2012年08月28日

若いね〜

久しぶりに若い研修医(24歳♀)からド直球ストレートで
「山下さんて、100%日本人なんですか?」
って聞かれたYO。
若いな〜。

残念ながら100%日本人です。

海外で日本人って言われたこと無いけど。

どこだったか海外のビーチで、外人さんに
「Where are you from?」
って聞かれたから、
「じゃぱーん!」
って答えたら、
「???????
 A~,hahaha, OK. What is your nationality?」
って聞きなおされたけど。
日本経由してきたんちゃうわヽ(`Д´メ)ノ


それにしても今の職場は若い女の子が多い。
うはうはである。

しかし、医療用のラテックスグローブを両手にはめて、
ちゆき「スチュワーデス物語の片平なぎさみたいだよね〜。」
とキャッキャウフフしていたつもりだったらば、
衛生士さん(26歳・昭和61年生まれ)に、すごく申し訳なさそうに、
「ごめんなさい。わかりません。」
って言われたYO。

ひ、一回り違うからね。。。


36歳の衛生士さんに、
ち「Aちゃんに片平なぎさっつったら、わかんないって言われちゃったよ〜。」
って言ったら、
「なんで、私目指してきて言うのさっっ!!」
って言われた。

いや、キミならわかってくれると思って。

そしてブログを読んでくれているアナタ!!

「・・・ヒロシ。。。」
ってやるよね?
やっちゃうよね??

100℃でハートビートも歌える気がする今日この頃。
posted by 千之 at 17:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

掲示板作ったどーーー!!!

というわけで、またオフ画策しちょります。

お付き合いいただけたら嬉しいです。


あ、掲示板ここね。
http://www.chibiao.com/type_mkt/mkt1/chiyuki/index.cgi

パスワードは前回と一緒です。

よろしくおねげえします。
posted by 千之 at 14:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

おぼん ぼん ぼ ぼん(ターミネーターの音で)

暑いですね、いかがお過ごしですか?

最近ミッツマングローブが年下であるという事実を知り、若干ショックなわたくしですこんにつわ。

1975年生まれなんだって〜。


世の中も通常運転になってまいりました今日この頃ですが、お盆はわたくし実家および那須へ行ってまいりましたので、その話でも書こうかなと。

那須では大丸温泉旅館に泊まりました。
ここの旅館は、露天風呂が面白いんですの。

ま、ぶっちゃけ川なんだけどね。

湧水と源泉が混じって流れている川をせき止めて、
「露天風呂です!!」
って言い張っているっていう。

混浴もありますよ、ゲヘヘヘヘ。

男女ともにバスタオル巻いて入るんだけどね。
濡れたタオルを巻いたままで勢い良く浸かると、タオルが膨れ上がって御開帳になるのでご注意。

川なので、底が石敷きで、子供たちは賽の河原のごとく石を積みます。
なので、親はゆっくりとお湯に浸かれます。

温泉でこれってなかなかできないんだよね。
だいたいは子供が「熱くて入れない」だとか「飽きた。もう出る。」だとかさ〜。
夜中にこっそり露天風呂お一人様もオツなものですが、
日の光の下の露天風呂も鏡を見なければ良いものだなぁって。

さらに川なので、湯の温度がゆるめから熱めまで微妙に場所によって変化しており、
子供でもぬるいくらいの場所もあります。

ご飯も結構美味しかったです。
栃木の温泉旅館だと勘違いしてるところはお刺身とか出しちゃうんだけど、
栃木のお刺身って大して美味しくないのね。
でもここは、ちゃんと「鮎の一夜干し」とかでした。

鮎ウマス。


子供用の浴衣は110センチからでした。

ひきずっちゃうクセに「着る!!!!」と言い張るウルは、やっこさんスタイルで着せました。
216105_426495944075540_1707918892_n.jpg

夜には、宿が子供に手持ち花火をくれて、こども花火大会でした。

那須高原の上の方なので、全然蚊とか居なくて快適でした。
花火しけっててなかなかつかなかったけど。←もらっておいてコレ

あとテレビがたまに電波途切れてた。
山の中過ぎて。

でもコスパ的にも良いところだと思います。
たぶんはむとうるが子供のうちはリピートすると思う。


そんな大丸温泉(おおまるおんせん)のURLは、

http://www.omaru.co.jp/

すごく、、、おまる、です。

もいっこ"o″付けとけば良かったと思う。
posted by 千之 at 16:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

福井に行ってきたでござる。のまっきっ!!

