2010年08月11日

テンションだだ下がり&我ながらアホだと思います

土曜日、自分が悪いっちゃー悪い、とうか原因はわたくしの行動だったのですが、
どうにもこうにもテンションがだだ下がりになりました。


土曜日、料理人は仕事なので、わたくしがウル&はむと自宅で過ごしていたのですが、
昼寝させようと思っても寝ないんだ彼奴等が(怒)。

ウルははむが大好きなので、横にいるはむににじにじと寄っていき、
昼寝があまり好きではない&動かないので体力の消耗が少ないはむてるもウルにちょっかいを出し、
いい加減にしろとわたくしが間に入って横になると、わたくしの体を使って顔を出したり隠したりで「いないいないばぁっ」状態でキャーキャー遊ぶ二人。

こっちが眠くなってくるしまつ。

面倒くさくなったわたくし、キレました。


ウル「きゃーーーー」
はむ「こんにゃろっ、くすぐりこーげきだっっ。」
ちゆき「もういい、おまいらは勝手に遊んでおれっ。あほたれっっ。」


と二人を寝室に放置して、
わたくしは洗濯物を取り込み、別室でたたみ始めました。

しばらくは、キャーキャーと騒いでいた二人ですが、

やっぱり当然3歳児が面倒みるとか無理なわけで、
ウル「ぎゃあああああああああああああああああああ」

ま、そーなるわなーと思ったのですが、いかんせん眠いのもあってちょっぴりキレモードなわたくし。

ウルの泣き方も痛いとかじゃんくて、ぐずり泣きだったのもあり、
洗濯物を全部たたみ終えるまで放置プレイでした。


そして5分後。

たたみ終わった洗濯物を持って寝室に戻ると、
はむがはむなりにウルを抱っこして、
というか抱えて、
彼なりにあやしてました。
ウルもはむにしっかりしがみついて、
でも泣いてたけど。

涙出てなかったけど。


でもね、その二人のお互いにしがみつくように抱き合ってる姿を見た瞬間、

きっと、大阪の放置された子たち、こんな感じだったんだろうなと思ってしまいました。


大阪の子たちは、3歳と1歳。はむとウルは3歳と0歳ですが、そんなに大きくは変わらないでしょう。




テンションだださがり。。。




閑話休題。





我が家のビニールプール(2畳サイズ)が齢3シーズン目にして、もうダメぽになりました。


ま、安かったからしゃーない。


で、買い換えました。

8月になって買ったので、在庫処分セールで2,980円送料込。

まぁお安い。


でも我ながら、

馬鹿なことやったかもしれんと、

ちょっと反省している今日この頃。。。


庭が荒れてるのは気にしないで。


DSC1.jpg


posted by 千之 at 10:32| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大阪の事件は本当に痛ましくて、老人になり介護が必要になった母親も同じ目にあえばいいと思う。
子どもたちが抱き合っているところまでは想像つかなかったけど、なんだかさらに胸が締め付けられます。


それにしても、
プールでかっ!
うちの浴槽よりも確実に大きい。
手前に写っているいるのは自作のウォータースライダーですか?
こんなプールあったら大喜びだろうなぁ。
Posted by うたはな at 2010年08月11日 12:17
プール+滑り台、西原理恵子さんの
マンガにもありましたね。
たしか、子供ホイホイとか
そういうネーミングだったような。
やってみたいなーと思いましたが
やったんだ。笑
Posted by じゅみ at 2010年08月11日 21:27
大阪の事件は、自分の子供が同世代だけあって、なおさら
どうしてそういうことが出来たんだか本当に理解できず
可哀相でなりません・・・こういう事件のたびに思うのが
だったら、その子をうちにくれれば良いのに。私がわが子とし育てたい。。

物が溢れているこの世の中で、餓死って。。
ただただ悲しくて仕方がありません。

プール、大きいですね〜〜〜!!
すごい。うちの子も入れてもらえませんかね?(笑)
Posted by もえ at 2010年08月11日 23:49
大阪の事件、そこに到るまでの要因がたくさんあって、最悪の結果になってしまったんじゃないかって胸が痛みます
元夫、父親、隣人、職場の人たち、通報を受けた児相職員・・・誰か気づけなかったのでしょうか
今も尚、泣きながら大人を待ってる子どもはどのくらいいるんでしょう・・・

大きなプールですね!すごい!
はむくんはこの滑り台でも奇跡起こしていますか?!
Posted by しほ at 2010年08月12日 21:25
あの事件は本当に胸が痛い・・・
同じ大阪って。
実両親にも頼れなかったのか、どうしても(あかんねんけど)子育てが無理だったら、
施設にって事も出来ただろうに。
でもまぁ、遊びたいからって理由はあかんけどさ。

1人で育てながら、仕事するってよっぽどの覚悟いるだろうけど、
彼女は若すぎたんだろうなぁ。

プール素敵!うちはベランダにおける、そして片づけが楽→61cmのたらいのようなプール。
しかし、1週間前から風邪によるう○ちゆるゆるで、ただいま中止。
なかなか、治らなくてね。食べ物もっと考えなきゃダメかなぁ。
Posted by どり at 2010年08月16日 10:14
タイミング的にね。
あんなひどいニュースの後だったから…。
ホントなら、兄弟愛っぽい感じが
微笑ましく見えたんじゃないだろうかと思う話なのにな。

プールでか!
りょ、料理人さんもいるんだよね…?

