2007年03月28日

ショーーーック!!!

夕方、はむてるを抱き上げたら!!!

ショーーーック!!!!!


はむてるってば、すでに男臭い。。。。
0歳児なのに…orz。

チョットヤダ。


そして、もひとつおまけにちょっとショック。
今度はむてるはちょっとした手術をすることになりました。
何の手術かというと、「舌癒着症」の手術です。

ナニソレ?


発端は先日の1ヶ月検診の時のこと。

御大自らに診てもらったんですが、はむてるはどうやら舌小帯という舌の付け根の筋が短いらしい。
舌小帯短縮症とも言うらしい。
これは日本人にはすんごく多くて(なんせ優性遺伝)、一説によると80%とか90%とかの人が該当するとかしないとか。
これが短いと呼吸抑制と言って、呼吸が苦しい場合が多いそうで、
御大「(はむてるを寝かせて)ホラ、おでこのあたり、色が赤黒くなるでしょう?これねチアノーゼ。寝かせようとすると泣きぐずり激しくない?」
チアノーゼって、小説とかでイマワノキワに出るヤツじゃないですか!!!

たしかにはむてるはフラットな状態で寝かせると途端に泣き出して抱っこすると泣き止む。
ちゆき「甘えて抱っこして欲しがってるんだと思ってました。」
御「抱っこすると上半身が斜めになるでしょう?だから呼吸が楽なのよ。だから抱っこして欲しいって泣いてるっていうのは間違いじゃないよ。」

そして乳を飲むのがへたくそな場合が多いとな。
御「この子(乳飲みながら)空気も飲んじゃうこと多くない?」
ち「多いです。そして噴水のような吐き戻しします。」

御「ゲップも苦手な子が多いんだよね。」
ち「…たしかにあんまり出ません。」

御「(アテクシの乳を検診しながら)あー、これ痛いでしょ。」
ち「痛いっちゃー痛いですけど、こんなもんなんだと思ってました。」
御「短縮症な子のが多いわけだから、こんなもんって言うならこんなもんなんだけど、ちゃんと舌が離れている子だと飲んでるかどうかわからないくらいソフトだよ。」


そうだったのか!!!!

はむてるは生後2週間入院してて、哺乳瓶に慣れちゃって、それで吸うのがへたくそなんだとばっかり思ってた。
ゲップはNICUで「出なければ出ないで気にしなくて良い。」って言われたからそんなもんだと思ってた。
空気を飲んじゃうのはわたくしのくわえさせ方がへたくそなんだと思ってた。
寝てる最中にうなることが多いのも苦しいからかもしれないって。子どもはみんなそんなもんかと思っておったよ。
ゲップが出にくいのも、そのせいでノドの弁みたいなのが歪んで出にくいからかもって。

御「ちゆきさん口あけてみて。」
ち「口?あああああ。」←口あけてる
御「繋がってるけど、そうでもないねぇ。はい、お父さん口大きく開けてみ。」
料理人「ハ、ハイ。ああああー。」←口あけてる
御「ああ、お父さんからの遺伝だわ。あなた鼻悪くない?」
料「あー悪いです。なんか鼻の中の骨が曲がってるらしくって、親父もそうで、遺伝かと…。」
御「骨が曲がってるのが遺伝じゃないの。短いのが遺伝なの。短くて引っ張られるから結果的に鼻の軟骨が曲がるの。私は専門家じゃないけど、たぶん間違いないと思うよ。」


御大は血中酸素濃度を測ってくれました。
はむてるは、抱っこしてると99%とか100%とかですが、寝かせるととたんに95%とか90%を切る数値になります。
もちろんギャン泣き。
御「ハイ、次お父さん。」
料理人の血中酸素濃度は、やはり座っていると100%とかですが、横になったら96%のソッコーで落ちました。
御「ああ、やっぱりね。お父さん寝起き悪いでしょ。」
ち「ハイ!!寝起きは本当に使い物になりません!!!」
料「そこまで言わなくても…。」
御「そりゃ酸素足りてないんだもん、ぼーっとなって当然だよねぇ。」
ち「これって治りますか?」
御「自然治癒ってこと?それは無いよ。手術しないと。」
ち「手術…。」
御「私も何年か前にやったんだけどね、舌小帯を切るの。5分くらいかな〜。」
ち「入院とかは…。」
御「しないしない(笑)。次の日と1週間後と1ヵ月後に検診はあるけどね。」