にんにん。

オリンピック、終わったね。
まー、開会式と閉会式しかリアルタイムで見てないんですけど〜。
音楽総監督がアンダーワールドって言われたら、そりゃ見るでしょ>開会式
DJがfatboy slimって聞いただけで5時半に起きられる不思議>閉会式

でも周囲に「開会式でユーリズミックスかかったっしょ!」っていう話をできる人が人っ子一人いません。

個人的感想、国家行事の閉会式にジョージ・マイケルって…いいの?



閑話休題



料理人が諸事情により3連休を取ることになりました。
新しいお店に移ってから休みが週1になったので、3連休とか奇跡的。

じゃあ、どっか行くべかって話になったんだけどさ、
沖縄行きたかったんだけどさ、
3日じゃ沖縄って、短すぎるんだよね。

沖縄っていうとじんべーじんべー騒ぐはむてるもいるしさ。

うるせえ、おまへはレイコさん(義母)が作った甚平でも着てろよと。
すっごく上手くできてるけど、なんでちょっと茶ばんでんですか?と。
「すっごく前に買った生地が見つかったんだけど、茶色いとこができちゃってて、お父さんの浴衣にできなかったから。」
という理由で作った兄弟の甚平。
本当に茶色い部分は捨てたらしいけど、上下で柄が一緒で微妙に下がキツネ色。
レイコさんのそういうキニシナイとこはすげー素敵。

でもって3連休。

3日くらいで旅行に行くって、ちょうど良いとこが思いつかないのよね。
子供が楽しめるようなさ〜。

「はむー、3日も続けてお休みあるんだけど、どこ行きたい?」
「いすちぐあらすと。」←@アルゼンチン

……すんげぇ軽く無茶言うな。

ちなみにイスチグアラストとは、恐竜の化石がすんげぇいっぱい発掘されてる場所である。

まで解説して思いついたね。

日本でも化石発掘できるとこあんじゃん!!!
ついでに兄弟揃って大好きな日本一でかい恐竜の博物館もあんじゃん!!!

福井行きが決まった瞬間である。←料理人の「美味しい物食べたい」という意向はシカト

調べました。
福井恐竜博物館。

福井県勝山市というところにあるらしい。

北陸なら海の幸!!!とか思ったけど、化石が出るようなとこじゃん?
山ん中なんだよねぇ(遠い目)。

しかも、決めた時点で7月始まっておったので、すでに「恐竜の部屋」とか言うのはすべて埋まっててさ〜。
押さえられたのは普通のビジネスホテルだったね。

ま、しょーがねかんべ。


化石発掘体験の予約もゲット。

こうして福井に旅だったのである。

(脳内BGMはドラクエの村の中の音でお願いします。)



いやー、福井の恐竜博物館、すごいね。
できてから10年くらいしか経ってないから、綺麗だしデカイし、
あれで入館料500円は素敵すぎ。
東京近郊にあったら毎週通うね。

初日は、化石発掘体験にはむてると料理人を突っ込む。
わたくしはウルと外でかき氷食って待ってた。
が、暑い。
結構平気で猛暑日だった。

外で待ってられないので、恐竜博物館に避難して待つ。

動く恐竜とか結構リアル。

つべにあった人様の動画を埋め込んでみる


この動く恐竜に向かって、
「そうやって言うこときかない子は、恐竜さんに食べてもらうからねっ!!」
と我が子(推定2〜3歳)を差し出していた母がいた。
グッジョブ(笑)。←わたくしじゃないわよ