今、すごいのイッパイあるよねー。
ひと昔前は滑り台(?)なんて家庭用プールじゃ無かったもの。
小さいうちは市民プール(笑)とか連れてくより
安心だし安上がりだよね。

Posted by なつ at 2010年08月19日 11:25
奥に見えるのは料理人さんですか?!
大人が入ってそのサイズですか?!
で、でかっ!
欲しい!楽しいんだろうな…

大阪のあの事件のこどもたちはほんとうにかわいそうで、
ただただ、冥福を祈るばかりです。
想像するだけでほんとテンション下がります…
Posted by 小梅 at 2010年08月24日 12:07
●うたはなさん●
母親もまた子供の頃放置されてたことが多かったようですね。
もうさ、もっと合法的に子供を捨てるじゃないけど、親権を手放すことができるシステム作ると良いと思います。
赤ちゃんポストみたいなの。

プールは、でかいです。
あれより大きい浴槽は、一般家庭ではよほどの金持ちじゃないと無いでしょう(笑)。
しょぼい民宿くらいの大きさありますよ。
自作のウォータースライダーは、ホース直結させると頂点から水がシャワシャワ出ます。
子供ら発狂(笑)。


●じゅみちゃん●
ああ、毎日かーさんにありましたね(笑)。
この商品を開発した人は、それ見てたかも。
ちなみにこの滑り台、ホースつなげられます。
直結して水出すと、頂点のところから水がシャワシャワでて、マジでしょぼいウォータースライダーになるのよ〜。



●もえさん●
子供が同世代だと、ほんとより一層きついですよね。こういう事件。
もっと子供の親を変えるチャンスってあって良いと思うんですよね。赤ちゃんポストじゃないけど。
子供も養子縁組をがんばってるNPOとかもあるけど、日本全体にある「子供は血のつながった親が育てるのが一番」って論調はもう無くしたら良いと思う。

プール、ともちゃんもぜひぜひ〜♪
まだまだ暑い日も続いてますし。
なんかね、大きくしたら一人じゃさびしいみたいで、
「……もういい。」
とか言って出てきちゃうんですよね。
いや、まだまだ入っててくれよ、そして疲れてくれよみたいな(笑)。


●しほさん●
泣きながら大人を待っている子に差し伸べられる手は、別に血のつながった親である必要は全然無いと思うんですよね。
こうやって、誰かが犠牲にならないと動かない国の制度(というか公務員の融通の利かなさ)にもムカッと来ますが、こうやって公務員たたきをすると余計彼らが委縮して決まったこと以外やらなくなってしまうので自重。←してないじゃん

プールは大きいですよ〜。
はむてるは、この滑り台でも奇跡を起こしました。
部屋にいるわたくしに向かって振り向いた形で
「おかーさん!見ててね!見ててね!!見てくぁwせdrftgyふじこ!!!!(←ここで階段踏み外して顎強打)」
なんで今なのかと。


●どりさん●
なんというか、大阪市って、聖香ちゃんのときもあんだけ叩かれただろ、それでなんでまたやんだよ大阪市の児童相談所!!って思いました。
施設はぜんぜんあかんくないと思います。
むしろもっと望む人に子育て無理な人の子供が託される社会のがみんながハッピーなんじゃないかと思うんですよね。
若すぎたというのもあるし、彼女自身もきっと大切に育てられた記憶が無いから、大切にできなかったんでしょうね。
その前に同居の頃からネグレクト気味だったんだから、元父親、子供手放すなよ。

プールは、水貯まるの遅いよ〜。
しかも片づけも大変よ〜。
ゆるゆるウンチにはリンゴです。ジュースも可。逆に詰まったらみかん。こちらもジュースも可です。
知ってたらゴメン。


●なつさん。
そうですなぁ、タイミングがあのニュースより前だったら、笑って写真撮ってたかもしれないです。

ほんと最近のプールグッズは色々あって、目移りしますよ(笑)。
そしてプールの団子三兄弟は、長男・料理人です。右手の鈍く光るブツは、ぷれみあむもるつです。
子供とプール入りながら飲んでやがるんですけど!!!
すっかりリゾート気分ですよ、あのアル中は!


●小梅ちゃん●
イエス、料理人です。
このサイズは、花の名前のひらがなの市にあるベイシアだったかヨークベニマルだったかでうちの親が特売2,980円で買ってきました。
来年もきっと売ってると思うよ。

あの事件は、、、、いまだに思い出しブルーになれますよね。。
自分にできること、、、できるだけはむてるとウルシハラをがんばって育てようと思います。
アホアホ兄弟だけど orz。
Posted by 千之 at 2010年09月07日 00:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。