短縮症は一般的なことで、別に短縮症だからって生きられないとかじゃなくって、そのままでも普通に成長はするし(料理人が良い例だ)、今の医学界では症状としてすら認められていないけれども、手術をすれば良い方向に向くことも多いそうだ。

だから手術は全部実費の10割負担。
ちなみに紹介してもらったところは、手術代5万円。ちーん。

検診の次の日、紹介してもらった耳鼻科で診察受けてきたよ。
はむてるの鼻からファイバースコープ突っ込んで、喉も見せてもらいました。
なんちゃらという喉の弁(?)みたいなのが、前傾だそうだ。
だからゲップが出にくいんだそうだ。
そしてはむてるは舌小帯が短いというお墨付きを耳鼻科医から貰いました(照)。
耳鼻科「この手術で呼吸とかぐずりとかゲップが出にくいとかの諸々の症状がパーフェクトに解消するという保障はできません。
ただ僕が今まで何千という手術を赤ちゃんにしてきた経験からして、はむてる君の場合は呼吸に関しては良い方向に解消すると思いますよ。」

とのことだ。

小さい子の体に、生きていく上で絶対に必要なわけじゃないのにメスを入れることには賛否両論あるらしい。

わたくしたちは共働きで、
だからはむてるは生後2ヶ月から保育園に通う予定で、
どちらかが家ではむてるをずっとみていられるなら上半身は斜めにしてあげてとか、ゲップは根気良く5分くらい背中をさすり続けてとかもできるが、
保育園じゃ当然ながらそんな特別扱いはしてもらえない。
そんな状態で一番辛いのは誰かって、それはきっとはむてるだ。

だから手術してもらうことにしたよ。
ゲップや吐き戻しはまだしも、寝ていて顔が赤黒くなって呼吸がぜぱぜぱになってるのは本当に辛そうだからねぇ。


ついでに料理人も手術することにしました。
でもお休みが合わなくて、一緒のタイミングではできません。
そしたら
料「や、やっぱりぼきは手術は良いかなぁ?」
とか腰引けてきてます。
大人だとこの手術は結構痛いという感想を聞いてしまったからです。
このヘタレめ(怒)。


それにしても御大、すごいなぁ。
都立病院のNICUでも何とも言われなかった症状なのに。
ま、小児科医はそういう症状すら認めていないのが現実らしいけどな。

御大の助産院で産んで本当にえがつた。
そう心から思いましたとさ。
おしまい。


ラベル:舌小帯 舌癒着症
posted by 千之 at 18:28| Comment(12) | TrackBack(0) | 子ばなし 12/27up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ビバ、御大!!あんたすげーよ!!
と、私に褒められても御大、嬉しくも何ともないでしょうが(笑)。

早い内(手術がそう痛くない幼児期)に判って良かったですね。
賛否両論あるんだろうけど、やっぱり呼吸が楽になるのが一番のメリットだと思うから、はむてる君にとっては良い事なんじゃないかと思われます。

しかし、やっぱり男の人はヘタレなんだなぁ(笑)。結局手術はするのだろうか?

私も実はフラットで寝ると息苦しいので、もしかして?とちょっと思ったけど寝起きが激しく良いので違うよね、きっと(笑)。
個人的には『寝起きは本当に使い物にならない』が大好きです。
(寝起きにフラッとするのが憧れ)
Posted by おこりんぼう at 2007年03月28日 22:05
話には聞いたことがあるのですが、
優性遺伝だったのか・・・・。
もしほっちゃんがそうなら私も受けていると思います。
はむてるくんの呼吸が良くなりますように。

出産、育児に関してはやっぱり医師より助産師さんですね!

Posted by 風花 at 2007年03月28日 23:39
そういう病気?があるなんて知りませんでした。
子供が出来ると、新しい知識が増えるねぇ(^^;

生後2ヶ月からって事は、産休のみで育児休暇は
取らずに復帰するってことですよね?
すごい!!偉いな〜。
まあ、0歳児からじゃないと保育園も入りづらいと
聞いてますけど・・・。
Posted by もえ at 2007年03月29日 09:39
おぉぅ・・・舌(小帯)を切る・・・。
言葉の響きがなんだか痛そう・・・。
でも、息が苦しいより一瞬の痛みよね。
すぐ忘れちゃうだろうし。
それにしても舌の付け根の筋が短いだけで
呼吸まで変わってくるとは
人間とはデリケートなものですな。