ちなみにこの動く恐竜は、今パシフィコ横浜に来てる。
うん、こないだの日曜に行ってきた。
またかよっっ!!!っていう。

来月には幕張メッセの恐竜博行くんだって〜。
はむてるはどんだけ恐竜好きなんだよと。

もれなくつき合わされているウルも、影響うけまくって恐竜好き。
ちゆき「ウルも大きくなったよね〜。」
ウル「きょうるー、なる。」
いや、それは種の問題的に無理。

そして横浜のパシフィコ内で、ダダこねて言うこときかないウルに、
「言うこときかない子は、スピノに食べてもらうよ!」
とウルを差し出してみた。

ギャン泣きされちゃった☆ミ
てへぺろ(・ω<)

ちなみにスピノとはスピノサウルスのことであり、
↓コレである。



化石発掘体験では、無事手ぶらで何も見つけられなかったはむてるだが、博物館内部では発狂。
マジで発狂。

遠路はるばる飛行機に乗ってまで連れてきて良かったな〜と思いました。

お腹が減ったので
加藤はいねさんのブログが早く復活することを祈りつつ。←アリアドネの弾丸の話とか超好き

今日はこの辺で。
ニンニン。
posted by 千之 at 09:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

喋るのが意外と面白かった

教育委員会からメールが来た。

区の乳児持ちの母親相手に、教室開いてるんだと。
そんで幼稚園・保育園をどうやって選びましたか?みたいなお話をしてもらえませんか?
15分で4,000円。

マジで?
美味しくね?

と思って飛びついてみた。

ぶっちゃけ保育園なんて近いところから4か所だよ!!としか言いようがないけどな。

だって15分で4,000円よ?!
と思って浮かれてたら、拘束時間2時間だった件について。


そうだよな。
わたくしがヘラヘラ喋ったくれーで、時給16,000円にはならんわな。

時給2,000円か。。。

ま、悪くはないでしょ。
ちょうどお休みの日だしね。

ということで、行ってきましたよ。



わたくし以外にはお二人、やっぱり教育委員会から呼ばれた人がいたんだけど、
二人とも幼稚園だったわ。

しかもさー、平日そんなん来てんのって、専業主婦ばっか。

超アウェー。

ナンデ オレ ヨバレテンノ?

まぁ、よくよく聞いたら20人中二人ほど育休中がいて、うち1人が来年保育園入れたいっていうことらしかった。

最初に幼稚園の方お二人がお話し。

なんか眠くなった。
わたくし幼稚園のこととかまったく興味ないですしね。

いよいよわたくしの番。

でも近くで4か所って言って終わりなのも何なので、
公立と私立の違いとか、公務員と民間の思考回路の違いにおける保育現場の問題解決に向けた対応の違いとか、
保育士の年齢層分布の違いにおけるメリット・デメリット的な話もしてみた。
幼稚園でも結構共通かと思って。

具体例も入れつつ、悲しい性で笑いを取りに行きつつしたら、結構笑って聞いてくれてた。

その感想をまとめましたっつーファイルが来たよ。

わたくしが言った言葉がそのまま引用された感想文が、幼稚園組の方にも見受けられて、ちょっと嬉しかった。

でも教育委員会がまとめたわたくしの発言が、結構ひどかった。

誰かに、祖語なく意思を伝えるって難しいのね〜。



とか思いながら、先日とある講演会に行ってきてみました。

講師は、村木厚子内閣府政策統括官

タイトルは「子育ても仕事もあきらめない」

ものすごく面白かった。
笑いの取りに行き方が、上品で頭が良くて、シニカルっつーの?
ユーモアのセンスがあるというのはああいうことなんだろうなと。

頭が良い人の話は、こちらが漠然と抱えていたもやもやを言語化してくれるので、アウトプットする時にすごく賢く見えてお得だ。

惜しいのは、教育委員会のセミナーより前に聞けてたら、色々パクれたのにな〜と(笑)。


ちなみに皆様に気にして頂いているはむてるの茶色じみたパンツは、タンスにこっそり戻されてました。

いつになったら捨てられるんだろう、アレ。。。
posted by 千之 at 17:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

