2009年10月13日

ぶっちゃけトーク炸裂

素敵すぎるぶっちゃけトーク炸裂の会に参加してまいりました。

はむてる保育園の懇親会なんですけどー。

保護者の一人に、保育士さんがいらしたのです。

そこで色々と素敵なぶっちゃけトークをお伺いすることができましたよ。

その前に懇親会とはなんぞやってことなんですが、
単にクラス交流会というか、同じクラスの子供たちの親(おもに母親)が、休みの日に集まって3時間ほどお喋りしましょうの会って感じなんです。

テラ メンドクサス。

でも参加したけどー。

だって今年のクラス委員の人から、
「はむちゃんママって、予定日いつですか??懇親会○月×日にしようと思うんですけど、その頃って大丈夫ですか?」
って面と向かって開催2か月も前に聞かれたから(涙)。

わたくしのことなんて気にしなくていいのに。

むしろ気にすんな。

「めんどくせーので行きませんからいつでもいいですよ(鼻ほじ)。」

ああ、そんなことをさらりと言えていた5年前のアテクシに戻りたい(遠い目)。←それもどうかと

うん、言えない。
チキンハートなおいらにゃ言えない。


というわけで、逝ってきました懇親会。


それがね、意外と面白かったというか、
「へぇぇぇぇ。」
とタメになる知識を仕入れてくることができたのです。

誰にとってタメになるって、もちろんあてくしにとってなのですが。
ええ、読んでくださる方にとか全然考えてません。
すいません。←とりあえずこう言えばいいと思ってる

そんでもって無駄知識なんですけどー。

保育士を生業とするお母さんがいらっしゃったのですよ。
しかもはむてる保育園とは違う園ながら、同じ公立園。

あのねー、区の職員だと、役員はできても会長はできないんだってー。
いわゆるPTA会長みたいなヤツね。
へぇ〜。

対区の交渉の時に、自分の雇い主との交渉の矢面に立つわけだから、
ま、そりゃ一般的に考えて変だわな。

そんでもって、こういう交流会って何のためにやってんのかねぇ(笑)?とかいう素朴な疑問がわきあがり、
クラス委員の方も先生がやけに気にするのはなんでかねぇ(笑)?とか言っていたら、
その保育士母が教えてくれたのです。

保育士母「あー、お母さんの顔繋ぎよ。」

保育園の中で、怪我しただのさせられただの、意地悪されただの、そういう小さいもめ事ってあるんですよ。
結局その時に、本当に小さな怪我だったり、小さな諍いだったりする場合、
母親同士が顔見知りの場合と、全く面識がない場合で、被害児の親の心証が全然違うんだとさ。

……言われてみれば確かに。

もしはむてるが、たとえば噛みつかれたとして、
DQNネームの子にやられたのと、
普段から仲良くさせていただいているはむ太郎君にやられたのでは、
全然こっちの気持ちは違うわな。

保育士母「でもねー、親しくなりすぎると、今度は親の人間関係が子供に影響したりして、本末転倒なんだけどね〜(笑)。」

……な、なるほどー。
母親同士が仲たがいして「○○ちゃんとはもう遊んじゃダメ!」とか、そういうことか…。

おっかねぇ…。


そんでもって、先日お引越ししてちょっと保育園が遠くなったという人が、転園どうしよっかな〜と悩んでいるという話になり、
なんでも今の保育園がチャリ10分になったプラス引っ越し先の隣が公設民営の保育園だそうで(笑)。

今が公立保育園だから、そんなに違う?的な話になり、
以前はむてるを認可保育園に入れるにあたり、保育士の安井先生(仮名:はむてる0歳児の時の恩師)から
「公立!公立!ぜったい公立!」
と、MIYOKOババア並みに公立をプッシュされた経験のあるアテクシは、その時の話をしてみた。

なんで私立や民営よりも公立なのかというと、
安井先生曰く、公立は「目線が子供と保育にしか向いてないから」とのことだったのよ。
私立や民営は、赤字になっちゃやっていけないわけですよ。
つまりは、子供を集めるために色々やると。
色々って何?って言うと、やっぱり季節ごとのイベントなわけですわな。
安井先生曰く、
「やっぱり民営化されると、赤字にするわけにはいかないから、保育園を決めるのが親である以上親が来るイベントとかは親受けが良いように派手になる。
クリスマス会なんて、飾りつけとか『ここはどこの飲み屋さんですか?』みたいになるし(笑)。
子供たちにとって、たとえば運動会にしてもそうだけど、練習とかの非日常の経験はもちろん大切よ。
でもね、連日練習して組み体操ができるようになんて、小学生ならいざ知らず保育園児でそんな必要は無いのよ。
それどころか、何度やってもできない上にふざけっぱなしの子とかいたらやっぱり保育士だって怒るでしょ。
できるようになる必要のないことで、いらない我慢や怒られる経験なんてほんと無駄だし、可哀想。
それに、イベントが派手になるってことは、それだけ保育士の人数が割かれるから、結局子供を見てる保育士の数は不足するの。」

