2000年01月14日

<臍の緒>

<臍の緒>
しばらく切らないよ。
臍の緒からの酸素供給が、産まれた瞬間にスパーーンと肺呼吸に変えられるほど人間の身体は器用じゃないと思う。
そりゃ切っちゃえば肺呼吸するしかないわけだから、無理やりにも肺呼吸に切り替わるけど、それって赤はちとキツイんじゃないかねぇ?
ゆっくり徐々に慣らしてあげてもいいと思うから、必要なくなるまでは切らない。
別に急いで切る必要は無いし。
普通にしてれば赤ん坊に黄疸は出ない。
黄疸が出るのは、分娩台とかだと出産後の赤の位置が母体よりも下になるから、胎盤や臍の緒に残った血液が重力で全部赤に流れ込んで、そのヘモグロビンの代謝どうたらこうたら(もちろん専門用語なので忘れた)で黄疸が出ちゃう、じゃあ血液が流れ込まないように臍の緒切っちゃいましょうなわけだから、重力で血液が流れ込まないように母体より上に赤ん坊を置けばいいだけの話。
産んだ後は、臍の緒で繋がったままの状態で、直肌をくっつけて抱っこしてて。もちろん夫が抱っこするのもアリ。←カンガルーケア
臍の緒の中の血液は、赤ん坊が必要としなければ自然に流れなくなるから(白くなる)、それを待ってから切る。
神経は通ってないから、切っても誰も痛くないよ。
切りたいなら切ってもいいよ。夫が切る人も結構いるよ。


posted by 千之 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 腹子ばなし 10/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。