかない。

それを言うと、
「そりゃそうでしょ。お腹に空気がいくようになって、赤ちゃんからすれば四畳半だった部屋が六畳になったようなもんだもん。赤ちゃんも心地好いから、攻撃的な動きじゃなくなったんだよ。」



・・・へ、へぇ・・・・・・そうなんだぁ・・・。


まぁ、そういう気がするという感覚の話であって、数値的な物ではないので、いかんとも検証ができないのだがね。

結果オーライなので良いのですが、説教がカルトくさいとかおもってないよほんとだよ(棒読み)。


そしてその後の逆子チェックの話はまた今度。


時間は飛んで自宅に戻ってから。

夜、ベッドでゴロゴロしていたら気が付いた。


腰の痛み、気が付いたら消えてた。


本当に、まったく、綺麗さっぱり消えてた。


気付いた時、本気でびびった。
だってかなり痛かったんだもん。


それが気が付かないうちに、まるっと消えてた。


ちなみに揉み返しのような症状は、まったく一切無い。


そして、以前から毎日30分ほど、助産院の指導で料理人はわたくしにマッサージ(内股を踏む)をしているのだが、前日まではかなり痛くて、
料理人にやってもらっている最中に、
「ぐおおお、いでえええええ。」
と叫び、
料理人「たいして体重乗せて無いよ。」
というのがお約束だったのだが、その日から全体重をかけられても、痛気持ち良い程度。
12kgのはむてるが乗っても痛かったのが、
65kgのオッサンが乗っても痛気持ち良い。
料理人に言わせると、パンパンに張ってた感のある筋が、まったく抵抗がなくなっているそうだ。


そして今更気付いた。
あの人、あてくしの腹子を「彼」って言ってたけど、わたくしは整体師と腹子の性別の話、してないんですけど・・・。
ま、それは助産師から聞いたか、彼/彼女の1/2の確率で当たったかのどっちかだろうけどな。


話の内容は、「ホントかよ?」とちょっとどころかかなり「えええええぇぇぇ」と思ってしまうのだが、

わたくしの腰の痛みが綺麗さっぱり消えたことは本当で、

呼吸がもんのすごくしやすくなったのも本当で、

感覚的な話をしてしまえば胎動が痛くなくなったのも本当で、

腹式呼吸で腹が膨らみやすくなったのも本当で、

料理人のマッサージが痛くなくなったのも本当で、

料理人曰く筋の緊張した張りが無くなったのも本当だ。



でも整体の腕がいいからって、赤ちゃんの話が本当だという根拠にはならんのだが(笑)、
占い師に過去のことピタリと当てられると、未来の予言も信じてしまいそうな、そんな気分になるだろうな。
これが1人目で、育児の経験無くって、さらに素直な人だったらな。



極論を言えば、こういうのに洗脳された人が、ロハスでエコでスローライフでマクロビで、アクリルたわしで布ナプキンで石鹸生活で、医者よりレメディとかなっちゃうんだろうとか思った。
本人が自分で選択してやる分には、結構なことだと思いますがね。
地球にも優しいしね。

わたくしは無理だが。


でもそれを子どもにまでやる人がいるからねぇ。
それが本人は一番良いことだと信じているから、宗教臭い。

風邪でも医者に連れて行ってもらえない子どもはかわいそうだとか思うけど、
虐待じゃないから周囲は何もできないしねぇ。


何事にも行きすぎは良くないが、
なまじっか効いてしまうがゆえに変に説得力があるような気がしてしまうのが、
なんともねぇ。

都合良いとこだけ取り込める自分勝手フィルターを持っている人間(わたくしだ)にとっては、へぇへぇそうですかとか言っちゃうプレイで、痛みが無くなるとかそういう美味しいところだけ持っていけて、なかなかに快適ですけどね。
真面目で影響を受けやすい人は、結構危険なんじゃまいかとか思っちゃったりした整体の日でした。

でもまた受けるけど。

だって効くんだもん。


ラベル:日記 妊娠 整体
posted by 千之 at 23:22| Comment(6) | TrackBack(0) | 腹子ばなし 10/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごいですねー。その整体師さん。
あきらかに私が妊婦だった時とは全く違う妊婦としての経験を
千之さんはしていて良いな〜と思っちゃう。