ということを言われたと、かいつまんで発言してみた。

保育士母によると、確かにそういう面はあるということだ。

「たとえば飾りつけだけとってもそうだけど、普段は保育士3人で子供たちを見ているところ、飾りつけを作るために一人は同じ部屋にいても机に向かってずっと作業してて、実質子供を見ているのは二人だけになっちゃうことは、正直あると思う。
その飾り付けが凝ってるなら、その分保育士の手間がそっちに割かれてるってことだよね。
本来なら、保育の時間外とかお昼寝の時間だけでできるのがベストだけど。持ち帰りはできればしたくないっていうのは保育士も一緒だしね。」

うん、家に仕事持ち帰るのはできるだけしたくないやね。

「公立はたしかにイベントは簡素だけど(笑)、その分保育から保育士の人数が割かれないってことにはなると思う。
 ただねぇ、やっぱり保育士がお役所の人間になるわけだから、あなたの仕事は規則を守ることですか?子供を見ることですか?って聞きたくなる人も実際いるよねぇ(笑)。」


…なんとなく顔が思い浮かぶ保育士がいるんですけど(笑)。

イベントは…、はむ保育園は簡素っちゃー簡素だわな。
夏祭りだって2時間かかるかかからんかだし、運動会なんて午前中で終わるし、クリスマス会は子供たちだけだしね。
しかも運動会にいたっては、0〜2歳児は自分たちの出番終わったら勝手に帰っていいよ〜って言われるしね。

そんな中、一人のお母さんが発言。
「とりあえず運動会でお弁当作るのは勘弁して欲しいわ。めんどくさい。

みんな深くうなづいてて笑いましたとさ(笑)。

どうせ小学生になったら嫌でもお弁当運動会なんだし、
わたくし自身のことを振り返っても、
小学校の運動会は覚えているけど、幼稚園の運動会なんて記憶の片隅にも無いし(アルバムによるとやってたようだが(笑))、
弁当作らなくて良い公立園で良かったと、
しみじみ安井先生に感謝しました まる


posted by 千之 at 13:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 子ばなし 12/27up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに、保育士さんの手作りが多いという事は、その作成時間は
子供達の面倒を見てないって事よね。
いや〜全く気付きませんでした。目からうろこ!!!

私が子供を保育園に入れるとき、2つの園で迷ったんだけど、
結局止めた方の園は本当に先生達の手作り感満載の園で
室内は季節に合わせて手作り装飾、オモチャも手作り、
1年終わったら1人ずつ可愛いアルバムがもらえるそうです。
でも、それって確かに全て残業してやってるわけじゃないものね。
単純に、その辺に惹かれていたので、そういう考えもあるのか〜と
今更ながら、シンプルなうちの園でよかったかも〜なんて
思っちゃいました。
Posted by もえ at 2009年10月16日 09:57
なるほどねー。
私も思いもしなかった。
そうだよね。
飾りつけだって勝手に出来るわけじゃないんだよねー。

休みの日に懇親会!(白目)
めんどくせーは心の中だけにしても行かないな。
そういうのは何となく流しつつ生きてきました…。
そんな事前にアポ取られた事ないから出来たのかも知れないけど(笑)

小学校〜の役員さんやる人ってのは
「先生との顔つなぎ」が美味しいかららしいっすよ。
そういうもんかーって思いますた まる
Posted by なつ at 2009年10月16日 11:35
●もえさん●
ねぇ、本当に目からウロコですよね〜。でも言われてみれば、確かに!!!ってものすごく納得したんですよ〜。
いくら保育士だって、いくら子供が好きって言ったって、仕事時間外にわざわざ無給で作業したいわけないですよね。
そういう工作だったりイベントが手が込んでいるのは、親的にはアットホームで良い園に見えるんですけどね〜。


●なつさん●
ええ、土曜日でした。
しかも「○日か×日にしようと思うんですけど、どっちがいいですか?」とか聞かれたしね〜。ええええええ、アテクシ優先?みたいな。
聞かないでよとか言えないッス(涙)。
妊婦だからって気遣っていただいたんだとは思うのですが、むしろ言い訳させねぇぜみたいな。いえ、もちろん適当に妊娠を理由に逃げようとは思ってましたけど。ええ、モリモリ。・・・見抜かれてたのか??
役員で先生と顔つなぎ・・・。
顔つなぐとどんな良いことがあるんだろう・・・。
少なくとも面倒くささを凌駕するほどのメリットが思い浮かばないのですが・・・。
み、みみみ、みんな、ま、まままマメなんだな(山下清風に)。
Posted by 千之 at 2009年10月16日 19:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。