2000年01月10日

<夫へ。>

<夫へ。>
一緒に来い。
自分の赤子よりも大切な何かがある場合でないかぎり、とりあえず一緒に来い。
立ち会えなくても、途中で抜けても仕方ないから、仕事中ならちょっと遅れてでも良いから、とりあえず来るように。
だって妊婦が一番使いやすいパシリは旦那だから。
「あれ取って、これ買ってきて、ここが痛いからマッサージして、そこが痒いから掻いて・・・ってそこじゃないってば(怒)!!!!!」
そういうことを助産師に言ってくれてもちろんかまわないんだけど、大抵の人は言いにくいみたいなんだよね。
「すみません、あれを取ってもらえますか?」とか言ってくれちゃうの(笑)。
でも旦那さんにだったら遠慮も気兼ねも無く言えし、助産師に言うより言い易いでしょ?
それと、立ち会う・立ち会わないは家族の問題だから家族で決めれば良いことだけれども、産むまでの過程っていうか、どれだけのことが母親の身におきるのか、どういうことを経験して母親は子を産み落とすのか、それは絶対に見ておいた方が良いからね。
はい陣痛来ましたー、でスポーンと生まれてくるわけじゃない。いわゆる産みの苦しみとか呼ばれる物は、男は経験できない分余計に見ないと絶対にわからないし、知っておいた方が絶対に良いと思うから。


posted by 千之 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 腹子ばなし 10/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。