身体にいいことは洗脳されなければ、いくらでもしてほしいよね(笑)
逆子には逆子でいる意味があるかぁ。なるほどねー。

ちなみに、うちの娘、全く動かず胎動を感じた事がほとんど
なかったの。単に娘がめんどくさがりで動かないんだと私は
思っていたけれど、あれにも意味や娘の意思があったのかな〜。
Posted by もえ at 2009年10月01日 09:35
●もえさん●
整体師さんは、違う2方向の意味ですごいです(笑)。
妊婦体験は、そうですねぇ、わたくしはかなり偏った方向の体験だとは思います。普通という範囲からは若干はみ出ているような…。
本当に洗脳さえなければいくらでもしてくださって良いのですが、なんというか、整体がすごく腕がいい分妙に説得力があるだけに、言いきってしまうのはどうかと思うのですが…。人の話なんか本気で聞いちゃーいないわたくしには良いとこどりができるのでかまわないんですけどね〜(笑)。
胎動の有無はどうなんでしょうねぇ。暴れる子は生まれても活発という意見もあるし、ともちゃんみたいに活発な子だけど胎動はあまり無かったというのもあるし…。
ちなみにはむてるの胎動は、ピンポイントで膀胱攻撃が得意でした。何度か漏れたかと思った記憶があります。ギリギリセーフでしたが(笑)。
Posted by 千之 at 2009年10月01日 11:52
千之ちゃんのセリフ少なっ!(笑)
いや、私もそんな感じしか返事できないと思うけど。
というか、そんなに語られたら
ちょっと「めんどくせーな」って思ってしまうよ(笑)

が、しかし、効くなら我慢しちゃう。

息が苦しくなっちゃう病持ち(持病扱い)の
私としましては
呼吸がぐわっっと出来ちゃうのが興味あります。
あと最近肩こりが異常なのですが、どうすれば良いですか?
(あれ?相談になっちゃった)
Posted by なつ at 2009年10月01日 12:01
医者とか整体士さんでも信頼出来る出来ないで病状って変わるんだよね。
いいなあ^^ちゆきさんは医者に恵まれていると思います。
羨ましいぃ^^
Posted by みずすまし at 2009年10月02日 20:49
予定日2日超過中のどりです。
定期的に張るんだけど、痛みがないしなぁ・・・
明日また検診です。

しかし、すごいなぁ・・・
でもそういうのがあると、妊婦としても安心だよねぇ。
何かと色々大変だもん・・・体。
わが子は3800gと診断され、早く出てきて欲しい。
ほんと、重いし・・・
巨大児と呼ばれるまで、あと少し?
Posted by どり at 2009年10月04日 21:41
●なつさん●
わたくしにしては珍しくセリフ少ないでしょ(笑)?
うん、口挟めなかった。「はぁ」とか「へぇ」しか言えなかった。
でも効くからねぇ。マジでびっくりする効くから、多少うるさくてもねぇ(笑)。
なつさんも、その整体受けてみます?妊婦専門じゃないですよ(笑)。


●みずすましさん●
そうですねぇ、信頼できるできないで回復に差は出るでしょうね。わたくしは、良い人に当たっているかもしれないです。
でも話の内容を100%信じているかといわれると、それは無いんですけどね(笑)。


●どりさん●
おおっ、予定日超過ですかっ!!
ドキドキですねぇ。
でもホラ心の準備ができていいじゃないですか。わたくしは、予定日より前だったので、心の準備?ナニソレ、ウマイノ?みたいな感じでしたよ(涙)。
胎児の体重は、推定ですからねぇ。角度によっても違ってくるし。
まぁ、でも3000gは超えてるんでしょうが(笑)。じゃあその数百グラムで陣痛やら何やらの痛みは全然違うのかって言われたら、そこまで違わないと思うし、どりさんお医者さんですよね?だったら切開してさっさと出してくれると思うし。それに出産の痛みって忘れられるようにできてるから、だいじょぶだいじょぶ〜♪
楽しんでくださいませ。
Posted by 千之 at 2009年10月06日 12:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。