日本男児

髪切った。またサル度up。

美容師(42)と話していて、アラフォー二人の最近の若い者はなっとらん談義。
兼好法師の世から連綿と続く話題なんだから、きっと今の若い人が主流の世の中になっても、なんとかなるんだろう。

でもさー、特に男子のだらしなさっつーか覇気のなさっつーか、そのくせ変にプライド高いのは何なのかね。
女の子はまだ「おっ!」と思える子もいるのに。

セミナーで聞いた話で、「外資の人事が日本の男は新卒もう取らないって言ってた。女の子は取るって。」と聞いたが、アグリー!!


美容師と話し込んだ結論。

母親がかまいすぎなんだと思う。

だから自分で考えられず、誰かがバックアップしてくれて当然で、でも自分は特別な存在なんだと勘違いしてしまっている人が多い。
もちろん全員ではないよ。

「日本男児」を育てた頃の母親は、沢山の子を産み、家や夫に隷属するだけの存在だった。
一人一人の子供にかまけている余裕なぞなかったはず。

産む子供の数も減り、家事やその他労働も歴然と減った結果、母親は当然の帰結として子にかまける。

そうやって手をかけられた女の子たちは、自分の存在を肯定し、自分たちの足で歩くことができるようになった。

そして手をかけられた男の子たちは、、、、


男児の母として、
自分の子供たちをして、
「私がしてあげなければいけない」
と考えることを止めようと思う。

できるだけ離して、良い意味でほったらかさんといかん。


特に長男な。←ヘナチョコ



昨日の夜、古くなったヤツのパンツを捨てようとしたら、
ごみ箱のパンツに、
「ありがとね、バイバイ。」
と手を振った後、泣かれました。

「僕のために一生懸命がんばってくれたパンツを捨てるのは可哀想。」
なんだそうだ。

じゃあ、漏らさないでやれよ。

未だにオマエは、毎日毎日ちょいもれさせてるじゃないか!!


今朝、ゴミ箱からこっそりパンツ拾ってた。

ソレ、ドウスル ツモリデスカ orz?
posted by 千之 at 09:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

あら

気が付いたら1か月以上放置プレイでした。

ま、どうせ大して見てる人もいねーだろっつーことで。

ちょっとへーすぶっくにかまけてた感じなんだけど、アレ、リアルとリンクしてるから毒吐けねー。
昨年度やってたPTA関連の結構評判良かった講演会を、手伝い的にしかしてなかった人が、自分のブログであたかも自分が招聘したかのように「企画しちゃいました!」とか書いてたりね。
ふざけんな、お前連絡先すら知らねーだろ、みたいな。
言いだしたのもおまへじゃねーだろ、みたいな。
「PTA、そこそこ疲れました」ってオマエ何もやってねー!!、みたいな。

つながってるから書けないわけですが。

しかもへーすぶっくは「いいね!」っていいねって言いにくいことには使えねー。

「猫が死にました―。」
「いいね!」
あほかとばかかと。

「社長の嫁、顔でかいね!倍くらいあんじゃね?」
「いいね!」
こっちは使えるか。

なんか無駄にポジティブだよね。

基本ネガティブ人間なもんでね。
ネクラっつーかね。

まー、ぼちぼちこちらにまた比重を戻す所存でございます。
とか言いつつ放置するかもしんないけど。



そういえば、最近カタカナがアツイはむてる。

はむ「おかーさん、コレ、見て!!」←鼻の穴膨らんでる
ち「……。これは、ナニ?」
はむ「クリスマスって書いた!」

どう見ても「クソスソス」

いや、リ➔ソはありがちでなんかわかるんだけど、
その変換入れても、「クリスリス」にしかなんないんだけど。

っつか、クソスソスて!!!