そうだ、私の朝起きられないのも
きっとその、舌の筋が短いヤツのせいかも!
(でも、ぼきも手術はしなくて良いかな・・・)
Posted by なつ at 2007年03月29日 10:33
私も初めて聞きました。
そして、相方がそうなんじゃ…と思いました。
呼吸はどうか分かんないし、寝起きも悪いとまでは言えないかもしれないけど、昔から鼻が悪いらしくて、いびきもかきます。
この間は2秒くらい呼吸が止まったみたいだったし…。
てか、これは無呼吸症候群の方か???(笑)
Posted by ぐり at 2007年03月29日 13:49
鼻が悪いというのはうちは両方の家系の鼻の高い人にあるからもしかしたらありえるかも。でも私は鼻が低いので私の血を引いてたらないかも。。
痛いことは赤ん坊のうちにやってしまうのがいちばんいいですね。今度の子は予防接種も早め早めです。物心つくと医者に連れて行くだけで一苦労・・・。
Posted by うたはな at 2007年03月29日 16:22
うちの甥っ子は病名知らないけど、上唇と歯茎のところの筋がくっついてたらしく、数年様子見て2歳位で手術したよ。
甥っ子は部分麻酔だったみたいで「まだぁ?」って先生に言ったらしい。
判らないうちに手術しちゃう方がはむてる君にもいいのでは?
遺伝なんだねぇ・・・旦那って何かあるのか聞いておかないとね!!
Posted by どり at 2007年03月29日 21:45
実習で舌小帯切除術見たけど、ホントすぐ終わりましたよ(^O^)/
傷も全然だし、レーザーだったら血もそんな出ない(*^-^)b
ちなみにおっきくなっても短いまんまだとタ行、ラ行が発音しづらいので結構みんな早いうちに切っちゃうみたいです☆
はむてる君の後の人生に関わるものじゃなくてよかった〜(*^ー^)ノ
Posted by 鹿 at 2007年03月30日 12:28
身体にメスを入れることについて、どの成長段階、もちろん成人しても、賛否両論はあるみたいですね↓判断は難しいですけど、いい方向にむかうことを祈っています!
あ、あと、24日に卒業式を終えました!
ちょっと報告でした〜
Posted by kotori at 2007年03月31日 02:07
男臭いですか…き、きっと硬派なイイ男になりますよ!(←勝手なイメージです・笑)
ダンナは息子を抱いて頭に鼻を当て「うーん、赤ちゃんの匂い」って喜んでましたが、私にはどーーーしても皮脂の臭いにしか感じませんでした。。

舌の手術はもう済んだのでしょうか?
呼吸が良くなって、すやすや眠りますように。。
Posted by さざえ at 2007年03月31日 14:45
男臭いのは仕方がないと思う。だって男だから(笑)かくゆううちのこマルからはもうすでにたまにオッサン臭もします・・・。汗かいたあととか、ほら、もう幼児だからさ・・・。
大人とほぼ同じモン食べてるからね。

舌癒着症と聞くとすごく大変な(いや、実際大変なこともあるんだけれども)もののような気がしますが、病気って診断名によっては本当にすごく仰々しく聞こえるけど、簡単な治療や手術であっさり治ったりするものも多いよね。
ワタシも脚の事言われた時に診断名を聞いてなんだかすごくびっくりしたけど実際は生活にものすごい支障があるわけでもないから実感は痛かったりする時以外正直ない・・・。
実費はちょっといたいけど、ハムテルがこれから楽しく暮らしていくために必要なことだから
2人で頑張るしかないですよね。
経過を見守らせてください。

↓この前ね、スーパーで買い物して外に出た瞬間に小さい子がずらっと並んだ自転車をドミノ倒ししたの。でもその子のお母さんが知らん振りで、かつ、すごい勢いで子の手を引っ張って去っていったのにはその場にいた大人はあ然としてしまって注意もできなかったよorz
そして周りの人みんなで(わたくしも)せっせと直したの。なんかそういうの見るとすごくイヤな気分になる。だからchiyukiさんの気持ちがかなりわかる。生暖かくなるよね・・・。

