2010年02月04日

やっぱりマイコー

皆さんご存じだろうか。

今お台場にマイケル=ジャクソンの等身大人形があるのを…。


うん、夕方のなんかの情報番組でやってたんだー。


「This is it」の金髪で美人のギタリストが来てオープニングセレモニーがどうたらこうたらって。

一緒に見てたはむてる、
「おかーさんっ、マイケルだよっ、まいけるっっ!!!」
「あはは〜、あれはお人形なんだって〜。はむも見る〜(笑)?」


それを言った0.3秒後。
『うわぁ、やべー、おれ壮絶にヘタこいたわ。』
そう悟ったアテクシがおりました。


はむてるお目目超キランキランでの即答。

「見るっっっ!!!!」


……マジですか orz。


もうね、もうすぐ3歳だから「ジョウダンでした、アハハハハ〜。」では済まないのよね。
もうかなり物事を理解しているから。

そこにわたくしの「見る?」の軽口。



はむてる、行く気マンマン。



次の日から、
「まいける見に行く?」
「まいけるに行く?」

という質問攻め。

仕方ないから、行きましたよ。
ええ、行きましたとも。
きっちり責任とって、アテクシが連れて行きましたとも。


何年振りかにお台場に降り立ったアテクシと、
生まれて初めてのお台場のはむてるコンビ。

どうみても「マイケルファンの母親が息子いるけど我慢できなくて連れてきちゃった、テヘ☆ミ」の図ですどうもありがとうございました。

いいけどね。
マイケル、好きっちゃー好きだし。

人形見に行くほどではないけどな。


歩くのが大っきらいなはむてる。
いつもなら絶対にぐずっている距離でも、まったくぐずらず
「マイケルどこ?」
と言いながらちょこまか歩く。
普段からそうやって歩いてほしいもんである。

そしてヴィーナスフォート2階噴水広場にて、マイケル=ジャクソンの等身大人形とご対面したはむてる。


はむてるガン見。


微動だにせずガン見。



しばらくして動き出すも、今度は上にある大画面(「This is it」DVD&ブルーレイのPRVが流れてる)を見つつ、
人形をみつつ、
ウロウロウロウロウロウロウロウロ。


10分ほどして動かなくなったので、
「はむー、おなかすいた。ご飯食べに行こう。行くよ〜。」
と手を引いて歩きだすも、
後ろを振り返り振り返り、溜息をつきつつ、
「あーあ、はむちゃんつまんないの〜。つまんないのー。つまんないのおおおおおお。」
と通路に座り込む。

チョコレートでつってもダメ。

「……もっかいマイケル見に行く?」
「うんっっっっ!!!」

ソッコーで広場に向かって自ら歩き出すはむてる。

よっぽど好きなんだねぇ…。


と思って物販コーナーがあったので、何か買ってやろうかなとか思ったら!!!!


たっけぇぇえええええ。


ぼったくりすぎだべ。


なんだその米国版映画のパンフレット4000円近くって。
しかも売り切れとる……。



結局30分ほど広場をうろついて、やっと離れることを許してもらえました。

疲れた。


でも帰り道がまた羞恥プレイだったわ。

マイケル堪能できてご機嫌なはむてる。

はむなりの歌詞で、はむなりの音程で、はむなりに踊っておる。

が、はむなりの空耳アワーな歌詞で、
はむなりのちょっとアレな音程で、
はむなりの「それはゼログラヴィティ?のつもり?っつかしゃがんでるだけじゃね?」でも、
マイコーファンの方々にはその切れっぱしから何をやってるかの推測がつくらしく…

ちなみにゼログラヴィティはこんなん



そこここからクスクス笑われながらの帰り道でした orz。

はむてる、カアチャン、結構恥ずかしい…。


絶対に「ものすごくマイケルファンで、散々マイケル見てる母親と、それを一緒に見せられてる息子」だよね…。

逆なんですけどー。
飽きたのに見せられるのは母親の方なんえすけどー。


肝心のお人形さんの周りは、まぁ二重・三重くらいの人だかりはできておりましたが、
ぎっちぎちで立錐の余地なしなんてこともなく、
フツーに見られました。


michael.JPG


結構精巧にできてましたよ。





そして家に帰ってから、amazonで買い与えちゃった「This is it」を見ると主張するはむてる。

まだマイケル見んの〜工エエェェ(´д`)ェェエエ工。


しゃーないからDVDをセットしてやって、
ぼーっと見るのに付き合ってて、
なんだか思った。

このDVDの映像って、完璧主義者だったというマイケル本人が生きてたら、
絶対に見せたくない映像だろうな。

ラトーヤが映画に反対したのも、なんかわかる。

「誰も見たことの無い彼に会える」ってキャプションついてるけど、
勝手に舞台裏を覗き見てるだけだわな。

完璧主義者で、
完璧なものしか提供したくない人が、
完璧を目指している途中の未完の物を、
勝手に他人が公開しているわけだから。

つまりは、この映画って、
それこそ彼が追いかけまわされ、悩まされ、忌み嫌っていたタブロイド紙と
根本的なところは一緒なんじゃないかとか思った。

彼が隠したがっている部分を勝手に公衆にさらけ出すという意味でね。


ま、そう言ってるわたくしも買っちゃってるんですけどー。
Amazonでクリックしちゃってるんですけどーー。


死んでまで金儲けのネタにされるっつーのも、
なんだかね。

儲けが全額あの息子&娘とかチャリティに行くのであれば、
本人も草葉の陰であきらめつくかもしれんけど、
絶対に違うだろうしねぇ。

まぁ、買っちゃってるんですけどー。
買ってるヤツが言うなって話なんですけどー。


posted by 千之 at 12:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわぁぁ、い、行きたい…。
…(照)

とか言いつつ、まだDVDすら買っておりません。
でも、TSUTAYAで流されてるDVDの前に30分くらい居て怒られます。
じゃあ、買えよっ!ていう…えへ。

うちもね「行く?」とか禁句です(byムスメ)
発言したすぐ側からずっと「行くんでしょ?」「行くよね?」攻撃で
「いや、やっぱりちょっと…」なんて言った日には、もう大スネです。
そうか、ムスメは、まだ3歳児だったか…。
Posted by なつ at 2010年02月04日 13:24
●なつさん●
いや、はむてるがもう高校生並みってことでいかがでしょう!!!!
……無理だ、うん、ごめん。

DVD貸してあげたいけど、はむてるが毎日見てるのでこれもごめん(いろんな意味で涙)。

もし行かれるならご連絡を♪
すぐに馳せ参じますので、お茶でも飲みましょう(笑)
Posted by 千之 at 2010年02月05日 12:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。