こっちも違う意味で鼻の穴を膨らませながら、
ち「へ、へぇ〜、よく書けたね〜。」
はむ「なんでお母さん笑ってんの?」
相変わらずツッコミの厳しいはむてる。

ち「んー、はむとウルが可愛いからだよ。」
はむ「そっかー。デヘヘヘ。」

アホな子で良かった。

そしてみんなで笑いました。

日本は平和だなと思いました。
posted by 千之 at 12:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

その発想は無かった

宇宙戦艦ヤマトのPVをようつべで見ていた時のこと。

はむ「おかーさん、これなーに?」
ちゆき「うっちゅーっせんかんっやーまーとーー♪」←歌ってる
はむ「だから、なに?」
ち「宇宙戦艦ヤマトというのだよ息子よ。かっこいいべ?」
はむ「うん。」
ち「今度見に行くか!!」
はむ「行く!!」
ち「よっしゃー。」
はむ「でもなんでこの人たちお荷物持ってないの?」

……amazonさんからのお荷物でーすってか?
うちに良く来てくれるよね。


その発想は無かったわ。


PVかっちょええ。

今回は、Kタクさんは無関係らしい。
だが、それがいい。

posted by 千之 at 11:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月30日

自分の父親が思いの他アホだった件について

あぶねー。
またダイジェストになるところだった。

ま、1回でも2回でも大した違いがあるわけではないんですけどぅー。



閑話休題。


正月、スキーに行ったのが奥日光だったんですが。

近くに小さい湖があったんですよ。
うん、中禅寺湖じゃねぇよ。
その上にね、湯ノ湖っていうちっこい湖があるんですよ。


父ヨシノブが、ポロリと
ヨ「そういえば、お前が生まれる前にここに釣りに来たことがあった。」

老人の昔話なので、鼻くそほじりながら聞いていたのですが…



父ヨシノブ、友人と二人で晩秋の奥日光の湖に釣りに来たんだとさ。

ウッキウキで釣りを始めたんだけど、全然釣れない。
まったく釣れない。
綺麗に釣れない。

そのうち雨も降ってきて、寒いしもう帰ろうぜってことになって、
車に戻った父と父友。

車に辿りついてみたら、車のカギが無い。

エエエエエエ!!!

落とした??
ねぇねぇ落としたん??

通った道をまた歩き回ってさんざん探して、
用足した時じゃねぇかとか言って、自分が立ちショ〇かました場所までまた行って、
自分がした辺りを自分でかき分けたりしながら探して。

それでも見つからない。


しょぼくれて車に一度戻ってみたら、
なんと!!!!

エンジンにキー刺さっておった。

つまりインキーかましてるわけ。


そりゃ探してもねぇよな。


時は、昭和40年代。
JAFは東北自動車道のロードサービスが開始されたばかりの頃。
当然高速上でもなければ、辺鄙な田舎のそのまた奥にまで、サービス何て展開されてません。


仕方がないので、ヨシノブは公衆電話から母マキコに電話をかけたそうじゃった。

ヨシノブ「あーオレオレ、車のカギさー、さしっぱなしでロックしたんだわ。合鍵持ってきてくんね?」
マキコ「ふざけんな。」

ちなみに自宅からこの湖までは、約2時間超。
途中には、悪名高いゲロ吐きいろは坂もあります。

うん、妥当な返事だよな。


ヨシノブ「えー、じゃあ俺はどうすればいいんだよ!」

さすがに7人兄弟の末っ子、甘やかされて育っております。

マキコ「ガラス割れば?」

素敵にわたくしの母だなぁって、ウフフ。

ちなみに、車はヨシノブが物凄く大切にしていたらしいYO。


「そんでよー、ガラス割るっつってもでっかく割るのは嫌だっつって、
 こんくらい(直径10センチくらい)の石拾ってよ、
 コッツンとかやんだけど、全っっ然ワレネェんだよ。

 しょうがねぇから、思い切ってガツッてやっても
 これがワレネェんだよ。
 車のガラスってのは思ったより丈夫だぞ!