あ、長くなってごめんなさい。
Posted by coron at 2007年04月02日 18:23
●おこりんぼうさん●
ほんとそんな感じ(笑)!!
すげーよ、あの人。ああ、本当にあそこを選んでよかったなと心からしみじみ。
賛否は本当に両論あるみたいだけど、良い事だって言ってもらえると嬉しいです。ありがとう。
男は、本当にヘタレだねぇ(笑)。痛みに本当に弱いんだねぇ。
「出産よか絶対に痛くないハズだからやれ!!」って言ってるんだけど、なんじゃーかんじゃーと理由付けが始まりましたよ。
寝起きが良いのが激しく羨ましいです。←別に短縮症がひどいわけじゃないのに寝起きが悪い。←たんなるぐうたら。


●風花さん●
どうやら優性遺伝らしいですよ。
出産もそうかもしれないけど、特に育児に関して医者は異常が無ければそれでオッケーみたいな、より良くしてっていうのは無いですからねぇ。
子育てを考えると、助産師さんとつながりができたのは良かったなと思いまする。


●もえさん●
わたくしも初めて知りました。
短縮症の張本人な料理人も初めて知ったらしいです。
新しい分野が違う知識が増えていきますねぇ〜。
保育園は、わたくしが住んでいるあたりは逆に0歳児が難しいです。預かってるところが少ないから。4月の一斉入園に間に合わないと、ほぼ不可能という話も聞きます。
待機児童が3ケタって…orz。


●なつさん●
ほんと人間ってデリケートで、良くできてるんだなぁと思いました。
切るのはレーザーメスってやつでじじじじってやるらしいよ。
うぉぉぉ、想像すると痛い。
ぼきが朝起きられないのは低血圧のせいだから、ぼきも手術はしません。
でも出産よりは痛くないとは思うけどね(笑)。


●ぐりさん●
それは、無呼吸の可能性があるなら、一度医者に見てもらった方が良いのでは(笑)?
いびきはねー、口をガーゼをとめるテープでばってんにミッフィー張りすると良いよ。←いびきがうるさい元彼にやった人


●うたはなさん●
料理人は鼻低いくせに鼻悪いですよ。
なるほど、予防接種も早め早めが良いのですね。そうですな、わけわかんないうちにちゃっちゃと済ませてしまった方が、後ひかないですもんね。


●どりさん●
その甥っ子さんのは上唇小帯ってやつです。はむてるもそこ切ります。
だから正確には、はむてるは舌小帯と上唇小帯の短縮症なのですな。そんでもって上唇小帯の方が、より呼吸抑制には関係してるみたいッス。
でも旦那になにかあるか聞いても、子どもに症状が出て初めて知るってこともあるよ。
うちの料理人の舌小帯短縮症がまさにソレ(笑)。ずっと鼻が悪いのは鼻炎だと思ってたらしいもの。


●鹿さん●
おおおお、見たことあるの?!!そういう人からすぐ終わるって太鼓判押してもらえるとすごく安心だわ〜。
そうそうレーザーで切るみたいね。
短縮症がひどい人は、アンタッチャブルの山崎とかがそうなんだってね〜。
でもほんと人生を大きく左右するような手術じゃなくて良かったですよ。


●kotoriさん●
ありがとうございます。良い方向に向かってくれると嬉しいです。
じゃないと手術代ごまんえんが。。。
おお、卒業式。そういえばそんなシーズンですね。
ご卒業おめでとうございます。
ウェルカム to 社会人ワールド(笑)。


●さざえさん●
硬派なイイ男…。えなり似な料理人にソックリとのもっぱらな噂ですが、イイ男になれますか???(泣きながら)
ああ、皮脂の匂い。するねぇ。頭洗ってんの二ソレかよ!みたいな。
舌の手術は今週ッス。
呼吸だけでも楽になってくれるといいなぁ。


●coronさん●
そっか。オッサン(わたくし)+オッサン(料理人)の子だから、オッサン(はむてる)なのは当然か!!!
目から魚の目が落ちました。
ほんと病名とか症状名って大げさっていうか、たしかに言葉にするとそうなんだけど、でもたいしたこと無い場合もあるよね。いや、もちろんたいしたことある場合もあるんだろうけど。
実費は、しゃーないねー。小児科学界が認めてくれないからねー。耳鼻科の医者はぷりぷり怒ってたよ。辛いのは子どもなのにって。
手術やったら、その後のレポも書くね〜。

子連れの母が、チャリドミノをシカトですか…orz。
そういう人って良心って痛まないのかなぁ。そりゃさ、小さい子を連れて自分ひとりでチャリ直すの大変かもしれないけどさ、でも、、、。
そりゃ子どもも荒れる子が増えるわなー。
なんか凹むねぇ。
Posted by 千之 at 2007年04月03日 21:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。