2013年06月17日

お受験記2

とりあえずまったく小学校受験なんてものがわからないわたくしたち親。

受験日程なぞを調べてみた。←筑附小のHPを見た。

えっと、受験関連の日程、全部平日なんスけど。。。

なんの日程かっていうとね、
まず募集要項の配布←行かなくちゃくれない
願書の提出←かろうじて郵送
第一次選考(抽選)←行って当たってたら当日手続きが必要
第二次選考受付←抽選とは違う日もちろん持参のみ受付
第二次選考日程表配布←受付とは違う日、行かなきゃくれない
第二次選考(検査)←本人のテスト受ける日
第二次選考発表←見に行って受かってたらその場で手続き必要
第三次選考(抽選)←二次選考発表の次の日
入学資格者発表←第三次選考の次の日

これらがざっとほぼ全部平日。

マジッスか?

でもなぜか木曜日にほとんど集中してる。

イケる!←木曜休みな人

ということで、お受験に向けての日々がスタートしてみました。


筑附小の選考は、ペーパー問題と工作と運動と実技からなるらしい。


筑附小は、生まれ月によって4か月ごとに区切られ、ABCというクラスになっていて、早生まれはむてるはCクラス。
ペーパー問題は、amazonでポチってゲットしました。
Cクラスは、問題も簡単なので、はむてるでもある程度できてた。
でも母親に似て詰めが甘く、ちゃんと問題を読まずに取り掛かるので、最後のひっかけくさいところは見事にひっかかっておった。

工作も、amazonでぽちりました。
いや、クリップ○個とプリンカップとモールと画用紙と輪ゴムと年度1センチくらいととか全部用意してやれば数百円できるんだろうけど、そういうのがセットで数千円で売っててさ〜。←めんどくさかった
そういう図工的なことが大好きなはむてるはノリノリ。
が、本末転倒に自分の持ち味を出す。←ダメじゃん!

運動は、筑附小伝統の選考問題。
「クマ歩き」。
そして年によってはそこに前転も加わるという。
いわゆるでんぐり返りな。
はむてる、でんぐり返り、できないんだよねぇ。。。。
クマ歩きは、右手と右足が一緒に出ちゃってたんだよねぇ。。。

実技は、その年によって違うらしいが、テキトーに数人でその場で集団を作られ、例えばスポンジを積み上げるとか、じゃんけんゲームとかをやらされるらしい。
運次第、やな。

ということがわかった。


わかったけどさ、これを1人で家でちまちまやってて、それでぶっつけ本番で連れてって、
初めての雰囲気の中で、全力を出してやれっていや、はむてる無理っしょ。
いや、オレも無理。
どんだけハードモード。

と思ったので、模擬試験くらい受けさせてやるべかね〜といわゆるお受験塾の門をくぐることになったちゆき・はむてる親子である。


でもね、このお受験塾もいっぱいあるのよ。
何が良いのだか、どこでやればいいのかわかんないよぅとか思ってたら、あるお受験塾の名前が目を引きました。

なんで目を引いたかっていうとね、筑附小の校章「桐」なんだよね。

しかも筑附小のPTAって名前が着いててさ、その名も「若桐会」

ということは、その桐を名前に入れている塾はきっと筑附小対策が得意なんだろうなぁと踏んだのさ。


ここが模擬テストだけでも受けられるので、まぁそれで良いでしょって申込みをぽちりつつ、amazonで買った問題集をやらせていた去年の今頃でした。
posted by 千之 at 16:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すっすべて平日・・・
共働き家族は受験できないですね(^^;
でも、やっぱりお受験をするような家庭は、お母さんが
しっかり家にいて、対策の塾に通いしっかり準備をして
いるんでしょうね。仕事をしながら傍らで・・・なんて
許されなさそう・・・
Posted by もえ at 2013年06月24日 10:12
●もえさん●
もちろん母親が来ていることが多かったですが、「親が取りに来い」ではないのです。
ジジババ率高かったですよ〜。
人雇っても良いわけですしね。

でも入学した後は、仕事をしながらはかなり厳しそうでした、筑附の場合。
それはまた後程(笑)
Posted by 千之 at 2013年06月29日 12:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。