 そんでもオレにはできねぇと思って、グンジ(父友)に石渡して
 やってくれっつったら、あんのやろ、人の車だと思って
 ガッツンガッツンやりやがってよ〜。
 遠慮しろっつー話しだよ。

 そんでもガッツンガッツンやったおかげで、やっとちーーっこく穴あいて、
 ガラスはひびだらけで、
 そんで釣りの道具もってんべ?

 だから、こうここに針つけて、鍵を釣ろうとしたんだよな。

 しーばらく鍵釣りしてて、やっとひっかかって、
 そーっとそーーっとなっつって持ち上げて、
 ガラスのところでもうちょっとだってなったら、
 今度は、そのカギがガラスのヒビのところにひっかかってよー。

 鍵、カッシャーーーンっつって

 下落ちた。


 二人で、『んなぁぁぁぁあああああ!!』ってなったよな。

 しかも落ちた場所が、シートとドアの間で、
 どこに鍵があるのかすら見えねぇから、
 どうやったって釣れなくてよ。

 よくよく考えて、釣竿で反対側のドアの鍵を押して
 鍵開けて、やっとドア開いたんだ。」


トリアエズ、、、
鍵釣り、いらなくね?


帰り道、ひび割れの窓ガラスは、いろは坂で全部砕け落ち
土砂降りの雨の中、運転席の窓全開で帰ってきたそうだ。


カエルの子は、カエルなんだなって(鏡を見ながら)。
タグ:日記 釣り
posted by 千之 at 16:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

だいじぇすと

2月のダイジェストなんちてー、
結構正月でネタあったし、日記なんてチョレーチョレーとか思っていたら、
まんまと2月もダイジェストだった件について。

全然チョレくなかった。


最近のわたくし。

ウルがムカつく。

いやハムが本当に大人にとって都合の良い子だったおかげで、
世間一般並みらしいウルがものすごーーーく手のかかる子に感じられて、
かなりムカつくのです。

全然言うこと聞かないし、我がまますごいし、
必要以上にキレてしまうことが多いので、
このままではいかんと思い、
ウルの髪を切りました。

モデルはFUJIWARAの原西

結構うまく切れた。

haranishi.jpg

オレってやればできんじゃん?みたいな。

おかげでイラッときても顔みて笑っちゃってキレられなくなったので成功!!!

とか思いきや、本当に叱らなければいけない場面でもつい笑ってしまって
怒れなくなったアルよ。

思わぬ副作用。。。




そして園長が頭弱子ちゃんなせいで、PTA会長思わず苦戦中。
もう残すは最後の反省会的な役員会と引継で終了だーー!!!
とか思っていたのに、全然板挟み。

保護者とアホ園長の間で板挟み。

でも挟まれてる板なりに、気づかれないようにしつつ石投げてるけど。

けっこうそれがクリティカルヒットしてるけど。
ざまーみろ。


最近すごく笑ったこと。

この日記に書いてある放射脳ちゃんたち、
http://chiyuki.seesaa.net/article/208990385.html
揃いも揃って3人全員妊娠中だってよ。

出産予定日に違いはあるものの、全員来年第2子が0歳入園(予定)で出産だそうだ。


……仲、良いんだね。


っつか、文字を大きくして言いたい。

放射能まみれの今の時期の東京で

仕込んじゃうんだ!!!


全然除染とかされてませんけど、
「〇年でやっと半減期なんです!!」
って1年もたってませんので半減すらおぼつかない時期ですけど、

仕込んじゃうんだ!!!



「放射能あるのに、新生児、良いんですか?」

って聞きたい。


ちなみに自重してたことも書いちゃうけど、
この人たち、自分と同じマンションに住んでる都議とか、
近所に住んでる区議とかの自宅に、絨毯爆撃で、
「除染!!除染!!J・O・S・E・N!!」
って陳情(?)に行ったらしい。

議員も良い迷惑。

自宅に行くって、常識で考えて呼ばれたわけでもねぇのにありえねー。

そのエネルギーを違う方向に生かしていただきたい。

ああ、生かしたから腹子がいるのか。

ナルホドナルホド。
posted by 千之 at 11:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 12/6up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。