2000年01月08日

<陣痛が10分刻みくらいになったら>

<陣痛が10分刻みくらいになったら>〜初産の場合〜
助産院に電話。
この電話は妊婦が必ず電話口に出ること。←その様子で助産師が判断することもあるから。
陣痛で口を聞くのが辛いようであれば、痛みの間は黙っててもいいから、とりあえず本人が電話口に出る。というか取次ぎ面倒だし、できるだけ最初から自分で出て。
助産院への電話が終わったら、食べ物を準備。
米をといで、おにぎり作れ。
陣痛と言うのはものすごくカロリーを消費する。←筋肉(子宮及び膣)がもの凄く活動するから
陣痛中、普通のおにぎり1個のカロリーで、だいたい15分からもって30分。
体内のエネルギー源が足りないと、陣痛がちゃんとおきてくれなくなる。←結果として出産が長引いて辛い。
固形物が食べられない場合は、ウィダーインゼリー(カロリー表示を見て一番カロリーが高いものを選ぶ)やバナナでカロリーを摂取するのもアリ。←買い溜めしておく必要は無い。食べられないってわかってから旦那をコンビニにパシらせても十分間に合うから。
だが体温よりも温度が低い食べ物の場合は、その温度差分の体温をロスするので、体温より温かい物の方が好ましい。
できるだけ暖かくして、無駄に動いて、食べられそうなら食って、眠れそうなら寝る。
旦那に付き添ってもらって散歩に行くのも良い。←その際は絶対に寒くないような格好に着膨れしてから行くこと。スキーウェアくらい着込め。
破水してなければこの時風呂に入ってもOK。


posted by 千之 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 腹子ばなし 10/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。