2000年01月01日

【麦茶が良くない理由】

一般的に麦茶ってノンカフェインだし、色々な文献でも妊婦に推奨されてたりするよね。

説明会ではまず、「普段何を飲んでいるのか」を聞かれました。
そこに居た人たちからは、水・ハーブティ・麦茶・そば茶なんて答えが返ってきました。

〜助産師さんのお話〜
実はその中に、飲み物の中で一番って言ってもいいくらい身体を冷やす物がある。
だからできれば飲まない方が良い。
それは何かって言うと、意外かもしれないけれど麦茶なんです。
一般的にはカフェインが入っていないから、妊婦にも推奨されていたりするんだけど、
江戸時代、まだ麦茶が麦湯って呼ばれていた頃から、「麦湯、飴湯と風鈴売り」は夏の風物詩だったのね。
今でも麦茶を飲む季節って言えば、夏でしょう?
じゃあなぜ夏に飲んで冬はそんなに飲まないか?
それは身体を冷やす効果があるからなんですね。

なんで妊婦さんが身体を冷やしちゃいけないかっていうのは、それは子宮から膣にかけての臓器が筋肉でできているから。
筋肉っていうのは、冷やすと固くなるのね。
ほとんどの筋肉っていうのは、骨にくっついてる。
大臀筋とか上腕二頭筋とかね。
でも人間の身体には筋肉で出来ている臓器、臓器だから骨にくっついてない筋肉が二つあるんです。
ひとつは子宮。
もうひとつは、心臓。
この二つは普通の筋肉みたいに骨に付いてないから、自分で動かせない。
でも心臓は自分で動くし、常に動きつづけるでしょう?
だから固くなるってことは、普通無い。
逆に固くなってきてるなら、違う意味で医者に行って欲しい。
出産以前に病気だから(笑)。
でも子宮は自ら動くことは陣痛の時以外無いし、他の腕とか足の筋肉みたいに自分の意志で動かすこともできない。
だから動かして柔らかくすることができないから、温めて柔らかくしなくてはいけないんです。
だから妊婦さんは身体を冷やしちゃいけないんですね。


なるほどねー、と思った。
通常鶏卵程度の物が、徐々にとはいえ臨月の妊婦の腹くらいに伸びて大きくなるんだもの。
筋肉は柔らかければ柔軟性も出て動きもスムーズになるけど、固いとつったり肉離れ起こしたりするもんね。
だから運動の前って準備運動ってやらされるわけでしょ?
その準備運動ができないから、温めるしかないと。
だから妊婦は身体を冷やしちゃダメなんだと。
麦茶は夏に良く飲まれるっていうのもわかる。たしかにそうだ。
だから麦茶は飲まない方が良いと。
なるほどわたくし的にはすごく納得。


posted by 千之 at 00:00 | TrackBack(0) | 腹子ばなし 10/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。